Yuki の Sweets Diary

 YUKI英語教室 英語教室オーナーで、好きな英語と、甘いものを楽しむ毎日です。 コラムやスイーツの企画など、スイーツコーディネーターのお仕事も承ります。englishyuki@gmail.com まで  YUKI英語教室

facebook http://www.facebook.com/YukiNoSweetsDiary?skip_nax_wizard=true#!/YukiNoSweetsDiary インスタグラム アップ中! https://www.instagram.com/yukienglish/
お菓子・デザート ブログランキングへ

2006年04月

新つかしんレポート2―ビアードパパ『フォンダンショコラ』3

297cad3f.JPGつかしんレポートその2。
以前からあるJOSHIN電気や無印良品も相変わらず使い勝手がいいですが、
新たに使えるのが手芸用品の『ドリーム』(ひがしまち3F)
キルト好きの母もここでかなり用事がすむようになります。毎年会員料金がいるのが、ちょっと面倒だけど。
ふたば書房もオープンということで、粗品をくれました。

私が嬉しいのは『ヴィレッジ ヴァンガード』(ひがしまち4F)が入ったこと。ここのシュールなおもちゃは大人が楽しめます。
品揃えが気にいったのは『ライフボックス』(ひがしまち3F)ORANGE HOUSEなどの雑貨の他、奈良の白雪ふきんも発見。今まではダブルデイで購入したり、先日のちちんぷいぷいで買っていた鹿柄のふきんやはんかちもありました。

一階のフードモールには野菜、魚、肉の専門店が並び、オープン記念でしゃぶしゃぶ肉2000円を500円でゲット!(5名限定だけどちょうど目の前にいてラッキーでした)
イタリアン食材店の『イル メルカンテ』はチーズやお菓子、パスタの品揃えもよく、オリーブオイルなどは量り売りで好きなだけ購入できます。
『ボン ルパ』も輸入食品、ワイン、リカー類がおしゃれなのにとても安い。広々した店の中には、立ち飲みカウンターもあってワインとチーズが楽しめます。

ファーストフードコーナーには冷麺専門店もあるのが楽しみ。京都の春陽堂も入っていました。でもこのコーナー、大人が食べるのはきついなあ、、。

今回は『ビアードパパ』のスイーツをテイクアウト。シュークリームは間違いなくおいしいんだけど、どうもここのシュークリームは焼きたてさくさくでないと、かなり落ちてしまうのが難点。パイのような皮だからでしょう。
で、瓶入りプリンX2とフォンダンショコラX2で800円というオープン記念セットを買いました。

フォンダンショコラはネット販売で人気ときいてたし、家でレストランスイーツを味わえるの楽しいなと興味があったのです。
レンジで25秒暖めて、さらにトースターで表面をばりっとさせるとおいしいと書いてたのですが、せっかちになってレンジだけ。
それでも中のチョコレートがとろり、周りはふにゃっとしてるのが私は結構好きで、それにバニラアイスクリームを添えて食べました。
暖かいケーキと冷たいアイスととの組み合わせは最高!
実はチョコレートは大の苦手なんですが、どろっと溶けたチョコはおいしいな。 

プリンはどうもブームの意味がわからない瓶入りなうえに、味もスーパーのプリンみたいでした。シュークリームのカスタードはおいしいんだけど。
つかしん  1F 

新『つかしん』レポートー尼崎『豆ひとつぶ by SHOTANI』1

a55678a2.JPGご近所の大型ショッピングセンター『つかしん』がリニューアルオープン。
正式には4月29日開店ですが、26日からのプレオープンに3日連続で通いました。結構人は多かったけど、駐車場は十分あいてました。(オープン日は2時間待ちだったらしい)

オープン以来、西武百貨店がなくなったり、色々変化してきましたが、今回は本当に徹底的に別物になった変貌ぶり。
以前からある、ヨーロッパの邸宅や町並み的なガーデンレストランエリアなどと、店舗ががらっと変わった元デパート部分『にしまち』
さらに新たに『ひがしまち』という建物ができて、平和堂アルプラザも入りました。
ひがしまちは尼崎姉妹都市のドイツのアウクスブルグの建物や町並みにそっくりにできていて、なかなか素敵です。

今回このひがしまちに、沢山食べ物関係のお店が入るときいていたので楽しみにしていました。
八百屋さんも、魚屋さんも安かったけど、スイーツも沢山。
販売は大手チェーンが目立ちます。『ビアードパパのシュークリーム』
サーティーワンアイスクリーム』ジュースバー『VFF』
和菓子『千鳥屋』『モチクリーム』などなど。
また尼崎では名店の『寶屋遊亀』さんも初の支店を。

今回『芦屋タカトラ』が入り、カフェもあるのでヒルトンにあるようなゴージャスな空間を楽しみにしていたのですが、椅子も何もまるっきりファーストフード。これは残念。『HIRO珈琲』も猪名川店などのゆったりムードの全くない、ファーストフード店で、カフェと呼べるカフェがみあたりません。
あれだけ人がいたら絶対に流行るのに。本当ゆったり休憩したかったです。

スイーツで目だったのは、尼崎の自慢のケーキ屋さん『SHOTANI』が、ケーキ店と、さらにタルトの『ミャムミャム』と『豆ひとつぶ』というヘルシー豆乳スイーツ店を展開していること。
で、ヘルシーなほうをチョイスしました。
ロールケーキ(黒糖を使ったりこれもヘルシーなもの3種からチョイス)の上にざる豆腐のような豆乳のムースをたっぷり乗せて、上には煮豆やフルーツのコンフィチュールから一種類チョイスしてトッピング。
2人分くらい沢山あって500円です。

