Yuki の Sweets Diary

 YUKI英語教室 英語教室オーナーで、好きな英語と、甘いものを楽しむ毎日です。 コラムやスイーツの企画など、スイーツコーディネーターのお仕事も承ります。englishyuki@gmail.com まで  YUKI英語教室

facebook http://www.facebook.com/YukiNoSweetsDiary?skip_nax_wizard=true#!/YukiNoSweetsDiary インスタグラム アップ中! https://www.instagram.com/yukienglish/
お菓子・デザート ブログランキングへ

2007年05月

東京お土産フィニッシュ―羽田空港『クローバー「六本木プリン」』4

e17f9e73.JPG最後に羽田空港から大阪へ帰る直前にも、スイーツは買えます。
ガトードボワイヤージュもお勧めだし、イラストがカワイイ東京プリンもいいのですが、今回は以前から食べたかった『クローバー』の六本木プリン。 
4つ840円。このケーキやさん自体おいしいのでやっぱり大正解でした。
一週間ほど日持ちするうえに、洋酒らしき味もしてちゃんと洋菓子。とろり感がいい。土産というよりちゃんと洋菓子の生菓子で、一つにつき200円はオトクだと思います。ひっくり返しても大丈夫なソース別添えタイプ。

というわけで購入したお菓子やさん、パン屋さん、紅茶、ハーブ茶などのお店はほぼ30店、とても一泊だけと思えない大満足感です。かなりDEAN & DELUCAと 東急東横店のおかげ。

とにかくパンとケーキのレベルの高さというか、安定ぶり、そしてお値段の安さは想定外のうれしいことでした。

スイーツで特に好みだったのは
 
サダハルアオキのバンブーと、シューアラクレーム
DEAN & DELUCAで購入した大森のガリュウMのプリン
アレグレスのフィナンシェ
和食の光仙のデリの練乳水羊羹
表参道 ラメゾンドショコラのシャンパントリュフ
東急東横店で購入したレトロダムールのフォンダンショコラ
そしてクローバーの六本木プリン

パンでは メゾンカイザーと VIRONのハード系、 浅野屋の軽井沢ブルーベリー です。 

どれも六本木、表参道、渋谷といった繁華街で買えるので、東京に遊びにいった際にはトライしてみてください。

先日のモモチンさんからのかきこみ情報によると、羽田空港でモンタボーのパンも買えたみたい、、、今度はぜひ。

東京表参道スイーツ散歩老舗編「クドウ」「シャンドン」3

2e9e8b2d.JPGセレブな表参道から、お義父さんのマンション近くまで10分ほど渋谷方面へ。こどもの城とかもあって、青山学院大学も通って、なんだかのどかで楽しい雰囲気です。
お店もセレブというより こじんまりしたカワイイお店がちらほら。
骨董通りなんてまるでパリみたいです。

Berry Cafeとか華やかで全国的に有名なカフェもありますが、ふと老舗のケーキやさんもあって、実においしくて安いんです。

青山学院横の路地を入ったところにある欧風菓子『クドウ』 
赤い屋根がみるからに昔ながらの洋菓子 
本店は神奈川県大和市にあるこちらのお店。表参道と銀座のお店はひっそりとありますが、お客様はよく入っているようです。  
並ぶケーキも懐かしい感じ、お値段は高くて300円か350円まで。
そのほか、昔ながらのやさしい味がするお菓子がいっぱいでお土産に購入したレーズンサンドもレーズンのシロップがとても美味しく、サブレの部分もやさしいバターの味が香ります。かなり大きくて食べ応えありです。
日曜なんて6時にしまってしまうのも 商売気がないというか、、、
 港区南青山5−6−19 セイナンビル 1F
03-3498-0910 

それからさらに渋谷方面へ。
とそこにブルーの屋根のシックなお店、一見お菓子やさんとわかりにくい純喫茶風なのが『シャルドン』
ふと油断すると通り過ぎてしまうような、存在感はあるのに控えめな佇まいの不思議なお店です。
だってここはかのサダハルアオキもかつて修業をしていたお店だということなのに、ここがシャルドン?ってびっくりなかんじ・・昭和です。
有名なのはマビヨン。これをお土産に購入。料理評論家の岸朝子さんの「【続】 東京 五つ星の手みやげ」にも載っているらしい。
サブレ生地に洋酒の効いた口どけのいいふわふわのチョコレートクリームが挟んである、大人な味わいの一品で、これは町のケーキやさん風の外見をいい意味でうらぎってくれた感じです。いくつあってもたくさんたべたくなりそう。
渋谷区渋谷2-9-2 マルサン青山ビル1F  TEL 03-3400-8198

それにしても東京のケーキやさんは安いです。どちらのお店も、またデパ地価でも単品のケーキは400円を越すものは殆どなかったな。小さめだけど、甘みが強くて、それで満足がいくのです。 

東京表参道スイーツ散歩セレブ編―『ラ・メゾン・ド・ショコラ』他3

7b09e970.JPGさて、ながく続いたGWの東京レポートももう少しで終了です(本と一泊なのかしら、、、、)
お舅さんのマンションは渋谷の駅近くだけど、表参道までも歩いて10分程度。もう私が住んでいたらどんなことになるかしら、、。

でスコルモアさんが、娘さんとデートなさっていた表参道ヒルズへむかいました。人がいっぱい!お店もいっぱい!
楽しかったのは「ポワヴリエ」。、専任ブレンダーが調合するスパイスとハーブの量り売りショップ。和風もあったので七味唐辛子を買いました。

