Yuki の Sweets Diary

 YUKI英語教室 英語教室オーナーで、好きな英語と、甘いものを楽しむ毎日です。 コラムやスイーツの企画など、スイーツコーディネーターのお仕事も承ります。englishyuki@gmail.com まで  YUKI英語教室

facebook http://www.facebook.com/YukiNoSweetsDiary?skip_nax_wizard=true#!/YukiNoSweetsDiary インスタグラム アップ中! https://www.instagram.com/yukienglish/
お菓子・デザート ブログランキングへ

沖縄2008冬

冬の沖縄旅行6−沖縄ぜんざいの老舗『千日』4

7bb3b8ef.JPGアウトレットモールを6時前に出発し
これも私がどうしても寄りたかった甘味処へ
沖縄のぜんざいは暖かいものではなくかき氷。下には金時豆のにたものがありあっさりしています。
どうやら冬は回転焼きも人気みたいで 一人のお客さんは30個 包んでもらってる間にぜんざいをたべていました。

知る人ぞ知るぜんざいの老舗で昔から根強い人気を誇るぜんざい、迫力の大きさです。これでミルクをプラスして400円 
あと氷の質が一番のこだわりなんですが まるでパウダースノーみたい。
大量で無理と思ったけど案外たべられました。  
千日 那覇市久米1-14
電話 098-868-5387

とても感じのいい美人の奥さんが対応してくださいました。
お隣のケーキ屋さんリキャール・ド・パリでプリンとバニラサブレを購入したら懐かしい味でした。

8時にホテルに戻り、夜9時からの最後の料理教室『らふてい』作り
豚の角煮を家で作ろうなんて考えたことがなかったのですが
これができたらすごいな〜
 
豚三枚肉(バラ肉) 600g
かつおだし 5c
泡盛 1c
砂糖 大さじ4
しょうゆ 大さじ4
   
豚三枚肉は皮を直火で焼き、お湯できれいに洗う。この皮付きの肉が関西ではなかなか手に入らないみたいです。

厚手なべに1をかたまりのまま入れ、かぶるぐらいの熱湯を加えて火にかけ、煮立ったらアクをすくいながら、弱火で1時間半ぐらいゆで、汁ごと冷ます。かならず圧力鍋は使わないように(後では使います)

1を4〜5cm角に切る。のふたが開くようになったら肉を取り出し流水で洗う。残った煮汁はスープとして、味付け時に使ったり、他の料理に使う。

圧力鍋にだし汁、泡盛、砂糖と一口大に切り分けた肉を入れ、沸騰するまで火にかける。沸騰したら醤油を加え、ふたをしっかり閉める。

高圧で15分、火を止めて圧力がなくなるまで待つ。   

たっぷりの白髪ねぎを敷き詰めて、意外にあっさり食べられて本当おいしい。

こうして最後の夜がおわりました。

最終日は午前9時にホテルを後にして、アウトレットを少しだけみて
アウトレット向かいのレンタカー事務所で返却。

日本にかえったとたん 寒い!大雪までふりました。
ボーイもかぜをひいて大変だったけど 
でも今年の私の目標は子供と一緒に体験をすること。
普段どうしても仕事に向かってしまうのですが旅先ではのんびりです。
でも子供を大人のペースにはまきこまないように注意して まず健康を一番に考えながらこれからも可能なかぎり経験させてあげたいな

 

冬の沖縄旅行5―フリータイムは那覇で市場めぐり

14d8346f.JPG4日目、ホテルの庭のやぎにえさをやった後、 ブランチ

今日は姉親子は北へ向かい名護パイナップルパークへ
姪がうちのボーイもつれていって一緒にパイナップルトレインに乗ると泣いたのですが、両親がどうしても那覇の公設市場をみたいのと
私がアウトレットへいきたいので 私の運転の一台は南へむかいました。

