新宿おかあさん店長O奮闘記♪

新宿おかあさん 新店長おおつかの奮闘記と ど~でも良い内容も織り交ぜて行こうと思っておりますmm

出勤695日目(standing)

 後編を書こうと思っているんだけど、思うような感じにならなくてお蔵入りにしましょうかね。
 というワケで違う話を。

 先週、sing like talkingのライブに行ってきました。
 高校の時にファンになってからずっと聴いているんですが、今回は相当マニアックな内容ということで、半年前から行けるかどうかわからないけど、チケットを購入し、いく事ができました。
 わがままを通してくれた皆さんに感謝です。

 高校生の時に、家庭で色々とあって究極的に追い込まれたことがありました。
 もうホント絶望の真っタダなかで池袋の駅から新宿に向かう山手線のホームでずっと、ぼーっと立っている状態。。そんな感じでした。

 そんな時にまだ出たばかりのシングライクのstandingという曲が自分のCDプレーヤーから流れてきました。

 ♪諦めが忍び込むたび 人は皆 呟きを胸に

 心はどこへ 光のそばへ 戸惑わぬふり 繰り返すだけ♪

 この歌のこの歌詞に救われました。
 そうだよな、嘆いていたって現状はこうなってしまったものは変わらない。それでも今があるし、明日もやってくる。

 努力はしなくてはならないけど、それが全て報われるかというとそういうもんではない。でも努力しないと報われるとか、結果が分かるとかそれ以前の問題になる、そういうもんなんだなぁ。と思いました。

 自分が進学校に行ってしまったために、ものすごく勉強のできる奴らに出会ったし、自分の出来る限りの事をしても太刀打ちできない。。同じ土俵で競っていても、勝ち上がるのはそいつよりも3倍くらい努力しなくてはならないんじゃないか。。でもそんな根性もモチベーションもないかもしれないな、と思いました。

 頑張ろう、、出来ることからとりあえず。。と思いました。
 今も何か壁にぶつかると口ずさんでます。

 I'm standing up for myself
 I'm standing up by myself

 てな感じで。。

 今回、このライブでやってくれたんですね。。。ホントに泣きました。初めてライブで聴いたかも。
 んで、聴いていてあの時、高校生の時と同じくこの曲に救われたかも知れません。

 というわけで、ほんとにすばらしいライブでした。
 来年はsing like talkingもデビュー30周年か。。早いもんだなぁ。。

51ZbYz+-UFL



◆新宿おかあさんホームページ 

◆シャチョブログはコチラ 
◆スタッフけんさんブログはコチラ
◆スタッフタナちゃんブログはコチラ
◆専属メイクRuiさんのブログはコチラ

出勤686日目(美熟女のドイツ語教師 前編)

 自分が大学に入ったのは、日本で考えたらかなり遅い年齢でした。理系の大学受験で身の丈もわきまえず、高みを望んで浪人して玉砕し、ふらふらしていたら、オヤジと大喧嘩の末、勘当されてしまい、仕方なく働いてから金を貯めて入ったので、入学した時には高校の時の現役生は卒業する年になってました。

   理系にはいかず文学部に変えたので、大学生活はマッタリで楽しく、恋愛とかできるのかな、なんて思いましたが、いかんせん色々と勉強をごまかして入ったために、最初の一年は講義について行くのにいっぱいいっぱいで、大変でした。大学受験より勉強した一年間だったかな。

  そして大学には第二外国語という、厄介なヤツがありますよね。専攻はイギリス史だから、第二外国語でも英語を選択してもよかったんだけど、毎日英語漬けだったので、気分転換にドイツ語とかにするか、なんて軽い気持ちで選択したら、これが大間違い。

  英語と似てるだろう、と思ったけどまあ悪戦苦闘。というか、勉強はじめて2ヶ月で興味を失ってしまいました。

  そうなると、何も頭に入って来ず、楽しみは美熟女の先生のエロい口元を見ることと、タイトスカートの中を妄想するだけの時間になりました。あまりにも妄想がエスカレートして、ノートにエロ小説を書いたりして、同級生に読ませたりしてましたね。

