Yuki の Sweets Diary

 YUKI英語教室 英語教室オーナーで、好きな英語と、甘いものを楽しむ毎日です。 コラムやスイーツの企画など、スイーツコーディネーターのお仕事も承ります。englishyuki@gmail.com まで  YUKI英語教室

facebook http://www.facebook.com/YukiNoSweetsDiary?skip_nax_wizard=true#!/YukiNoSweetsDiary インスタグラム アップ中! https://www.instagram.com/yukienglish/
お菓子・デザート ブログランキングへ

2005年08月

プリン博覧会2005 3回目−栃木『佐野洋菓子研究所他』

fe507449.JPGmbaronさんとなんばで待ち合わせて3回目のプリン博覧会へ。でも月末のせいか、いつもの10分の一くらいしかプリンがなくって3つしかほしいのがなかった。栃木の『佐野洋菓子研究所「かぼちゃのプリン」』
http://www.rakuten.co.jp/sanoken/ ほっくりしてまさにかぼちゃでおいしかった。
しおのえふじかわ牧場「牛乳プリン」http://www.fujifarm.com/意外にもとってもおいしい。みかけはスーパーでうってる感じなのに。
愛媛『TSUKASA』http://www.rakuten.co.jp/shima/434680/483300/
前から気になっていた店だけど、プリンはフルーツ味のババロアが三層というのが好みではなかったです。
どのお店も通販できるみたいです。今回は数は少なかったけど、みんな値引きシールが張ってあった。

烏丸一駅で十分京都−京都三条『cafe & cake sugary「プリン」』4

f1c16fad.JPG昨日は友人と烏丸の京都大丸で待ち合わせ。自転車でくるので、烏丸五条の『MANO A MANO』のフルーツケーキを買ってきてもらった。手作りながら洗練された大人の味。京都府京都市下京区高辻通烏丸西入ル下ル小島町768-3 電話:075-361-3371 
友人は京都人なので前もお願いして幻といわれる『茶絡』の蕨餅(午前で売切れるので朝自転車でいってくれた)とか、八勘のうさぎもちなど、遠かったり車でいきにくいお店のおつかいをよく引きうけてくれる。でもこのカフェかなりわかりにくかったそう。
で大丸で京都でしか手に入らない『オジカソース』購入し、錦市場の豆腐店「どんつきや」の豆乳プリンを土産に。豆乳ぽくなくおいしかった。私が京都一おいしいと思う堺町の『オ グルニエドール』を通り、前から気になってる町屋のイタリアンバール『IL LATINO』をみて『栖園』で絶品かき氷の後、三条の今回のメインであるSUGARYでプリンを購入後、寺町通りへ。
ここで意外にも百万遍のカフェ『コレクション』の支店発見。ここのパウンドケーキがおいしい!アップル280円は中身がふにゃっとして重い焼菓子が苦手の私にとってプリンぽく、とにかく一番口にあう。でもこんなみつけにくいビルの一角にあるとは意外だった。
それから高校生の娘のいる彼女が結婚前にだんなさんといった『とみ寿司』でものお値打ちな寿司を食べて帰りました。(20カンくらいあって1500円のセット)。一駅だけでよく話して遊んだなあ。
今日のスイーツ−京都三条『cafe & cake sugary「プリン」』 明治、大正時代に建てられた建築物を数多く目にすることができる三条通の一角、大正初期に建てられたSACRAビルへ。大好きなキャラクターのタンタン専門店もある。この夏オープンした『SUGARY』はスイーツのみでフードはなし。オリジナルのスイーツは盛付けもデセールぽく、プリンでも500円だけどその弾力とジュレのバランスは絶妙で本当いい仕事しています。店内は天井が高く開放感があり、ソファー席も多く落ち着ける作り。京都の洋館もいいものです。京都市中京区 三条通 富小路西入ル SACRAビル3F 075-254-0510