「沖縄の台所」といわれる牧志(まきし)公設市場へ。2階では購入した魚などを調理してくれる食堂も。約400もの店舗がひしめきあうように軒をつらね、現役で働く元気なオバァたちの顔を見ることもできます。 
琉球料理に欠かせない精肉コーナーでは、かたまりのままの豚肉や足ティビチ(豚足)、骨付き肉やチラガー(豚の顔の皮)など、豚肉のあらゆる部位が売られていました。私はアグー豚のソーセージを購入、ちんすこうや塩などのお土産もずいぶんサービスしてもらえました。   
父親はゲキカラ好きなお友達を驚かすぞと島とうがらしのグリーンの調味料を購入、以前バリでもゲキカラサンパルソースを買ってさしあげたけど
平気だったという凄腕のお友達です。   
第一牧志公設市場 TEL 098-867-6560

市場からアウトレットモール あしびな〜へ
沖縄アウトレットモールあしびなー
このあたりは最近できた道らしくカーナビが表示しなかったので難しかった。
私の今回の最大の目的がこちらのモールにあるロイヤルコペンハーゲン。
今あるハーフレースの TEA CUPを買い足したかったのですが
在庫がひとつしかなく それと、ケーキ皿などを足しました。
市価の3割引、、、でもこんなに高価だったんですね〜 独身のころにそろえていたのであまり感じなかったけど、今はそう感じます。

それからトリンプで下着を現地調達。
両親はNINE WEST で靴とボーイにも靴をかってくれました

コペンハーゲンで子供がめずらしかったのか ボーイと写真をとらせてと英語で話しかけてきたのは台湾からの観光客。結構、たくさん台湾からきてるみたいです。

冬の沖縄旅行4―泡盛酒蔵と森林といるかにいやされる

469d7cb2.JPG3日目は午前11時に 神村酒造の工場見学を予約。創業明治15年・うるまの蔵元「神村酒造」、泡盛「暖流」「守禮」「かみむら」でお馴染 だそう
楽しいのが『地下蔵預り古酒』 1本(43度・1升瓶)
 料金10,000円(税込)  
 預り期間:5年間  で 古酒仕込ようにと仕上げた味、香りともに濃厚な泡盛43度とメッセージを大切に5年間預かるそうです。セラーをみせていただきましたが一年ごとにメッセージを加える人もいて、楽しみに待ってるんですね。

父はお友達に大量買い、塩なども購入し一括で送付してもらいました。
私はご近所のケーキやさんとコラボしてこちらの泡盛 暖流と守禮を使ったトリフ(子供は禁止)を購入しました。かなり苦味を感じる大人の味のトリフでした。

お昼にルネッサンスリゾートへ。私は朝食をとらずこちらでブランチに楽しみにしていたクレープをいただきました。
夕方のドルフィンジャンプを予約し東南植物楽園へ。ヤシ、ブーゲンビレア、ハイビスカス等 約40万平方メートルの敷地に東南アジアや南米産の熱帯、亜熱帯植物約2000種類が植えられた沖縄を代表する植物園
が実はここの名物は池の鯉。えさをあげると、ものすごい勢いで取り合い、ホラー映画みたい 怖かった〜一度トレインで回ってから森林浴を楽しみました。

今回のツアーではこういった6つの施設の入場券が無料でついていましたが結局私はこちらにしかいきませんでした。 

そして4時からルネッサンスリゾートにてドルフィンジャンプ。いるかはかわいかったのですがすごいかぜの中、ボーイをだっこして桟橋をつるつるすべりながら歩いていくのは怖かった〜
でも森林といるかに癒された一日でした。

ホテルへ戻り私はブランチのクレープがおいしかったのでまだおなかがすいておらず もう一度母と紅型のランチョンマットをつくりました。

料理教室には夜9時から参加して一時間半。
今日は沖縄そばです。しかも小麦粉からつくって麺うち、一度体験してみたかったのです。

小麦粉100%とかん水で打たれた麺に、豚骨とかつお節でしっかり取られただし。今回はだしは用意されていて手打ち体験です。
一緒に体験した方がパンをつくるそうで、こね方はにているらしい、、
寝かせた生地を前にTEA TIME
先生と桜情報や、おいしい海ぶどうのはなしで盛り上がりました。

