Yuki の Sweets Diary

 YUKI英語教室 英語教室オーナーで、好きな英語と、甘いものを楽しむ毎日です。 コラムやスイーツの企画など、スイーツコーディネーターのお仕事も承ります。englishyuki@gmail.com まで  YUKI英語教室

facebook http://www.facebook.com/YukiNoSweetsDiary?skip_nax_wizard=true#!/YukiNoSweetsDiary インスタグラム アップ中! https://www.instagram.com/yukienglish/
お菓子・デザート ブログランキングへ

ゴールドコースト2009KIDSとの旅

ゴールドコーストKIDSとの旅10―Kids Clubもミセスフィールズもまたいつか〜

パシフィックフェアからタクシーで戻り(大荷物ですから、、、)6時半からのKIDsクラブに姪とボーイを送りました。
これで最後だしこの日はCARNIVALとわかっていたので二人とも楽しみにしていました。
BODY PAINTINGしてくれるので 「butterfly とspiderよ」と覚えさせてお迎えにいくと こんなかわいく
カーニバルはどんなんやった?ときくと、一人10枚券をもらってゲームをしたりお菓子をかったり、、、10歳以上のお兄ちゃんたちがお店をしてるのだそう

最後にボーイは一番先頭になってお別れのお菓子をもらってこの積極性!
しかもちゃんと現地の人には Thank you!
今回はキッズクラブが本当に楽しかったみたいですが
とはいえ姪の話では毎回 途中 「ママがいない〜!」とないていたそうです。姪もボーイと一緒だから楽しかったみたい 

預けてる間に 荷物をパッキング 今回は余裕です
免税品は化粧品は液体扱いなのでかならずスーツケースの中に ほかのものは手荷物にしなくてはいけません。

この日はやはり一度はたべたい日本食(って翌日帰るんだけど)
ホテルのスタッフに月曜は揚げ物ナイトで半額ときいていた 「嵯峨野」を予約していました

がここでも大雨で寒かった〜 
私はしゃぶしゃぶ食べ放題 25ドルなので温まったけど
でも超オージービーフでまっかな赤身ですが、、、


ワイン一本 揚げ物数種
しゃぶしゃぶ食べ放題2人分(ほかの人はつまんではいけない)
すし盛り合わせ いくら丼などで 120ドル程度でした

今回の毎晩 夕食は 100ドル〜120ドルですが(1Aドル 90円程度)
うちの家族は老人2人 子供2人に姉と私なのでかなり量が少ないから普通はもう少しかかるとおもいます。でもお酒は飲むのでワインなどが安いのはうれしかったわ。
朝食は一度パンケーキやさんにいっただけであとはアブサンテで買ったりもらったししたパンで滞在中すんでしまいました。
昼もおなかがすいたひとはカフェでサラダをたべる程度、、、
なんだか若いころの家族旅行と違って両親も姉も小食になったな〜って思います。

レストランからの帰りのタクシー
カーナビでホテルの場所を確認してるので
「実はここからまっすぐ歩いても5分程度なんだけど 雨だし夜おそいからよんだんです。近くてごめんね」といったら
「ああ、そうなのか。知らなくてごめんね」と到着したら10ドル50セントだったのに「これはいいよ」と50セント返してくれました。
総じてタクシーは感じよかったです。
動物園が一番長距離でしたが、感じのいいハンサムな人で
「日本は新政権になったけど変化は感じる?」などなどくわしい
それでいて商売気がなく「帰る日のタクシーお願いできる?」ときいたら「ごめん 火曜日はホリデイだ」って

ホテルにもどり翌朝6時 wake up callを頼みねました
 
最終日の朝 6時起床から暑い、、、この日なら泳げたのにな、、
タクシーを7時15分に手配して8時 空港到着  チェックインにかなり並んだので早めに手配してよかったです。

出国して空港内で最後のA$を使い切ろうとお菓子などを買いました。
残った小銭は飛行機のなかで最後に世界の子供達への寄付を集めにきたので渡して終わり。
今度はいつオーストラリアにこれるかな〜

帰りは昼間のフライトなのでひまでした
10時05分のJQ20便  
私の持ち込みブランチは昨日買ったミセスフィールズのマフィンとクッキーをボーイとわけました。それにしてもここのクッキー ふにゃっとした感じがたまらなく好きだわ、、、



こんなcelebrate クッキーもお店にありました。
日本にも昔はあったんですよね 復活してほしいな
abusanDSCN6863.jpg
こちらはコールドスタインベーカリーの誕生日ケーキ ちょっと甘そう〜

