Yuki の Sweets Diary

 YUKI英語教室 英語教室オーナーで、好きな英語と、甘いものを楽しむ毎日です。 コラムやスイーツの企画など、スイーツコーディネーターのお仕事も承ります。englishyuki@gmail.com まで  YUKI英語教室

facebook http://www.facebook.com/YukiNoSweetsDiary?skip_nax_wizard=true#!/YukiNoSweetsDiary インスタグラム アップ中! https://www.instagram.com/yukienglish/
お菓子・デザート ブログランキングへ

2005年09月

大阪『ボンテベッキオ「マロンのTIRAMISU」』4

cb3ff339.JPG大丸のイタリア展で、憧れの『ボンテベッキオ』のデリ、ワイン、食材、スイーツバールの特設コーナー。どうせならいつかはレストランにいきたいって思ってたので買うつもりなかったんだけど、テレビなどでよくお見かけする山根シェフがとても感じよく直接勧めてくれるのでついつい購入。店で食べるほうがおいしいだろうけど、気持ちよく買い物できるというのは何より。
マスコミにでている有名シェフの店にいったりインタビューしたりしたら人それぞれです。中華のていさんは、大学の先輩なのでフェアで長時間インタビューしたけど、本当に優しくバブルだった当時に既に金で買えない贅沢について話してくれました。また苦楽園『樹樹』のシェフもとても丁寧にそこで私が買った餃子の焼き方をレクチャー。今年訪れた神戸の『千代』のご夫婦も、本当普通でお二人が出ている本を「見せてー」って楽しそうだった。
最低だったのがある割烹の主人。誰もがしっててタレント以上にテレビにでているけど、店で一応その人が腕を振るうというのがうりなのに、料理しながらずーっと自分のでてるテレビ番組をかけて自分の自慢と他人の悪口や愚痴。こちらが話しかけてもテレビから眼を離さない。味はおいしいもなにもそれでコースで27000円。(10年前だけど)最後にサイン入りの本をくれるんだけど、いらんわ!って返したかった、っていうかコースの値段に含まれてるでしょ。

今日のスイーツ−大阪『ボンテベッキオ「マロンのTIRAMISU」』レストランでも人気スイーツということで500円で購入。確かにリキュールがきいて、レストランデザートの味でした。北浜に移った本店はかなり敷居が高いらしいけど安田生命ビルやなんばパークス店でいいのでいつかいきたいなあ。

東京羽田空港『村上祥子のチーズケーキ』4

05b1756b.JPG京羽田空港『村上祥子のチーズケーキ』今日姉と母が東京から帰ってくるので事前にお願いしてた羽田空港・第2旅客ターミナル
東京食賓館 のみで販売されている料理研究家のチーズケーキ。「村上祥子のデザートキッチン」。キャメル、スタンダード、モカの3種類がある長四角の「ニューヨークチーズケーキ」が各650円。濃厚なチーズ味で二人分。めちゃくちゃおいしい!羽田を利用する方は絶対買いです。プレーンがよかったな。

大丸のイタリア展−神戸北野『Balencia Restaurante「かぼちゃのブリュレ」』3

4eecdbb4.JPG神戸大丸のイタリア展。チーズやオリーブオイルなど、あらゆるイタリアン食材やデリが並んでいた。この日はウンブリア地方のチョコレート職人の実演もあって、できたてのチョコを頂いたけど、朝鮮人参いりや、全く砂糖のはいっていないものなど、あまりにも斬新で日本人にはまだあわないのかも。
スイーツは北野クラブの『バレンシア』やTUTTI FRUTTIのジェラート、さらに憧れの『ボンテベッキオ』のデリとスイーツとやっぱりセンスのよいセレクトでさすが神戸大丸って感じでした。
今日のスイーツ−神戸北野『Balencia Restaurante「かぼちゃのブリュレ」』大学生の頃、会員制のお屋敷レストラン『北野クラブ』で家族でうっとりしてお食事をしたけど、今は少しカジュアルになった様子。イタリア展にスイーツを特別出品していました。かぼちゃのブリュレをセレクトしたけど500円前後のケーキはかなり小ぶり。オールタイムカフェ利用できるみたいなので、あの美しい夜景をみながらお茶したいなって思います。
神戸市中央区北野町1-5-4 北野クラブsola Luna棟2F 078-241-9102