京都『太極殿茶寮「栖園」』

京都『太極殿茶寮「栖園」』創業明治18年の大極殿の和風喫茶。店舗は築140年にもなる町家の表の部分をリニューアルしたもの。坪庭を眺めながら、作りたての菓子が味わえる。 その風情ある町屋のたたずまいに一瞬ひるんだけど、落ち着いて絶品甘味がとても手頃な値段で楽しめる。ミルク金時はしゅわしゅわと粉雪みたいで絶品のあんこがたっぷり。さらに練乳ももってきてくれる。しゅわしゅわタイプでは今まで最高かも。お抹茶と和菓子のセットのお菓子もかなり大ぶりでやっぱり粒餡がおいしかったです。中京区六角通高倉東入南側
TEL 075−221−3311 栖

やっとOKINAWAN−大阪天満『SISA SISA「沖縄せんざい」』

e1b13560.JPG今年極めたいと思ってた沖縄ぜんさいをやっと食べた。売り切れてたり、沖縄料理店にいっても氷なしバージョンだったりして、結局今に。なかなか理解してもらえないけど、沖縄でぜんざいといえば冷たいかき氷の中に金時豆(小豆ではない)が入ったモノ。豆と煮汁を冷やして器に盛り、その上にふわふわのかき氷をこんもり。沖縄で食べたとき、その量と安さにびっくり。沖縄の気候にとってもあってました。
天満の沖縄スイーツ専門店「Sisa Sisa」では「沖縄ぜんざい」にさんぴん茶と亀せんべいがついて400円からと現地値段。氷はかんなで削ったようなエッジの立ったタイプというのも関西では珍しい。あっさりした甘さがおいしい!ふわふわ氷を崩しながら食べると、底から金時豆が思いのほかたくさん出てきて、小でもおなかいっぱい。「熊さん」とかいう名前の練乳大目で金時豆少な目の方で十分な量の豆。同店では本場仕込みの味をさらにアレンジし、金時豆の煮汁に寒天を加えてとろみをつけたり、上にゴーヤーチップスを飾るなどして見た目にもおしゃれでした。スタッフもかわいい若い女性ばかり。
沖縄出身ではない私もなんだか懐かしく感じました。 
OKINAWAカフェ&ぜんざい Sisa Sisa(シーサーシーサー) 
大阪市北区東天満2-8-1  TEL.(06)6353-0143

大阪天満橋『丸留「フライドマロン」』

5e909324.JPG大阪天満橋『丸留「フライドマロン」』http://www.mint-j.com/fruit/shop/marutome/tome.htm 大阪帝国ホテル近くの果物店(近くにフルーツパーラー「あーんしゃんて」も運営してます)でオリジナル販売の冷凍焼き栗。これがオーブンで暖めるだけでヨーロッパの街角で売っている焼き栗が家で楽しめる優れものなのです。ほくほくとやきたてはほんのり甘くて、秋を感じる!名前も面白い。お中元にいただいて感謝です。

プリン博覧会探訪2 

b9eeddae.JPG今日もプリン博覧会へ。もう少し涼しい時期にしてくれたらいいのに。今日も未体験のプリン沢山購入。特に通販できになっていたもの中心に。
福島 バケツプリンで通販で話題『アリス』の普通の大きさのプリン かなりオーソドックス。
茨城『コートダジュール』こくまろチーズプリン。意外にあっさり。でもって瓶入りのとろとろプリンは食べた気がしない。
京都『足立音衛門』「おとなだけの半熟プリン」栗がたっぷり入ったブランデーケーキで有名なだけにリキュールがきいてるのか期待してたけど、瓶入りの超とろとろプリンは苦手です。
東大阪『ダンケ』まだ食べてないけどかなり日持ち。サツマイモのプリンの上にアップルコンポート。
奈良『ムーランドメッツ』スフレケーキののったかなり大きいプリン。味はうーんかな。
福岡『CASI CASI』「みゆきのプリン」小さいけどクリーミーで食べた感ありでした。
今日のスイーツ−神奈川『海老名ロリアン「栗とプリンのうきうきスイーツ」』あっさりプリンの上にこってりモンブランクリームで、一日一プリン、3日に一モンブランの私のまさに理想。かなりモンブランクリームがおいしくって、480円の値打ちありです。これは本気でリピートしたい。