母達の機内食にミートパイがでたのでもってかえって晩御飯にしました ちょっと香辛料がきいてるので私は好きだけど男性は苦手みたい
オーストラリアではまハンバーガーよりポピュラーといわれる国民食です



帰る日にはさすがにつかれてきた姪 最後にはボーイとけんかでしたが
本当に今回よく面倒みてくれました。そして姉が長年 旅行会社で働いてくれているおかげで私達もその特典を利用させてもらえて 親子ともどもに感謝です。

今回の旅 ボーイもとっても楽しかったのですぐ「飛行機のってホテルいく〜」と言っていました。
そして何が一番楽しかった?ときくと「カンガルーがかわいかった」と

私も動物園ののどかな時間がごちそうでした そして地元のアリシアさんやジェームスくんとのふれあいが楽しかったな

食べるものはどれもはずれはなくて
到着日の ザネットズ・ジェラーティ
Zanette's Gelatiのジェラートと シロッコのイタリアンDINNER

土曜日のチェンマイタイのDINNER

日曜日の父が買ってくれていたパラダイスリゾートホテルのマカデミアナッツのケーキ

最終日にゲットした大好きなミセスフィールズのクッキーとおいしいもの沢山なまいにちでした。

ゴールドコーストKIDSとの旅9−パシフィックフェアでショッピング3

月曜日 はやくも旅をたのしめるのは最終日です
せめて一度くらい、、、と姪とボーイと朝 プールにはいりましたが

寒い、、、私ジャグジーから出られませんでした
白人や姪は泳いでるんだけど、、、絶対体感温度が違うんだわ


姉と姪とボーイはシーワールドへ。
この日は父も買い物したいとのことなので、両親と私は昨日いったパシフィックフェアにバスでいきました。

バスは2ドル40セント。到着するなり昨日目をつけていたお人形を買いに
もうめちゃくちゃ好みです。25ドル程度でしたが、足のてんとうむしがわが家にある人形とそっくりなのもいいし、、、鳥の口がちゅ〜ってなってるのがうちのボーイにそっくりだ、、、と
悩みに悩んでたら父が二つとも買ってくれました

それからインフォメーションでクーポンをもらいました

Kマートでやっと買いたかったキッチングッズやクリスマスの菓子
母は土産のTIM TAMチョコを買いました


そして食料品を買いに コールズへ
このショッピングモール ずっとスーパーのカートを借りてうごけるのでとても助かりました 外国のビニールってすぐやぶけちゃうんですよね
TWININGの日本にはないフレーバーの紅茶などを買って買い物熱は終了!十分満足しました。 
それからまちあわせまでORGANIC自然食品の店 Quatre Saison
でバゲットを買ったりしていましたこちらもクーポンで一割引

2時半に姉達とコールズでまちあわせていたけど
3時半にやってきました。まあボーイをつれていってもらってたからね、、

おなかすいた〜とのことで一階のミセスフィールズのカフェへ
アメリカにいったら必ず買いますが
私ここのクッキー 世界一だと信じています。
マフィンとクッキーを翌日の機内もちこみように購入 
そこではブラウニーとカプチーノをオーダー

すべてクーポンがあれば ひとつかえばひとつ無料なんです。
カプチーノ 4杯 ブラウニー2個 クッキー2個(本当大きいですよ)マフィン2個でで14ドルくらいでした

姪と姉と両親はカフェにすわってもらって 姉と姪と走って2階のアイスクリーム Newzealand Natural こちらもダブルを買えばひとつダブルがもらえました でもすごくクーポンがないとうるさくかった
姪のクッキー&クリームとチョコ
私はラムレーズンとバニラにしました。やっぱり乳製品おいしいな

一時間姉と姪が買い物するから私だけまつということにしていたけど、両親とボーイもせっかくなら一緒に帰ろうと一時間のんびりしました。
と学校帰りの制服きた男の子が お寿司をたべています。
お醤油つけてそれはおいしそうにサーモンロールを

母が Do you like Sushi?
と声をかけると Very much!
と答え楽しくお話したのは13歳のジェームス君 
お父さんがスーパーで買い物してる間 ひとりお寿司をかってもらったそうで、醤油のつけかたとかまるで日本人のおとなみたい
でも顔は子供でかわいい 学年で一番背が高いそうです。
僕の名前はジェームスです と少しだけ日本語を話してもらえたのは毎週火曜日に日本語の授業があり
10年生になったら学校全員、東京にいくそうです。「僕の学校は私学だから公立はよくしらないけど、、、」と
10分ほどだけど楽しくおしゃべりして 写真とってばいばい〜
すごく素敵な時間でした。