が、うーん、、、。
ヘルシーはやっぱり無理がある。ムースが豆乳の味がかなり強いので、コンフィチュールがもっと多ければ気にならないかもしれない。またロールケーキも癖があります。

私は豆乳は毎日とるようにしていて、好きですが、お菓子ではおいしいと思うものは少ないなあ。
SHOTANIのお菓子、大好きなので、無理にこういう風に走らなくてもいいのでは、、、。 
今度はタルトのミャムミャムにトライします。

紅茶だけは−京都『FORTNUM & MASON CONCEPT SHOP プチパンパンプキン」』4

061f9406.JPG私は紅茶好きです。一日5、6杯のむけど、紅茶をいれるのだけは上手!と勝手に自己満足してます。
ポイントはメーカーによって茶葉の濃さが違うので、特性によって葉の分量を加減するのと、ポットとカップを暖めることなんです。

今、生徒さんがイギリス旅行中で、いいなあ、私ならブラウンズホテルでアフタヌーン tea して、ハロッズで可愛い缶の紅茶かって、あ、でもスーパーにあるブランドのティーバッグもいいものあるしなあって考えていたところ、イベントをみにいった大丸京都店に
『FORTNUM & MASON CONCEPT SHOP』ができていました。ここなら間違いなくおいしい紅茶が手に入ります。

フォートナム・アンド・メイソンは、言わずと知れた英国王室御用達の総合高級食品ブランド。店舗の展開は、英国を除くと日本が初めてらしい。
大丸京都店は、2005年10月5日にオープン。

普段ここの紅茶は輸入食材店で安く買うことが多いんだけど、このコンセプトショップはさすがのラインナップ。
フレーバーもビターオレンジやマンゴなどこれからの季節にぴったり。
併設されたカフェでは本国の認可を受けた焼き立てケーキやスコーン、レシピそのままに淹れられた紅茶が味わえる。
アフタヌーンティーセット1人2,520円。紅茶840円。

さらにパンやケーキもテイクアウトできて、ケーキは315円と驚くほど安い。
で、大ヒットだったのがデザートではないのですが、パンプキン味のプチパン 60円。
生地がもちもちとして本当おもちみたい。ほんのり甘くて、朝ごはんに何もつけずに十分おいしい。
ここのアールグレイとともに、幸福な朝の時間を送りました。
 

いっぱい詰まってる−京都『シェラメール「お菓子の木」』3

48463a08.JPG英語教室の生徒さんで、高校入学したての男の子。
前回のレッスンの時、入学式前なのに合格した高校から呼び出しがあり、何だろうと心配してた。
実際はなんと入試の成績が1位だったので、入学式で挨拶するようにという話だったそう。
すごい!英語の成績がいいのはわかってたけど、、、。
10歳から個人レッスンですが、最初から英語に関して壁なく、勉強として構えず、ずっと楽しく英語に触れてきたけど、成績がいいというのも大事なことです。
スポーツ系のクラブに、友人関係に、勉強に、あくせくせず、でも一生懸命に楽しんでいる彼。
才能も可能性もつまっているんだなあ。
さらにまだ15才ながら食通というか、おいしいものを判断する味覚をもつ彼とは、いつも今週の旨いもん話でもりあがり、ここにも才能を秘めているのです。

今日のスイーツ−京都『シェラメール「お菓子の木」』

いっぱい詰まっていえば、京都の名店のロールケーキ。 
「お菓子の木」525円は、木の切り株風。15歳の食べ盛りの男子も満足なボリューム。中にはあっさりしたたっぷり生クリームとバナナ、苺、キウイなどのフルーツ、そしてなんと、シュークリームが入ってる!
500円以上するけど大きくておいしいので当然です。
他にも「王様の枕」という同じく大きなロールケーキがあります。こちらはプレーン生地。

この日行った『全国美味一品味めぐり』で大人気の『自由が丘ロール屋』のように生地を食べて!というものより、こういった中にあっさりクリームがぎっしり入ってるほうが私は好きかな。

さっくり焼き上がったパイ生地の中にオーダーを受けてから入れるたっぷりカスタードクリームが魅力の「バルカノ」525円も、定番人気。

京都市中京区寺町通夷川上ル西側 075−241−0765 
本店他、富小路六角に支店、大丸京都もテイクアウトだけ出店。

全国美味一品味めぐり−東京『マリアージュ ドゥ ファリーヌ』他2

742a7a69.JPG大丸京都店で4月25日まで開催してた「全国美味逸品 味めぐり」に行って来ました。この催し、なぜか年々早い時期に移動します。
昨年はゴールデンウイークでした。

今年はこれまで食べたことのないお店というのはなかったけど、味が確かなお店が堅実に並んでました。 スイーツもしかり。

京都で一番おいしいと思う、錦の路地裏の名店『ラグルニエドール』
大阪ではメジャーな『コーイチ』、芦屋、神戸のマダム御用達『ダニエル』
奈良と京都の県境の郊外ながら、駐車場にいれるのも大変なくらいはやっている『シェフ ナカギリ』   
東京『キャトル:』の卵型プリン「ウフプリン」
お取り寄せでおなじみの、小さいのに濃厚なチーズケーキ青森『アルパジョン「朝の八甲田」』
お土産にもらうと何より嬉しい『六花亭「マルセイバターサンド」』和菓子では東京『船橋屋』京都の行列店といえばの『出町ふたば「豆餅」』などなどなど、、、、。

