Yuki の Sweets Diary

 YUKI英語教室 英語教室オーナーで、好きな英語と、甘いものを楽しむ毎日です。 コラムやスイーツの企画など、スイーツコーディネーターのお仕事も承ります。englishyuki@gmail.com まで  YUKI英語教室

facebook http://www.facebook.com/YukiNoSweetsDiary?skip_nax_wizard=true#!/YukiNoSweetsDiary インスタグラム アップ中! https://www.instagram.com/yukienglish/
お菓子・デザート ブログランキングへ

2006年08月

似てるかも―奈良『ヴィラージュ川端「ごま蔵」』4

650b05e5.JPG起きてミルクをあげていると夫の両親から今日リッキーに会いに行くと電話。おむつやミルクを沢山もってきてくださいました。
私は昼間仕事なので、リッキ−と一緒にマンションで遊んでもらいました。最初は久しぶりに会って、わんわん泣いて人見知りしていたリッキーも私が帰ったらすっかりなれて、仲良く遊び、やっぱりじいじ、ばあばはわかるんですね。こうやってみると、どうも私達夫婦には似てないなあと思っていたらじいじに似ている気がします。じいじみたいに仕事のできる男になってね。

TEA TIMEのケーキも、もってきてくださいました。
奈良で私がすきなケーキ屋さん、っていうか本当大人気の『ヴィラージュ川端』
奈良の平群の「え、なんでこんな田んぼの真ん中に?」と思う場所にあるお洒落なケーキ屋さん、姉妹店が生駒にできました。
秋冬限定の和栗モンブランは今はなかったそう。これはものすごいボリュームでシュー皮、下はパイ生地。中は和栗クリーム、カスタード、スポンジ生クリームとこれでもかって感じで578円。ここのケーキは全体的に高めだけどかなり大きいので納得値段。しかもあっさりしているので大きくても食べられます。  

で、今回は『ごま蔵』をチョイス。 
白ごま味のムースにカスタード・つぶあんがトッピングされているというものだったけれど、イメージ以上に美味しく優しい味のケーキだった。 
それとゆるめのカスタードソースが組み合わさって絶妙なバランス。
 「最初に白ごまのムースを食べ、カスタードソースとロールケーキを食べ、その後白ごまのムースとカスタードソースを等量スプーンですくって食べるのがおいしい食べ方だと思われます。」というのがお店のおすすめ。

「和三盆プリン」オーソドックスなタイプだけど、砂糖に徳島の手作り砂糖の和三盆糖を使うことにより、しつこい甘さではなくあっさりと和三盆糖の香りが残るプリンに仕上がっています。カラメルもあまり苦くなく、子供でも甘いものが苦手な人でもおいしく食べられそう。  
ヴィラージュ川端  川端風太朗 

川端風太朗(0743-71-0591) 場所:生駒市上町4184-4
時間:9:00〜20:00 火休

昭和な町でスイーツ土産―王子公園『きなり他』2

09fb197e.JPG王子公園ネタが続きますが、この町は本当スイーツ三昧です。
駅をおりて西にはご紹介した新店チーズケーキ『PARTENA』
少し南にはプリン「とろりん」がおいしい老舗『ハンドメイド』また「とろりん」購入しました。
王子公園の近くにはパンダ饅頭の『十字堂』みかけもかわいくておいしくて動物園のお土産にぴったりです。

駅の東側の水道筋商店街には大好きになってしまった「あかちゃや」さんに至るまでには王子公園、そして神戸のお菓子屋さんといえばの『ハイジ』やっぱりアルハンブラははずせません。
スイスのおうちみたいなお店で喫茶もできます。
もう少し東にはデザインにもこだわった可愛いケーキが並ぶ『ミュウミュウ』も。

で、動物園の帰りのお土産にぜひお勧めなのが『きなり』です。
お店自体が昭和を思い出してといっているとおり、素朴で、懐かしい「昭和」の甘いおせんべいに出会えるお店です。生地には、小麦粉・砂糖・卵・ハチミツしか使っていないそう。

人形作家・山本ヨーコさんが描いたパンダの焼印も愛らしい「きなりせんべい(パンダちゃん)」や、ご年配の方に人気の高い「生姜せんべい」など、毎朝ご主人が鉄板をくるくるとひっくり返して一枚一枚焼き上げたおせんべいが常時16〜17種類。またおまんじゅう(こしあん、つぶあんほか 各80円〜)やカステラ焼き(1袋 250円)などもあります。  
キャラクターのきなりちゃんのイラストも本当かわいくてお土産に絶対喜ばれます。
兵庫県神戸市灘区水道筋6丁目1-17
■ TEL&FAX : 078-881-2248