でもヒルズはブランドショップというか、セレクトショップばかりで正直みるものはなかったのですが、目的はデルレイの焼き菓子「タイガー」
がこれは売りきれでピスタチオチョコの焼き菓子、一つ500円(やっぱり高い)を2つ購入。
が、、、なんとこれどこかに忘れてきました、、、しかも袋だけあるのです。本当今回紛失物多い、、、というかこのために表参道ヒルズに行ったのに!というわけで、今回のせている写真だけが残ったのでした、、、。

まさかなくしたとは露知らず、表参道をぶらぶら。
 
せっかくなので
『ラ・メゾン・ド・ショコラ』 港区北青山3−6−1 ハナヱ・モリビル 1F   でお土産を買おうとよりました。
板チョコが1200円。トリュフが一つ500円のものも、でも
本当にきれいな陳列で、優雅なキモチでかいものができます。
しかも シャンパントリュフを丸丸一つ試食にとプレゼントしてくれるのです。
私はチョコが苦手なので、自分にはかわなかったのですが、
このシャンパントリュフを食べて、びっくりです。おいしすぎます。ふわーと洋酒が香りながらも後味が実にさわやか。
マダムに大人気なのも納得しました。関西にできたらいいのに。 

この近くにはマカロンがおいしい『ピエール エルメ』もありにぎわってました。  

やっぱり釜がいいのでしょう―ピザリアニューエイジ『パン、プリン』3

3b39f78a.JPGくるみさんにお願いしたのが『ピザリア・ニューエイジ
奈良市学園大和町5-4 0742-48-4022
のパン。こちらは日曜休みなのでなかなかいけなかったのです。

天然酵母を使った店としては奈良では老舗。季節の花や果実に自生する野生酵母を自家培養することから始めるパンはすべて無添加で、アレルギーを持つ人にも安心できるよう仕上げてあるそう。
ピザを焼くのだからやっぱり釜がいいのでしょうね。
パンは本当にもちもちしてて、独特でとてもおいしいです。日本人は絶対好きな食感。
で釜がいいということはやっぱりプリンがおいしいんです。
くるみさんがパンと一緒にプリンもプレゼントしてくれました。
 

ピザリア・ニューエイジ
奈良市学園大和町5-4 0742-48-4022 9:30〜19:00 日月休 P有

パン屋さんのプリンっておいしいんです。(武庫之荘のリトルマーメイト゛さんのプリンがおいしくて紹介しましたが、ごく最近、広島のカーディーラーの方からプリンの注文のお問いあわせがきたそう。
このブログをみて、、、世の中には私と同じように、食べることに情熱をそそぐ方がいるんですね〜。

それと、学園前ならやま大通りは結構パンもおいしいおみせがおおくて
有名なアルションもですが、グーテンターク、ルジャルダンブラン、ミルフォードもおすすめです。すべてハード系が充実しているのが私好み。

奈良で一番好みかも―『パティスリー登美ヶ丘「モンブラン、プリン」』4

cfd3e112.JPG昨日のくるみさんに、以前からきになるお店としてきいていたのが『パティスリー登美ヶ丘』以前は他の名前で、前は通ったことがあり
豪邸風の瀟洒なたてもの。
正直以前はあまり味は、、、だった気がするのですが、シェフが変わったらしく、モンブランがおいしいときいてて、とっても食べてみたかったのです。
今回くるみさんが朝から買いにいってくださって、私が好きなモンブランと、プリンを2種と、夢のくみあわせ。
で味はやっぱりインスピレーションどおり、すごく好みだったのです。

モンブランクリームのほこっとした感じといい(和栗と洋栗のミックスって感じかな)、下のタルト生地のアーモンドプードルのしっとり感といい。理想をいえば中か上に渋皮栗がごろっとほしかったかな。
そしてプリンの甘さ、硬さもまさに好み。硬すぎず、やわらかすぎず。最近主流のビンいりでないところも好きです。

生駒あたりのケーキショップははかなり制覇しておいしいところは
川端風太朗とか(普通のケーキの2個分はある大きさがつらいのと、600円平均の値段が残念)
アンバトー(プリンの味はとてもおいしいのですが、ビンにはいってるのが私は残念)
などなどあるのですが、大きさ、味ともにこちらが一番好みかもしれません。
もちろん、好みはひとそれぞれなので、あくまでも私の好きな店ということで。

「パティスリー登美ヶ丘」 奈良市西登美ヶ丘5丁目4396-90

くるみさんが、本当はかってきてあげたかったといってくださったのが「イオン高の原」のケーキコーナー。
これがデパ地下のように全国的に有名な店ではなくシェフナカギリ、田むら、フロル、ヤマダなど地域の有名店が集結したコーナーがあるらしい。一つの店で一つずつとかでも購入できるセンターレジというのもアイデアだわあ。ぜひうちの近くのダイアモンドCITYもまねしてください

ブログで新しい出会い―京都『むら田「練りゴマ」』

1643dc69.JPGワンコンセプトマキノのチーズスフレを口実に前からあいたかったブロガーさんと交流をもつことができました。
ブログを通じて仲良くなった、くるみさんが、はるばる奈良から遊びにきてくれました。普段ははやく帰らなくてはいけないけど、この日は夕方までいれると。
実は私が仕事中は、つかしんにいっていただこうかと思っていたら突如仕事がなくなって、私もゆっくりしました。

