Yuki の Sweets Diary

 YUKI英語教室 英語教室オーナーで、好きな英語と、甘いものを楽しむ毎日です。 コラムやスイーツの企画など、スイーツコーディネーターのお仕事も承ります。englishyuki@gmail.com まで  YUKI英語教室

facebook http://www.facebook.com/YukiNoSweetsDiary?skip_nax_wizard=true#!/YukiNoSweetsDiary インスタグラム アップ中! https://www.instagram.com/yukienglish/
お菓子・デザート ブログランキングへ

2007年03月

こだわり食材発掘の楽しさ−御影新生堂

38c8ea17.JPGいろいろな方のブログでこだわり食材のお店としてあこがれていた『御影新生堂」さん。六甲御影買出し日にやっといくことができました。阪急御影駅の南側(ケーキ屋さん天国ですね)の道を南下し、山手幹線をこえてイカリスーパーの斜め前。思っていたよりずっと小さなお店です。
外観は本業の酒屋さんであり、お米の販売が目立ってます。
そして評判は調味料などこだわりの食材を扱われていること。

お取り寄せの本にのっているようなものが並び、
芸能人お勧めとかのキャッチーな説明に惹かれます。

我が家の近くのCOSPAさんも結構品揃えがいいので、そちらで手に入るもの(鎌田のだし醤油、明宝ケチャップ、あかちゃん番茶などなど)は今回は避けながら、みたことがないもの、神戸らしいものをチョイス。

芦屋伊東屋のお好み焼き
なんとあの苦楽園『エノテカ』とのコラボワインがあるのはおしゃれですね。神戸!って感じ。しかも2000円くらいからとすこぶるリーゾナブル。
日本酒も香住鶴がありました。
さすが酒屋さんだけあってチューハイなどは普通のDISCOUNT値段で良心的です。
広島のモリセンの肉味噌。ご飯のおかずというより北京ダック味噌みたいで、かなり甘くておいしい、女性好みな感じです。
  
楽しみはコダマ健康食品『感動の片栗粉』
これからどう料理に使おうかなあ。

うわさのビバガーリック、ユーサイドのごまドレッシング、 雲仙きのこ本舗の温麺、あぐり窪川の豚まん。山田製油のごま油、は買い忘れていました。というわけでまたリベンジしなきゃ。   

御影新生堂 御影店
神戸市東灘区御影町御影城ノ前1422-3
078-841-0223

絶景の穴場です−御影『キャロットダンス「アズキと黒ゴマのパフェ」』

79c47c5f.JPG六甲ドライブついでにひさびさに夜景もみたいなあって前からいきたかったカフェへ。御影駅から車で5分ほどなのですが、山の中腹、こんなところに?という場所に『キャロットダンス』があります。
が、外観は正直、山のレストハウス。カフェって感じではないな〜
という思いで階段を上ったのですが、中に入って
びっくり!息をのむような絶景なのです。

神戸・山手の中腹に位置し、お店の開放感ある窓からは、神戸の街を一望。天気が良ければ関空や淡路島までパノラマに広がります。    
夕方から夜にかけてだったので、それはそれはきれいな夜景もみれて(写真でうつらず残念)
これは穴場の絶景スポットです。ちょっとここを知っててなにげなくつれていくと、男性はもてそうです。
私は日曜の七時前だったのでみれましたが土曜のみ夜営業なので季節によっては夜景は難しいかも。

で失礼ですが外観からメニューにはそれほど期待していなかったのですが
どれもリーゾナブル。フォンダンショコラとドリンクのセット、
黒ゴマアイスとアズキのパフェ(ドリンク別)はどちらも 680円。

がなかなかおいしいのです。おねがいしたら、コーンフレークはぬいてくださったので、とてもスキなパフェになりました。黒ゴマアイスと餡ってあうんですね。
お料理は野菜のソムリエが素材厳選してこれも自慢だそう。    

キャロットダンス 

神戸市東灘区渦森台2-21 078-822-6223 9:00〜19:00[土]9:00 〜21:00

20年も―神戸『あなべる「エレンズブラウニー他」』

f23d8803.JPG私が京阪神のおいしいとうわさのケーキやさんをめぐり始めたのは20年近く前。おそらくこのお店が最初の一軒だったような気がします。
六甲から山へ登って車で6分ほどかな。タルトのお店『あなべる』です。
本当に久しぶりに訪れたけど、かわいい佇まい、上品なご夫婦変わりありません。レシピもほとんど変えていないそうで、おいしいものは味を変えなくても時代をこえて愛されるのですね。