女子校の町に―王子公園『PARTENZA『チーズケーキ」』2

2393ef65.JPG阪急王子公園駅は、女子校がいくつかあります。
姉も従姉妹も10年以上通っていたので、よくついていきました。
(私は地元の公立の共学だったのですが)
当時からケーキやさんの多い町だなあって思ってました。
今も、英語教室にはこの町にかよう生徒さんがいますが、こういうお店があるの知ってる?ときいても知らなかった小さな小さなチーズケーキ専門店が
「CHEESE CAKE PARTENZA」さん。
本当駅前の高架下です。
私も始めて訪れました。ドアを開けてあるものはチーズケーキの冷蔵庫だけ。テイクアウトのみです。それもチーズケーキのみ。

ひとつ200円で食べやすい大きさのスティックタイプ。歩きながらでも食べれそう。
でもお味はしっとりして、本物のいいチーズを使っていると思いました。
甘さも大きさも抑え目なので二つ食べたくなるかも。
夕方にはうりきれていることが多いとお店の方、また本当小さいのでひざしを目標に見過ごさないようにしてくださいね。

 
CHEESE CAKE PARTENZA
神戸市灘区城内通4丁目8-28
078-871-6745  

追記* 2007年 移転なさいました 
店名:PARTENZA (パルテンツァ)
場所:神戸市灘区水道筋3丁目7−3 
(山手幹線沿い 水道筋3丁目の南側バス停のところ)とのこと
電話:078−871−6745
お店が開いてるのは 朝の10時から晩の8時 

スコルモアさんの娘さん、情報がさすがに正確!

従姉妹のおうちみたい―王子公園『あかちゃや「かき氷」他』4

e84a0720.JPG以前からずっと行きたかった王子公園の『あかちゃや』
HPのブログをみていて、「かき氷はじめました」情報がでているのをみていてもたってもいられなくなりました。

王子公園駅の水道筋商店街。八百屋さんも安くて、なんだか昭和のテイスト。歩いて5分ほどの「あかちゃや」さんの外観も、町屋というより、昭和のおうちって感じです。
内装がまた可愛いい。椅子の背もたれに布が掛けてあったり、家具も背が低くて、なんだか小さい頃に母の田舎に遊びに行ったような気もちを思い出します。

奥のお座敷のちゃぶだいでほっこりしました。

で、作ってくださるお店のオーナーもとても優しいご姉妹。
若いけど研究心がありながら、とても感じよく、たくさんお話しました。

東京で偶然出会った一杯の「あんみつ」。
そのあんみつの美味しさに魅了され、日本のデザート、あんみつを洋菓子が主流の地元神戸の方達にも伝えたい・・・そんな思いから「あかちゃ家」を2005年7月7日に姉妹でオープンさせたそう。

確かに神戸でこれほど本格的な和のお店って珍しいです。
 
あんみつへのこだわりをしってしまった私は、本来白玉がのっている
かき氷のトッピングをわがままをお願いして寒天に代えてもらいました。
他のお店でも苦手な白玉より、寒天のかき氷の方がすきなのです。
寒天ももちろんおいしかったけど
ここの氷、秀逸です!
本当ふわふわ。京都のかんなで削ったはらはらしたタイプとはまた違って
綿菓子みたいです。
「ふわふわなんで溶け易いんですよ」と言われたとおりすぐに溶けるので
話ながら大あわてで食べたけど、本当おいしいです。
あんこもミルクもたっぷり、でも全体の量は抑え目でミルク金時630円とちょうど通い易いです。ココナツミルクのかき氷もありました。
店もクーラーがききすぎていないので、氷がぴったり。
お店の方とおいろいろなお話していて、「こんなに氷の好きな方って珍しいです」との私も、こちらの氷は神戸で一番だと思います。