その他なかなか手に入らない東京のケーキ屋さんも。
東京駒沢大学『ル パティシエ タカギ』 
『オリジンーヌ・カカオ』など。チョコのプリン400円はかなり甘いミルクチョコでお子様むけでした。
 
その中で、中心になっていたのが辻口シェフの『モンサンクレール』の系列店。
『モンサンクレール』(生ケーキ)『コンフィチュールH』(ジャム)『マリージュ ド ファリーヌ』(焼き菓子)そして3時からの限定『自由が丘ロール屋』には大行列が。  

今回はグループで『マリアージュ ドゥ ファリーヌ』は初経験。焼き菓子の詰め合わせはブール・ド・ネージュなどの焼き菓子の詰め合わせでした。正直なところ大量生産的な味。やっぱりバゲットが食べてみたいな。
モンサンクレールも以前、豆乳プリンの販売だったので、癖が強かった。
モンブランやプリンなど食べたいな。
というわけで、辻口さん、関西での人気はすでに確実な様子なので、ぜひ関西に店舗をもってください。 

LOHASな食卓−神戸『キッシュエクスキ「里芋のタルト」』3

cdb0ae6a.JPG最近よく耳にする『LOHAS』。どういう意味なんでしょう。

LOHAS ロハス 
= 「Lifestyles Of Health And Sustainability」
健康で持続可能なライフスタイル。決して無理せず気持ちよく続ける」Sustainabilityを言い表しています。

1998年にアメリカの社会学者ポール=レイ氏と心理学者シェリー・アンダーソン氏が提唱した「Cultural Creative」の概念が始まり。
スポーツジムやヨガに通い、食生活に気を配り、自己啓発に努め、心と体の健康と地球環境に配慮したライフスタイルを志向する人の総称。 たとえば

■ 持続可能な経済の実現。(地球環境に負荷を掛けない、風力発電等の自然エネルギーの活用、地球温暖化の防止など)を願う

■ 予防医学・代替医療を心掛け、なるべく薬に頼らない。

■ ヘルシーな食品やナチュラル製品を愛用。有機野菜や化学添加物の少ない食品を選び、自然系洗剤等を使うなど。

■ 自己啓発のため異文化との接触、ヨガや習い事、友人関係への時間投資。
 
ということらしい、、、。

とにかく「日々の生活に、体にも環境にも害のないものをとりいれましょう」ということでしょう。
というわけで、簡単なことから私もとりいれたいなと思っていたところ、大丸で『フィール ロハスフェア』をしてました。
食生活でとりいれられるなら、ヨガに通うより簡単です。

ポールボキューズ プロデュースのロハスなパンとか、材料にこだわったジャムやドリンク、雑穀のおにぎり、京野菜のサラダなどが並んでました。
ロハスって考えると難しいけど、ここ数年、多くの人がすでに日常でとりいれているものが並んでいて、本当取り組みやすそう。

でもその中で、珍しいものをみつけました。

『キッシュ エクスキ』

は神戸元町の高架下に本部があるという、卵の味わいの優しいキッシュの専門店。それだけでも珍しいけど、スイーツも野菜を使った珍しいものが並びます。
そのどれもが一口サイズながら、かなりローカロリ−。

チョイスしたのは サトイモクリーム(6cm)107カロリー
里芋大好きだけどお菓子は初めてです。意外にもとってもおいしい。

里芋とじゃが芋を生クリーム、ハチミツ、牛乳、を練り上げたクリーム煮とアーモンドケーキをパイに入れ、黒ゴマを飾りじっくりと焼き上げたそう。

キッシュのパイ生地の上にねっとりした里芋のクリーム、これがモンブランのような、山芋の饅頭のような、なんともいえない感触。甘さもほどよく、癖になりそうな味です。また他の白いんげんやグリーンピースも食べてみたいな。

神戸市中央区元町高架通1-109  TEL 078-327-7744 私は大丸梅田店で購入しました。

ヨーロッパのカフェ−梅田『バール エ カフェ クオーレ』3

6c27d913.JPG生徒さんがモナコ、ニース、パリから帰ってきました。
モナコでは、むこうの人たちが5000ユーロ単位でカジノで遊んでたそうで、さすがヨーロッパのセレブはお金の使いどころが違うのねと思いました。

お土産に大好きなお紅茶、しかもマリアージュフレールを頂きました。珈琲が主流のフランスでもマリアージュフレールはきちんと、紅茶を飲める貴重なお店です。

ヨーロッパはカフェやバール文化で、セレブでなくても楽しめる、ムードが大好き。パリでも、ウイーンでもカフェで何時間でも時間をすごせました。

最近の日本はシアトル系のファーストフード的カフェが、主流。
それはそれで手頃でおいしいけど、椅子がすわりにくかったり、またスイーツが殆ど力を入れていないのが残念なのです。
一人で何時間でもいられるようなゆっくり落ち着ける、そしてスイーツが充実したカフェがブームになってくれたら嬉しいな。

今日のスイーツ−梅田『バール エ カフェ クオーレ
阪急梅田駅茶屋町出口目の前に、突如ヨーロピアンなバールがオープンしたので、とっても嬉しくなりました。
「イタリアン」と「和」のテイストを織り交ぜたバールだそう。1階はカウンターと立ち席、2階はテーブル席、3階はソファーを置いた貸切も出来るVIPルーム。
バリスタの入れる本格的カプチーノ、珍しいカードを購入して使うワインの自動サーバーなどデイリーに使えるバールです。
嬉しいのが、4種類の味のチーズケーキ盛り合わせなど、スイーツが充実していること。
一階のテイクアウトコーナーではスイーツもテイクアウトできますが、お勧めが赤ワインで煮たプラムとともに食べるプリン。舌触りがとても滑らかですが、大人な味のプラムが甘いプリンのいいアクセントになって、大人のスイーツ。お店にあってます。