家の近所のリーダーさんのミヤコフさんもおよびして、ささやかなランチを作って、ハーブTEAとで、話がもりあがるもりあがる。
初めて会ったとは思えませんでした。
彼女は私が神戸WALKERで一緒に昨年のグルメ審査委員したほいほいさんのお友達だったりして、いつのまいかコメントをいただくようになり、彼女のブログを見ると、夫の実家のすぐ近くのグルメ情報だったので、私も活用させていただいてます。
というわけで、今回のお土産も
つよしのコロッケ本舗
ピザリアニューエイジのパンとプリン(この2店は日曜休みで私はなかなか買いにいけないのです)
『パティスリー登美が丘』 のモンブランとプリン (これがめちゃくちゃ好みの味でした)

つくなり、SHOTANIに車でつれていってあげたら、こんな近くにあるのに喜んでくれました。

手軽につくったランチは、

豚肉とにんじんの生春巻き。 今回のゴマソースは祇園むら田 の練りゴマを使用。
和食で料亭の味を楽しむのもいいけど、エスニックにも使えます。ゴマ、しょうゆ、砂糖、とりスープ、酢、生姜、酢、豆板醤をお好みで混ぜるだけだけど、この練りゴマはのびがよくて作り易かったです。)

韓国春雨と水餃子のスープ

コストコのベーグルとにんじんジャム(これは農家の方のお手製で自慢のジャム)

デザートは私がSHOTANIで一おしの「黒豆和三盆」をミヤコフさんが買ってくださいました。
そしてやっぱり一番好評だったのは自家製のカモミールTEA

実は初めて会うので、どきどきしてたのですが、初めて感もすぐぶっとんで、いろいろな約束をして名残惜しくお別れしました。今後ともよろしく〜。
彼女は今はならだけど、生まれ育ちは阪神間、北摂の阪急沿線なので、これもまた食の記憶(おいしいと思ったケーキやさんとか)が似ているとおもいました。
 

うわさのマカロン―京都北白川『エキュバランス』:3

7c7a2f73.JPG我が家でのスイーツPARTYにきてくださったmomohappyさんからいただいた 京都『エキュバランス』のマカロン。
先日の神戸そごうのフェアでは最後の一つだったカフェしか買えなくてよく味がわからなかったのです。
今回ははマロンとショコラをいただくことができました。

マロンはクリームが多くて好み。マロンの味は本当にほんのり。
ショコラもしつこさがなくておいしい。
外側の生地がツルンとしてつややか、中はサックリと軽い歯ざわり、メレンゲの食感がしっかりしてあまりアーモンドプードルのねっちょり感はしません。センターのクリームも軽めで食べやすいです。

最近このお店、とみに話題になってますね。デパートなどで最近よくフェアでみかけますが本店は来た北白川。以前 オープンしたての頃にプリンを買いにいきましたが、閑静な所でした。
お店のムードもスイーツも、クラスの優等生的な、よくできたお菓子という気がします。
京都市左京区北白川東蔦町28-1 電話 075-723-4444

北白川といえば週末のみのペックルージュ 食べてみたいなあ。
北白川のケーキ屋さん、北山のパン屋さんはオープンラッシュ

スイーツなつながりとおいしいお土産3

6dbc299b.JPGせっかく、「ワンコンセプトマキノ・ル・スフレ」が届いたので
食会兼オフ会を開催。スイーツ仲間とPARTYを我が家(というか教室)で開きました。

メンバーは スイーツオーソリティの モモ・ハッピーさん 
武楽茶店の管理人で阪神NOWの尼崎コンシェルジュゆかりさん
タルトのお店 ミャムミャムのオーナーRobaさん
アロマサロンぷちあくびオーナーのあくびさん、
そして英語教室オーナーTEACHERの私。
業種も年齢もいろいろです。

我が家のお庭の自家製カモミールティーでティータイム。といってもほっこりムードではなく、この面々でどれほどの情報量か、はかりしれません。かといって知識をひけらかしたり、うんちくを語るとかではなくて、
それぞれが興味あることを質問して、答えて、、、みんなでおしゃべりマチです。
 
そしてみなさんお人柄が楽しい!食の情報交換のみならず、楽しいご家族の話なども。
さらに、おいしいお土産もたくさんいただきました。

momohappyさんからは尼崎の人気の海苔をいただきました。後日紹介したいと思います。そしてそごうのフェアで最後の一つしか買えなかった『エキュバランス』のマカロン、また手作りのお味噌も。

つかしんやダイアモンドCITYで店舗展開なさっているタルトやさん『ミャムミャム』のオーナーは実は果物屋さんの3代目。どうりでリーゾナブルなわけです。お土産にたくさんのタルトを持って来て下さいました。
  
ゆかりさんからみなさんには武庫之荘にある『クレールアンジュ』の手造り「昆布ドレッシング」。第4回・メイドインアマガサキコンペにおいてグランプリ受賞です。さっぱりとして、昆布の程良い風味でちょっと和風。お店のお料理も和洋折衷で、焼酎の品揃えが豊富です。
そして私には気になっていた西宮北口の『Sabio Cafe』で自家製くるみパンと、ベーグルを。
みるからにおいしそうなもっちりベーグル、くるみパンも、ハードとソフトの間で、香ばしくておいしい。パン屋さんでなくカフェでこんなにおいしいパンが買えるなんて、、、 これはきっとスイーツも期待できます。
西宮市田代町19-6コボリマンション北口101号 TEL/FAX 0798-65-1605

ぷちあくびさんは私がお茶のさしいれが何よりうれしいお茶のみだとご存知なので、今回はレシピエの少し変わった温州みかんの緑茶をもってきてくださいました。

う〜ん 皆さんさすがのアンテナをおもちのセレクト。
堀江のパンやさん、黒部の双子のプリン(聞くからにそそられる)などなど今度はこのレアモノを一緒にゲットしましょうとか、ライブ見に行きますとかいろいろな約束をして名残惜しく(といっても3時ごろから6時半まで話しっぱなしだったのですが)お別れしました。