5時前に姪をひきとって姉は8時まで残ったけど6時にはほとんどのお店がしまってしまったそうです。

ゴールドコーストKIDSとの旅8−土ボタルツアーに参加5

ホテルにむかえにきてくださった土ボタルツアー
JPT Tours
運転手兼 ガイドのブルースさんは日本語ぺらぺら  
今回 本当珍しくオプションに参加してまでも(って研修という名目も利用できたんですが)みたかった
世界8大不思議とまで言われている土ボタル。
英語で「Glow Worm」と呼ばれ、ホタル科の甲虫ではなく、キノコバエ科のヒカリキノコバエの幼虫。みみずみたいなかんじらしい。
本家の輝きにも優るほど、神秘的な美しさとのこと。

バスで一時間ほど(すごいスピード)で世界遺産ナチュラルブリッジ国立公園到着
世界でも貴重なレインフォレストへ

これって意外なほどハードな夜のハイキングでした、、、
最初に懐中電灯をかしてくれるんですがそれがなかったら本当に真っ暗闇
 結構怖い、、、30分ほど山道をのぼりおりして途中ブルースさんが 木や動物のことをくわしく説明してくださるのですが ハードで頭にはいらないくらい

土ボタルのいる洞窟と滝について中はもちろん真っ暗
保護のためにさまざまな注意事項があります

仝学の際は光を当てないで下さい!
大きな音を立てないで下さい!
E撻椒織襪膨樟椰┐譴燭蠅靴覆い撚爾気ぁ 

見学の際はマナーを守り、美しい自然の神秘を大切に、、、

やっと目にした土ボタルの光はおもっていたよりよわよわしかったけど
自然のすばらしさと、ボーイとばあばがあのハイキングよくがんばったわということに感激した私でした。

帰り大雨がふってきて(傘がなくても森なので意外に大丈夫 さすがに最後は走らなくていけなくて ほかに日本の旅行会社の男性が一人で参加なさっていた方 ボーイをだっこして山を走って上ってくださいました)
hotaruDSCN6867.jpg
それからバスで夕食へ 地元のリッチなゴルフコース内のレストランを利用して なかなかゴージャスでおいしかったのですが
アウトサイドで食べたのでかなり寒かった(びしょぬれだったし)
ステーキ 白身魚 ベジタリアンパスタなどえらベましたが
私はベジタリアンパスタ これがおいしい〜 オーストラリアはイタリアンおいしいんですよね 極太のタリアテッレに削りたてのパルミジャーノ、、、
そしてデザートのアイスも 母が「新幹線のアイスみたい!」と声をあげたくらいクリーミーでした。

ホテルにもどったのが9時半ごろ
残念ながら楽しみにしていた星は雨でみれなかったけど
なんかいきがいがあったツアーでした。

ホテルでは父が一人留守番
もう70代後半なので朝のマッドクラブ釣りで疲れるだろうと最初から予約しませんでした(母もいかないといっていたのに、、、いえそもそもオーストラリアにいかないといっていたのに「当然土ボタルいくよ」と行きの飛行機でいったので到着後すぐ追加しました 
しかもこれからも旅行いくよって) 父は一人の休憩タイムですっかりリフレッシュして今回本当機嫌も体調もよかったみたいです。
私達のために パラダイスリゾートホテルのケーキショップのケーキを買ってくれていました。(なかなかおしゃれ)
姪と私とボーイでたべたのですが めちゃくちゃおいしい!
今回の一番 ヒットかも、、、paraidwDSCN6872.jpg
チョコケーキとマカデミアナッツのケーキ ナッツのほうのジェノワーズが超しっとり、、、
マカデミアナッツ おいしいと思ったら原産国ってオーストラリアなんですね どうりで朝のカラーラマーケットのナッツもおいしかったはずです。

ゴールドコーストKIDSとの旅8−土ボタルツアーに参加5

ホテルにむかえにきてくださった土ボタルツアー
JPT Tours
運転手兼 ガイドのブルースさんは日本語ぺらぺら  
今回 本当珍しくオプションに参加してまでも(って研修という名目も利用できたんですが)みたかった
世界8大不思議とまで言われている土ボタル。
英語で「Glow Worm」と呼ばれ、ホタル科の甲虫ではなく、キノコバエ科のヒカリキノコバエの幼虫。みみずみたいなかんじらしい。
本家の輝きにも優るほど、神秘的な美しさとのこと。