大阪市北区芝田1-3 06-6371-9320

夙川、苦楽園ケーキやさんマップー夙川『タケアート』1

a87fcde6.JPG土日は会社員の生徒さんのレッスンの私の教室。それでも夕方に仕事を終えた後も、短時間で阪神間をぶらぶらできます。特に夙川、苦楽園は一番なじみがあって、お店めぐりの楽しい好きな町です。
その第一の理由は、なんといってもスイーツショップの充実振り。

夙川駅から苦楽園にむかう道でまず『エルベラン』。
店主さんもお菓子も優しいお店。もう40年になるそうです。値段もプリントルテが250円。西宮市相生町7-12
すぐ近くにドイツ菓子『ミッシェルバッハ
20年前から変わらぬ味。“夙川クッキーローゼ”が有名ですが、私はここのシュークリームのモンブランが大好き。珍しいでしょう? 西宮市久出ヶ谷町2-28

苦楽園駅近くには

私の中では一番信頼がおける『アルザス』
最近では羅漢果実プリンがヒットです。西宮市南越木岩町5-3 0798-73-3415
わかりにくい場所の『ポワソンダブリル』西宮市南越木岩町3-13 0798-72-8348
1949年創業のマロンパイがおいしい『HEXEN HOUSE 羽衣屋』 
などなど駅前だけでもどこへ行こうか悩んでしまいます。
いかりスーパーのスイーツもはずせません。

徒歩10分、甲陽園よりには『パウダー』も。ケーキはみんな300円前後だけど、おいしし、テラスでのTEA TIMEが何より気持ちいい。
さらに甲陽園にすすむと、関西の誇る名店『ツマガリ』が。生ケーキが手に入るのはこの本店だけ。シュークリームはやっぱりツマガリが最高。

樋の池方面に車を走らせればさらにケーキ激戦区が。

洋菓子の店『ラフィーユ』西宮市樋之池町22-6 1F 0798-70-5789 ケーキは殆ど300円以内、と普段使いできるお店。味もはずれありません。
『FOX』は見た目も味もおいしい可愛いケーキが並びます。西宮市松ヶ丘12-26 0798-70-8970
あっさりチーズケーキが有名で塩屋に本店をもつ『Sea Horse + GLANZ』は2004年にこの地にオープン、昨年は自転車販売で有名だった『いちかわ』も、この激戦区に店を構えました。
このエリアのケーキ屋さんを巡って20年程になりますが、毎年毎年どんどんお店が増えるんです。 

で一番最近オープンした『タケアート』に早速買いにいきました。
阪急夙川駅から東へ線路を徒歩5分。とても可愛いおじさんの看板がたっています。お店も可愛い。期待に胸を膨らませるムードがあります。
プリンはとろとろを保つために瓶にはいっているならともかくこういう懐かしいタイプのプリンは普通の容器のほうがいいはず。
で味も、特に印象に残らない、、、。
夙川駅周囲のケーキやさんの中では値段も少し高めなので、ちょっと期待してしまったかな。今回は売り切れていたモンブランをもう一度トライして、また違う感想をお伝えしたいと思います。
西宮西宮市若松町4−10 (0798)74−0997

(0798)74−0997   

ヘルシーとオイシー−苦楽園『アルザス「羅漢果プリン」』3

3623cbf5.JPG豆乳プリンや、おからケーキなどヘルシーを売りにしたスイーツは、ヘルシーとおいしいが同時に実現すれば何よりと心惹かれます。でも実際のところ外れることが多い。こんなにスイーツを食べた実感がないなら、無理に低カロリーにせんでもいいやん!って思うこともしばしば。

でも今回のお目当ては苦楽園『アルザス』の「羅漢果プリン」

ケーキ屋さん激戦区のこのエリアでも、お値段と味のバランスから考えて一番のお値打ちかも、、、と個人的に思っており、他のケーキは食べたことがあるのですが、このヘルシースイーツは噂をきいてて、今回どうしても手に入れたかったのです。
閉店時間8時ぎりぎりに少しまにあわず、電話するとシャッターを半分あけておいてくれました。

羅漢果(ラカンカ)は、ウリ科の植物で、中国・桂林周辺にしか生育しない貴重な果実。日本国内でも大変注目されているのは、砂糖の400倍以上の甘みがあるのに、ほとんどカロリーがないというありがたい特性を持っているから。
以前大丸梅田店デパ地下の『ラジィ』のプディング羅漢果を食べて、そのこくとおいしさにびっくりしたので、アルザスのものも是非たべてみたかったのです。

で期待通り!一口目はその黒砂糖のようなこくを感じ、でもしつこくなく、これが羅漢果の特性なのでしょう。
そしてプリンのおいしさはさすがアルザス。ひっくり返すことのできる硬さを保ちながらも、表面にスプーンをさすと中はとろり。甘みしっかりなのでとってもスイーツを食べた感があり、スイーツはこうでなくちゃってナットクします。これでヘルシーなのは、やっぱり嬉しい。