この夏の間にまた氷たべにいって、まるで自分の従姉妹みたいな気持ちになったご姉妹とほっこりさせていただきたいな。

あかちゃや神戸市灘区水道筋5-3-23
078-805-2776
正午〜8:00PM(10月以降は〜7:30PM)
月曜休

二次会は―梅田イーマ『ビブリオテーク』3

b46c072c.JPGサンクセンスでのデトックスな時間の後は、そのまま地下のカフェで
お茶の予定だったそうですが、やはりいっぱい。23時半まであいている
カフェって貴重ですね。でもここで私はなくなく皆さんに「お先に」でした。 
今回は、いけなかったのはこちら。
梅田のファッションビル・イーマ地下一階で、室内だけどオープンなカフェが「ビブリオテーク」。図書館という意味だけあって、
洋書売場を併設し、また、居心地が良くてなかなか回転しないからか、
この夜のようにいつも人が並んでます。
また時々いろんなフェアもしていて、先日は鎌倉の Romi-Unie Confitureロミ・ユニ コンフィチュール (いがらしろみさんのお店)を販売していたり、いつも何かを発信しているお店です。 
デザートもお目当てが売り切れていることも多い。
1つ700円以上、ドリンクも700円くらいと両方頼むとかなりいい値段ですがケーキは大きくて、おいしい。
写真は以前頼んだTIRAMISU。それほどお店によって
変わらない気がするこのデザートもこちらのものは
チーズクリーム大目でスポンジが少ないのが
好みでした。
 

ビブリオテーク大阪市北区梅田1−12−6 イーマB1
   
TEL 06-4795-7553

デトックスな夕べ―梅田イーマ『サンクセンス』2

399cd9c7.JPG現在駅ブロで活躍中の、とよこさん、美姫ママさん、以前駅ブロ連載されてた、みきチュウさん、シャインさん、そして以前の駅長さん女性10名で集まっておしゃべりしました。とても楽しくて、なんか「おんな友達!」って感じ。そして皆さんとてもおしゃれで、綺麗です。
だからさすがにDINNERもテーマが「デトックス」
イーマのサンクセンス

「流行に常に敏感に、美味しく食べて綺麗にをキーワード!」
デトックス=体内の有害物質を体外に・・体の中から綺麗になるのと美肌・ダイエットにも効果だそうです。 
デザートもきゅう肥でつつんだずんだ餡のクレープ風お饅頭というのが
ヘルシーです。
で一人に一本、ミネラルウオーターがつくのがデトックス。
実は私は一日3リットルは間違いなく飲んでいる水のみなので
レストランでお水のお替わりをお願いするのが、これなら遠慮ではありませんね。

実はあまり食べるモードでなかったので、画像は好きなカクテル『チャイナブルー』です。ドリンクは全体的に安くとても種類豊富です。

個室だったので、遠慮なく色々おしゃべり。本当はエステも
買い物も、フリークではあるんですが、ついつい私が話すと
食べることの話になってしまって、、、、。
みなさん私のブログをみてすごーく食べている人間かと思っておられたそうで、私の小ささに驚かれます。本当、悲しいことに量が食べられないんですよ。
しかも今回告白したとおり、パイとかフルーツが苦手で、食べられるスイーツが実は数少なくって、、、。
でも阪急沿線でまた情報入手しました。今後もよろしくお願いします。



 

品揃えよし!な酒屋さん『コスパ』4

昨日の水出し番茶をゲットした酒屋さんコスパ。普通にアルコール類が安くかえる酒屋さんですが、いつもおもしろいものがみつかります。
近隣の奥さん御用達の『鎌田のだし醤油』『旭ポン酢』のほか『明宝ケチャップ』尼崎名産『FUKUSUKEソース』(どっちの料理ショー紹介直後はさすがに手に入りにくかった)などの調味料。天下一のドレッシングなど地元の有名店のものも。
また秋元康さんや、栗原はるみさんなどの食に詳しい有名おすすめの食品なども、通販で頼まなくても気軽にたべてみようかなっとばらで購入できたりします。
でもお茶がおいてるのは知らなかったので、最近あまり行ってなかったのですが伊丹にしばらく通いそうです。
コスパ 鈴原店・・・ 〒664-0882 兵庫県伊丹市鈴原町8−68−69
電話:072−777−1530
 

夏ののみもの―『赤ちゃん水出し番茶、ジーエスフードGSブラックティー』等

b8ddc8b5.JPGベビーがいる人からいいときいていた『辰岡製茶「赤ちゃん水出し番茶」』ネット販売か神戸の食のセレクトショップ『御影新生堂』にしかないかと思っていたのですが、近所のとても食品の品揃えのよい酒屋さん『コスパ』で発見。