常時13種類ほどのパイやタルトが並ぶこじんまりとした店内ですが、妥協を許さない手づくり独自の味わいが漂います。生地を練り上げ焼き上がりをカットするまでほとんどが手作業だそう。
日本では、ここでしか出していないという海外の珍しいレシピのお菓子もあるのがこれも魅力。
今日のおめあてはまず 『ピカンパイ』(¥280)税別
表面にピーカンナッツがぎっしり、その下はメープルシロップと卵でつくった、ウエットな生地で黒糖プリンぽい。アメリカでもたまにいただきましたが現地の味に近いと思いました。
みためより甘めです。私はこの甘さが好きですが、、、

みんなが好みそうとお勧めが「エレンズ ブラウニー」なんと¥150。シンプルで素朴な見た目ですが、ガトーショコラというか生チョコぽくておいしい!しかもレシピ考案者は、あのオードリー・ヘプバーン。
クルミがたっぷり。もっさりした舌触りのものが多いブラウニーですが、こちらはとてもしっとり、コクのあるチョコレートの風味が豊か。ココアでなくスイス産の上質なクーベルチュールチョコレートをたっぷりと練り込んでいるからこそ出る味わい。“

小さめサイズながらこのお値段でいいんですか?ときいてしましました。
店では、ケーキの味について、レシピについて、おいしい食べ方についてなど、何でもオーナー夫人が丁寧に教えてくれて、なんだか知ってるご夫婦のところの遊びに来たみたいです。

写真は上のタルト2点と、大学の多い、アカデミックな灘区で育った息子さんの著作「ボーダーズ」。
親子2代でファンが多いこのお店ならではのHPでは頒布や通販もなさっているようなので、遠方の方も懐かしい味が楽しめますね。

      
 あなべる   神戸市灘区上野通3ー5ー10 Tel 078-801-3231 定休日/月曜

この麺を活かすと―西宮『満月「手打ちらーめん」』

a28caf7f.JPGヒロ珈琲のすぐ近く、ダイエー中津浜線の横に、気になるラーメン屋さんがありました。でも8時には売り切れが多いらしく、大急ぎですべりこみセーフ。「手打ちらーめん 満月」です。

50円引きのクーポンをくれたラーメン好き仲間によると「とにかく食べたことのない麺の食感」だそうで、麺食いの私はもう気になって気になって。
スープはいろいろありますが、スープは、魚介系を中心としたあっさり和風味。人気は4種の白味噌をブレンドした白味噌ラーメン 850円 ということで私はそれを選択。
甘いのかなと思ったら、これは意外にも豆板醤とにんにくががつーんときいてます。
なんといっても平たい手打ち麺!手で打ち、手で練り、竹で打った麺は太めでちょっとうどんぽいけど、もっとつるつるしていて、もちもちでおいし〜!とっても好きです。なんか今までラーメンでたべたことがないかんじで、これを食べると普通の麺では物足りなくなりそう、、、。
ただ、このおいしい麺をスープ(数パターンためしてみたのですが)が活かしきれていないような、、、かといってどういうスープがあうのかな。もしかしても少し煮干系があうのかもしれません。(ラーメン通の方おしえてください)

お店はきびきびしていて、清潔できちんとしているなあっていうのも感心しました。今度は麺の食感が楽しめるざるラーメンを食べにいきたいな。

満月 西宮市薬師町6-25  TEL    0798-65-8655

石釜もちもちパン―西宮『麦蔵』

111de289.JPGパン屋さんネタが続きますが、、、
HIROコーヒーの猪名川店を以前紹介しましたが、チェーン店の多くは欧米そのもの、とても豪華な気分になれておとくなのですが、西宮北口店は一味違います。コンセプトは『和』
懐かしい雰囲気の日本家屋でちょっと明治風。灯りや装飾窓、小物も素敵です。サンルームみたいなテラスもあるみたい。

そしてこちらはパン工房『麦蔵』も併設し、やきたての釜だしパンが食べられるのです。
お店のパンの特徴としてしっかりと焼き込まれているという条件があるそうです。栃木県宇都宮市より採石された大谷石を使って作り上げられた石窯は、遠赤外線効果による石の自己発熱作用があり、これによってパンのクラスト(表面)はパリッとクラム(内側)はしっとりとした食管のパンが焼き上がります。しっかりと焼きこまれた風味豊かな麦蔵のパンということだそう。