キッチンの侍復活人気商品をおとりよせ―「ワンコンセプトマキノ 1cm チーズスフレ」3

マキノ
 そろそろお中元を考えるシーズン。
日持ちのする缶入りの水羊羹やプリンをもらうととてもうれしい私ですが、
スイーツ好きな方には、ちょっとびっくりするようなものを送りたいなと探していました。
とみつけたのが 八尾のオカダさんのオンラインショップ

なんと阪急百貨店の名物コーナー『1cm ワンコンセプトマキノ』で
一番行列が長かった「チーズスフレ」が購入できるではありませんか。
マキノさんのグループの中でも、オカダさんのオンラインショップだけの限定発売の様子です。
これは、ちょっと他の方とかさならない、贈り物になりそうです。
しかも冷凍なので、すぐに急いで食べなくてもいいのが、うれしい。
好きなときに少しずつ楽しめます。

上層部は焼き上げたベイクドチーズケーキ、中層部はふんわりソフトでありながらクリーミーなチーズムース。コンフチュールが、味をひきしめていて、小さいけどちゃんとケーキしています。
コンフィチュールがいい役割を果たしていて、プレーンより何か入ってるほうがおいしく感じました。
お味は、プレーン、ブルーベリー、アップル、チョコ、それぞれイタリア、フランスとチーズの産地を変えているというのがさすがのこだわりです。

8個、2,352円で、大きさから考えるとちょっと高いと感じるかもしれませんが、家でケーキやさんのケーキがいつでも楽しめるのはとても魅力的です。 
こちらのグループは関東でも話題なので、阪急百貨店に買いにいきにくい処に住んでいる人に送るのも、とても喜ばれそう。
 

オカダ



で、せっかくこのスイーツが届いたので、スイーツ仲間とPARTYを我が家(というか実家兼教室)で開きました、、、すさまじいスイーツ熱気に、遠足にいったような、心地いい、しかしぐったりの疲労感。明日はそのご報告。

渋谷でお土産ショッピング―レトロダムール「フォンダンショコラ」4

03d463ee.JPG一泊しかない東京、珍しく朝食前にお散歩に外にでました。といっても昨日築地のすし屋さんから帰ってねたのが遅く、おきたのが9時ごろだったんだけど、、。 

VIRONとマゴでパンを買って、マゴとDEAN & DELUCAのある東急東横店へ。。
しかし東京のケーキ屋さんは安い。デパ地下でも400円をこすフレッシュケーキは一つの店に一つあるかないか。ミッドタウンのトシヨロイズカでさえプリン250円だもの。
総じてカフェは高めだけど、飲み物代が高いってかんじかな。
ケーキは関西より少し小さめ、でも関東では甘くこくがあるものがこのまれるのか、この大きさで満足いきます。
最近大阪だと400円台が普通で、私がどの店でも食べたいモンブランとかになるともっと高く、大きなタルトの店とかだと945円なんてのもありました。ちょっと東京がうらやましかったりして、、。
 
本当はフレッシュケーキを買いたかったけど、関西までベビーカーと一緒にもちかえるのは不可能と焼き菓子中心に、

唯一生っぽいものとしてビンいりプリンを購入したのが
ラテール 大地のプリン 294円 これも甘さしっかり、でも私が苦手な液体に近いほどのとろとろタイプでした。

レトルダムールも ビンに入ったプリンもあったけど、フォンダンショコラ(一つで315円)にしました。これはよくある暖めると中がとろけるタイプでなく、生チョコバーと言う感じ。2センチほどのスライスですが、これ、めちゃくちゃこくがあります。殆ど生チョコ。全部食べきるのは難しいくらいまさにチョコ。
チョコが苦手といいながら、ここまで潔いとおいしい〜。日持ちもするし、一本売りをお土産にしたらおいしくてびっくりされるかも。お取り寄せもできるみたいです。

今回は買わなかったけどキャトルのウフプリン(写真)もありました。こちらは卵の殻に入ったカワイイプリン。味はごく普通のプリンだけど、面白い。以前東京からプリン友の会の会長さんがもってきてくれました。東急店では抹茶味もあった。

週代わりのイベントコーナーでー 
メゾングラスアンジュ  横浜青葉台 で フィナンシェ と ポルトガルの伝統菓子 ボルボローネ 3つ 520円。
新宿の  レサンクセンス  でフィナンシェとナッツバーを。2店ともごく普通と思ったけど、焼き菓子だけは味の判定はしにくいですね。 

和菓子では 菊のや 江戸銀座漉し餡126円を。 
甘くないものとして赤坂松葉やの湯葉豆腐
築地松露 の紀州と言う卵焼き すっぱくない梅干が入ってるのは新鮮でした。関西のだしまきと違う甘い玉子焼き、真空パックなのでお土産にいいですよ。(羽田空港にも売ってました)

東京パン事情2―『浅野屋』『VIRON』『マゴ』3

17fbfbd2.JPGミッドタウンでは軽井沢『浅野屋』のカフェベーカリーも。
看板の軽井沢レザンの他 軽井沢ブルーべリ−というオリジナルもあり 158円/100g の大きなカンパーニュ風です。
何もつけなくてもブルーべリ−のほのかな甘さだけで食べられます。
これが浅野屋さんなんだあって感激しました。よくあるドライフルーツのはいったパンのようでまったく違います。ジャムも有名なのでブルーベリー自体が山の恵みのおいしさなのでしょうね。ドライなのにフレッシュみたいな感じ。