東山から二寧坂 甘味ワンデイトリップ−『かさぎや』など

1562bf27.JPG京都観光のメッカといえば八坂神社から清水寺への東山界隈。ここには地元に人にも人気の甘味スポットがいっぱいあります。
スタートは円山公園。『長楽館』はhttp://www.chourakukan.co.jp/top.html 明治時代の実業家で「煙草王」と称された村井吉兵衛の京都別邸として建設されました。外観はルネッサンス様式を基調にしていて、1階部分が石張り、2階及び3階部分がタイル貼りになっています。家具も当時のものがそのまま残されています。その名前の由来は、伊藤博文に由来しています。私が小学生の時、ここでミルクセーキを飲んだときのことがいまだに印象に残っています。生まれて初めてのミルクセーキ(現在700円)。世の中にこんなにおいしい飲みものがあるんだという感激と、和洋中折衷の豪華な館内に圧倒されて京都ってすごいところだなあって思いました。
景色だけならもう少し北にあがった浪漫亭も素敵です。
そこから春と秋のライトアップが現像的な高台寺。その前はねねの道と名ずけられています。茶房『絡匠』http://www.rakusyou.co.jp/ 名物は小山園円のお茶を用いたぷるぷるの蕨餅。ちょっと他のお店では食べたことがありません。デパートなどでも販売していますが、ぜひこちらも名物のその立派な庭に泳ぐ値段がつけられないような錦鯉を前に風情ある日本家屋でほっこりしたいもの。
他にも『文の助茶屋』のまるでタイムスリップしたような本店もあります。観光客はあまり行きませんが一本裏手の道には生麩の名店『菊水』をぜひみつけてください。
そこからまさにCMにでてきそうな石塀小路をぬけましょう。二年坂はすぐ。「甘党の素通り出来ぬ 二寧坂」この界隈で一番好きな甘味処『かさぎや』さんは竹久夢二がすんでいた風情あるおうちで、おじいさんとおばあさんがこれ以上のものに出会えない粒粒がほこっとしたおぜんさいと、三食萩の餅でもてなしてくれます。
そのお隣は「夢二の店港屋」。ギャラリーとともに丹波笹山の栗や黒豆の入った焼きたてのおいしい金つばを販売しています。
今日のスイーツ−京都二寧坂『いちせん』http://www.ichisen.com/top/frame.html 界隈で一番新しく、一番広い甘味とそばのお店。かなりの団体でも対応できます。(かさぎやさんなどは10人も入れないほどなので)メニューはどれもこっていて「はったいこパフェ」や「金時芋と黒豆の抹茶パフェ」などとてもこっています。かき氷はいまいちだったので今度はパフェをたべたいな。

京都麩屋町町屋カフェ『SAVON CAFE』

91b3820a.JPG先日、京都先斗町『ぎょくえん』の国宝級のかき氷を体験しそびれた友人とリベンジに京都へ。まず麩屋町の町屋のカフェ『SAVON CAFE』に『大洋堂』のコーヒーカステラを購入。。
私は今回もいきたい氷の店があるので他の店でジュースをのんでまっていたところ、今回は一時間まちということもなく、名古屋からその氷をたべにきた方とお話してたりするうちに食べれたそうで、よかったよかった。
ぎょくえんと先日書いた祇園『徳屋』さんはエッジがたっているかんなで削ったような氷で似てるけど、さっとたべてでるなら先斗町、ゆっくりするなら祇園といった感じでしょうか。玉えんの方が若干安い。
そこでいったんお別れして私は東山方面へ。
『KYOEN』内の『SHUHARI』へ。大阪にもあるチェーンだけど、京都のシュハリは老舗『味不二庵』の餡を使ったケーキがあって、本当あんこたっぷりでおいしいムースでした。
東山三条の『VANCE』で大きなプリンと、レトロな古川橋商店街の駄菓子の卸の店であゆのお菓子を購入。それから円山公園につきぬけて久しぶりに二年坂にいって散策しました。明日は二年坂マップを書きます。
今日のスイーツー京都麩屋町町屋カフェ『SAVON CAFE』http://www11.ocn.ne.jp/~bond/cafe/麩屋町の町屋ののれんを奥に奥にはいっていくと、いったいここはいつの時代だろうという民家カフェ。でも中は若い女の子でいーっぱいです。ちゃぶだいやたんすも子供の頃に遊びにいったおばあちゃんの家という感じ。みんなかなりまったりゆっくりしています。ここでは大洋堂のコーヒーカステラを提供していて、テイクアウトもできます。