悪口じゃないんですー心斎橋そごう『ボンサンテ「枝豆のモンブラン」』1

98914596.JPG心斎橋そごう『ボンサンテ「枝豆のモンブラン」』そごうにアンテノールの健康バージョンのケーキ屋さんがオープン。豆乳を使ったデザートなど楽しみにしてたけど、結構どれも高い。525円の枝豆のモンブランをTAKE OUT。が、これは何?健康とおいしさってそれほど両立できないものなんだろうか、、。他のケーキも試してみないと断定はできないけど、少なくともこの商品はうーん、、、、でした。アンテノールは学生の頃から家の近所にカフェがありなじみがあるので、ちょっとがんばっておいしくしてほしいなあ。

大阪デパートクルーズ−心斎橋大丸催場『四ツ橋RIVER CAFE、BAKUのケーキセット』4

cc8971f6.JPGうめだ阪急、心斎橋の大丸、さらに新生そごう大丸とデパートクルーズしました。阪急は改装すんだといいつつ、実際にはまだ完成は先だけにしばらくは不便な感じ。しかもクイーンアリスなど好きだったカフェがなくなってる。
地下鉄で心斎橋へ。大丸でミナミの味の催しで黒門市場の『安井』のグレープフルーツジュース。200円しないくらいリーゾナブルでした。堀江の若者に人気の店のケーキを食べれるコーナーもあってこういうのもっとHPやポスターで紹介したらいいのに、7階までいかないとわからないので、あまり賑わってなかった。
最後は心斎橋そごう。やっぱり綺麗で気持ちいい。日曜だけどキタのデパートほどの混雑はないので、買い物しやすいです。外商に用事があってロイヤルサロンでお茶をのませてもらったけど、トイレまでびっくりするほど豪華でした。
今日のスイーツ−心斎橋大丸催場『四ツ橋RIVER CAFE、BAKUのケーキセット』ミナミの味催し会場では堀江の人気カフェや南船場のINC CAFEなどのケーキを2つとドリンクのセットで700円とかなりお得にイートインできるコーナーがありました。私のチョイスはRIVER CAFEのチーズケーキ(店では472円 http://www.opefac.com/river_cafe/)とBAKUの白ゴマのプリンhttp://r.gnavi.co.jp/k638200/。チーズケーキは重厚なNYタイプでとっても食べ応えありで好み。白ごまは軽い感じならがきちんと甘みもありおいしい。堀江にいくとあまりにもチョイスが多くていつもどのカフェにしようか悩むのですがこの2店はいったことがなかったので、今回いい機会でした。

尼崎市つかしん『MOBY DICK「BUFFETのソフトクリーム』2

86789da6.JPG尼崎市つかしん『MOBY DICK「DINNER BUFFET』チェ−ンの洋食屋さんがマイナーチェンジしてつかしん店は地元・兵庫県の農家から仕入れた有機・無農薬野菜や自然のだし」ミネラルたっぷりの天然塩などの調味料も使用したビュッフェレストランになりました。ビュッフェってにおいが移ったり、食べてるのに食べた心地がしなくてかなり苦手なんだけど、9月オープン記念で1680円の3割引とDINNERでもとても信じられないくらい安かった。しかもソフトドリンクも20種類くらいありました。(ランチも同料金)お味は健康がテーマなので、感想は難しく一番おいしかったのはデザートのソフトクリームだねという結論でしたが、高野豆腐のグラタンとか、トマトとモロヘイヤのスープなど家で作ってみたいメニューもありました。http://moby-dick.in.arena.ne.jp/tukasin_hed.html

石川『おとぎの国のメルヘン「バームクーヘン」』4

9974f59c.JPG石川『おとぎの国のメルヘン「バームクーヘン」』http://www.rakuten.co.jp/meruhen/687424/687428/ 先日スイーツハーバーのドイツスイーツ博覧会で購入したバームクーヘン。フランボワーズとポアールのコンビネーションとバームクーヘンとのコラボレーション。オリジナル◎ポインセチアはドイツ博覧会でのみのらしい。たしかにほわっとフランボワーズの風味が感じられてとっても爽やか。それにバームクーヘンってぱさぱさのまずい経験しかなかったんだけど、これはしっとりふんわりで本当においしい。実際のところ他の出店していた全国のバームクーヘンもいくつか食べたけど、ここのが抜群でした。お取り寄せもできるみたい。

にんにくや『はちみつバタートースト』4

8de3cffb.JPGにんにくや『はちみつバタートースト』一時、よく神田うのが好きとかで、以来さまざまなテレビ番組で紹介されていた。714円で食パン一斤にはちみつとバニラあいすがのってめちゃくちゃボリュームあり。しかも表面だけですぐシロップがなくなるので、店員さんがどんどん足してくれます。二人ではかなりきつかったので、4人ぐらいでしかも朝のフレンチトースト代わりにたべたいな。
にんにくやのデザートメニューみていて、「ああここはやっぱりマハラジャの系統なんだ」と納得。バブルの時期、大学生だった私の世代は週末といえばDISCO『マハラジャ』夜遅くだけど、ここの大きくて甘く手作り感あるカスタードプリンが大好きでいっつも食べていたけど、同じものがメニューにあって相変わらずおいしそうだった。