たしかにちょっと茶色いかも。でなんといってもフランスパン。
いつもと食感も違ってひさびさに新パン発見!て感じです。
クラストはパリパリ、中はふんわりというよりもちもち。このもちもち度は和風な気もしてお店にあっている気がします。

お店は広い道から一本下がるのですが、暗闇に大きなお屋敷の明かりが見えて、なかなか素敵な夜のムードでした。
麦蔵
住所:西宮市高木東町37-11  TEL:0798-65-0470

石といえば最近は岩盤浴ブームですね。住宅街にもサロンがよくみかけられます。癒されにいきたいなあ。石ってやっぱりパワーがあるのですね。

すべてがフレッシュ―伊丹『がおさん家のパン屋』

ca170e9e.JPG伊丹のケーキ屋さん凝縮エリア近くに市役所にぬけるあたらしい道ができました。 そこに昨年オープンしたばかりのお店があると最近知っていきました。
「がおさん家のパン屋」ちょっと変わった店名です。
ご夫婦でなさっているお店。主人は和菓子経験もあるそうで、だから奥さんにおすすめをきくと、何といっても十勝産小豆使用の自家製餡パンとのことでした。  
そしてもちろんパン自体も。パンは 無添加。イーストフードなどの食品添加物は一切使用していないそう。
   
バゲットもぱりっとした皮と内部のもちもちのバランスがよく、香ばしい。
なんといってもかわいくて目に付いたのが 、お店のトレードマークにもなっているぶたの形をしたぶたパン 100円。中はチョコクリーム。何もはいっていない動物パンは80円です。

近所にお値段ひかえめでおいしいパン屋さんができて、うれしいです。子供さん連れがいくと絶対喜びますね。

がおさん家のパン屋 伊丹市昆陽東1-5-6
072-743-4429

おむかいのサンディというスーパーが不思議なくらい安い。ただし陳列がダンボールをつみあげただけなので、入ると一瞬ひるんでしまいますが。 

この道をもう少し北へいくと伊丹市役所。伊丹って市役所の中央公民館とか、救急医療センターとか、税務署とか集まっていて、すごく便利でよく考えられてるなあって思いました。結構どこにあるかわかりにくものなのですが。

変り種もたまにヒット―プリン博覧会 at  浪花餃子スタジアム2

5362056e.JPG全国各地から150種類以上の自慢のプリンを集めた「プリン博覧会」が浪花餃子スタジアムで開催中レポート第2弾。
昨年のレポはこちら  とこちら   

スタンダードなプリンがおいしいのですが、意外な大ヒットを発見しました。
さんま亭の 八丁味噌プリンです。
チャレンジプリンと宣伝文句があって、青汁、唐辛子、などなどきわものそろいなのですが、以前ごまみそプリンというおいしいもの(今回も博覧会で売ってます)があったので八丁味噌にトライ。
これが大ヒットだったんです。みその味はまったくしないけど、こくがあってきゃらめるソースよりあうかもしれない。
思えば正月の花びら餅もみそ餡だし、味噌は和菓子と相性がいいのでしょうね。名古屋のみならず関西でもこの味噌プリン作ってうってほしいな。

宮崎のイーナの焼酎プリンもありました。すごくさわやかで、においはほんのり、これもおすすめですよ。

横浜からエントリーしているツバメの巣プリン、一つ700円超。これは以前番組の取材でたべさせてもらいましたが、お土産のゼリーって感じでした。美肌にいいらしい、、、。

かつて同じくテレビ撮影で納豆プリン、鍋焼きラーメンプリン、などトライしましたが、こういうキワ物はプライベートではトライしたくないものです、、、。

プリン博覧会 at  浪花餃子スタジアム

65a63c95.JPG昨年はスイーツハーバーで開催されていた、私のパラダイス が梅田に登場です。
全国各地から150種類以上の自慢のプリンを集めた「プリン博覧会」が浪花餃子スタジアムで開催中。4月8日までなので通いつめそう。
以前のレポはこちら  とこちら 
私の前回ヒットだった 東京のバニーユはリピートするお気に入り。

以前から好評で人気ナンバー1の『ひよこのお昼ねプリン』とろりビン入りタイプ、2位の『蔵王プリン』もありました。ひさびさに蔵王プリンを購入しましたが、クリームチーズが強くレアチーズケーキに近い、印象的なプリンで、上に生クリームが上手にのっています。
また 来栖けいさんおすすめの足立音衛門のプリンは680円だったけど、3割引になっていたので購入。それでも高いけど、、、液体みたいでした。 
 