辰岡製茶の赤ちゃん水出し番茶(400g 750円) TEA BAGが20個。
水出し番茶なので、お湯でもできるけど、水でじっくり4−7時間。抽出したほうがお茶に含まれるポリサッカライドという血糖値を下げる成分が実は熱に弱いのだそうで、水出しすることが望ましいそう。でも寝る前に用意したら朝ちょうど飲めます。今の時期、お湯をわかさなくてすむのは有難い。
体脂肪を燃焼させる作用が期待できる秘密があるため、ダイエット効果アリ!便秘や、血糖値が気になる方、アトピーで困っている人によいそう現在ミセスアイズでワコールウイングコレクションのモニターをしているので、数字にあわられるかもしれませんね。

私も毎日スイーツなので、これは健康によいです。また飲み物は甘くないのが好きなので、ちょうどいい夏のドリンクをみつけました。リッキーにも飲ませられます。
それにしても皆さん、いいものを知っていますね。

妊娠中は何も食べられない私に、美容、食のいいものを知っている、モデルをしている従姉妹が東大阪『ジーエスフードGSブラックティー』を教えてくれました。これもコスパでみつけた。5倍濃縮タイプで少し甘味があり、とっても飲みやすく、喫茶店の味です。

また我家の夏の定番は母が作る『しそジュース』です。赤紫蘇は買ってきて、青紫蘇は庭に群生しているものを摘み、クエン酸を加えてつくる健康ジュース。味もあっさりしてとってもおいしいので、生徒さんにだしても好評です。

姉妹都市で―尼崎『アウグスブルグ「クリームパン」』

534c0944.JPG大学生のときに尼崎市の青年派遣団として姉妹都市「アウグスブルグ」を訪問しました。試験をうけて派遣にむけて半年間着付けまで習いました。現地では忙しかったけど、ホストファミリーに恵まれ、15年以上たった今も交流があり、最訪問したり、数年前には我家にもお父さん、お母さんがきてくれました。
ドイツ人は日本の人と気質がにてるといわれるだけに、細やかな心や、親切さは日本人と一番あうと思います。
この派遣団は今も続行しており、現在団員募集中だそうです。
 
JR塚口駅前に2005年にオープンした「アウグスブルク」
ロマンチィック街道で一番古い、美しい町であるアウグスブルグで修行なさったご主人、若いけど、こだわりのあるお店。
ライ麦パンの酵母はドイツから持ち帰ったものを大事に育てているそうです。
とても感じのよいお店の女性二人のおすすめのクリームパン。冷やして食べてくださいとあります。

これおいしいです!シンプルなドイツパンには期待していたのですが
クリームパンは意外な大ヒット。
実はこの近くにクリームパンの超有名な『イリエ』があり、こちらも私は大好きで、今までのナンバー1ですが、全く違うタイプで甲乙つけがたいです。
イリエのクリームはシュークリームと同じ甘いスイーツタイプで、こくがうりです。皮はよくやけてぱりっとしてごくうす。
アウグスブルグのもの見ためハイジの白パン風。中身は同じくらいクリームがたーっぷり。クリームの味は優しくあっさりまさにクリームパンのクリームで、たくさんだけどすんなりおさまります。
皮はかなり薄いながらも、もちもちしていて、パン自体は少しチンしたらさらにおいしいです。
これでどちらも100円というのが、驚きです。
本当おいしい!いいものみつけました。  

尼崎市上坂部2-3-18 TEL 06―7492―8465

実は派遣のときの私の研究テーマが「マイスター(職人)の技を学ぶ」
ケーキ屋さんの厨房にいれていただいたのですが、結局食べるためにいっていました。ドイツのケーキは洋酒も甘みもきつくなくて、これも日本人の味覚にぴったりでした。

スイーツと女友達―上本町『シュクレテラス』2

3e5bbfd2.JPG行ったことのない場所で、ローカルなお店めぐりをするので、場所がわからないこともよくあります。
先日玉造でスイーツ店を巡っていたときも、なかなかみつけられませんでした。で、通りがかった可愛い女性二人組にお店しってるかなと思ってきくと、「私達もちょうど今からいくんです」と連れて行ってくれました。
本当小さな店構えでみつけにくかったので助かりました。
お店はとっても可愛い、まさに女の子二人がお茶するのにぴったりな空間。2階はカフェになっています。外国のコレクタブルが沢山飾ってあり、雑貨好きの私はここ住みたいって感じです。

『シュクレテラス』はシフォンケーキがメインで、少し焼き菓子やプリンなどもあります。 
シフォンケーキはサンドイッチサイズの色々な種類がならびます。プレーン、マンゴー、抹茶、キャラメルなど値段も200円〜250円くらいまでで安い。結構な大きさです。  
シフォン生地時代は思っていたよりふわふわではなく、しっかりしていて
スポンジとの間という感じで食べ応えアリ。
中のホイップクリームはふわっと軽めながらとってもミルキー。この生クリームを思いっきり回りにたらしたい感じです。