渋谷の朝、おきてすぐ東京で一番おいしいとうわさの『VIRON』のベーカリーに。デニッシュ系よりやっぱりバゲットがおいしそうでパヴォー180円とレトロドール 160円のハード系を購入。
これがおいしいんです。見た目はそれほどかわらないけど、
看板のレトロドールはばりっとした皮にすかっとした空洞のあるフレンチパン。焼きがこいわりに味がこすぎずたべやすくて、好み〜。
バヴォーはもう少しもちっとしてますが、これも焼きがこすぎず、皮も堅すぎずでもバゲットのおいしいさを最大限にいかしています。
本当に東京一おいしいお店かもしれない。

もひとつ心引かれたのはモンブランでした。これは東京には珍しいビッグサイズで甘そう!たべたかったな。
階上のカフェのVIRONの朝食のために長い行列ができていました。

結局朝は 東急東横店の『DEUX MAGOT』のベーカリーへ。
ハード系は2日間でたっぷり買ったのでブランチに小さなクリームパンのようなネージュクレーム 126円にしましたが、このクリームが黄色いタイプでなくしろに近い生クリームが配合されたでもバニラビーンズがたっぷりの、さすがに技ありのクリームパンでした。

各店の品揃えをみていてハード系、バゲットの充実振りに大満足。
しかもたらことかバターとかついてなくて、食事にあわせやすいのがうれしい。
コンフュチュールも充実していて、ケーキと同じくハード系のパンのレベルの高さも感じました。お値段は決して高くないです。

東京パン事情『メゾンカイザー他DEAN & DELUCA』で入手編4

974c5de8.JPGDEAN & DELUCAでは東京の名店のお菓子とパンを購入。東京ミッドタウンと翌日の渋谷店にも通いました。
手に入れたパンは

pointage  「パンであることを主張しながらも素朴で、それでいてスタイリッシュなパンは、特に発酵にこだわり、少量の酵母で長時間発酵を行うことで粉の甘みが引き出されます。港区麻布十番の、人気のパン屋さんです。」
220円のレトロバゲット。かなり細めながら意外に硬すぎずパンの味がしっかり。(小さいバゲットはかりかりになることがあるけど)

一番の憧れのお店だったメゾンカイザー「パリで人気NO.1に選ばれたクロワッサンをはじめとする天然酵母を使ったパンはすべてパリから直送される材料で作られています。」147円のチャバタは油ぽさがなくてフランスパンに近く好みです。プチバゲットはさらに軽くて食べやすい。こちらで修行した人が関西にお店をだしてますが、今関西でこのまれる焼きの濃いつまったタイプなのですがカイザーはもっと一般向けで私は好きです。

e-street ベーグル 「ハンドメイドスクラッチと呼ばれる手作業から生まれるハードベーグルは噛めば噛むほどに味が出てきます。大田区南馬込から。」 ストロベリーホワイト 180円
ホワイトチョコがあたためるととけるのが面白い。でもベーグルとしてのもちもち感は感じず、おやつって感じでした。

FUJIMOTO 「アメリカ・ボストンから輸入したペトロフスキー社ソフトベーグルは添加物を一切使わないノンファット・ノンコレステロールの本場の美味しさです。」whole wheet raison 180円

これが実は毎日いろいろ日替わりでお店が変わるとのこと。義父の単身赴任のマンションが駅から徒歩5分のところなので、私が住んでたら毎朝通ってしまいます。 
関西からは奈良の『アルション』さんが販売されていて、さすがのセレクトです。

Dean & Deluca で東京スイーツ三昧―ガリュウM アレグレス シェフタケエ他5

898a8d99.JPGさてさてGW東京スイーツ大暴れの旅レポPART2です。

東京ミッドタウンに行きたかったもう一つのメーンテーマが
『Dean & Deluca』
NYにいくときもオリジナルの紅茶やパスタソース、食器、バッグなどのために、そして、NY市内名店のパン、ケーキが集まっているので必ず訪れま
す。
東京は東京でとても品揃えがいいときいて本当に楽しみにしていました。
結局大満足で、東京ミッドタウンと翌日は渋谷店にも買いにいきました。

まずKUSUMIも紅茶を。
25gで850円と高価ですが本当においしい。聖ペテルブルグは香りが強いロシアンTEAです。

それから和菓子コーナーでは禄兵衛のくずどうふ(これは滋賀のお店でした)と成城『あんや』の最中を、、、、が、このもなか、悲しいことに紛失。今回紛失物多いのです、、、買出ししすぎたかな。

焼き菓子コーナーでは 広尾アレグレスのフィナンシェが賞味期限近いと言うことで安くなっていました。
これが薄型ながら濃厚なバターの香りがして、まるでシロップにつけてるかのようにうしっとりして甘くておいしかったのです。フィナンシェってお店の力量がわかりやすいお菓子ですね。

ちょっと遠くて買いにいけないなと思っていたサロンドシェフタケエのマカロン 一つ189円 
色合い淡く上品でフィリングは「甘さ控えめ」と説明にあるとおり。生地の表面さく、中はねっちょりとあいまって完璧に近い形なのではないか(マカロンはまだまだ私も勉強中なので、断言はできないのです)、ピスタチオはねっとりが強く、紅茶のほうはねっちょりというより、クリームがたっぷり、まったり感がよくわかってこちらのほうが好みだったかな。とり寄せ可東京都調布市仙川町1-24-1仙川アベニュー 電話:03-3305-3361
ラヴィドウース 260円の紅茶マカロンはかなり大きめですが、中がクリームでなく杏ジャム。マカロンもどちらかというとダグワーズみたいで、食べやすく、これはこのお菓子としておいしいです。
リュードパッシー 目黒 680円の ムラングキャフェ
はメレンゲのお菓子。かなり甘くて、驚くほどです。
やっぱり東京は大阪より甘めで、小さめで私はうれしいかも。