食べつくしたかと思いきや今回はじめて遭遇するものもあり楽しい。
おまけに阪急ペルソナカードがあれば10パーセント引きなんです。

今回は平和堂のマンゴプリンロールケーキ 210円が安くなってて、周囲がクレープ皮でクリームたっぷりでプリンではないけど思いがけないめっけものでした。
他のに初トライは 大阪 ソネットの大地のプリン、岡山倉敷のピアジェの究プリン どちらもビン入りでおいしいといえばおいしいのですが似てました。

明日は変り種プリンについて、、、。 

パティスリー・ラ・トゥルティエール3

6fc9dcbe.JPG大丸・松坂屋共同企画 春のジョイントフェスティバルを開催中です。
めったに手に入らないおとりよせスイーツが各大丸百貨店で販売されています。ミセスハートも天使のババロアもあるみたいですね。

私がいった日は、あまり目新しいものがなかったのですが このフェスタのために
 井上正蔵さんがつkったサクラを意識したお菓子を購入。
3/26〜4/1期間限定で「桜吹雪」です。
(株)本高砂屋で和菓子を作る井上さん
このお菓子は 山芋でできたもっちりした皮に、えんどう、小豆の甘納豆がちりばめて これが桜吹雪なんですね。
甘みがあっさりして、ぷーんと桜の香り。和菓子が苦手なひともこれはたべられます。あんこが大好きな私も普通ならアンがすくないと思うはずが周囲のカルカン生地の皮が、もちもちでそれでいて軽くてとても好き。
ひとつ250円にしては大きいな。
またシリーズで他のお菓子もたべてみたいです。

神戸マイスターの、面々をみせていただくと、洋菓子ならフーケ  ユーハイム パンならイズズ など神戸にはかかせない会社にはマイスターありなんですね。

ミルクレープだけでなく―『cake cake cake「ハートのブリュレ」』

7ca7434e.JPGCITRONに続いて、姉小路のニューオープンケーキショップめぐり。
といってもこちらは北山にあるペーパームーンの姉妹店です。
ペーパームーンは今年で10周年のようです。京都のおしゃれエリアといえば北山だったころ、よく行きました。
初めてミルクレープを食べた時は大感激。ちょっと高いなあと思いつつも、その満足感。ホールで買うと6000円超ですが、薄いクレープと甘さ控えめのクリームが絶妙でこってるなあって思います。クレープとクリームが一体になったふわーっとしたミルクレープです。

もともとはすぐきのなり田さんのケーキ部門というのもユニーク。 

昨年の12月にオープンしたこちらは、ミルクレープや大きめケーキ以外にも、かわいいケーキもそろいます。 
白と淡い緑のシックなお店。ミルクレープをいかしたロールケーキもお値段控えめ。1本 ¥1,260  他にかわいいのがハートのココットに入ったブリュレでプレーンと紅茶味があります。いずれも399円。
小さいかなと思ったけど、食べるとこれもかわいい外観からは意外なほどこってりクリームで、フレンチのデザートみたいです。  
カフェはかわいいかんじと思いきや、抹茶もあったりして、ムードもメニューも結構大人。さすがなり田さんです。

cake cake cake
〒604−8104 京都市中京区姉小路堺町東入木之下町299
TEL 075−254−4678
営業時間 10:00−19:00(木曜定休)

しゃれた贈り物をさがすなら―新風館『George's with ask a giraffe』

36c690bc.JPG昨日の女友達、会うなり「赤ちゃんのお祝いさせて」といってくれるのです。確かに産んでからあうのは初めてでした。やっぱりさりげなくココロ使いのできる彼女。
甘えてさせて頂いて待ち合わせした新風館でゆったりショッピングを楽しみました。

この日は暖か。さっそく中庭のワゴンでかわいい子供服やさんが。(写真)
せっかく店員さんとお話したのにお店の名前がわからない、、、北山に本店があるそうです。かわいいオリジナル製品がありました。うちのベビーは一歳ですが110センチの大きめパンツをプレゼントにチョイスさせてもらいました。90センチまでは誕生のお祝いにたくさんいただいていたり、お古もあるので、洋服もちなのですが、もう少し大きくなったらさすがにないかも、、、。こんな大きいのがぴったりになるときがくるなんて、今はまだ実感ないです。