場所は上町筋と長堀通りが交差するところにある赤い店です。ぜひ女の子どうしで可愛いお茶の時間しにいってください。
SUCRE TERRASSE  大阪市天王寺区上本町1-1-17
TEL.06-6763-7710
 
道を教えて女性二人のお友達つれ、とってもお話しやすかった。
あ、それから話にでた大阪の和カフェ、うーんなので、多分ブログにはアップしませんと個人的にお知らせ。(もちろんシュクレさんのことではありません)

 

『浪花餃子スタジアム「そっくりスイーツミュージアム」』

d55c4ce2.JPG梅田OSビルの餃子のフードテーマパーク「浪花ギョウザスタジアム」で開催中の『そっくりスイーツミュージアム』。
たこ焼きやお好み焼き、お寿司など普段良く食べる料理が、食べてみると・・・甘い!すべてほんものそっくりにつくられたスイーツです。
7月20日(木)〜9月3日(日)まで開催されています。
いくつか食べたことがあるものもありましたが、あまり美味しくなかった記憶があるので、それほど行く気もなかったのですが、
梅田の便利な場所なのでのぞいてみました。

でみてみるとやっぱりおもしろい。
見た目はにぎり寿司(創作ケーキ)、オムライス(ストロベリームース)、たこ焼き(シュークリーム)なのに。
で私の買ったのはすべて夕方6時なので半額になってて、この値段ならおいしくなくてもいいやって思ったのですが、意外においしいです。

静岡梅屋『割子そば』クリームモンブランとありますが、漉し餡のまったりしたペースト。あんこ大好きなのでとっても好みです。海苔も、わさびまでついています。
『生醤油うどん』はロールケーキの上にホワイトチョコ。かなりあまあまで、下のケーキはしっとりしてこれも好みです。これが一番みためがうどんでした。白ねぎはマジパンかな。
ICHIMONJIの『鍋焼きプリン』はみるとどっきりですが、だしがカラメル、麺は栗のモンブラン、白身玉子は生クリームと、まともなくみあわせ。おいしくないはずないですね。

すっかり他のも食べたくなりました。人にあげても楽しいですね。
浪花餃子スタジアム TEL:06-6313-0765
住所:大阪市北区小松原3−3

似てるけど違うんです−京都三条『寛永堂「黒豆茶水羊羹」』

d87617eb.JPG昨日千鳥屋さんのことを書きましたが、大阪と福岡、さらに東京に本店がありそれぞれ別会社みたいですね。「千鳥屋」のロゴも、微妙に違ってるようです。
が、先日京都にいった時、品揃えからパッケージ、店構えもよく似たお店『寛永堂』をみつけました。心斎橋にもお店があるなあ。
てきぱきした販売の女性に勧められるまま、1000円のうちわつきセットを購入。中には千鳥屋でよくにた製品がある抹茶プリンや、黒豆茶ゼリーなど。
が、特においしいかったのが『黒豆茶水羊羹』これは千鳥屋さんにはないと思います。
普通の水羊羹のようでありながら、食べるとほんのり黒豆茶の香ばしさが。こんな甘味は初めて。これも水ようかんににているようで違います。でも舌触りはさらっと、堅さもなめらかだけど、柔らかすぎず、、、。
背が高くさらに135グラムとかなり大きい。
やっぱりオリジナルなおいしい和菓子屋さんですね。
 
寛永堂京都市中京区三条通河原町東入中島町87
TEL 075-229-6886

焼き鳥とイタリアン『SATSUMAYA』−千鳥屋3

98384251.JPG実は一番近い駅で食事することがめったにないのですが、夜8時からの外食で近場でいいところを探しました。
知人から秋田直送の比内地鶏とモダンイタリアンが楽しめる店があると聞いていた『SATSUMAYA DINING BAR』へ。とてもモダンなお店ですが、掘りごたつ席もあります。
頼んだのは 焼き鳥盛り合わせ(きりたんぽ付き)追加でねぎま。
肝や鶏刺しがのったサラダ
ウニのクリームソースパスタ と ペンネのゴルゴンゾーラソース
私の大好きな肝系統では バルサミコソテーの肝のブルスケッタと
フォワグラ串 などなど これに焼酎や酎ハイで3人で一万円はおねうちです。
すごくおいしかった肝のブルスケッタとフォワグラ串は、家で使いこなせていないバルサミコ酢をこうやって使うとさっぱり、でもこくがあっていいなって学習。この2品と今度はワインを楽しみにいきたいな。