ダリオルール 渋谷 300 ケークショコラ
a la bonnne heure 赤坂 ラボンヌーのチョコクッキー一袋 380円

かごにいれてレジで一括なの一つのお店で一つだけとかでも帰るのが手軽です。

それから コンフィチュールプロヴァンスで360円の苺ココナツミルクのコンフィチュール(一回分で便利)
これをつけて食べるパンもハード系をかいましたのでまたまとめてレポしますがこの支店では憧れのメゾンカイザー、麻布『pointage』 翌日の渋谷店でも FUJIMOTOとE streetのベーグルを購入しました。

そして唯一の生ケーキ、といっても持ち帰りを考えてプリンなのですが
大森の ガリュウM プリン 252円を購入。
これが一見普通の固めながら濃厚でなめらか 大きいしお値打ちだしめちゃくちゃおいしい。
都心から離れるからこんな値段なのか?味はとっても洗練されています。 2005年オープンということなのでこれからどんどん人気がでるかもしれませんね。

にしてもこれだけのスイーツやパンが手に入る『Dean & Deluca』
関西にできてほしいです。

終電に間に合う優しいBar―梅田『梅達 Umetatsu』

c9e393e6.JPG阪急茶屋町口前徒歩一分のところに、さくっとよれるバール風なお店発見。これがなんとも「優しい」お店なのです。 
インテリアはバールよりも少し和風で白と黒を基調としたスタイリッシュな感じ。外に立ち飲みとかいてあるけど、実際座ってのめるのでほっとしました。
ディナー前のアペリティフとして、または仕事を終えて休息を求めて…女性が気軽に立ち寄れる理由は 店長さんの優しい人柄が大きいと思います。気さくで、このお店も人とのつながりが感じられるから好きとおっしゃ言われているとおり、こんなモダンなのになんだか「優しい」感じがします。実際ぎりぎりまでのめて終電にまにあうというのが、なんとも優しいじゃありませんか。
店長さんは「阪急の終電と同時にざっと帰っちゃってさびしいです」とのことでした。

もうひとつ優しいのはメインとなる体にやさしい全国厳選梅酒のラインナップ。
品揃えは焼酎や泡盛、清酒、緑茶ベースのバリエに加えて、カシスや柚子、蜂蜜の香りを効かせた希少なものまで50種以上!お気軽プライスも魅力。紀州熊野の名水「富田の水」仕込みとはとことん水にこだわりっているそうです。 

梅酒達人御用達 
厳選された紀州南高梅を使い独自のブレンドで仕込みました。いやみのない甘味と酸味の調和をお試し下さい。  280円

さっぱり梅酒   320円
完熟蜂蜜梅酒   320円
ブランデー梅酒  350円
さつま芋仕込み梅酒  メイプルシロップ梅酒 

そして私のチョイスは  
にごり梅酒(氷熟無濾過) 
ついに造りました。極最小の濾過により生まれたにごり梅酒。フルーティな味わいがアルコールの苦手な女性におすすめです。  380円

アルコール結構強かったような気がします、、、なんかとってもいい気分になってしまいました。梅酒って奥深いんですね。

お茶する感覚でこれからも電車にのる前に寄れそうです。  

umetatsu  茶屋町
〒 530-0013 大阪市北区茶屋町 4-18 Tel & Fax.06-6371-3001
 

SAVVYさんやります―梅田中崎町『fait en bonbons(フェッタン・ボンボン)』 1

7e60059f.JPG神戸そごうのフェアですっかりお世話になった雑誌『SAVVY』さんですが、今月の発売日、たまたま梅田の紀伊国屋さんにいきました。
特集は梅田・北新地のごはんMAP 。
ごはんのみならず、「ケーキ買うなら、コレでしょ!」「 ワタシの寄り道カフェ」「 梅田美容パラダイス実況中継」「カメラ片手にふらっと中崎町 」といった魅力的な記事もあって買うのは必至だったのですが、
なんとキャンペーンであの『fait en bonbons フェッタン・ボンボン』のカヌレが3つ、おまけにうついている。
ラッキーです。すごく食べてみたかったのです。

以前から雑誌やクチコミで見たり、マンションの一室でやっているというのがとても面白くって興味津々だったのですが、若干、行きにくい場所。で休みが結構多いみたいでなかなかいけずにいました。
実際、すごくわかりにくいそうで、マンションのおくの部屋らしいです。

カヌレは珍しいグラム単位の販売で 100g¥360円

なんて小さくてカワイイのでしょう!ちびっこカヌレなんて初めてです。
100gでだいたい6〜7個らしい。おまけは3つ入りでした。
カヌレって結構ボリュームがあってなんか食べる機会がないのですが、この大きさならトライしやすいですね。
ちょっとコゲたような部分もあり、ちょっとふにゃっとしたかんじ、甘さは殆どなかったです。も少し甘いほうがいいな。
他にバナナココナツタルトなど焼き菓子系統が主体みたいですね。

大阪市北区中崎町西2丁目3−16 梅田ロイヤルマンション1−D号室
フェッタン ボンボン
06−6376−2550  水&第1・3火定休 12:00〜19:00

それにしてもさすがSAVVYさん、特集のみならずおまけまで気がきいてます。
私はいつもこちらから情報をしいれることが多いのですが、今回の特集も気になっていたポルトガル料理屋さんが夕方はカフェタイムでデザートのみでも楽しめるのを確認できたのがうれしい収穫でした。いきたいな。