『アルザス』西宮市南越木岩町5-3 0798-73-3415 羅漢果プリン262円

晩御飯は夙川駅すぐの『ラ ヴェニール チャイナ』
ここもヘルシーでライトをうりにした中華です。中華というより、おしゃれなチャイニーズレストラン。
今回は蒸し鶏のスパイシーソース、かにと卵白の炒め物、えび蒸し餃子、タンタン麺をオーダー。揚げ物が全くだめな私の意向のチョイスが悪かったのか、ちょっとライトすぎるというか、あまりぴんとこない味でアクセントがなかったので、お酢をもってきてもらうと、それがまたヘルシーな赤酢でした。
ヘルシーが嬉しい女性にぴったりのお店だと思います。

ミスマッチ?ベストマッチ?―豊中『伊富貴「苺大福」「福笑」他』

609a019c.JPG豊中に住む叔母がご近所の苺大福(といってもいちご大福が楽天市場全国ランキング2位獲得とか。。。)
を送ってくれました。
苺大福も春だなあって感じるお菓子の1つです。

私は苺とあんこの組み合わせは、商品にした人はえらい!って思うベストマッチングと思います。
変なとりあわせーとか言う人もいるけど、あんみつなんどはあんこにフルーツが入っているので、それほど奇妙な組み合わせでもないはずです。
餡とホイップクリームとかパンによくあるし、名古屋では餡バターの組み合わせの粒餡トーストがモーニングの定番だとか。
餡にあうものって何でしょう? ヨーグルトとも意外にあいます。
バニラアイスも合うし、またプリンの上にゆるい餡がかかったスイーツもおいしかった。練乳のミルク金時は最高!

で、その『伊富貴』 の苺大福。これがでかい!テニスボール大です。

私は、大福はどうも皮がいらないなって思って敬遠しがちなのですが、この苺大福は中身がぎっしり、特に苺が大きい。それを無理やり薄いきゅう肥につつみこんでいる感じなので、結構食べられてしまいます。HPでは6つ1500円とあり、この大きさとあんこの量にしてはかなりリーゾナブル。

桜味など季節物や、こし餡、白餡などもありましたが、やはり苺大福は粒餡が一番。冷蔵庫で冷たく冷やしたので、中の苺が新鮮だけど、しゃりっとして、より良かったような。

一緒に送ってくれた『抹茶プリン』は、プリンというより抹茶味のミルク葛餅。これをプリンという名前で売るのは面白いと思います。ほんのり漉し餡の香りのするしっとりしたパウンドケーキもありました。
とってもおいしかったのが、福笑みという黄身餡の焼き菓子。こういったスタンダードな和菓子がおいしいのは、お使い物にも使いやすい、いい和菓子屋さんですね。

伊富貴 大阪府豊中市桜の町3−1−12 TEL:06-6852-7939

神戸洋菓子フェスタ−神戸『ハンドメイド「とろりんプリン」』4

9969e0f1.JPGデパートの催しといえば、一年中で一番楽しみにしてるのが、ゴールデンウイークに大丸神戸店で20年以上開催されている『神戸洋菓子フェスタ』
今年ももうすぐです。

なかなか行けないかなりローカルなお店や、名店が連なり、甘党の天国です。集まる女性の熱気もむんむん。

昨年は
菓子工房 エトワール・ドゥ・神戸 / 菓子工房ダヴィンチ /観音屋/サロン・ド・テ・アンジェリーナ /シェフアサヤマ芦屋洋菓子工房 /ダニエル /といった名店からハンドメイド/ヘキセンハウス羽衣屋 / Peri亭 / パティスリー サイハラ / むぎっこ&ティザーヌ /モンブラン/

など町で人気のお店が揃ってて、特に町のケーキ屋さん部門はペリ亭も、むぎっこも、大ヒットでした。一日だけ出店の加古川のお店や、今ではデパ地下に入ってるnicoというヤギの乳のおかし、トーラクのプリン専門店グランシェフなど、周囲より早めに、あまり知られていないスイーツをゲットできます。 
今年はどこが来るのかな?楽しみです。それぞれのケーキやさんにモンブランとプリンあるかなあ?

今日のスイーツ−神戸王子公園『ハンドメイド「とろりんプリン」』
昨年のフェスタでの大ヒットがこれ。
「とろりん」の名前通りにホントに中身がとろっとろで濃厚なプリン。別容器に入ってるカラメルはほろ苦いのがあってます。驚くほどバニラビーンズが入ってます。かなりお安い(150円程度)でこのコストパフォーマンスと味はさすが神戸。

神戸市灘区城内通4-2-8 8:00〜21:00 

ちちんぷいぷい物産展−京都『シュヴァンセル「抹茶プリン」』他3

抹茶

ひき続き『ちちんぷいぷい』ねた。マニアですね。

阪急百貨店の『ちちんぷいぷい展』にいってきました。今年は終ったけど
、毎年この時期にうめだ阪急で行われています。
毎日放送の人気番組「ちちんぷいぷい」で紹介され、大ブレークした味や技が日本各地から大集合してました。 

スイーツも、間違いなくおいしいものが並びます。

ぜひまた食べたかった『エスコヤマ「小山ぷりん」』は10時に整理券を配って即完売だそうで、今回はあきらめました。

関西では

私にとってはご近所『庄谷倶楽部』の和三盆クッキー「和の心」、
ケーキレベルの高い苦楽園で私は中でも一番と思う『アルザス』
北摂のケーキリーダー『ムッシュマキノ』(残念ながら生菓子はなかった)
『玉出木村家「石焼いもぱん 」』『文の助茶屋』などデパートでおなじみの味も。 

また日本全国からもおいしいスイーツが、

福岡『かさの家の「梅が枝餅」』
佐賀『村岡総本舗 「小城羊羹」』
長崎『茂木一○香本家「茂木ビワゼリー」』『松次郎の舗』のアイス最中
金沢『森八「上生菓子」』など、