バスで一時間ほど(すごいスピード)で世界遺産ナチュラルブリッジ国立公園到着
世界でも貴重なレインフォレストへ

これって意外なほどハードな夜のハイキングでした、、、
最初に懐中電灯をかしてくれるんですがそれがなかったら本当に真っ暗闇
 結構怖い、、、30分ほど山道をのぼりおりして途中ブルースさんが 木や動物のことをくわしく説明してくださるのですが ハードで頭にはいらないくらい

土ボタルのいる洞窟と滝について中はもちろん真っ暗
保護のためにさまざまな注意事項があります

仝学の際は光を当てないで下さい!
大きな音を立てないで下さい!
E撻椒織襪膨樟椰┐譴燭蠅靴覆い撚爾気ぁ 

見学の際はマナーを守り、美しい自然の神秘を大切に、、、

やっと目にした土ボタルの光はおもっていたよりよわよわしかったけど
自然のすばらしさと、ボーイとばあばがあのハイキングよくがんばったわということに感激した私でした。

帰り大雨がふってきて(傘がなくても森なので意外に大丈夫 さすがに最後は走らなくていけなくて ほかに日本の旅行会社の男性が一人で参加なさっていた方 ボーイをだっこして山を走って上ってくださいました)


それからバスで夕食へ 地元のリッチなゴルフコース内のレストランを利用して なかなかゴージャスでおいしかったのですが
アウトサイドで食べたのでかなり寒かった(びしょぬれだったし)
ステーキ 白身魚 ベジタリアンパスタなどえらベましたが
私はベジタリアンパスタ これがおいしい〜 オーストラリアはイタリアンおいしいんですよね 極太のタリアテッレに削りたてのパルミジャーノ、、、
そしてデザートのアイスも 母が「新幹線のアイスみたい!」と声をあげたくらいクリーミーでした。


ホテルにもどったのが9時半ごろ
残念ながら楽しみにしていた星は雨でみれなかったけど
なんかいきがいがあったツアーでした。

ホテルでは父が一人留守番
もう70代後半なので朝のマッドクラブ釣りで疲れるだろうと最初から予約しませんでした(母もいかないといっていたのに、、、いえそもそもオーストラリアにいかないといっていたのに「当然土ボタルいくよ」と行きの飛行機でいったので到着後すぐ追加しました 
しかもこれからも旅行いくよって) 父は一人の休憩タイムですっかりリフレッシュして今回本当機嫌も体調もよかったみたいです。
私達のために パラダイスリゾートホテルのケーキショップのケーキを買ってくれていました。(なかなかおしゃれ)
姪と私とボーイでたべたのですが めちゃくちゃおいしい!
今回の一番 ヒットかも
チョコケーキとマカデミアナッツのケーキ ナッツのほうのジェノワーズが超しっとり、、、
マカデミアナッツ おいしいと思ったら原産国ってオーストラリアなんですね どうりで朝のカラーラマーケットのナッツもおいしかったはずです。

ゴールドコーストKIDSとの旅7−つかの間のショッピングで地元ベーカリー

一時半からのKIDS CLUBの間 女性3人2時間で行って帰ってこようとバスにのってオーストラリアで最大級の規模を誇るショッピングセンター パシフィックフェアー
サーファーズパラダイスの南、ブロードビーチの近くに位置しています。

デパート「マイヤー」やスーパー「Kマート」「コールズ」など大型店からみやげ物店、病院・薬局、銀行、映画館に至るまで、ありとあらゆる店舗がそろい、地元の住民でにぎわっています
ハワイのアラモアナにちょっとにてるけどここでも日本の人には会いませんでした

この日はざっと下見  

まずデパートのマイヤーで英語教室の教材に絵本や塗り絵を購入 
Boost Juice Bar でボーイと姪にと買ったスーベニアつきのスムージー  かわいいカップはそのあとつかえました 




本当はいってすぐホテルに引き換えをおいてあったクーポンをインフォメーションでもらうべきでした。ジュースやさんや翌日の買い物もすべて一割引だったり無料のアイスもらえたり、、、(翌日は利用できました)

もう一店 オーストラリアに行く前からおめあてにしていたベーカリー
Goldsteins bakery こちらのフェアには2店と ファーストフードコーナーにイートインできる店がありました