うめだ阪急立替前−大正『平和堂「なみはや大橋」』3

1f02ddc5.JPGうめだ阪急が立替前に思いっきりバーゲンしていると聞いていきました。子供の頃から、のる電車とともにデパートといえば阪急。家族の外食は阪急の大食堂か、中華しか知りませんでした。考えてみると確かに古いなあ。
いまだに買い物はやっぱり阪急。デパ地下もいきなれているので阪急。なかでも『GOKAN』のとろとろフロマージュは、一日三度の売り出しに運良く間に合って、売り切れていない限り買います。
大学生の時、私の大学のイベントが阪急の催し場で一週間あって運営委員をしていたので、芸能界で活躍してる先輩方(桂小米朝さんなど)にインタビューした阪急大食堂は数年前になくなりました。今回のリニューアルでポンテベッキオが阪急店はしめるそうなのですが、ここは結局いけずじまいだったなあ。
今日のスイーツ−大正『平和堂「なみはや大橋」』http://www.road.osaka-city.or.jp/orc/pool7/good.html一週間だけ阪急地下に出店してた大正区の和菓子屋。大阪市大正区と港区を結ぶ「なみはや大橋」ちなんだ饅頭で、白餡に栗の粒がまざりしっとりした味がとても好みです。大阪名物のお菓子ってあまりないので、がんばってほしいな。本店(06-6555-2272)

『シャトレーゼ「ワインのゼリー」』

5b8524a7.JPG『シャトレーゼ「ワインのゼリー」』お中元にいただいたあの量販店。これがとても大人の味でおいしいのです。赤ワインの方がさらにワインってかんじで好み。食欲のない朝とか朝食代わりにしています。

京町屋めぐり−京都御所『ShiじMa』2

4d0a9919.JPG京都は夏がものすごくむしむしして、冬は極寒。すむのは大変そうだけど、町屋人気は高まる一方みたい。 
烏丸には四条京町家 町家茶房があり、町屋博物館とカフェが併設。このあたりの本当の町屋(人が住んでいるところ)も祇園祭期間には一般公開され、家宝もみせてもらえたり、また町屋を利用したIl Latini などの素敵なイタリアンバールもある。京の代表的なケーキ屋さんセカンドハウスも烏丸は町屋なので一番お値打ち。
烏丸の茶のお店『三丘園』は町屋でゆっくり名物の抹茶プリンがいただけてお勧めです。
OLのとき会社にきてもらっていた英会話の先生が町屋に友人たちと共同ですんでて、ハロウィンPARTYに呼んでくれたけど、蚊帳とかをうまく利用して部屋割りしていて、日本人にはない町屋の使い方をみせてもらいました。最近はい一泊できるところもあるので、ちょっととまってみたいな。
今日のスイーツ−京都御所『ShiじMa』昨日お茶した『ShiじMa』も住宅街の普通の家で入り口からうなぎの寝床をはいっていくと素敵なおうちが現れた。家はわりと洋風だけどその静寂やお庭はまさに京都。かき氷の味は普通だけどこの空間が何よりのご馳走です。カフェタイムは営業していないことが多いので電話で確認したほうがいいです。上京区油小路一条下ル油橋詰町88(楽美術館前)TEL/075(415)0736