一緒に体験したご姉妹は葉山の方なので 以前たべたマーロウのビーカープリンの話や、新たにサンルイ島がおいしいよなどの情報をいただき
翌日は美ら海水族館にいくとおっしゃるので
ぜひ新垣ぜんざい店へよってくださいねといいました。こちらは沖縄ぜんざい専門店、5年前に美ら海水族館へいく途中によって、そのたたずまいと大もりの氷がいっぱいのぜんざいにびっくりしました。

生地を寝かしてから中華包丁みたいなものでそば切り。意外にきりやすい。
そしてゆでて食べた沖縄そば、、、おいしい〜!
麺類好きな私ですが 正直、沖縄そばって半端な感じでおいしいと思ったことがなかったのですが(サータアンダーギーのときも同じことを書いたけど)
うちたて ゆがきたての麺っておいしいんだわ〜 すごいこしでした。
ホテルが用意してくれたスープがさすがにおいしくてスープをおかわり。
沖縄そばの特徴としてはゆがきたての麺にサラダ油をかけておくことらしい、パスタと同じですね。 

冬の沖縄旅行3−ランチは毎日ルネッサンスリゾート

67addb96.JPG病院から『ルネッサンスリゾートオキナワ』へ。今回のツアーではステイ先のロイヤルガーデンホテルでも姉妹ホテルのルネッサンスでもどちらでもランチOK。

こちらはかなり豪華なリゾートホテル。ちょうど中日の選手さんたちがキャンプでステイしていたので、ファンもいっぱいきていました。
またプライベートビーチには、いるかがいます。
洋服を買うのが大好きな母は売店で父と自分の服を調達。思っていたより雨のせいか寒かったのです。

ランチですがセイルフィッシュカフェはビーチサイドのテラスで気持ちいい空間、これが日本なんですね〜 
私は普段ほとんど 昼食はとらないのですが 姉がTEA TIMEとデザートだけでも値打ちと電話をくれたので3時ぎりぎりに駆け込んで合流しました。
同行者は各種のエスニックカレーを楽しみ、
私は目の前で焼いてくれるクレープがすっかり気に入りました。
中にいれるアイスも選べるのですが結局毎日 クレープに紅芋アイスとたっぷりのチョコソース。あつあつとひやひやがたまりません。
飲み物も珈琲 ハーブTEA  紅茶などなど。
空間と味をすっかり気に入って、以降、毎日こちらでランチタイムとなりました。

スーパーからホテルにもどり、お風呂で温まった後、ゆんたくんぬしまで休憩。クラブシーサーカードがあるので沖縄ぜんざいやポーポーなどの軽食が無料です。工芸など沖縄の文化を体験できます。
私たちは紅型のランチョンマットを作成。
一日目は難しかったけど やはり、一枚では半端だわと翌日も作らせてもらい、しかも2枚一度に作成。少しなれました。 
  
紅型(びんがた)は沖縄の染の伝統工芸。自然を原材料に手作業から生まれる美しい色合。 
他の伝統的な染色物との違いは、色に顔料を使用し、型彫りに突き彫りを採用しているところなど。   
技法としてはステンシルに近く、型染めで特徴的なのは型の上から色を挿すのではなく、糊を置くこと。 
色あわせも決まっていて、奥が深そうです。

夜はそれぞれの作品を品評しながらスーパーで購入した肴でチューハイ。
私はジーマミー豆腐 (ピーナッツのごま豆腐みたいで大好きなんです)
と常にたべたい もずく。
沖縄の海草では海ぶどうも好きですがこれは現地で知り合った方が地元でおいしいものを 格安でしいれてきてくれました。