心斎橋そごう初探訪−大阪心斎橋そごう『SABATINI「プリン」』4

e37d0e3c.JPG昨日はスイーツ友達と新生心斎橋そごうで待ち合わせました。二人は即デパ地下のスイーツコーナーへ。ケーキやさんも目新しいものがあるけど、イルピノーロなどは600円平均の値段にびっくり。(のわりに小さくてあまりこっていないようにみえた)最中の専門店もあり、和菓子コーナーには全国の銘菓が並んでて、毎回楽しめそう。神戸からもモリナカやアルザスの焼き菓子がエントリーしていてセレクトがうまいなあって二人で感心。
地下でも2フロア分空間をとっており、空気が綺麗できもちよく買い物できます。その後、大丸をのぞいたけど、確かにリニューアルしてペニンシュラなどのスイーツも豊富になってがんばってるけど、天井が低くてどうしてもムードが暗いように見えてしまった。 今日のスイーツ−大阪心斎橋そごう『SABATINI「プリン」』  今回はお友達とリストランテサバティーニの初ドルチェ店『SABATINI』のプリンを分けました。5つ入りで1575円かな。2000円以上の購入で買い物バッグをもらえました。このプリン、カラメルがキャラメル味。生クリームの層があって、プリン自体はまったり。かなりあまあまで私は好みだけど、液体状に近いのでラングドシャや洋ナシのコンポートなどとあわせて食べたい気がします。 

スイーツ仲間−大阪南船場『茶羽茶楼』3

aac08def.JPG今日はスイーツ仲間のなうなうさんと約束。なうなうさんはケーキやさんのHPをつくって情報発信やネットワークをつくる「ケーキ屋さんのプロ」関西のケーキショップマップ http://www.nau-now.com/ はよく南大阪に夫が仕事で出かけるときなど、参考にして買ってきてもらっています。
昨年ちちんぷいぷいの撮影にお誘いして以来、一年半ぶりにあったけど、おかしのこと、プライベートなこと楽しくお話して本当気分がすっきりさせていただきました。私の妊娠をしってお祝いメールをくれて、久々に会うことになりました。
最初会ったとき、お菓子好きということで世間の人が抱くようによく食べる大きな人をどこかイメージしていたんだけど、私とほぼ同じ体型の小さな小さな人で、とても親近感がわきました。私の友人のスイーツ好きの人はたいてい極めている人で、みんな小さくて華奢。世間の人は大食いタレントみたいなイメージをもってるみたいだけど、正反対で、体が小さいから一口一口を大事に食べている。
お互い結婚しながら好きな仕事をしているけど、だからこそそれなりに悩むこともあるはずだけど、彼女はほわっとしたムードで、そこも見習いたいです。
今日のスイーツ−大阪南船場『茶羽茶楼』エルメス裏にできた中国人オーナーの中国茶カフェ。茶藝用茶盤机こと、この大木の花梨製テーブル。何が面白いかって、テーブルの上段から湯を流すと滝のように下へ流れ、途中龍の口からも流れ落ちる仕掛け。そこでなかば無理やりお茶をするのが面白い。本物の中国が楽しめる。スイーツもなうなうさんは緑豆餡ののった豆花、私は緑豆餡ののった練乳かき氷。ちょっと苦味があるのが本場っぽい。大阪市中央区南船場4-5-4 心斎橋岡本ビル2F 06-6244-1698