京都買い物ドライブ−京都百万遍『タケリア・パチャンガ「フローズンマルガリータ』

c5bea768.JPG毎年夏の旅行代わりに夫と京都をドライブ。夫も『古の花』や『梅香堂』のかき氷を経験して以来、夏に京都にいくのを楽しみにしている。でも今年はかなり疲れてたので、眠らせて2時間私が車を走らせ、思いっきり食材調達しました。
町屋カフェ『ShiじMa』でかき氷の後、鞍馬口のシフォンケーキ専門店『バケーション』へ。それから下鴨のパン屋『コヌレドガゼル』のバゲット。もう一軒パン屋さんは百万遍の『タカラダベーカリー』(こっちの方が好み)もいったけど、2件とも日曜休みなので初めて購入できた。京都は学生街だからか日曜休みのパン屋さんが多い。
北大路の最近オープンの居酒屋『Willkuriche Katze』で抹茶のプリンと、白川の『ル ブレ』(フレンチのレシャンドールだけあってさすが)のプリンを購入。銀閣寺近くのビーンズ専門店『京和楽』で金時豆の煮物と黒豆茶、カフェOPPORTUNITYをみて、百万遍へ。レトロなトミタコンフェクトで受賞したフィナンシェ購入した頃夫が眼が覚めて、輸入食品店で小泉さんで話題のチーズ、ミモレット購入後、モンゴル料理『マルボーズ』でモンゴルのショウロンポウみたいなものを購入。
大雨なのでメキシカン『タケリア・パチャンガ』で休憩。
晩御飯はラーメン街道の東大路『新進亭』で白味噌ラーメンでした。(京都ドライブのしめは必ずラーメン)さらにインター近くの『双葉菓子店』のおいしい和菓子を購入して帰途につきました。
しばらく京都の余韻を食卓で楽しみます。
今日のスイーツ−メキシコ料理『タケリア・パチャンガ「フローズンマルガリータ』京大近くは安くておいしいエスニックが沢山ある。ここはメキシカンカフェ。フローズンマルガリータは甘さ抑え目で5百円は学生値段。夫がつまんだ焼きたてのソフトタコスも280円でサルサもつけ放題。京都市左京区田中大久保町22 075-712-7891

日本の文化−京都『こ豆や「プリン」』

5131376c.JPG最近の回転寿しはおいしい。100円のかっぱ寿司やくら寿司、スシローでも問題はないし、近所にはもう少し高いけどかなりおいしい回転すしが沢山。注文すると板さんが目の前に握ってくれて半端なおすし屋さんで緊張するよりずっといい。
『海鮮寿司』はいつもかなりの行列。少し高めだけどおいしいし、私の父は日本酒がうれしいのでリピート率高し。武庫之荘店では毎週月曜日、プロによるーブルマジックが披露される。アンケートに答えると誕生日には1000円券を送ってくれるので、家族で活用。
最近近所にできた『にぎり長次郎』も日本酒があるので父が気に入った。ここは一品も豊富なのが私には嬉しいです。回転寿司にみえない綺麗な内装だし外国にありそうなエビフライとアボカドなどの組み合わせがおいしい。
『函館海鮮市場』も味には間違いないチェーン。その他、河原町阪急の『若狭水産』『万太郎』などは少し味は落ちるけどそれでも十分です。とにかく月一定期的に回転寿司にはいきたくなっちゃう。
イギリスでもNYでも回転すしが大人気でした。英語ではconveyor sushi
となっていました。
今日のスイーツ−京都『こ豆や「プリン」』こちらも日本の誇る文化の、豆乳、ゆばのお店。神戸大丸に一週間だけ出品していました。が豆乳のプリンはかなり豆乳の味がきつい。ブリュレもあってこっちの方が癖がないそうです。ゆばも豆乳も大好きなんだけどお菓子には難しいなあ。左京区下鴨本町38

神戸元町ハイカラ散歩−神戸元町『サントス』

ce6b9487.JPG大学時代、神戸の編集者でガイドブック編集のアルバイトをしてた時、大丸周辺から元町商店街の老舗(スーツやさんや家具やなど)に取材や集金にいってよく歩いたけど、古きよき神戸のムードをいまもうまくいかしていて素敵なところ。ハイカラ神戸って感じ。もっと子供の頃は、元町商店街のファミリアに洋服を買いにつれていってもらってた。中学生の時はドールハウスを集めていて当時はファミリアにしか売ってないので誕生日のたびにそろえてました。
大学生の時は当時、TIFFANYが元町の三越にしかなくていってた。路地に『青辰』という絶品の穴子寿司(きくらげたっぷり)があったんだけど、震災でなくなってしまったみたい。あの穴子寿司もう一度食べたいな。
今日のスイーツ−神戸元町『サントス』まさにレトロな昭和喫茶。2階では中年夫婦がむかいあってデートしていたり。で2階にいる接客の若い女性が本当、これ以上の人みないってくらい感じいい。
この漢字の読み方わかりますか?


