お世話様です、フォレストスタジオのユキさんです。

「天高く 馬も私も・・・肥ゆる秋~♪」 

あの猛暑が嘘のように、すっかり涼しくなりましたね。 デブには有難い季節です。こう急激に気温が下がると、そろそろ衣替えとか、毛布や厚めのお布団を出したりとか冬への準備が始まってきますね。 

冬の準備?という流れとは違うかもしれませんが、今日は「吹付け硬質ウレタンフォーム」による断熱のお話。

先日、勾配天井(屋根なりに天井を斜めにする、梁なども表しになります。)のリフォームで、現場発泡の硬質ウレタンフォームの施工をさせていただきました。まずはその様子を見てください。
IMG_9206
施工前:準備の様子。梁(丸太)などを見せるので、吹付け材で汚れないようにビニールシートで養生(保護)します。

134382732959013103987_IMG_2387
施工中:吹付けしてる時は室内に入れなかったので写真はイメージです。液状のものをスプレーガンで吹きつけてゆきますと、モコモコと膨らんで固まってゆきます。固いと言ってもちょうどマシュマロくらいの固さです。ちょっと美味しそう。(笑)

IMG_9216
吹付け完了:薄い黄色いモコモコしたのが、吹きつけた硬質ウレタンフォームです。今回は代替フロンガスのようガスではなく、水で吹き付ける環境に優しい「アクアフォーム」という商品を使いました。

アクアフォームについてはコチラを参照してください。

IMG_9229
仕上げ貼り:そこに仕上げ材の無垢の杉板(羽目板)を貼って行きます。素材自体が発泡しますので、やはり少し膨らみ過ぎたりしている部分もあります。はみ出す部分は削って整えます。

IMG_9239
仕上げ完了:羽目板を貼り終わると、硬質ウレタンフォームは見えなくなります。羽目板は塗装などして最終的に仕上がります。

断熱の種類は大きくわけて2つ。 繊維系と発泡系。

住宅の断熱材で一番多く使われているのが、繊維系の断熱材・・・グラスウールとかロックウールとか呼ばれるものです。
HV1010L435_201304-thumb-320x163-518
写真はイメージです。
13-1
↑繊維系断熱材 壁や天井の中に充填していきます。

繊維系のデメリットは隙間と湿気。
これだけでは気密が不十分で、気流止めなど怠ると、壁内結露を起こしてしまいます。一度、水に触れると本来の断熱性能は発揮されません。壁や天井の下地と下地の間に入れるのでどうしても隙間が出ます。
この上に、気密シートを貼ることや、縁の下からなど冷たい空気が壁の中に入らないように気流止めをすることが大事です。


ただなんといっても、繊維系断熱材は、安価で、施工性が良く、大工さんで施工できるので多く採用されています。
施工がきちんとできれば、もちろん問題はありません。


それに対して、硬質ウレタンフォームは発泡系になります。
いわば、プラスチック・・・「ポリウレタン」です。軟質と硬質があって、軟質は寝具のマットなどに使われています。

st002
このような板状になったものもあります。当社の「ココ暖」ではこのタイプをよく使います。繊維系に比べ湿気に強く、薄くても性能が高く、大工さんでも施工ができるメリットがあるからです。リフォームの場合、壁や床の厚みが十分にとれない場合が多い為です。

■今回は現場で吹き付ける(現場発泡)タイプを使用した理由
1・薄くても高性能。天井が屋根と仕上げの厚み5~8センチ程度しかとれないので、薄くても高性能な断熱が必要だった。
2.下地が細かいので、なるべく隙間をなくしたい。接着性を活かし、気密も同時にとれる為。
3.遮音(防音)性。 トタン?アタン?屋根なので、雨が当たる音が気になります。吸音性能もあり、隙間が少ない為。

もちろん、デメリットもあります。

一番のデメリットは「燃えます。」 

繊維系に比べ燃えやすいです。ただし、素材自体が発火する訳はありませんし、パッと燃え広がる訳ではありません。
実際にちぎったものにライターで火を付けてみましたが、ライターの火を当ててる間は火がつき焦げますが、当てるのをやめると火は消えて、燃え広がる様子はありませんでした。

断熱の方法、種類、メリット・デメリットなどもっと詳しく書くと長くなりますので、こちらのサイトが詳しく、わかりやすく解説されていると思いますので、ご参考にされたらいかがでしょう?↓

住宅の評判ナビ 断熱について

お陰様で、当社の「ここだけ暖かく~ココ暖(=ここだん)」 ご好評をいただいております。
リフォームをお考えであれば、壁紙を張り替えるお化粧直しだけでなく、断熱も一緒にされるのがオススメです。
「ココ暖リフォーム」のご用命はフォレストスタジオへ。 まずはご相談ください。

top