兵庫県尼崎市南塚口1-2-8 NEOダイキョウ1F  TEL 06-6428-3208

で、私の街ではなぜか街の名物が千鳥饅頭だと思っている人が多いみたい。子供の頃から製造工場と大きな店があったからかな。よくとてもいいにおいがしていました。でも本店は大阪の本町みたいですね。

小さい頃から慣れすぎている千鳥饅頭より、黒豆茶と、栗かのこや千鳥プリンといった夏のつめあわせが好きでよく贈り物にします。栗かのこは、小豆と栗がそのまま缶に入れられ、その隙間を寒天が埋めています。寒天よせのお菓子大好きなので、こういった日持ちのするものは常備できて便利です。夏、冬の贈答シーズンには宅配料無料とか購入金額に応じてプレゼントがもらえたりします。
 千鳥屋

健康のために―新潟『マルナカ「小豆寒天」他』4

0e84a112.JPG現在ミセスアイズでワコールウイングコレクションのモニターをしています。
スタスタ部に登録ということで
歩数計も同封してあってなんと一日6000歩いてくださいとのこと。
仕事中はもちろん座っているし、買い物も車ばかりで本当歩いていないような。
ただし買い物にでかけると何駅分も歩くんですけど。

ダイエットというより、健康のために歩かなくちゃね。
にしても子供を産んでからタフになりました。
殆どねてないのに、生まれてから3倍以上重くなったリッキーをだっこして
動き回るのをおいかけて、結構な運動量です。 

これもいい機会なのでしばらく様子みてみよう。

健康やダイエットといえば寒天が昨年は大ブームで品切れでしたね。
今年はだれも言ってないけど、でも私は寒天のお菓子が大好き。
この新潟のマルナカのお菓子はすきです。かなり固めの寒天寄せのなかに
甘納豆が入ってて、おもちいりのほうはさすが米どころでもちもちおいしい。
100きんのFLET’Sで季節商品のため2個100円だったけどこれは
体にもいいしお買い得でした。

ゲド戦記―福岡『日本料理てら岡「甘熟とまと和ゼリー」1

e60da5af.JPG映画「ゲド戦記」を鑑賞しました。

ストーリー: 多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。やがて人々が魔法を信じることができなくなったとき、大賢人ゲドは世界のバランスを崩す者の正体を突き止めるための旅に出て、国を捨てた王子アレンと出会う―。
 
宮崎駿氏のご子息・宮崎吾朗氏の監督初作品だそうですね。
街の背景とかキャラクターの描写とかの映像技術は卓越していて、さすがジブリ作品だと思いました。
って実はジブリ作品って『千と千尋』と『紅の豚』しかみたことないんですけど、、、でもハイジとかは大好きでした。

映画のテーマは『命の大切さ』。頻繁に起こる家庭内での殺人などタイムリーなポイントも。たしかに主人公アレンはまさに今の「きれる」子供。
みればみるほど深いメッセージを感じ取れそうな映画でした。

一番印象に残ったのは主題歌の声の美しさと、主人公の岡田准一さんのみならず小林薫(国王)、夏川結衣(王妃)、香川照之(ウサギ)、内藤剛志(ハジア売り)、倍賞美津子(女主人)といった殆どワンシーンしか出てないキャラクターの豪華な声優陣。

一緒にみた5歳の姪に後で『意味わかった?』ときくと理解できたそうですが、姪も私もゲドのもう劇中のずっと呼ばれていた名前、ハイタカがどうしても思い出せませんでした、、、。

それにしても行ったのがお盆期間だったので、ダイモンドCITYの伊丹TOHOコンプレックスはすごい人。で、13時15分は席が埋まったとスクリーンにでたので15時からをみようかなと思ったら窓口で「前から3番目ならあいてます」といってもらえました。ここは9つもスクリーンがあるので、チケットを買うのにかなり並びましたが、見れるものですね。

そんな大人な姪ですが、どうしてもトマトは食べられません。
私も子供の頃は一番苦手でしたが今は好きになりました。
が、お菓子でトマトを経験したことはありませんでした。
先日あまから手帖セレクトというイベントで購入した福岡の日本料理店『てら岡』の「甘熟とまと和ゼリー」。
うーん、すごいトマト トマト です。これをスイーツというと、私はだめです。
でもおかずというか前菜としてすごくいいのではないかな。
ぜりー部分は少し甘みがあるけど、トマトはたぶんそのまま。
まさにかんじゅくの味です。面白い経験でした。350円なので、これを日々のおかずとしてだせばテーブルが料亭になりそう。