神戸居留地散歩−神戸『美侑』1

4ed4194d.JPG神戸大丸に用事があり、居留地から大丸、元町商店街をぶらぶらしてきました。今日は最近できた『美侑』でケーキを購入しデリ『Mathilda's Cook』でtake out。カフェ飯がとても安く買えた。大丸では京都の『こまめや』が出品していたのでゆばプリンを購入。
居留地には好きなレトロなお店がいくつかある。どれも味もいいけど、建物がなんともいいのです。『カフェド旧居留地15番館』は重要文化財でアフタヌーンTEAが楽しめる。078-334-0015  神戸市中央区浪速町15番地
元銀行の『EH BANK』もスイーツ美味しいし、トイレの手前の個室風のところが真っ赤でなんだか艶っぽい(銀行の倉庫だったそう)中央区海岸通9神戸チャータードビル1F 078-331-6553
私の一押しは『CENTRAL』江戸町104 07863252033
ランチは大行列だけど値打ちらしい。焼きたてのパンが食べ放題で。スイーツは界隈で一番だと思う。広くって気持ちいいです。
『HASU ORIENTAL TEA SALON』江戸町101 はTOOTH TOOTHの系列の中国茶カフェ。
大丸にもビルのムードをうまくいかした『カフェラ』がある。
カフェだけでなくストロングビルの『グリル十字屋』といえばハヤシライスが有名。だけど何をたべても懐かしい味がして、ビルも素敵。
震災前は明治屋中央亭やドンナロイヤなどのレストランがあったんだけど、ビル崩壊で移転しました。でも、味は変わらない様子なのでまた行きたいな。

今日のスイーツ−神戸『美侑』中央区浪花町64番地 三宮電電ビル1F
078-331-8831 今年6月にオープンしたばかり。店内には花とお菓子を組み合わせたギフトがたくさん並んでいました。意外にもケーキもプリンも味はかなりオーソドックス。居留地は普通のケーキやさんって意外に少ないので今後さらにがんばってほしいな。


京都大丸『GIOTTO(ジョトォ)』

26eaa9a9.JPG京都大丸『GIOTTO(ジョトォ)』関西初進出と言うケーキ屋さんでどうやら名古屋ブランドのお店。グラマシーNY系列だしい。でもグラマシーよりおいしい!プリンは生クリームやイチゴものって味は結構オーソドックスで本当満足のおいしさでした。

京都祇園甘党マップ−祇園『徳屋「練乳金時」』他

02847e80.JPG
八坂神社のお膝元、夜には舞妓さんが歩く姿もみられる花街祇園は、和甘味の宝庫。阪急河原町から、徒歩5分。祇園にいったらせっかくなので、風情ある甘味処でほっこりしたいもの。ガイドブックにでつくした感もある四条通の『鍵善義房』や『都路里』もいいですが、穴場でおいしいお勧めの甘味処を紹介します。

祇園『徳屋』料亭が軒を連ねる京都・祇園の花見小路沿いにオープンしてまもない、今一押しの甘味処。冬は卓上のコンロで餅をやくぜんざいがお勧めのようですが、かき氷にここまでこだわっているお店はなかなかない!最初シロップがかからずにでてくる真っ白氷はかんなで削ったごとくエッジが立ち、ふわふわ。だから程よい量。大好きな練乳金時900円は、牛乳から作った練乳と粗目砂糖でできているキャラメル色のシロップがたっぷり別添えでつき、底には最高級の丹波産大納言を、8時間じっくり炊き上げた極上の餡と、白玉もはったいこで作っているので固くならず、独特の風味。でもって一押しは見た目も中身も男前のオーナー。甘味にかける情熱を色々語ってくださって、恐縮してしまうほどでした。徳屋 電話075・561・5554(京都市東山区四条花見小路下ル4筋目)不定休 営業時間:午前11時〜夜8時。定休日:不定休