それから大好きな雑貨や Gerorge's キッズ用品、キッチン用品、輸入雑貨驚くほどリーゾナブル。そして使えるモンばかりです。キッチンのビニール袋ホルダーが紙オムツストックにぴったりなので、これもお祝いに買ってくれました。まさか紙オムツが入るなんて考えなかったでしょうね。ビニールコートされているのも気がきいてます。
sassyのおもちゃもかわいくて悩みましたが、まずは実用性で。ジョージズがみたくて京都にきていたほどだったけど、豊中緑ヶ丘にもお店ができたそうで、行きやすくなりました。

でも京都店はカフェがあります。ask a giraffeははらぺこさんにお勧めのビックサイズ、とってもアメリカーンです。スイーツもパフェやアップルパイのバニラアイス添えとか、、でも何をたべても結構おいしいです。
フードはボリュームを重視しているから、サンドイッチだってパスタやごはんものに匹敵する満足度。ハンバーガーの他、ホットドック風に味わうチキンとトマトサンド788円、生ハムとクリームチーズサンド893円も人気ありだそうです。でも平日は以外にすっきりして穴場ですよ。
京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2新風館1F
電話   075-257-8028
 
新風館にはヴィレッジバンガードもありますね。こちらは結構ぎょっとするおもちゃがお気に入りです。

女友達と優しい時間―烏丸『citron「レモンのマカロン」』

8c122d62.JPG10年前のちょうど今頃、社会人入試を受けて大学院へ、離れていた学業に戻りました。久しぶりの学生生活と、今までしたことないくらいの真剣な勉強やレポートの山にてんやわんやでしたが、同じく社会人入試の少し年上のお友達ができました。
日本語教師として当時から夢を追っていた彼女、今は大学に教えにいっていてエネルギッシュにがんばっています。かといってまったくおっとり優しくて、いつも私の疲れたココロを癒してくれます。
彼女に会いに、京都へ遠出しました。

さっそく行きたかったケーキやさんめぐりにおつきあい願って、烏丸を西へ。河原町方面と反対なのでこちらは初めてです。姉小路のこの界隈はおしゃれなイタリアンバールやバレリーナの絵まであるてぬぐい専門店もあってなんだかとてもおしゃれエリア。

気になっていた『citron』は意外なほどひっそりとありました。
まず引き戸をひいて中へ。入ってすぐ小さなショーケースがあり、いかにもハンドメイドぽいケーキが並びます。
カウンターは窓に4席、厨房に2席。2人席テーブルがふたつ。中央に6人が座れる大きなテーブル。すべてがハンドメイドな感じ。というかパリのアパルトマンに女友達同士がシェアして住んでるような、家具もきにいったものを蚤の市で買ってきて並べたような。かわいくてシンプルなのでそんな空想を膨らませてくれました。
今日は女友達と一緒でぴったりです。
お客さんも平日のせいかすべて女子。居心地がよさげです。

お菓子は種類は少ないけどレモンのブラマンジェなどレモン味のものがうり。なんとレモン味のマカロンがあり、小さくて可愛い鳥の絵の袋に2個200円とかなりお安い。 

マカロンはさくっとして、表面軽く、中はねっちょり、クリームたっぷりで、食感は大好き。
が、忘れてました
実は私は柑橘系のおかずは好きですが、お菓子は苦手。マカロンはレモンの皮がクリームに練りこまれているのか香りと苦味がするのはいい感じなのですがプラスなんというかアメリカのお菓子みたいな、不思議な味がします。
でも上記のような私でも、マカロン自体の完成度はわかりました。

なだたる名店で修行して、教室をしているオーナーなので、一見素朴にみえるお菓子は食べるととてもプロの味。それでいてお値段おさえめなのはこの喧騒から離れたロケーションのおかげもあるのかな。
    
仲のいい女友達と、または一人でまったりおちゃするのにぴったりな優しいお店だと思いました。

CITRON

住所 : 京都府京都市中京区姉小路室町西入る突抜町139 プリモフィオーレ室町1F

電話 : 075-222-0503

さくらの街にお花見に―武庫之荘『THE PRAJINA(プラジナ)』

ac89ea47.JPG桜の名所はいっぱいありますが、武庫之荘は町全体が桜の町。
駅の線路沿いや駅からの桜並木は有名ですね。
圧巻は武庫川の土手。薄紅色一色になってなんか舞台のセットに迷い込んだみたいです。お花見のポイントはこちらの地元情報を。
西武庫公園は、綺麗ですよ〜! 