  そんなこんなしていたら、平均点78点のテストで20点を取ってしまい、一大事に。

  僕の点数を見た同級生の女の子はリアルに悲鳴を上げて、汚らわしいものを見るような視線で、
「ねえ、ほんと大丈夫。授業は皆勤賞なのに、毎回何をしていたの?」
とおかあさんのようなことを言われ、
「いやあ、先生を眺めながらエロ小説を」
とは言えず
「いやあ、ははは…なんでだろうねー…調子が悪かったのかな…」
なんて話していたら、エロ女教師、もとい美熟女ドイツ語教師から
「あとで教官室に来るように!」
ピシッ!と漫画だったら、効果音が入る感じて言われ、これは
「単位が欲しかったら、お舐めなさい」
てやつか!と1秒くらい思ったけど、夏休みの補講の話なんだろうなあ、なんて肩を落としました。

  隣に座っていた友人にもゲラゲラ笑われながら、
「待望の先生と二人きりかー」
なんて、からかわれたりして、軽く殴ったりしました。

  教官室に行くと、先生は本当に困った顔で僕を見て
「ねえ、どうして?授業は真面目に出てるし、ノートも一生懸命取ってるじゃない。私の話も聞いてるみたいだし」
と言われ
「ちょっとノート、見せてごらんなさい」
となり、かなりパニックに陥りました。
「いや、あの!その、あれ?ノートがない。どっかに置き忘れたみたいです…」
と、宿題忘れた小学生のような小芝居をして、呆れさせて、なんとか危機をきりぬけました。ノート見せたら退学かもしれない、と本気で思ったし。今なら、読ませてみたら、どんなことになったのか、興味もあるけど。

  そんなこんなで、補講を言い渡されると思ったら話は変な方向に
「夏休みにドイツから、学生が短期ステイでくるから、観光ガイド役を3日間やらない?そしたら、単位はあげるから」
おいおい、おれのドイツ語力を知ってるだろうに
「おれ、ドイツ語はテストの結果を見ての通りですよ」
「大丈夫。彼らは英語できるから。話せるでしょ、英語なら」
「いや、ガイドできる英語力なんて、ないですよ」
「ドイツ語よりはマシでしょ!バイト代もあげるから」
たしかに、と思い、引き受けました。補講よりはましか。

  まあ、ドイツから来るそいつらに
どこに行きたいか、だけ聞いて、あとはだまーって連れて行けば良いか、なんて思ったし。ガイドが終わったら、先生からバイト代以外のご褒美がもらえるかも、なんて思ったりして。

  仕方なく引き受けることにしました。先生の可愛い笑顔をようやく見れて、まんざらでもねぇな、と思いました。

出勤680日目(なかなかない経験)

 年齢的にも40代に差し掛かってきて、本気で怒ってくれる人に出会わなくなりましたが、昨日は知り合いの社長に猛烈に怒られました。もうこっちの反論のしようがないくらいに。事務所も戦慄が走りました。。

 本気で凹みましたが、言いたくなる言い訳を飲みこんで、全部自分がやらかした問題だと、しっかりと見つめ直して日々の仕事に取り組んで行こうと思いました。

 「分析じゃなくて、自分の言い訳を探しているだけだろう」
その通りだと思いました。なにか言い訳を探して、なにかのせいにしていたんだと思います。

 そういう性根から叩き直していこうと思います。
 今日も頑張ります!
2009070818481688c



◆新宿おかあさんホームページ 

◆シャチョブログはコチラ 
◆スタッフけんさんブログはコチラ
◆スタッフタナちゃんブログはコチラ
◆専属メイクRuiさんのブログはコチラ
ギャラリー
  • 出勤695日目(standing)
  • 出勤686日目(美熟女のドイツ語教師 前編)
  • 出勤680日目(なかなかない経験)
  • 公休日の更新!(久しぶりに本当に何もない午後)
  • 出勤678日目(一番地味な小田和正のアルバム)
  • 出勤674日目(明るくいこう!と自分に言い聞かせる)
  • 出勤672日目(写真撮りまくってます!)
  • 出勤663日目(本質は変えずに!でも変わる事も時には必要)
  • 出勤658日目(入社2年が過ぎました)
カテゴリー
  • ライブドアブログ