本当はミートパイが有名なんですがスイーツを購入しました
やっぱり一度はたべたい 外国のチーズケーキ
今回はチョコとカラメルにしました  
ホテルに帰ってすぐ キッズクラブからピックしてきたボーイや姪とたべましたが甘さが意外にひかえめでたべやすかったです

kidsclubでこちらのグミももらったみたいですが
ベビーの形なんです!
気に入って買ってかえりましたよ。 



姉と母はビールタイムをして
5時半にホテルに迎えにきてもらったのが土ボタルツアー
楽しみにしていました〜

ゴールドコーストKIDSとの旅6−マッドクラブ釣りとフリーマーケットと

日曜の朝8時にマッドクラブ釣りツアーに参加したのは
姉 姪 そして釣り好きなじいじ。

つりたてのかにのランチをたべて帰ってきた一行は、私が無類のかに好きとしっているので 口々に「YUKIがくればよかったのに〜 すごかったよ〜。」

実は旅行会社の研修として私も参加できたのですが、活動的なのは苦手〜
ということで ばあば、ボーイと フリーマーケットへ
一時間に一本 主要ホテルから一ドルでバスがでています
土日のみ7時〜16時行われるゴールドコースト最大規模のカラーラマーケット。500を超える小さな露天が建ち並びます。実は10年前にゴールドコーストにきたときにも行ったんですがこんなに広かったかなあ

洋服、アクセサリー、おみやげ、ペット、ガーデニング、靴、下着、本、などなど何種類もの多種多様なお店が出ていてポニーにものれたりします。
食品やカフェ、レストランなどもあります。 
母が買った3袋 5ドルのマカデミアナッツがヒットでどこよりもやすかったなあ。




私はブランチにこんなかわいいカップケーキ かなり甘かったですが、、、

次のバスまで一時間のあいだに大急ぎでかったものは、、、
プールで使うべく浮き輪代わりにハンドルつきのボート これはのちのちおもちゃとしても活躍 うちのボーイはカーマニアなのでまいにちハンドルをにぎりたいらしいんです 自分にはクリスマスグッズを テーブルライナーやクロス やはり絵が西洋的でかわいい!
クリスマスカードは20枚もあるのに2ドル

もっとみたかったなあ〜

そしてホテルにもどったらマッドクラブ参加者もかえってきました。

この日はKIDSクラブ、昼の部に預けることにしていたので(夜は土ボたるのツアーに申し込み済み)
姪たちを送っていきました。
姪によると昼のクラブは結構英語がいるので難しいと。しかもあまりおやつがもらえないらしい。
なので翌日は希望の夜のクラブを予約しました。

ゴールドコーストKIDSとの旅5−地元で人気のベーカリーとタイ料理5

ガランビンでタクシーをよんでもらいサーファーズパラダイスへ。 
また女性陣はDFSへお買い物へ。
じいじと孫2人はホテルへもどりました。姪がプールで泳ぐのをボーイとじいじが見学し夕方、予約していたKIDsクラブへつれていったら、私の予約レシートが必要で ちょうどその時間に帰ったのでロビーで会えてよかった〜

2時間ほどは女性だけでお買い物タイムをたのしみました。
今回は私はブランドモードでなかったので、母と姉が買い物してる間 ウールワースで飲み物やお菓子をかいました。
どのスーパーも6時に閉店なんでかっておいてよかった。 

どうしても ホテルのセールススタッフ
アリシアさんおすすめのお店でケーキが買いたいので行きました!



サークル・オン・カビル CIRCLE ON CAVILL という上品なショッピングモールにある「ABSYNTHE」です。同じビルにあるフレンチレストラン「ABSYNTHE]アブサンテのベーカリーショップなんで、パンもケーキもおいしいはずですね


姉は好物のチョコケーキ 4.5ドル(姉は普段すすんではケーキはたべないのですがチョコは大好きなんです)私はプロフィットロール 2.5ドル 母はココナッツのケーキ。
そして翌朝はやく マッドクラブ釣りにいくメンバーがいるので、朝食用にパンを買ったら びっくりするほど大きなパンをサービスにくれました。 

ホテルにもどり ボーイと姪をキッズクラブに送り届けて この日は8時半までクラブ。そのあと晩御飯を予約していたので 女性3人でケーキタイムしました。どれも大きいけど甘さ控えめで食べやすかったです。