そこから近く、グルメシティー西武庫店を南に100メートルほどいったところに小さくてシックなケーキ屋さんがあります。お店というよりここは基本的に製造元みたいで、ときどき阪神間のデパートにスイートポテトやりロールケーキを出品しています。
播磨の地鶏卵を使ったロールケーキは甘さひかえめ、石釜を使って焼いているそう。
同じく播磨地鶏を使ったプリン。見た目からして黄色くてバニラビーンズがたっぷりでプリン!ってかんじ。
食べてみるとまさに固めのオーソドックスなプリン。カラメルもしっかりしていまが甘さは抑え目。素材の味を生かして作ってるかんじがします。最近のなめらかタイプでなく硬いプリンを食べたい方にうけそうです。
営業時間が短いのでご注意を。
細い道でわかりにくいのですが、「和田八」というかまぼこやさんの工場が目印でそこから南にすぐです。

PRAJINA THE PRAJINA(プラジナ)

尼崎市武庫元町1-9-8-101
営業時間 10:00〜16:00 定休日 月曜日・火曜日

ひさびさにご対面―東大阪『グレイス「こだわりプリン」』

025fa783.JPGお友達なうなうさんが運営する関西ケーキショップマップ
いまや有名になった人気店(五感さん、メランジュさんなどなど)のみならず町のローカルなケーキやさんもネットワークになっていて、また、ここでこんなイベントあります(感謝祭とかデパート出店とか)とか情報がわかるので楽しみにみています。

で未体験でたべてみたかった東大阪の『グレイス』さんが期間限定で大丸梅田に出店情報があり問い合わせたところ今回はチーズケーキとロールケーキのみとのこと。
でも生ケーキは無理だけどプリンなら予約してもらえばもっていきますといってくれて、翌日取りに行きました。とても親切な対応でありがとうございました。

で、そのこだわりプリン189円。一見小さくて普通のオーソドックスな固めタイプかなとトライ。でもよくあるカラメルプリンではないんですが私にとっては「なつかしい!」って声を上げて大喜びのプリンだったのです!
以前プリンの達人として出演した番組で私のベスト3を発表したとき
一位に選んだ めがみ山プリン 
オンエアの時には販売中止になることが決まっていたので、収録もちょっと悩んだのですが、それでもこれが好きで好きで一位にしました。
なんというか、今のとろとろビンいりとはもちろん違い、またオーソドックスな固めともまた違う。
上(というかカラメルの反対部分。ひっくりがえすと下ですね)は膜がはったようにねっとり固く、中層部はクリームみたいにとろっ、一番下に控え
めなキャラメルが三層になり、小さいながら深いプリン。
以来おめにかかったことがなかったのですが、それがこのグレイスのプリンなのです!やった!個人的にはもう少し甘めだとうれしいけど、一般的にはこのくらいの甘さで十分かもしれません。
また食べたいなあ。
といってもかなり遠いのでなかなか買いにいけない。ぜひまた今度はプリンをもってデパートに出店してください。   
グレイス
東大阪市友井2-29-16 

スイーツのような、おかずのような―ベイクドQ『カマンベール』

892c285c.JPG鈴鹿に20年近く前に来られたパン職人さんのドミニク・ドウーセさんのパンを売るお店、が阪急百貨店梅田本店地下1階にあるベークドQ。
F1レーダー御用達の味を楽しめるようになりました。
いったんできてからは、阪急の各店舗や、いろいろなスーパーでも販売するようになり、最近は阪急オアシス武庫之荘店にもインストアベーカリーができました。
一番人気という「カマンベール」を購入。130円。
これが周りはふわりとやわらかく、中は少し甘みのあるカマンベールチーズのクリームで、うまい!
でもおかずパンのつもりで買ったのですが、どちらかというと甘いお菓子パンです。一番人気は納得です。甘いチーズフォンデュといった感じ。

意外に値段が手ごろなのがうれしくて、アンパンやメロンパンも100円程度です。また200円のチーズブレッドは食パンの中にたっぷりのナチュラルチーズ。食べるときあたためるとこちらは甘くないチーズフォンデュといったかんじ。ホームPARTYのおつまみにうけました。

人をお呼びしたら何をつくりますか?
私はたいていエスニック。生春巻きとか、タコスとか、チャプチェなどの韓国家庭料理ぽいうのとか、、、。だって和食とか、一般的メニューに比べて、おいしいかおいしくないか、料理上手な方に比べられることが少ないので、ごまかしがきくかな、、って思って。
ところが先日は子供さんばかり、で菓子パンに頼りました。