いまさらといわれるかもしれないけど、間違いない味がそろってました。

今回は京都『シュバンセル』の抹茶プリンと池田牧場の『抹茶ジェラート』と。なぜか抹茶尽くしをテイクアウト。

それにしてもすごい人、阪急人気と、ちちんぷいぷい人気と両方でしょうが、デパートの催しで平日からこれほどの人が集まるイベントもあまりないかも、、、。
司会である角さんは、本当自然体で、一般の視聴者に近い目線でニュースや出来事の感想をおっしゃるので、嫌味がなく、ほっこりしたり、共感したりできるのが人気の秘密でしょう。
プリン友の会で出演の時も、他の番組だとスイーツホリック扱いで、ちょっとあきれられたような発言されたりして、悲しい思いをすることもあるのですが、角さんはとても暖かかったので、さらにファンになりました。

ちちんぷいぷいの『どっちのプリンにショー』−森永乳業『焼プリン』3

35058b7b.JPGMBS『ちちんぷいぷい』で新コーナー『どっちのプリンにショー』がスタートしました。

甘いもの好きで中でもプリンが一番好きという月亭八光さんが、おいしいプリンを2種紹介、自分がリピートしたいプリンを2つから1つ決定、それがゲストコメンテイターと合致すれば、ゲストが食べられるという企画。
私も、食べたことのないプリン情報なんかも仕入れられると、絶対見逃せないコーナーが誕生しました。

ちなみに今週のテイクアウトできる居酒屋『うっふ』のプリンは、近く兄が買ってきてくれるかも、、、。今一番きになるお店です。

『ちちんぷいぷい』さんにはおととし、プリン友の会のメンバーと出演しました。
ちょうど、プリンの達人として『みかさつかさ』にでた一週間後。その3年前にも一ヶ月違いでプリンの特集をお願いされたことがあり、数年に一度プリンブームがくるようです。
私は嬉しい限り。
でも、となるとわからなくなるのが、もともとプリンってどんな味だったのか、、、自分が子供の頃からどうしてプリンが好きだったのか、、、、
今は本当プリンっておいしくなり、滑らかでリッチな味が増えてますますわからなくなります。
最初プリンが好きになったのは、母がよくつくってくれていたから。使い込んだオーブンで作る本当においしく、甘いプリンでした。
でも、少し大きくなると、買ってきたものが主流でした。なんとなく今思い起こすと小さい頃買ってもらっていたのは、こんな味だったのかも、、、といのが森永乳業の『焼プリン』
このプリンはきちんとひっくり返して、カラメルを上にしてほしいです。小さい頃を思い出しますよ。

武庫之荘和食店事情−滋賀『池田牧場「抹茶ジェラート」』2

ac152d23.JPG

武庫之荘駅前に昨年登場した、堀江にあるようなモダンな建物で、ジャズの流れるおしゃれなお店『an梅』へ。
大根とフォワグラの炊き合わせは売り切れで、里芋鶉味噌あんかけやお造り盛り合わせ、生湯葉のウニかけなどをオーダー。
が、残念ながら、ぴんとこない味かな、、、。
結構落ち着いた年代の二人が、ジャズの流れるおしゃれなお店で、ゆっくりするにいい、食べにいくというより、飲みに行くの店と思います。

同じような創作日本料理では、一膳 のほうが味もよく、値段も安い。一見、納屋のような建物で、表通りではない公園の前にあるのでみつけにくのも楽しいし。和風だしのかかった一膳オムレツ680や牛舌ステーキ 1470円が好きです。

味でいうと、創作でなく本物の和食は『喜正
京都の料亭「瓢亭」で修行を積んだ料理長が腕をふるい、季節の懐石料理を気軽に昼は喜正弁当(2600円)、ミニ懐石(3600円)から、手頃な値段で食べられる。敷居の高さを感じさせない店のムードもいいです。

同じく本格的和食は割烹『豊光』内装もわりと華やかで、割烹を名乗るものの、若いご夫婦二人が切り盛りする肩肘はらない気軽さが評判です。でもメニューは京料理の基礎の上に、伊や仏料理の技を応用した会席で、偉そうにいうとプラスαのセンスが光っているように感じます。

その他、料理教室もあるかじ井さんなど、もあり、和食好き、しかも創作料理好きな人には武庫之荘駅前はよいところです。

以上のお店はあくまで味でセレクトしたので、個室とか、座敷とかが必ずあるわけではありません。また基本的にはベビーはつれていかないほうがいいと思います。(他のお客さんのためにも、あかちゃんのためにも)
今まであかちゃんもつれていけるか、というポイントではみてなかったなあ。これから探します。

今日のスイーツ−滋賀『池田牧場「抹茶ジェラート」』
和食を食べた後に食べたい抹茶のジェラート。うめだ阪急の『ちちんぷいぷい』展で購入しましたが関西では大丸芦屋などで購入できます。
ジェラートなのでかなりあっさりしてるけど、抹茶の味がしっかりしているので物足りなさはありません。
ジェラートって家でこねこねして空気を沢山含ませるとおいしいですね。

端午の節句−奈良生駒「ルシェルシュ「モンブランタルト」「なつかしプリン」』3

e422d42b.JPG夫の両親が、リッキーの初節句の甲や飾りをもってきてくださいました。
私は節句のこと何も考えてなくて、「お人形どうしたの?」と聞かれて初めて気がついた。夫が赤ちゃんの時に用意した人形を、有難く飾らせてもらいました。
新しいものより、思い出のあるものの方が温かみがあります。30年以上たっても、綺麗で立派です。

菖蒲の節句ともいわれますが、菖蒲が「尚武」(男子が困難に打ち勝ってたくましく成長すること)と通じるゆえに、男の子の節句となったそう。身を守るための鎧兜や、五月人形を飾る習わしの中には、わが子の健全な発育を祈る両親や家族たちの、真剣でしかもあたたかな祈りが込められているのです。

というわけで少し早めの、初節句のお祝いとなりました。

今日のスイーツは「RECHERCHE」(ルシェルシュ)。

奈良に住むお義母さんが「最近ケーキ好きの間で噂になってる店があるんです」って私が言ったのを覚えてて、買ってきてくださいました。やったー!