『ひとつきだけの田辺聖子文学館』−伊丹『豆腐庵さらら「お豆腐のパフェ」』3

8dfa18c2.JPG「ひとつきだけの田辺聖子文学館」
が伊丹の柿衛文庫で開催中です。

芥川賞受賞作家、田辺聖子さんの伊丹市在住30周年と、全集の完結を記念。直筆原稿や、数多くのユニークな装幀の単行本、そして田辺ワールドの核をなす身辺愛玩の美しく愛らしい品々など展示されています。
柿衞文庫に隣接する重要文化財旧岡田家酒蔵では、近著『田辺写真館が見た“昭和”』からの秘蔵写真による写真展が開催され、こちらは無料です。

田辺さんの作品はOL時代沢山よみました。また、個人的に勝手ながら親しみをもたせていただく機会も多く、愛玩品についての本や近著も持っていますので、とても楽しく展示品をみました。
また同時代に幼児期を同じ大阪市内に育った母は(その後母は岡山に移りましたが、田辺先生のお母さんも岡山出身)写真に写る昭和の子供(都会の「ええとこのこ」なのでとてもハイカラですが)が懐かしく、またロココ調のおうちの様子もうっとりしてみていました。

秋からのNHKの朝のテレビ小説は田辺先生の結婚(38歳の時)を藤山直美さんが演じるというのも本当に楽しみです。
柿衞文庫 Tel.072-782-0244

ひと月だけですが、この暑い時期に涼しい博物館へいくのもいいですね。
周囲には上にあげた岡田家などの旧家を開放した資料館もあり、目の前は白鹿のビアレストラン『長寿蔵』です。
そこからJR伊丹にいくまでの道には郷町長屋があり、綺麗な町並みに食べどころがそろいます。
町並みに溶け込んでいてとてもいい感じの豆腐屋さんのカフェ『ささら』
伊丹では有名な豆腐庵さんと但馬屋食品の豆腐、豆乳、豆腐スイーツを楽しめます。
スイーツはカロリー控えめでヘルシー。
パフェは豆乳わらびもち、豆乳アイス、抹茶か紫芋チョイスのシャーベット、豆乳そばぼうろ。さらに普通のお豆腐がはいっているのはちょっと、、、だったけどあんこがちゃんとほっこりたけていて甘くておいしいです。5百円は安いです。(ただし美術館でもらった飲食割引クーポンはカフェには使えませんでした。ランチだけ割引だそうでご注意です)

お店は6時にしまってしまいますのでこれもご注意を。
豆腐庵 さらら伊丹市1丁目8-22-1
TEL 072-775-3636 

お盆は大阪市内で―大阪「ハーバル フード デリカテッセン クレメ」4

2623ea4a.JPG天満橋でDINNERの前にお盆の大阪城をみながらドライブし片町方面へ。
2005年の12月、あの予約のとれないレストラン「ナガオ・ヴンダバ」が閉店。いってみたかったなあと、残念に思っていたのですがその後にレストランとスイーツやパンのテイクアウト「ハーバル フード デリカテッセン クレメ」がオープンしました。
「ナガオヴンダバ」さんはこちらのお店のメニューを監修するということで関わっていらっしゃるそうです。  

私の大好きなハーブとスパイスの楽しみを提案するレストラン&カフェ。
ケーキもラベンダ−のシブーストなど普通のお店にはないものが並びます。
黒ゴマのマカロンはふっくらしていて、中はねっとり。ほとんどクリームが入ってないけど3個二百円とこれはお手頃。他にもマレーシアの揚げクッキーなど興味深いものがありました。
パンももちもちした噛み応えあるバゲットや、ビール酵母をねりこんだものなど、シンプルな食事にあうパンが揃います。

お店の販売の方がとても感じのよい女性で、何をきいてもきちんと説明してくれて、とてもいい時間をもてました。お盆なのでちょっとサービスもあったりして、、、若い方の教育もできてるなあって思ってたら、最後に名刺交換したら取締役!なるほどです。
ちょっと天満橋の駅から遠いけど、またスパイスのきいたシブースト買いにいきたいな。
 