祇園『楽楽』 こちらも一力亭近くの花見小路にあります。メニューは飲み物つきで1200円以上と高めですが、その風情は十分値打ちあり。亀岡の料理旅館『楽楽荘』プロデュースの1階は料亭、2階はまるで会員制のバーのような甘味処。でも敷居は高くなく、通常メニューにないミルク金時を電話でお願いして作ってもらいました。氷よりメニューにあった栗、丸十、グレープフルーツのプリンの楽楽プリンセットが気になりました。イタリアンも経営していて、一緒にたくさんお話した店員さんも元パティシェということなので、この和空間でドルチェセットがいいかもしれません。13:00〜18:30  電話075-532-0188
http://www.rakurakuso.com/ 祇園花見小路下ル西側 ぎおん楽楽2階

以前絶品かき氷でご紹介した2軒 http://blog.livedoor.jp/yukienglish43/archives/26328440.html

『祇園小森』 白川に架かる新橋の脇、地区一帯が保全されている新橋通りの雰囲気に合った一見甘味処に見えない店。「一見さんお断り?」と見まごう佇まいは、以前はお茶屋。玄関を入ると、行灯に導かれる直線の廊下の右手に個室、そして左手には町家造りならではの箱庭が設けられ、気分はお茶屋遊びをする旦那衆です。たまには甘味だって贅沢に食べたい。抹茶プリンパフェ1200円の他、宇治とミルクが半分ずつのったかき氷もふわふわと泡タイプでとってもお勧めです。京都府京都市東山区祇園新橋元吉町61 TEL/075(561)0504 営/11時〜21時(L.O.)20時30分)〜20時(日曜) 休/水曜

『祇園小石』 http://www.mediawars.ne.jp/~koisi/ 八坂神社すぐの飴やさんの2階は舞妓さんの絵が飾られたギャラリーの中に甘味処。期間限定夏メニュー『わがまま氷』も舞妓さんのわがままに応えて出来た、氷の下(中)からあんみつが出てくるお得な氷で840円。氷はしゅわしゅわと泡みたいな氷部門ではトップともいえる絶品です。他のメニューは飴やさんだけに蜜がおいしいのか、黒蜜メニューが人気。京都市東山区祇園町北側286-2 TEL:075-531-0331 11-19

祇園で和甘味を手土産に。お勧めは祇園でしか手に入らない菓子。
福栄堂『祇園の月』http://www.fukuedo.jp/item/gion.html 祗園名物は、丹波小豆を岡煉りという独特の炊き方であっさりと仕上げた白餡、赤餡で、もち米を独自の製法で歯切れ良く、さっぱり仕上げた後口の良い白玉を包んだ、一口サイズの上品で可愛らしいお団子。12個900円。
『みよしや』 福栄堂近くの一等地四条通りながら、日本一営業時間が短いといわれる幻のみたらし団子。 夕方5時頃開店で、30分程で完売。買う時きな粉をかけるか聞かれ、タップリかけてもらえます。 糸を引くほどトロトロのタレが炭火で焼いた団子にからみます。希少価値という点で、運良く通ったら即買いです。
『牛若丸』花見小路には珍しい洋風なシュークリーム専門店。ふわふわしています。
その他『するがや祇園下里』の大豆入りの飴、秋紅堂の『豆板』もデパートなどでは手に入りません。
実はケーキも『平川風月堂』『ベル』『楽陽堂』『切通し・進々堂』など豊富で、和洋をとわず甘党にうれしい街なのです。