読みにくい名前『ルシェルシュ』とは、仏語で「探求する」。
奈良、生駒では有名な『あんぱん』というパン屋さんの系列ということでパン屋さんの2階で、珈琲がセットで250円でのめるそう。

3人分くらいのモンブランのタルトは、大好きな渋皮のマロンクリーム(かなりリキュールがきいているのも好み)に渋皮栗がのり、中の生クリームにもたっぷりの栗、下はさくっとしたアーモンドプードル。甘すぎず、あっさりしながら大人の控えめな味で、ビジュアルも味もよしです。

一方「なつかしぷりん」なんと100円は、最近めったに食べたことがないくらいオーソドックスで固め。子供も好きな味です。

オーナーである奥様のブログ をみてると行きたくなります。    
奈良県生駒市東菜畑1-178 コーポ五風2F。  TEL:0743-75-1552

15日はハイジの白パンー福岡博多『黄金のプリン』2

e10df065.JPG チェーン店のベーカリー『リトルマーメイド』は、毎月15日が『リトルマーメイドの日』。600円以上の購入で、食器が1つもらえます。今回はスープ皿でした。(4月から6月)正直なところ私の命のバゲットやフランスパンはいまいちなんだけど、ハイジの白パン100円がいいのです。ふわっとしながら、もっちりしておいしく、ハイジがペーターのおばあちゃんのために食べずにストックした白パンを、思い起こす優しい味なのです。(同年代人にはわかるはず、、、)

も1つ一押しがプリン120円。以前の紹介です。
私は武庫之荘のリトルマーメイドでいつも購入するので他の支店にあるかどうかは、わかりません。この支店の残念なところはいつも夕方にはバゲットとプリンがないこと。ということで時々予約してまで手に入れます。

リトルマーメイド武庫之荘店 尼崎市南武庫之荘1‐2‐25 tel:06-6437-2058

*大事なお知らせです! 

15日なんで5のつく日は20%オフと思って宝塚ホテル売店にケーキを買いに行くつもりが、ケーキの日は第1、第3水曜に変更との情報が入りました。今まで一押しプリンとして2度もおすすめしているので、それを読んでいただいた方、ご注意くださいね。

今日のスイーツ−博多『魚住「黄金のプリン」』
金賞受賞とか、一番人気とか、売り切れで予約まちとかきいてネットでとりよせた「黄金のプリン」。思いの他小さくて、2層にわかれているとうのもよくわからなかった。期待が大きすぎたのかな。人の評判も取捨選択が必要ですね。ある程度自分の好みと合う人をみつけておいたり、、。
でも、プリン1つでも甘いのがいいとか、固めがいいとか、好みが違っても「おいしい、まずい」って感想はたいてい同じになるものです。

やっぱり景気上向き−『とらや「夜の梅」』3

6f49976e.JPG世間では景気がいいと耳にします。
が、私は小さな英語教室のオーナーティーチャーだし、12月に赤ちゃんがうまれたりして、マイペースな毎日で、あまり実感することはありません。
でも、確かに景気上向きなんだと、今年の生徒さんたちの活発な海外旅行傾向から感じます。人数は少ない私のスクールなのですが、今年に入ってたった4ヶ月弱で7回、色々な生徒さんが海外へ。
なんとなく去年まで、世間で海外旅行は、贅沢旅行だろうと節約旅行だろうと、自粛ムードだったように思います。

ハワイ、オーストラリアなどの定番、
ドバイやハワイ島などのリッチなリゾート、
イギリスやモナコなどヨーロッパも、
そしてなぜかタイに行く人がふえて、、、。

私は海外を楽しんだり、友人を作るために英語を習得しようと努力したようなものなので、現地でこういった会話をしたとか、経験をしたという話の中に、学んだ英語を活用してもらって本当嬉しいです。
それに聞いているだけで私もいった気分。
また私が行ったことのあるところは、食べるところや、穴場のアウトレットをお伝えしたりもして、活かせしてもらえるとこれもまた嬉しいのです。

今はまだベビーだけど、も少ししっかりしたら、絶対私もリッキーを海外デビューさせるぞ。

今日のスイーツ−『とらや「夜の梅」』
私がOLの頃は好景気なまさにバブル。大事な顧客へのお土産はとらやの羊羹と決まっていました。どっしりした重みがいかにも、、、。
でも小型羊羹は小さくて手軽に食べられて、海外旅行には必ずもって行きます。餡が恋しくなるので。税込336円と価格も手頃。

デパ地下でおなじみのとらやさんの代表銘菓『夜の梅」は羊羹の切り口の小豆が、夜の闇にほの白く咲く梅を表すことから名付けられました。
漉し餡より粒餡のほうが好きなので選んでますが、やっぱりとらやさんはこの商品が一番だと思います。
京都には茶寮もあり、最近は海外や東京でTORAYA CAFEも展開して、古いものを守りつつ常に挑戦する老舗なのです。