父はプールサイドでポリネシアンダンのショーをみにいきました。ライブが大好きな父なのでとてもよろこんでました。
今回、本当に両親が寸前まで体力的に自信がないから行かない!といやがっていたこの旅行。
休憩しながらリラックスして楽しんでくれてよかった、、、
それに孫達との旅なんて 本当にみんなに貴重ないい時間をすごせたとおもいます。

8時半にキッズを迎えにいきました
なんとアイスクリームと、ゲームに勝つたびにキャンデーをもらって御菓子三昧だったそう。 


2度目の夕食は ホテルスタッフに聞いた 地元で超人気のタイ料理レストラン 
滞在したパラダイスリゾートは繁華街から10分くらい離れているのですがそのすぐ近くなんです。

『チェンマイ タイ』
実はいろんな人が「ここはゴールドコーストで一番のタイ料理 そして一番混んでるよ」って教えてくれました
確かに9時前にいったのにローカルの人ばかりでいっぱい。

クラウンタワーズリゾート内 TEL:  07-5526-8891(支店あり)

子供用の椅子も用意してくれて辛さをアレンジしてくれました。
予約のときにBYO( bring your own アルコール類もちこみ可能)を確かめていたのであらかじめボトルショップでワインを2本調達 一人2ドル50セントの持ち込み代です。

赤ワインとスパークリングワインとともにたべたのは

あげ春巻き(父の一番の好物 ほとんど一皿自分でたべてしまうほど)
バッタイ(甘いソースのやきそば)甘くておいしい こどもたちも大歓迎
エビフライのココナッツマヨネーズソース(海老マヨよりさらにこくがあってGOOD)
グリーンカリー




量が多いからシェアしてねとお店の方がいってくださったとおり十分な量 ワイン持込で100ドル程度でした。

本当においしい!私タイ料理って好きでも嫌いでもなんですが
このお店はまた行きたいって思いました 何をたべてもはずれなし 特にシーフードがおいしかったかな〜 
そして客層がいいんです

隣の席も3世代の赤ちゃんつれだったこともあり
うちの姪とボーイが10時閉店なので随分すいた店内で二人のブームのニャフラックを歌い踊ったら(猫とあひるが力をあわせて〜のところを自分達の名前にして、自分達でふりつけしてました)
そのご家族、ものすごい拍手してくださいました



今回 ボーイと姪は本当に仲良し
姪もボーイとならKIDsクラブもいくといって おんぶして面倒みてくれました。
タイ料理の夜も二人が一緒にねるとおお張り切り
 大人たちが眠れないほど張り切って歌ったり踊ったり
姪も小学校と習いごとに忙しいので 普段話す間がないのですが
こんな張り切ってる元気な姿久しぶりにみました。
私が部屋から逃げるとボーイがおっかけてくるので、姪とボーイと3人で一緒にねました。

二人が思いっきり遊んでる間に たべたこの日のデザートは
スーパーで買ってきたネスレのダイエットプリン
2つで2ドル50セント程度
70キロカロリーなんだけど 甘い、、、というか激甘のプッチンプリンぽいかんじです これはこれでいいかもね 

ゴールドコーストKIDSとの旅4−お約束のパンケーキと動物園3

3日目の朝、本日は土曜日です

9時から30分間、親がついていればキッズルームで遊んでいいので、カートにのり、金髪の子供達と遊びました。 
その間母はランドリーへ
今回、母が洗濯係をかってでてくれて助かりました 。



そしてビーチで写真をとって遊びました。この日は快晴! 毎晩夜は大雨でしたが、、、
 
海外にでるとなんとなく朝食にパンケーキをたべる習慣がある私達。ホットケーキは重いけどパンケーキすきなんです。
ハワイではかならず Eggsnthingsエッグスン・シングスなんですが オーストラリアではPancakes in Paradise サーファーズの中心地から歩いて5分ほど。入り口の大きなパンケーキにみんな大笑い 
住所:Cnr Gold Coast Hwy & Clifford St, Surfers Paradise QLD 4217
電話番号:(07) 5592 0330




 
5ドル程度からアリスインワンダーランドなどがあります。(チョコとアイスがのってる)追加だと一枚2ドルでプレーンがつきます
シロップはテーブルですきなだけかけるのでシンプルなものを頼んだほうがおいしさがよくわかるかも。3品を大人4人と子供2人でわけました。
そしてやはりここでもカプチーノがおいしい これも乳製品がおいしいのかな。<
それからバンを拾って、カランビン野鳥園へ
なぜか野鳥園と名がついてますが
Currumbin Wildlife Sanctuary 英文だとこうなるわけで鳥だけじゃないんです!