京都甘味遠征−京都麩屋町『RAGON CAFE』3

f7bccd7f.JPG私自身今年は特によく京都にいっているけど、友人がfその気になってくれたので一緒に京都へ。メインの目的は究極のかき氷やさんめぐり。私一押しのぎょくえん(私は今回どうしてもいきたい店があったので後で待ち合わせ)が一時間以上の行列なのでお店変更ということで最後にいくとして、
まず高島屋の『おめざフェア』へ。東京の『ドルキア』のモンブランや『九重』の揚げ饅頭手に入れて満足。地下で和菓子探索して、ここは出町ふたばの豆餅も祇園ちご餅も鶴屋寿の桜餅も一箇所で手に入るすごい場所だけど笹屋春信さんにしました。
それから御幸町か麩屋町でカフェいこうと思って、前からいきたかった『RAGON CAFE』でジュースタイム。そし錦で食材購入し大丸地下『ラジイ』のかなりおいしいプリン購入。そして歩いて祇園の『徳屋』で今まで究極とおもっていたよりさらに究極のおいしいかき氷体験で幸せでした。
今日のスイーツ−京都麩屋町『RAGON CAFE』緑のひさしやさりげないインテリアがセンスいいカフェだけど、カウンターの上の水槽にはなんとびっくり、ウーパールーパー!名前はオーナー。爬虫類系や水族館みるのが好きなのであきなかった。フレッシュジュースもお勧めです京都市中京区麩屋町六角下ル坂井町458-2 075-255-3531



店員の質−高山堂『水羊羹他』

f9ca6cc2.JPG近所のフレンチレストラン。完全予約制で10人迄。岩牡蠣のマリネがでたり、鱧のお吸い物がでたり和洋折衷でおいしかった。でもこれほど店員(というかシェフの奥さん)が最低な店はありえない!
到着時、姉一家が遅れるのと、急遽一人増えたせいか、笑顔のない表情の硬い奥さんだなって思ったけど、入口のドア近くにテーブルセットしていたのが座りにくかったので、奥の席は父の座った席の前にセットがなかったのでそちらにセット移動してくれますか?ってお願いした。すると食器が割れるかと思うくらいナイフフォークをプレートに投げつけがちゃんがちゃんセットを移動。それからは一言も話さない。父が気まずくて、かかってたて音楽を「宝塚歌劇やね」っていっても「違います!」ってきつくいうだけ。後から来た姉は感じ悪い奥さんやと思ったけど、遅れたせいだと思っていたそう。
で途中であまりの感じ悪さにシェフが気がついたのか、奥さんは2階に帰宅したのか、姿が見えなくなり、シェフがずっと話してお見送りも奥さんはいなかった。父は「ばつが悪かったちがう?」以前の店は駅前だったけどコストの問題で自宅に移したというけど、この奥さんだから、客も店員も離れていったんではないかな?
今日のスイーツ−高山堂『水羊羹他』http://www.takayamado.com/new/index.htmlお中元を買いにいったそのフレンチの近くに支店があるチェーン店。こちら中年の女性で統一していて、以前に比べてずいぶん感じよく応対してくれる上に、ポイントカードなどの仕組みもよくなっていた。女性幹部と話す機会があったのでそのことを伝えると、2年前にその方が就任した時に徹底的に教育をやり直したり、入れ替えたりしたそうで、成果がわかってもらえてうれしいとのこと。冷たいお茶もいただいて気持ちよく水羊羹買いました。
おいしいお店は無数にあるから、自営(私もですが)の場合サービスと笑顔はコストがかからないんだから、惜しんじゃだめですね。

大阪城公園IMP『ラ パッソ「ブリュレ」』

049230b8.JPG大阪城公園IMP『ラ パッソ「ブリュレ」』大阪城ホールやいずみホール
などに来るときはいつもIMPの駐車場を利用します。IMP1Fのカフェ『ラ パッソ』のイタリアンデザートはビッグでおいしい。ブリュレはまさに私の好みのでカスタードの味が甘くて好き。
界隈ではアンジュカフェも空間が気持ちよく、ホテルニューオータニのスイーツショップは6時以降ホテルメードのケーキやパンがが30パーセントオフ。今日も大きいシュークリームを買いました。

livedoor プロフィール
Categories
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
記事検索
  • ライブドアブログ