ケーキ屋さんのお取り寄せ―キッチンの侍『パティシエ・オカダ「黒蜜プリン」』4

dac560e0.JPGずっと気になっている大阪八尾のケーキ屋さん『パティシエ・オカダ』さん
ブログをみていても楽しそうです。なんと阪急百貨店でおとりよせできるのです。そのサイト
阪急百貨店のおとりよせトップ > パティシエの技 > キッチンの侍達
そうあのマキノさん監修でバウムヴェレなどをプロデュースしているグループです。

気になる商品はやっぱりプリン。しかもこちらはカラメルでなく、黒蜜プリン。
到着した商品は室温でも3ヶ月以上ひもちするとても便利なもの。
冷蔵庫に常にプリンをストックしていないと不安になる私や、遠方の方へのお土産や贈り物にぴったりですね。

黒蜜プリン6個税込価格 \2,625(HPは5個になっていますが確認したところ6個だそうです)
は 黒糖で作った黒蜜で仕立てたプリン、カラメルも黒蜜!しかも丹波の黒豆も中に入っていて、黒黒。結構斬新かも。
でお味ですが、プリンは日持ちのする贈答用のプリンで普通においしい。
で添えられているシロップは容器に入っています。
但し書きがあるとおり、シロップが多めにはいっているので飛び出し注意です。
かけて食べてみると、すごいコクです。でもしつこくはないのが和風のよさ、甘みもさらっとしています。
シロップがジュレみたいになっているのがいい感じ。和食の最後にデザートとして出したらとてもおしゃれかと思いました。
もちろんおいしいのですが、黒蜜なので好みがわかれるかもしれません。でも私は普段、黒蜜、黒豆は選びませんが、これはおいしいと思いました。
黒シリーズのみならす、抹茶ソースにえんどう豆の緑シリーズ、あずきソースにアズキの赤シリーズもでたらおとり寄せしてもいろいろ楽しめてもっといいかも。

黒蜜プリン

パティシエ・オカダ大阪府八尾市八尾木北2-16
TEL:0729-24-6001

書き込みがあってこちらのミルクプリンもとてもおいしいそうなので、いつか生ものもトライしたいな。

そういえば好きだった―高山『ホワイトルンゼ「フィナンシェ」』

先日の飛騨高山展でノアドココの高山プリンのそばでひっそり売っていた『ホワイトルンゼ』プチホテルのフィナンシェ。なにげなく買って何気なく食べると、、(あまりにも意識してなかったので珍しく写真がないので袋だけ、、、)
おいしいのです!今まででベスト1フィナンシェかもしれません。

思えは小さい頃、アンリのフィナンシェを食べたとき「マドレーヌよりずっとおいしい!」と衝撃をうけ、依頼ケーキ屋さんでは必ずフィナンシェを買っていた頃もありました。でも最近はそれほどこくも感じないし、おいしいと思うこともなかったのでいただきものくらいでした食べることもなかったのですが
そういえば私はフィナンシェが好きだったんだとおもいだした。

でもこの小ぶりで、味が染み渡っていて、甘くこくがあるフィナンシェ。これはめったにおめにかかれません。フィナンシェといいながらぱさぱさなお店や、内部に味が染み渡ってなかったりするものが多いのですが、こちらはまさに金の延べ棒。
お取り寄せできるみたいですね。

それにしても高山プリンといい、フィナンシェといい高山はレベルが高いなあ。

fbe07ded.JPGホワイトルンゼ

住宅街の絶品生菓子―宝塚『鶴屋松庵』

f974b41b.JPGこちらのお店、隠れた名店発見と自分の中では大ヒットの住宅街のお店です。
知る人ぞ知る菓子店で尼崎、伊丹、宝塚茶道家協会御用達なんだそう。四季折々の茶菓子をご主人が茶道教室へ配達しており、先代茶道家の頃よりの古いおつきあいもあるとか。
ほぼ卸しに近いせいかお値段は生菓子147円。優しいご主人がひとつひとつ説明してくださいました。

色とりどり本当きれいで10種類くらい選べるお店というのも珍しいのではないでしょうか?ケーキ屋さんみたいです。
私が好きなつぶあんの和菓子(上にきんとんが)つぶあんの中にまた食感と甘みの違うつぶあん、上にはきんとんが。とってもこっているし、甘さは甘すぎず、でもきちんと和菓子のこくがありおいし〜い。
もひとつ写真の真ん中。由来をおしえていただいたところ、 奈良でお水取り期間のみ発売される超限定の和菓子。花芯は黄身餡、花びらは練切(ねりきり)で作られてい本当きれい。作るのも大変手間だそうです。
他にぶっきら棒(1本350円)は、黄身あんに栗が入ったシナモン風味の焼き菓子。穏やかなご主人の人柄が伝わる、やさしい味の和菓子でこれも名物だそう。
 鶴屋松庵     宝塚市泉町24−16    0797-84-8207