お好み焼きソースの好み−千鳥屋『栗かのこ、千鳥プリン他』3

0a3f0320.JPG昨日お好み焼きをたべに行った長田ではスーパーでも、お店でそばめしにつかう『ばらソース』が買えるそう。さらっとしてピリッとした辛味を感じるおいしいソース。
うちは家でつくる時は甘めの『おたふくソース』。広島の名物といわれた頃から思えば、どこのスーパーでも手に入るようになりました。私のすむ尼崎には『フクスケソース』http://www.rakuten.co.jp/actec1972/450396/462465/という名産があってこれもあっさりしていてちょっと辛味がある。ジャンジャン横丁のくしかつやさんでつかわれているそう。甘口の我が家より、親戚によく買ってきてとたのまれるので、工場にいきます。
東京に家を買った兄は、関西にくると普通にスーパーでうっているオリバーの『どろソース』関西土産に購入して買えります。むこうにはこんな辛いのがないそう。
私自身はお好みにも本当はポン酢でたべるのが好きなんだけど、それでもこのお好みソースの文化は関西ならではでしょうね。
今日のスイーツ−千鳥屋『栗かのこ、千鳥プリン他』
http://www.chidoriya.jp/ もう1つわが町の名産になっている感じなのが千鳥屋。小さい頃からずっと近くに工場と大きなお店があるので、田舎にいくときは必ずここの饅頭。学校で何かあって配られるのもここのお菓子でした。でも本店は大阪なんだか、福岡なんだか。私は千鳥饅頭のぱさぱさが苦手で、買うのはいつも缶入りの栗かのこやプリン。お店ではお茶やちいさな和菓子のサービスがあります。

そばめしの元祖−神戸スイーツハーバー『秋田ご献上カステーラ』4

7f98c31f.JPG昨晩はハーバーランドの後、長田へお好み焼きをたべそばめし発祥の『青森』へ。昭和30年頃、常連がご飯をもって来てを鉄板で温め、“焼きそば混ぜよか?”って話になり生まれたそばめし。冷凍食品のものより薄味でした。私が気に入ったの普通のお好み焼き。といっても長田風はクレープ生地に具がのって、そのもちもち感が広島風ともねぎ焼きとも違って軽くておいしい。青森のすじはミンチになったものとこんにゃくの炊いたもので独特でおいしい。豚玉で430円、すじねぎで500円ととってもリーゾナブル。ソースはやっぱりばらソース。なんといってもやいてくれる店主(親子)の感じのよさがすばらしい。あんなに有名なのに一人一人の客を大事にして、だから10人程度しか入らないお店にこだわっているのかなって感じました。神戸市長田区久保町4-8-6 電話 : 078-611-1701
今日のスイーツ−神戸スイーツハーバー『秋田ご献上カステーラ『抹茶とかぼちゃのモンブラン』タウン誌スイーツ第2弾は秋田。秋田市泉というところにあるらしい。このケーキがとっても重厚で確かに和菓子ぽくておいしい!土台がカステラなのかな。癖になりそうな甘さです。モンブランが充実のうちにまた買いにいきたいな。

タウン誌スイーツ博覧会2―愛知クレームデラクレーム『茶うす山』他4

f3d17fe9.JPG神戸ハーバーサーカスのタウン誌スイーツ博覧会に2度目の突撃をしました。芋栗南京の秋メニュー特集なので、本当どれもほしくてたまらない。今日は
愛知クレームデラクレーム『茶うす山』今回の一番のヒット。大好きな和栗ペーストの下はモンブラン餡の入った大福餅(皮が薄めで重たくはない。)斬新な組み合わせだけどとってもあっていてアイデアです。写真上段右端。
秋田ご献上カステーラ『抹茶とかぼちゃのモンブラン』ものすごく濃厚で和菓子に近い味で好み! 
奈良『あまがし「ムーランオカフェ」』これは苦味が甘みよりつよくいまいち。
福岡『アルデュール「ばらのマカロン」』ふわっとばらの匂い(お菓子にはあってないけど)マカロンはねっとりと食べこたえあった。
宮崎『紙ヒコーキ「霧島ポテト」』甘さ控えめのスイートポテト。
さらにドイツのお菓子の博覧会では日本全国のお店のバームークーヘンのカット売りを購入しました。日持ちもするし、あまりバームクーヘンっておいしいものを食べたことがないので、おいしさ発見できるか楽しみ。

ラーメンのために高速飛ばす−大阪堺『マイハウス』3

f5b8dbff.JPG今日は近所のかかりつけの先生の出身地の堺まで、高速を飛ばして頂きました。すごーく遠いイメージだったけど、我が家から30分で到着。私のリクエストで塩ラーメン専門『龍旗信』http://www.ryukishin.com/ へ。国道沿いだけどいっぱいの人で、本当に本当においしい。塩ラーメンが大好きだけど、塩自体置いている店が数少ないし、その中でも抜群においしかった。鶏ガラベースに野菜類やムール貝などを使った、少しあっさりとしているようだが、見事に完成された絶品塩スープ! 麺も問題なしで700円というのはちょうどいい値段。 
今日のスイーツ−大阪堺『マイハウス』浜寺石津町中3丁14−21
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/yu-min/my-house.htm せっかくなのでネットで調べたラーメン屋さん近くのケーキ屋さんでお持ち帰り。南海石津川駅まん前でした。プリンは本当オーソドックスながら、キチンと甘くおいしい。お店の奥にはお家の応接間のようにスリッパをぬいで入る大きなカフェもありました。栄養士が生み出す、おいしく優しい、安心の手作りケーキだそうです。

