テレビメディア出演多数。英語教室といあわせ 来店取材 スイーツプロデュース 出演依頼は コメントまで 



インスタグラム https://www.instagram.com/yukienglish/


ファイスブック https://www.facebook.com/YukiNoSweetsDiary/ 


;living.jp 地域特派員レポート続々アップしています  生活を 気持ちを豊かにする! おすすめ情報サイト mybest  Yuki といえば プリン!でしょうと  

スイーツコンシェルジュ がリピ買いする全国のお取り寄せプリン10選』

私が、繰り返しお取り寄せする全国の美味しいおすすめプリンをご紹介します ブログではスイーツをご紹介していますが 本業は 英語教室を20年経営しています。


 キッズクラスもありますがメイン層は大人 

アラフォーから70代の方は 旅行のときに英語を話せるようになりたいかたとか 資格試験にトライしたいかたとか
モチベーションは様々 


 子供ならがむしゃらに話す 聞く で身につくけれど 大人は 系統だてて 無駄をはぶいて ルールを覚えて学ぶことも大事  

かといってルールばかり考えて ややこしくしてしまうと まったく英語話せるようにはなりません   


YUKI英語教室では実際に使いながら 文法学習のメソッドや  英語学習のテクニックをお伝えするようにしています



DSC_0672



























  最後の1ページまで読み終わったら絶対に英語を話せるようになる! 新しいタイプの英語学習本『英語 唯一のルール』

 こちらを asagakeで体験させていただきました


 6月19日に発売開始した『英語 唯一のルール』 ジェイ・リース著


 “日本人が英語を話すことに苦戦するのは、英語を日本語と同じように使用しようとしているからである”  
20年間、日米企業の間をコンサルタントとして取り持ってきた著者ジェイ・リースは、シンプルに一つのルールに焦点を当てることで、すべての日本人が英語を話せるようになることに気付きました。

『英語唯一のルール』に英語を教える箇所はひとつもありません。
しかし、日本人がすぐにでも英語を話せるようになるために必要な近道が「自分に対する自信に注目することにある」と、丁寧且つユーモアたっぷりに語っています。 


 【本書目次】
 第1章 英語ができなくてもOK!? 一味違う英語の本登場  
第2章 僕を「真実の発見」に導いてくれたユニークな出来事たち
 第3章 英語習得への足かせは、実は日本文化 
 第4章 日本語と英語の「比較」
 第5章 アメリカ英語の文化  
第6章 英語を話すときは、ボキャブラリーより「自信」が大事!
 第7章 大切なのは、英語を学ぶためのモチベーション 
第8章 さぁ、自分だけの英語を見つける旅に出掛けよう!   




英語学習を諦めてしまった方や、なかなか自分に合った英語学習法が見つからない方にぜひ読んでほしい本です。  Amazonでの購入先リンク https://www.amazon.co.jp/dp/4802096453 


本書の著者ジェイ・リースが本の宣伝のために出演しているラジオ番組のリンク https://youtu.be/VPESzM6SIZ4   https://www.bunkaiwa.com/book  








DSC_0653




























外国のかたが 見た日本人の学習で 日本人の多くは 英語を学ばなくてはならないというプレッシャーを感じすぎと


 私は 英語を学ぶというよりも 英語を使えるようになるほうがいいとは思います 

でも著者と同じく プレッシャーを感じるから英語学習がきつくつらいものになってしまうんだろうなとも思います

 もっと気軽に いつのまにか使えるようになった そのためのキーを知ってほしいです

そして 今回こちらの本を読んで

 こちらは みなさんが思っているような 英語学習 テキストではありません
 英語を学ぶマインドに関する レポート
 学会で発表するような感じで 言い回しもかなり難しい 

なのでこれを読んだからといって学習になるわけではありません


 In individual cultures...speaking one's mind is a virttue. 

(アメリカのような)個人主義的な文化の中では率直に意見を述べることは美徳である。 一

方日本人は個人主義ではないので意見をのべにくいという文化である


という内容のことなど 読んでいるうちに 日本人とアメリカ人はこういうふうにマインドが違うんだな〜って 納得するところがあり英語に さらに興味がわくような本でした 



DSC_0654



























かいてある英語も 学習用テキストではないので 簡単ではないです  

どちらかというと指導者とか 学習として英語を学びたい人が そのメソッドやマインドを論理的に知りたい よんでみたいひとにおすすめです。 

 英語教室なので英語本も読んでみよかと思ったけれど 論文的で難しい、、、

それでもうちは男性の生徒さん サラリーマンが多いのでこういう論理的な説明も必要かも 


 というわけですが  ずっと一緒に読んでいたうちの英語教室の生徒さんとも なにか今日の学習にいかしたいねと きにったところが 焼き鳥屋さんのオーダー

 こちらをもとに 焼き鳥屋さんでの 英会話を速攻でつくり  楽しい 英会話レッスンとなりました  


つくねください 
 タレですか 塩ですか? 
タレでください
 つくね注文したい でも軟骨ははいっていますか?
 少々お待ち下さい 確認します


 何が正解というわけでもないのでどういえばつたわるか  生徒さんそれぞれにオーダーしてもらい そのあと、

ネギマと鳥スープくれ
 とか 

レバー2本としめに親子丼くれ

 などうちの英語教室ではどんどんワードを増やして その日のレッスンにしました


 生徒さんからいただいた東京みやげのモナカが もうおいしくておいしくて、、

、 あの 小ざさ ! DSC_0107 https://www.ozasa.co.jp/  






















吉祥寺で夜明け前から行列ができる羊羹で
有名ですが モナカは午後とかでも購入できるそうです。

 そして羊羹は店頭のみですがモナカは 通販あり  

「原料本来の特色を生かし、砂糖の甘味をならす、言い方をかえますと、丸い味とすることが、和生菓子を創る上の、究極の奥義かと信じます。最中としての、味の品位もそこから生まれるように思います。大げさな言い方でございますが、心を打ち込んで製造致しております。 本品程度に材料を充分に使用しますと、ねっとりとなりやすく、ものの生気がなくなります。これをみずみずしい状態とするには、技術上簡単ではなく最も苦心した中のひとつでございます。みずみずしさは、煉の不足や邪道によってではなく、その時の気候や天候など予測し、細心の注意を払って製造致しております。 ぜひご賞味くださいますよう、お願い申しあげます。」


 とにかくこだわっていて安心できるということです


DSC_0109













食べてびっくりな美味しさ! 最中の形はちょっと変わっていて、中国に伝わる千年もつ「霊芝(れいし)」というキノコの形。  

小ざさの最中も霊芝のように長く愛されるようにという意味が込められています

 味は小豆あんと白あんの2種類。  

皮の間からあんこが見えるほどたっぷりと入っています。  

あんこはわりと水分が多めでとてもねっとり かつつぶあんなのが好み!

 白あんも好きなのでめずらしいしうれしい。 甘すぎ無いと聞いていましたが 私はいまどき珍しい きっちり甘さをだした味が これが好みでとても気に入りました。 最中の皮はとても繊細で この皮だけでもおいしいほど 餡としっとりあわさります。  
東京一おいしいモナカかも!