これなつかしい−京都『キンショウドウ「蛇の目」』

5d8de289.JPG5月16日(水) → 22日(火)まで大丸梅田店にくる『樋口金松堂』さん。(もしくは「キンショウドウ」というみたいです。)
ずいぶん前に大丸京都店で期間限定でうられていたとき購入したのがクッキーというか焼き菓子「蛇の目」 レーズンが入ったクッキーみたいなそばぼうろみたいな、、、
なんか覚えがあります。でも最近めったにみない、いつ食べたんだろう、、、?
どなたか知りませんか?ぜひぜひまた食べたいなあ。食べはじめるとほっこりする優しい甘さです。
 樋口金松堂
 京都市下京区大宮通丹波口下ル大宮1丁目562番地
 電話   075-351-1034

先日リーダーさんで、スイーツ友達にいただいた伏見の『リンデンバウム』もなつかしい、ブランデーケーキとプリンでした。
 
小さい頃たべてた懐かしいケーキ屋さんのお菓子
   
小さい頃、近所にエーデルワイスの工場兼、販売所があり、ケーキの切り端をりんごの甘煮とで固めたようなお菓子がうっていたのも好きでした。
そしてその近くにあった小さなケーキ店のスワンの形のシュークリーム。昔はどこのケーキ屋さんでもありましたよね。
シュークリームも今は皮がハードでごつごつしていて、中は生クリ−ムが半分ミックスされたタイプが多いのですが、
私自身は皮が柔らかかかくて、カスタードももっとぽってりして
生クリームがはいってないタイプがすきなのですが、最近あまりみかけないなあ。 

みなさんの懐かしいお菓子ってナンですか?

夏の間にたべたいな―京都『クリケット「グレープフルーツゼリー」』4

78ba66a3.JPG東京スイーツ三昧記はまだまだ続くのですが、ここで関西のスイーツ情報で急ぎご報告の素敵なイベント。


【そごう神戸店】 SAVVYが見つけた京都と神戸おやつとちょこっとごはん
5月11日(金)-5月16日(水)

京都、神戸で、なかなか買えない名店や、それぞれは街中ではなく住宅街とかにあって、一日でまわるのはとてもじゃないけど無理というお店が、一箇所にそろうなんて、そごうさんもSAVVYさんもありがとうございますです。

デパートには入っていないようなお店がそろってて、今まで苦労していったところがよく出店なさったなあって感心しました。

京都では
ホホエミ、ルークと ヤマダベーカリ− といったこじんまりしたベーカリー
和菓子の京名物 中村軒の麦代餅 そして午前中で売り切れ必至の『今西軒』おはぎのお店ですがここのビン入りのこしあん『あんてぃーく』が絶品なのよ。
最近ケーキや天国度が増した 北白川の『エキュバランス』
一度かってみたいけど不便そうとおもってた滋賀の『風子』
洋菓子でも老舗の『村上開新堂』そして一番狙いは『クリケット』のグレープフルーツゼリーでした。 

神戸からはモリナカ あなべる といった町のケーキ屋さん以外に私が注目したのは『レストラン マツシマ』がほほ肉の煮込みのほか、チョコレートのお菓子や、中華の『杏杏』も名物の卵のあんまんといった レストランデザート。

で、大ヒットだったのがこのレストランマツシマさんの『特製チョコレートテリーヌ』 10センチほどで1260円と高めかと思いきや、すごいネットリ&こく。一センチほどでも満足です。チョコレートの高級羊羹と言う感じ。これはDINNERも期待できますね〜。 
キュイジーヌ・フランコジャポネーゼ・マツシマ
神戸市中央区山本通3-2-16 ファミールみなみビル1F
TEL:078(252)8772

京都はいくつかかいましたが、最近話題のマカロンで『エキュバランス』
ばらうりはほぼ売り切れで最後に残っていたカフェを購入。一つではわからないかな。以前買いに行きましたが、マカロン同様、そつのない、優等生的なケーキ屋さんで、だれもがおいしく感じると思います。

ほんの短い期間ですが、ぜひぜひ毎年の恒例にしてくださいね。



SAVVYが見つけた京都と神戸おやつとちょこっとごはん ―神戸『マツシマ「チョコレートテリーヌ」』他

433187e2.JPG東京スイーツ三昧記はまだまだ続くのですが、ここで関西のスイーツ情報で急ぎご報告の素敵なイベント。


【そごう神戸店】 SAVVYが見つけた京都と神戸おやつとちょこっとごはん
5月11日(金)-5月16日(水)

京都、神戸で、なかなか買えない名店や、それぞれは街中ではなく住宅街とかにあって、一日でまわるのはとてもじゃないけど無理というお店が、一箇所にそろうなんて、そごうさんもSAVVYさんもありがとうございますです。

デパートには入っていないようなお店がそろってて、今まで苦労していったところがよく出店なさったなあって感心しました。

京都では
ホホエミ、ルークと ヤマダベーカリ− といったこじんまりしたベーカリー
和菓子の京名物 中村軒の麦代餅 そして午前中で売り切れ必至の『今西軒』おはぎのお店ですがここのビン入りのこしあん『あんてぃーく』が絶品なのよ。
最近ケーキや天国度が増した 北白川の『エキュバランス』
一度かってみたいけど不便そうとおもってた滋賀の『風子』
洋菓子でも老舗の『村上開新堂』そして一番狙いは『クリケット』のグレープフルーツゼリーでした。 

神戸からはモリナカ あなべる といった町のケーキ屋さん以外に私が注目したのは『レストラン マツシマ』がほほ肉の煮込みのほか、チョコレートのお菓子や、中華の『杏杏』も名物の卵のあんまんといった レストランデザート。