森永『ほくほくかぼちゃプリン」』4

03210d19.JPG森永『ほくほくかぼちゃプリン」』2005年の新商品でスーパーでよく特売されている。が、侮れないおいしさです。プリンというよりクリームに近い。ほくほく感よりクリーミー感が勝ってます。カラメルはないけど完成されているのでこれでよい。2ヶ月ほどもち最近は冷蔵庫に買い置きしてます。にしても芋栗南京のお菓子大好きなので秋はうれしいな。

大阪うつぼ公園『the earth cafe』4

f83f6208.JPG大阪うつぼ公園『the earth cafe』6年きてくれている生徒さんは食べ歩きが大好きなOL。ここはケーキがおいしいと教えてくれました。できたての隣接工房でつくられるケーキが食べられうカフェは、公園に向かってオーンエアーで本当気持ちいい。特に秋は紅葉がすごいです。靱公園沿いには、何軒かのカフェやレストランがあるけど、夜遅くまでこんな環境で食事やお茶を楽しめるのはすばらしい。大阪市西区京町堀1-13-2藤原ビルTEL:06-6445-6262

京都祇園『松葉屋「松露」』3

a8737196.JPG京都祇園『松葉屋「松露」』京都にいく時必ず母にお土産に頼まれる、干菓子。松露は大納言小豆、白小豆を砂糖の衣で包みこんだ、甘い香の丸い和菓子。 松露とは、マツ林の地中に発生する卵形のきのこのことなので基本的には秋のお菓子なのです。駄菓子屋さんでもみかけますが、やはり祇園の老舗のものは小豆の柔らかさが違う。それだけで完成された和菓子です。四条通祇園町南側572-3

兵庫尼崎『寿美屋「味噌饅頭」』3

618e89ca.JPG兵庫尼崎『寿美屋「味噌饅頭」』尼崎にはが豊臣秀吉が明智光秀の追手から身を隠したお寺として知られる寺町があり、逃げ込んだ秀吉がみそをすっていたエピソードからうまれたご当地まんじゅうなのです。味噌が練りこまれた餡がたっぷり入ったお饅頭は塩味が強く独特な風味。甘いのが苦手な人も好きそう。尼崎市西本町3-62 尼崎名産としてすぽっとを浴びている菓子。
地元の友人で地元の産をみつけるのが得意な友人が、わざわざ自転車で車がびゅんびゅん通る43号線を越えて買ってきてくれました。

今年は短いプリン博覧会4回目−高知『西川屋老舗「さくらとジローなど」』4

dcf19896.JPG昨年は半年程開催されてたプリン博覧会だけど、今年は10月2日迄と1ヶ月半程度と短いので4回目の訪問。今月麺だらけは改装工事で商品入荷も少なくなり、10月からはリニューアルしてソフトクリームの博覧会が始まるそう。
今日は4種類だけ。
北海道『スイーツオーケストラ』冷凍のかぼちゃぷりんのホールケーキ。よくデパートの催しできてるけど初めて入手できました。まだ冷凍庫の中。
西宮北区『エスケール』パンやさんのプリン。あまりにもとろとろでたべにくかった。
神戸岡本『ヴァッラータ』パンナコッタ風の白いプリン。本来スイーツだけたべられるようなカジュアルなイタリアンではないので、この機会に購入。すごくクリーミーでこくがあって大きくて感動ものでした。
高知『西川屋老舗「さくらとジロー」』高知特産 土佐ジロー卵使用で、卵の味わい深いプリン。つるんとした感じで、上品な卵焼きのような味。まんま卵の殻を使った楽しいプリン。味も卵の味がきちんとしてナイスです。6個で1200円と少し高めだったけど、盛り上がりそう。

丸永製菓『あいすまんじゅう』

4d8b8034.JPG丸永製菓『あいすまんじゅう』買い物にいけない時もいつも家に買い置きしてあるあいすまんじゅう。モンド・セレクション金賞を連続でとる100円アイスで、他にはない食感。餡たっぷりで白いバニラの部分が、モチモチというか、しっとりというか、なんだか普通のアイスとは全然違う、たしかにまんじゅうです。夏の暑いときよりも涼しいときのほうがあうこってり感。大好きです。http://www.marunaga.com/

livedoor プロフィール
Categories
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
記事検索
  • ライブドアブログ