このあたり確かにどの駅からも遠いのですが、なかなかおいしいお店の宝庫です。
パンやさんの『クルート』もとてもおしゃれだし、ケーキやさんも『ミエル』はお値段控えめ、かつきれいなかわいいケーキがそろいます。
またラーメン『でんと』もかなり人気で私も好き。
お友達おすすめで今度言ってみたい『北野軒』というラーメンやさんもあります。

SSOK近く―箕面『カフェ・ド・モナムール』

5c20794e.JPG昨日のロゼブルは船場西。今日は船場東のお店です。
千里のSSOKにお友達や親戚がよく買い物にいきます。ブランド物からおむつまで、いろいろなものがそろいますが、会員証がいるので、私は買ってきてもらうばかり。格安でかえるのよ〜とおみやげにいただけてありがたいです。
でもその近くに行きたいカフェがありました。外観は英国国旗が目印。
カフェ・ド・モナムールは心斎橋コーヒー院グループの英国調喫茶。

中はイギリス風。ローラアシュレイのような花柄のテーブルクロスに、アンテークなインテリア、窓際に飾られてる雑貨もかわいい。
でも音楽は大人でジャズが流れ、ライブのセットもありました。 大きな手作りケーキは500円ほど。重厚なアンティーク家具に囲まれた店内で、注文が入ってから一杯分ずつミルで挽くコーヒー、ハーブティー、紅茶も豊富。
そして季節のオリジナルケーキはオーナー(男性)のハンドメイドだそう。
どれも女の子好みで、すごい大きい。しかもケーキセットにはアイスもつきます。 チョイスしたモンブランはかなりチョコの味と生クリームが大半で、ちょっと苦手だったかも。でもこういった生クリームが好きな人にはたまらないとおもいます。

自分の家はシンプルが好きなんだけど、こういったかわいい家具をみるとこんなおうちに住めたら素敵かも、、、なんて思いつつ、あまりに小物がいっぱいでほこりがたまっておそうじ大変そう、、、、と現実を考えてしまいました。

カフェ・ド・モナムール
箕面市船場東3-10-28 電話番号/072-727-7301
 

パンやさん天国箕面―箕面『ロゼ ブル』他

f3b8c523.JPG朝食は毎朝、シンプルなフランスパンとヨーグルト。起きる瞬間からバゲットが頭にうかびます。とにかく毎日たべないとだめ!
でもパンっておいしいお店でも、いつも同じ店だと不思議とあきるんです。
個人的にパン屋さん密集地として目をつけている箕面。
そのなかで一番気になっていた『ロゼブル』
夕方結構早めにしまるうえに
おとりおきしてもらえないので、結構早めにシンプルなフランスパンはなくなってしまうときいていて、私には幻のお店でした。
が、みきチュウさんのご好意でもってきてくださって、感謝感謝。
お店はイートインもあるし素敵な外観だそうです。  

バゲットはかなり軽い感じで、私は重くつまったビオパンよりこういう軽い感じ、好きなんです。最近の人気パン店にしては珍しいタイプでうれしかったです。
もう一つ、マフィンみたいなのはパンプリン。こんなしっかりしたパンプリンは初めてです。でもお味はパンプリン。マフィンと思って買った人はそのふにゃっとした食感にびっくりするかも。暖めてメープルシロップをかけるとこれもおいしい。
「Rose BLeu ロゼ・ブル」
住  所:箕面市船場西1-12-14-3  電  話:072-726-2276

もう一つ、箕面市桜ヶ丘に出来たCLOVER。同じく駅長ブロガーのki-chanさんのブログで登場しますね。こちらは街のパン屋さん的フランスパンで食パンに近い感じでした。

この箕面あたり他にも アビアント(間違いなくおいしいです。最近大きな店舗ができたんですね)
パパシュ (ひっそりしたたたずまいながら人気店)
牧落にはアンリイズベーカリーなど、このあたりに住んでいたらまいにち気分でいろいろなお店を回れそうですね。
あとマーヴェリックも気になっているのですが、うわさの食パンは一年以上まちらしい、、、。
livedoor プロフィール
Categories
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
記事検索
  • ライブドアブログ