でも概して、アメリカ人には小豆物は受けがよくない。
甘い豆は気持ち悪いっていうんです。ライスプディングとかはたべるのに、、、。(私には甘いお米のほうが気持ち悪い)
向こうの人にとって豆はサラダやスープで食べるものらしい。
 

ご近所除法交換−西宮甲子園『アミシュクレ』3

f56c5a18.JPG懇意にしているお店は、スタッフが感じよく、自営として見習うべきっていつも感心してます。でもって、そういうお店には感じのいいお客さんが集まるもので、楽しくおしゃべりしました。
スタッフが私のことを「食べる店にとにかく詳しいのよ」って紹介したこともありますが、皆さんも食べることが好きな方で話が盛り上がりました。

私は、近所のお店で食事することが少ないので、ご近所情報を仕入れます。「ここがいいよ」という情報はこちらも伝えるものの、ある程度味など好みがあるけど、店の立地や電話番号などわかるし、「ここの感じやサービスは最低だった」とか「子供連れて行くと嫌な顔してた」などの情報もいかせたりして、、、。

残念なのは、こんなブログをかいていながら、私が実に小食なこと、、、。こんなに食べることが好きなのに、くやしくてくやしくて、たまりません。
それゆえに、失敗をしないためにも情報をいただけるのは、本当助かります。

今日のスイーツ−甲子園『アミ シュクレ』
甲子園は車で10分なので私にはご近所のケーキ屋さん。この界隈の人は、自転車でいったりして、面倒くさがりの私は頭がさがります。
甲子園口南側の商店街にある、可愛いケーキ屋さんで、お値段の手頃さが驚きです。
プチシュー50円 生ロールケーキ600円 チーズケーキ180円 ケーキ250円〜300円位

私のご近所には、毎日価格のこういう店が一番必要なのです。

ロールケーキ好きの人にはロールケーキが好評で、エフラットよりいいという人も。(ロールケーキ苦手な私にとってエフラットは革命的においしかったけど)

西宮市甲子園口2丁目25-39
TEL 0798-66-5649

春でも夏でも食べたいのです−『いかりスーパー「モンブラン」』5

8dab71b9.JPG最寄の阪急電車の駅前にはいかりスーパーがあります。

ハイソなイメージ通り質がよく、信用おけるスーパーですが、地元では芦屋とかに比べると少し手軽。子供の頃からここの味で育ってきました。
というわけで、スイーツもいかりの味が私の原点になっているような気がします。中でもカスタードものは大好き。卵とミルクのバランスがちょうどいいです。また、スーパーなのでケーキなどもパック売りされてて1つだけと買えるのも嬉しい。

というわけで、今日も大好きな 
いかりのモンブラン を買いにいきました。

が、ないのです!
まあ3時には売り切れていることも多いからなあ、それか毎年ゴールデンウイーク明けから夏はないので、製造お休みかな、、、とスイーツを陳列中の店員さんにきいてみました。すると

「うちの支店では取り扱いをやめました。他の支店に行ってください。」

大ショック!私にとっては大問題です。それに周囲にも評判がいいのに、、、。ということで
「スイーツの担当の方にぜひまた取り扱ってほしいという声がありますって伝えてください」とお願いしたら

「まあ、どうしても冬の商品ですから、春先以降は出るかわからないですし、難しいです。」

ってそんなん誰が決めたん?一年中モンブランが食べたい私のような人間もいるのよ!ってきれたかったけど、(スイーツには真剣です)抑えました。

定期的に食べたい原点の味、どうか、復活させてください。

今日のスイーツ(今日は食べられなかったけど)―いかりスーパー『モンブラン』 

私の理想のモンブラン。底にひかえめなスポンジ、その上にたっぷりのカスタードと少しの生クリーム、それを覆うほっこりした渋皮マロンクリーム。そしてトップに渋皮煮がちょこん。カスタードが優しい味で(カスタードとマロンクリームの組み合わせがで好きですが、生クリームのみのところが多いのです)、スポンジも少なめなので胃にもたれない。私のおやつ率ナンバー1かもしれません。
350円程度。

少子化と小児科−長野『いろは堂「おやき」』3

3260f6f3.JPGリッキーが産まれた病院がとうとう小児科閉鎖ということで、紹介状を頂いて関西労災病院へいきました。近隣でも一番と言われる病院なので、ぜひここでみてもらいたいと思ってました。
駐車場はこんでたけど、小児科は少子化だけに(だから閉鎖するところもあるのです)わりとすいていて、風邪でも、いつでも診察にきてくださいといっていただいて、ほっとしました。
リッキーの診察も特に問題ないので、一才になったらまたみましょうとのこと。でも車で10分ほどの大きな病院(おまけにホテルみたいに立派)の門戸が広いのは助かります。

今日のスイーツ−長野『いろは堂「おやき」』
リッキーは離乳食はまだまだだけど、(やっと果汁をスプーンで一口のみました、でもすごく嫌そう)こどものおやつにこれなら安心と思ったのが、おやき。
デパートのイベントで購入。
皮がもちもち、中はあまくないマッシュしたかぼちゃ。(野沢菜や茄子もあったけど味噌味だそう)。今までなぜか未体験だったおやきですが、いろは堂さんのもの評判によると他のものよりおいしいそうです。(ドライブインとかであるのより)長野県長野市鬼無里1687-1
livedoor プロフィール
Categories
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
記事検索
  • ライブドアブログ