で、大ヒットだったのがこのレストランマツシマさんの『特製チョコレートテリーヌ』 10センチほどで1260円と高めかと思いきや、すごいネットリ&こく。一センチほどでも満足です。チョコレートの高級羊羹と言う感じ。これはDINNERも期待できますね〜。 
キュイジーヌ・フランコジャポネーゼ・マツシマ
神戸市中央区山本通3-2-16 ファミールみなみビル1F
TEL:078(252)8772

京都はいくつかかいましたが、最近話題のマカロンで『エキュバランス』
ばらうりはほぼ売り切れで最後に残っていたカフェを購入。一つではわからないかな。以前買いに行きましたが、マカロン同様、そつのない、優等生的なケーキ屋さんで、だれもがおいしく感じると思います。

ほんの短い期間ですが、ぜひぜひ毎年の恒例にしてくださいね。

東京ミッドタウン3―トシヨロイズカ『クレームピスターシュ』3

06e6c40a.JPG築地のすし屋へいくので20時に迎えにきてもらうことになっていたので19時半にもう一度トシヨロイズカを襲撃!が、行列がなくなっています。もしかしたら売り切れ?と思いきやテイクアウトではお目当てのクレームピスターシュとクレームカラメルはあります。神様ありがとう!   

クレーム・ピスターシュ 300円はテレビ番組で絶品プリンと紹介され一番人気になった様子。
シェフお得意のピスタチオのクレーム。淡い緑色の生クリーム、ライトなオリーブ色の軽いクリーム、濃いオリーブ色の濃厚なクリームの3層。砕いたピスタチオも少々振られて食感がかわります。300円とはお手ごろですが、これはプリンというよりデセールという感じ。
と思ってHPをみてみると
「これは生クリームがたっぷり入ったリッチな配合になっています。どちからというとクレーム・ブリュレに近い配合です。ですから、非常にやわらかい、クリームのようなケーキです。ピスタチオの方も、ピスタチオの味が結構濃厚で、味はガツンと出ています。デザートのようなケーキに仕上がっていると思いますので、当店の人気商品を是非お試しください。 」とありました。

クレーム・キャラメル 250円
通常のプリンの構成ですが、かなりのこくと濃厚さにびっくりするほどです。小さめのこのサイズで十分かも。キャラメルソースは苦味が心地よい感じ。ピスタチオのほうが独自性は強いです。

それと日持ちのするチョコフレークのようなお菓子(中にクリーム)クリスティオンオバール 220円も買いました。これはチョコフレークの高級版という感じ。たぶん卵白で固めたものにクリームが入ってます。おいしいし日持ちするのでお土産に頼みましょう!

ケーキの値段もすべてリーゾナブルで、驚くほど。それにしても帰る間際にいってみてよかった。お目当てのお店のお菓子が食べられた、、もうこれだけで私の東京旅行は完結してもいいのです。(まったく観光しないの、、、?と皆さん気をつかってくださいましたが、いいんです!)

といいながらもまだまだスイーツ行脚は続きます、、、。

Toshi Yoroizuka  
フロア プラザ/1F/D

東京ミッドタウン2−『サダハルアオキ「バンブー、シューアラクレーム』4

2206a4f9.JPG今までうめだ阪急さんのバレンタイン特別販売でマカロンしかたべたことがないし、そのときのアオキさんのあまりの感じよさにファンになりました。

30分まって入ったカフェはテーブルとかちょっと小さくて優雅さはないものの、730円の紅茶は鉄瓶にたっぷり3倍分。ケーキも東京のケーキの値段を変えたといわれるお店ですが、シュアラクレームは400円、他も700円くらいと NOKAチョコレートを見た後だけに十分納得できました。

看板ときいてたので決めていた『バンブー Bamboo【opera au the vert】』750円 
抹茶とチョコの組み合わせって、珍しいですよね。抹茶のオペラといったところでしょうか。四角く長い抹茶色のケーキで、断面は層に、上には渋いパウダーも。
やっぱりおいしいんです。抹茶のスポンジとチョコレートと抹茶のクリームが2回繰り返すように積み重ねられています。抹茶もチョコも実はそれほど好きではないのですが、バランスと、しっとり感(ソースが染み出るほど)が素晴らしい。かなり甘いの一つで大満足です。東京のケーキ全般 関西より甘いように感じました。その分少し小さめで私としてはこの甘さが好みですがあまいのが苦手な人はきついかも。

それとやっぱり私は大好きなカスタードの味を知りたくて
シュー ア ラ クレーム Choux a la crème 400円
これがまたものすごい好みです。卵黄をたっぷり使った黄色いカスタード。
生クリームぽいのより、こういう卵卵したカスタードが好きなのですが、関西では最近食べてないような気がします。このカスタードクリームがあふれんばかり。シューはクッキーシューでそれだけでおいしい。シュークリームが明らかに他のお店と違うってすごいことです。
 
やっぱり焼き菓子だけでなくフレッシュケーキをたべないとわからないものだなあってつくずく思い知りました。
 patisserie Sadaharu AOKI paris 東京ミッドタウン店 (パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)  港区赤坂9−7−3 東京ミッドタウン ガレリア B1F  03-5413-7112 

こちらも食べ終わる7時前にはもう行列はなくなっていました。休日のミッドタウンは6時以降はすいていていいかもしれないですよ。

ミッドタウンには昨日と本日ご紹介の他芦屋タカトラなどもあります。
livedoor プロフィール
Categories
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
記事検索
  • ライブドアブログ