ワニ、コアラの抱っこ、カンガルーの餌付け…とても広い園内ですが無料の電車を利用して楽に周れます。オーストラリアはこういった動物園やアトラクション、値段がたかいけど保護するのにもお金がかかるんでしょうね
たいて大人 40ドル以上ですがシニアと子供料金の設定はあります

ボーイはここでカンガルーやワラビーにえさをあげたのが一番楽しかったそうです。ここでも知らない親切なオーストラリアンカップルがボーイにえさをくれました帰ってからもカンガルー かわいい 会いたい〜っていっています。

私はワニがすきだったりして、、、 もちろんコアラは見放題 何匹おんねん!って感じです

それにしてもあんな空気のいい場所で 家族みんな超のんびり歩き、、、ゆっくりミニトレインを待って、、、あんな素敵な時間、本当にひさしぶりだった気がします。自然に興味なくて、買い物と食べるばかりの私ですが、今回はここが一番よかったな

入園してすぐにコアラの写真をとるところがあり
写真をとってから30分またないといけないので最初にとるべきでした。 
最後にコアラと写真をとったので そのあとできあがり30分待ってる間 sanctuary cafeで またカプチーノ この時間も素敵でした 

ゴールドコーストKIDSとの旅2−パラダイスリゾートホテルは子供連れに超おすすめ!

私は旅行エージェントでないけど 姉に代わって今回 すべてアトラクションや ホテルとのやりとりをしていたので、ホテルのセールスの方とは行く前から親しみを感じ、いろいろ融通をきかせていただいたので会うのが楽しみでした。

タクシー30分ほどで到着!PARADAISE RESORT GOLD COAST です!

約6000坪のトロピカルガーデンの中に立つポリネシア風リゾートには、高層ホテルには無い温かみと親しみやすさが感じられます。
セールスポイントは子供連れに優しいこと!
ゾーン4キッズと名づけられたキッズコーナーは子供用プールのほか遊具やゲームコーナーなど施設が充実で5歳から12歳は1日託児が無料!
と親にとっても子供にとってもパラダイスなんです。0歳から4歳は1セッション(3時間)30ドルです。いずれも5ドル足せば食事がついて時間も一時間半延長になります。

ボーイは3歳なんですが特別に1セッション毎日無料でお願いできました。本当夢のよう、、、が以前 クラブメッドでKIDsクラブを逃亡してきたボーイ、、、今回大丈夫かな、、、?

2部屋コネクティングでお願いしていたので午前8時に到着したときも一部屋つかわせてもらえて、2時までみんなで仮眠し疲れをとることができほっとしました子供のベッドは無料です。

午後に元気な姪はプールへ
私はメールしていたセールス担当のアリシアさんに扇子のお土産もってあいにいきました。
オージーらしい とても感じのいい女性ですっかり仲良しに
おすすめのケーキショップもきいてぜったいいくぞ〜と楽しみ!

 
彼女にKIDsコーナーに案内してもらいました。
予約システムはなかなか複雑 コンピューターで予約しますが携帯がないので結局毎回窓口にいって色々書いたり話したり。 
何時間前までに予約するとか、託児中は携帯をもっていなければ在室か外から30分おきに電話しなくてはいけません。また預けるときも迎えにいくときもセキュリティ−が厳しく(そのほうが安心ですね)最初に誓約書もいりました。
英語力が必要なので日本の方はつかわない人もいるようで滞在中の4日間、一人も日本の子供達にあいませんでした。
でもそのカリキュラムはすごい充実で日変わりでさまざまな趣向が。
屋外のカートにはガソリンスタンドもあり

日中はみんなでサーカスをしたり、夜はクイズに正解するとお菓子がもらえたり、ある日は縁日みたいなものがあったり、、、
5歳以上は夜10時半まで預かってもらえますが、8時半以降はバグズライフなどのムービータイムでした。
ぜったいいい体験になるのでぜひ参加してください。

夕方、ホテルから徒歩10分の免税店へ おめあての化粧品は ジュリーク オーストラリア発の大ヒットスキンケア化粧品、スキンケア商品の原料から製造過程にまで一貫して「自然」にこだわった厳しい姿勢。
日本で4700円超のクレンジングと 化粧水をかいましたがやはり現地は安い!半額程度かな、、、
本当はハンドクリームとリップバームが有名なんですが 今回は必要なものにとどめました。
あとはDIORとCHANELでお化粧品を買っただけ 免税店はめちゃくちゃ小さい。
今回は本当珍しく、化粧品とワインしか買いませんでした。
私にしては珍しく観光もしたし、一人で託児のうけ渡しをしていたので
ブランドものの専門店にいく時間と気力がないし 半年前のグアムでかいすぎたので今回はちょうどよし!