ハーバル フード デリカテッセン  クレメ 
大阪市都島区片町1-7-19 川端ビル TEL&FAX:06-4800-3433

あこがれてました―天満橋『ル・ポン・ド・シェル』

ec910ac4.JPG世間はお盆でお休みモードですが、私は通常通りレッスン(サラリーマンや学生の生徒さんはお盆集中でレッスンの方も)なので、遠出はしません。
でも夏のイベントに食事を奮発したいなと思っていたところ、新聞に高級レストランがお盆期間だけとってもお得なコースを提供しているのを発見。
すぐに予約いれたけど、皆さんききつけていて、さすがになかなか予約がとれず、13日の晩二席だけあいていました。お昼はとりやすかったみたいだけど、夜景の綺麗なところだし、同じ値段なのでやっぱり夜がいいです。

天満橋の大林ビル『ル・ポン・ド・シェル』
もう20年ほど前のバブルの時期から憧れてました。隣のバーも景色がいいので時々いっていましたがレストランはなかなか、、、と思っていたのです。

久しぶりに決め細やかなギャルソンやソムリエのサービスを受け、本当いい気分。さすがです。メニューを詳細に説明してくれて苦手なものがないか、かなりじっくり相談にのってくれました。

お盆特選メニュー

トマトのデクリネゾンとパル見ジャーのソルベ (トマトのゼリーとマスカルポーネのムースのピラミッド。かなりトマトの味がしました。チーズのソルベはお菓子みたい)

オマールえびのジュレ、蟹と野菜とともに (ジュレの上にメレンゲみたいなのがのってて、味はちょっとアジアンでこれ絶品でした)

帆立貝柱のプロシェット (貝大好き!)

タイのソテー なすびのピューレ添え (メニューにのっていなかったシェフからのサービス)

ポークフィレと生ハム (ここでもうお腹いっぱいで殆ど夫に食べてもらいました。)

が、デザートの『バナナとショコラのデクリネゾン』が秀逸!

チョコのジェラート、バナナのミルクシェーク、一番おいしかった生チョコのタルトにはキャラメリゼしたバナナとチョコムースがのってました。
通常DINNERの後は、お腹いっぱいでケーキは食べない私なのに、
しかもチョコが苦手なのですが、このチョコのタルトはとろとろで、おいしくておかわりしたかったほど。
お土産コーナーにはチーズケーキなどがあるので、このチョコタルトも販売してほしいです。

それにしても本当、いい気分で、楽しい夏の夜をすごしました。
が、このメニューでなんと5000円なのです。(税金、サービス料がついて5775円。)
本当は姪とリッキーをつれてみんなで行こうかと思っていたのですが、小学生未満は入れないとのこと。
たしかに子供にはこのムードも味ももったいない!
ル ポンド シェル 大阪市中央区北浜東4-33 大阪大林ビル30F 
06-6947-0888

これもスーパーで―安曇野食品『ココナッツプリン』3

37169dee.JPGLittle Asia 上海風ココナッツプリン (安曇野食品工房株式会社)
をこれもスーパーで入手。微妙に高めの値段設定。
でも味は結構本格的で、高級中華のデザートのでてきそうです。これはこれでいいな。
夏はやっぱりこういったプルンデザートがいいですね。

スーパーで入手―大阪『幸月「プリン」』4

5111d2e2.JPG西宮の『華宮』に冷やし中華と坦々麺を食べにいきました。注文してから餃子がでてくるまで一分以内というのは驚きだった。こちらは大阪ガス(キンレイ)の外食チェーンみたいですね。
店は阪神西ノ宮駅の目の前。このデパートは小さいながらも食料品専門店も、スーパーもありとても便利。
で、スーパーのスイーツコーナーに、以前朝日新聞のスイーツ特集でみかけて捜していた「幸月」の焼プリンを発見しました。
生産自体は大阪のようですが、記事には京阪神の阪急オアシスや大丸ピーコックなどで販売とかいてありますがなかなかみかけなかった。
いつもあるわけじゃないというか売り切れ多発だそう。263円。かなり大きいです。
見た目はまるで焦げ目があって懐かしい感じかと思いきや、
いわゆる固め・しっかり目の焼きプリンではありません
上の部分は、グラタンのホワイトソースがオーブンでこんがり焼かれて、薄く膜が張ったような感じ。がスプーンをいれると膜の下はスフレ状で
チーズケーキみたい。しかもクリームチーズ味のなので驚きです。
下にいくにつれて食感がとろとろに変化していきます
シンプルなプリンなのにこんなに奥深いなんて、これはすごい!
やっぱりみつけたら即買い!です。
livedoor プロフィール
Categories
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
記事検索
  • ライブドアブログ