スーパーではお土産と家に帰ってからの食材も調達。
フーチャンプルーに欠かせない沖縄の大きな麩  でも圧縮麩を買ったのでかさばりは抑えられました。
オキハムのタコライス用のレトルト
沖縄ぜんざいのための金時豆のレトルト
塩蔵のもずくと海ぶどう
そして誰もに喜ばれる塩。
またバレンタイン用にちんすこうショコラも

思いのほか買い物が多くて、帰りは大荷物になりました

冬の沖縄旅行2 サーターアンダーギーつくりの後は病院へ

95b1300a.JPG2日目〜

朝食はバイキングですが午前10時からのサーターアンダーギー教室に予約していたので私はもずくと健康ゴーヤジュースだけにしました。ゴーヤ 苦手なのですがこのジュースはおいしくて販売してほしいほど。

日替わりで料理教室が一日3回
沖縄そば教室 月・金曜日 90分 
ラフテー教室 火・土曜日 60分
サーターアンダギー&ポーポー作り 水・日曜日
だいたい1000円ほどですがツアー参加者はクラブシーサーカードで無料です。

サーターアンダーギー 
小麦粉 300g   グラニュー糖 150g 
卵 M玉3個  サラダ油 大さじ1と1/2
ベーキングパウダー 小さじ1
揚げ油 適量  
    
1 小麦粉とベーキングパウダーををふるいにかける。 
2 ボールに卵をあわ立てて、砂糖をまぜる。
3 2の中に1とサラダ油入れてまぜる。  
4 まぜたものにぬれふきんをかけて10分以上ねかす。  
5 鍋に油をいれて150〜160度(低い) 混ぜ合わせたものをピンポン玉程度に小さくちぎってあげる 10分ほどでこんがり

このおやつ お土産にもらったりしますが特においしいとおもったことはなかったのですが、あげたての香ばしい、サーダーアンダギーは絶品!
小さめのほうがかりかりしておいしいかも、、、
砂糖がたっぷり入ってるのでそれだけで十分

生地を寝かしてる間にポーポーも作りました
こちらはさらに簡単
小麦粉薄力粉300g ベーキングパウダー5g   水350ml  お友達がきたらさっと作るメニューだそう
具には 油みそ( 豚肉 100g 甘味噌 200g 砂糖 大さじ3)を巻きましたが子供にはジャムやチョコをいれたりしてもいいらしい。
こちらはPARTYできそうです。
ボールに小麦粉とベーキングパウダーをふるい、分量の水を加え、泡立器でまぜ合わせ、ゆるいたねを作る。
よくなれたフライパンを火にかけ、サラダ油をうすくしき、たねを流し入れて、丸くうすくのばして焼き、表面がかわいたら、裏返して色づかない程度に焼く。
広げて、その上に油みそを塗り、手前からゆるやかにくるくる巻く。

さて午後から 実は前日にコンタクトレンズをはずすときに目を傷した私、日曜にあいてる病院をきいて午後から診療という沖縄県立中部病院を紹介してもらい、車で30分 うるま市へ。
これが立派な大病院。やっぱり国内旅行には必ず保険証をもってくるべきですね。
目は表面を傷しただけなので目薬をいただきコンタクトもOKだけど一応やめておきました。
病院の先生も、ホテルのKIDSコーナーのお姉さん(どちらも若い)も兵庫の方で偶然。沖縄って冬が無いし 関西に近いし 気軽にきやすいのですね
 

冬の沖縄旅行1−子供連れで満喫 ロイヤルガーデンホテル

7ae88209.JPG2月の寒い寒い関西から 沖縄に逃げてきました。
大阪に帰った直後に 沖縄での事件があり、ブログをひかえていました。
公開もどうしようかと思いましたが 沖縄にはぜひ訪れてほしいし、子連れ旅行の参考にしていただければと思って公開します。