それからワインを
33ドル以上のワイン 5本買うと一本サービスがつくうえに日本まで宅配無料といのがとってもよかったので家族でわけることにして
赤のスパークリングワインと白ワインを購入 夫へのおみやげはこれ!

値段だけでいえば
今回 レストランにBYO(持ち込み制度)するのにボトルショップでワインかいましたが、実は3ドルくらいから沢山あるんです。これ3ドル
試飲したけど普通においしい。でもいくらなんでも、、、と高目を買っても12ドルくらいですみました。

ゴールドコーストKIDSとの旅1−JET STAR初体験

あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いします。
スイーツ情報発信の前に昨年のオーストラリアの旅の報告から新年をはじめさせていただきます。




11月の1週間に姪の小学校がお受験休み
その時期 旅行会社に勤める姉がちょうど研修という形で超格安で航空券を購入できたり(家族だけだけど)ホテルも安く利用できるということで
みんなでいきたいな〜と9月に考えていました。

姉たちは航空券安いけどは 私はそうはいかないしな、、、、
JET STARの料金をホームページで調べたところ
9月23日までバーゲン期間で ゴールドコースト往復 一人3万円!
しかも9月ならまだ燃料サーチャージがいらない!
ということで私とボーイの2人 クリックしました。

格安なのでキャンセルできないとかいろいろ厳しいけど
めちゃ安い!

ジェットスターは機内サービスなどを徹底的にカットして格安料金でフライト提供するエアライン。
持ち込み手荷物制限や、機内食がなかったりと不便もあるけれど、バジェット重視の私にはこういうエアラインは断然ありがたい。(追加料金を払えば料理や毛布などがつきます)
飲み物は持ち込めばいいし、そもそも機内食なんて完食できたためしがない
のでありがたいくらいです。
ということで 両親と姉は機内食をつけて(2000円 ソフトドリンクフリー アルコールは機内払いですがミニボトルワイン420円とか安い)
私と姪とボーイは食事は持ち込み 姪は900円でスクリーンを借りました。
これは結局帰りボーイもゲームしたり映画をみたがったので機内で借りたら15Aドルなので事前にたのめばよかったな 

さてまず出発から

関空行きのバスのなかで 泉州銀行さんの両替のクーポンを発見
これが4階の出発ゲートでなく一階だったのでややこしいけどお得

(以降の計算として 日本の空港での換算レートが 1オーストラリア$が90円 クレジットカードひきおとしだと85円)

出発ゲートへ
私はどうせならおいしいところのお弁当でも買って機内もちこみしたかったんですが
この日 朝からボーイも私も風邪気味でばててて、外にでれず
家でお弁当をつくってきました。(しかし、、、二人とも家をでたとたんめちゃ元気やし)
ボーイはハヤシライス弁当とサンドイッチ
私は京都のブラウニーのベーグルです。
飲み物は 出国してからなら空港内でかえるのでジュースをかいましたが
実際のところは いきもかえりもペットボトル一本もらえて 機内の水のみ場には自由にいけます。

ただ手荷物検査で 晩御飯のデザートにとプリンとゼリーをもちこんだのですが ケーキならいいのにプリンは水分になるとのことで制限をこえて処分しなくてはいけないことにでもアンテノールのプリンは死守しましたよ この日持ちのするプリンおいしいんです。飲むゼリーを急いで飲んでなんとか制限内に。(反対に帰りのオーストラリアはまったく液体のチェックなかったです



そして JQ19便にのりこみました 夜8時すぎ発だったので
のりこむとボーイはおなかぺこぺこ (途中でたべる?ときいても飛行機でたべる!とねばっていたので)いっぱいお弁当たべてすぐねてくれてたすかりました。
途中 なんども目はさめたもののいきしなはみんな寝る体勢にあったので楽でした。
免税品販売や飲み物サービスがないのでかえって目をさまされることもなく
到着は現地時間 6時 (向こうが一時間はやい)

出国するとゲートにホテルにたのんでいた大きいリムジンタクシーが 私の名前をもってまっていてくれました。 
livedoor プロフィール
Categories
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
記事検索
  • ライブドアブログ