2月とはいえ20度以下なので4月くらいですが、肌寒く毎日雨。それでも楽しいイベントいっぱいでした。

そもそもなぜこの時期に沖縄、
というのはこの格安ツアーをみつけたから。
私以外のメンバー(両親と姉親子)は昨年も参加し、そのお得さにリピートです。
2名一室 5日間27000円からですが
】滞在中レンタカー付き 保険代は別 
】6ヶ所の観光入場券付
】ホテル内にて夕食1回付 
】姉妹ホテルルネッサンスリゾートにてドルフィンジャンプ
】ゆっくり親子でスイーツタイム「キッズスイーツラウンジ」 無料、
】CLUB シーサーカードで 朝食、昼食が毎日無料、夕食が一回 さらにゆんたくぬしま というホテルのコーナーで軽食や、工芸品つくり、料理教室などがすべて無料 


昼に伊丹をでて、3時ごろ到着 レンタカーでうるま市にむかいました。
今までは途中 ブルーシールアイスクリームで休憩でしたが
今回は スーパーマーケット Jimmy's へ。まるで外国、デリとオリジナルスイーツも有名。母はホールのバタークリームケーキをみて「なつかし〜」。パウンドケーキ 680円(ちょっとぱさついてる) 豆乳プリン 2個 480円 日持ちするスイートポテトも購入しました。豆乳プリンは臭みがなくて気に入りました。
他に サルサソース、ハーブTEA なども購入しホテルへ向かいました。

5時をすぎ、台風のような大雨。ホテルはビオスの丘の上なので、運転が怖かった〜地元に人もこんな冬の嵐は珍しいと。

今回ステイした ロイヤル ガーデンリゾート オキナワ は子供つれによいホテルでした。子供用ゆかたやぬりえなど、キッズアメニティが用意され地下のランドリーも無料、洗剤までサービスです。
今回のツアーはクラブシーサーカードをもらえるので下記のものがすべて無料でしたが 本来は有料なので行かれる方は確認してください。

レストランではキッズバイキングも用意されているうえに お菓子の国という部屋があり、一日3回 おやつタイムには同伴の大人スイーツバイキングが無料。写真以外に姉妹ホテルのルネッサンスリゾートのケーキも並びおいしいし、アイス、子供用のたまごぼーろ、沖縄の伝統菓子など多種多様。
地下はすべて子供の遊戯部屋になっていて 安心して遊べます。
気ぐるみコーナーもあり、おおはしゃぎしました。

また外ではやぎにえさをあげることもできました。

その他、沖縄の食と文化を楽しむイベント「ゆんたくぬしま」で、沖縄そば教室や紅型の絵付けなども毎日楽しみました。
 
ロイヤルガーデンリゾ−ト
 
一日めは 外にでるのも大雨なので一度だけついてる夕食券でホテルで食事。土日祝日のみ「ちゃんぷる〜バイキング 3546円」です。
60品目の中華、沖縄料理がそろい、どれも熱々でおいしかった〜
さらに1100円でワイン、泡盛のバイキングも。

沖縄料理はもずくや海草が多いのと、豚肉料理主体なのでわたしは好き。
でもこちらのバイキングは
いかとおくらの豆腐ようマヨネーズ
ミミガ―のピーナッツバターソースなど独創的な沖縄の食材をいかした創作中華が特においしかったな〜。

晩御飯の後はロビーで毎晩沖縄民謡ライブ。
じいじも2歳児ものりのりで踊りました。
livedoor プロフィール
おすすめ水素水!
ミネラルを残した水に溶かし込み、おいしい水素水を実現! 「水素」で一歩先のエイジングケア!「イズミオ」は、水素溶存方式の改良を重ね、 水素溶存率を実現。業界トップレベルの水素溶存率。さらに、1億8,000万本3を突破する 安心の販売実績の水素水です。アフィリエイター募集中!english@isogai.net まて
Categories
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
記事検索
  • ライブドアブログ