2007年03月

2007年03月31日

キャンペーン終了のお知らせ

93fb0fc1.jpg

出版記念キャンペーン
本日24時ぴったりで終了します。
以後の送信はすべて無効になります。

 

あと8時間です。

 

 

「しまった」と思われないように
最後のお知らせです。

 


出版記念キャンペーンの詳細はこちら
↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.tuyuki-office.jp/book.html

 

 

著書をamazonで購入する方はこちら
↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://snipurl.com/1do9u



yukihiko55 at 16:55 

2007年03月30日

キャンペーンのお詫び

52592b2b.jpg

さて現在行っている出版記念キャンペーンですが
28日9時〜16時まで、電子書店amazonで購入できない状態に陥りました。

 

あまりにたくさんの注文をいただき、在庫がゼロになったためです。

 

いやはや、冷や汗が出ました。
購入予定の方には大変申し訳ないことをしました。

 

29日18時現在、在庫が復旧して申込ができるようです。

 


amazonの在庫をこちらで管理できるわけではありません。

 


早いもの勝ちになってしまいますが
よろしくお願いします。

 


出版記念キャンペーンの詳細はこちら
↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.tuyuki-office.jp/book.html

 

 

著書をamazonで購入する方はこちら
↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://snipurl.com/1do9u



yukihiko55 at 21:09 

2007年03月27日

出版記念キャンペーンのお知らせ

2d9d4d53.jpg

ワタクシの処女作が今日3月27日発売になりました。

 

今ニュースで話題の「無戸籍チルドレン」(注)を
扱った日本で初めての書籍。

不倫問題のタブーに切り込んだ新鋭本


注)不倫相手の子を出産した妻。離婚後300日以内に
出産した子は元夫の子をなるため、
出生届を提出せず、戸籍がない子供のこと

 

出版記念キャンペーン3月31日まで応募者全員プレゼント
(あと4日です、期限にご注意ください)

 


シングルマザーの養育費と慰謝料(九天社・露木幸彦著)

書籍を購入された方に限り教材を無料で差し上げます。

 

(通常6,000円で販売しているものです。
定価で買われた方はゴメンナサイ)

 

キャンペーンの詳細はこちら

↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.tuyuki-office.jp/book.html

 


メールをするだけでもらえるプレゼントの内容

■ セミナーDVD(120分)

「スーパー離婚交渉術。年間1,600件の相談を受ける専門家が語る」
→18年8月に行われた私の講演会を収録したものです


■ レジメ資料集10頁

 


★☆ 続々とマスコミで紹介されています。

2月4日9時30分オンエア、FM-FUJI 「WEST END TALK」にゲスト出演し
この本を取り上げていただきました。


こちらの一番下に本書の冒頭部分を掲載しました

↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.tuyuki-office.jp/book.html

 


購入される予定でしたら
お忘れなく申し込んでくださいね。



yukihiko55 at 18:28 

2007年03月23日

ドラマ「ハゲタカ」から学ぶ離婚と住宅ローン講座最終回

45dd6fea.jpg

今ニュースで話題の「無戸籍チルドレン」を扱った日本で初めての本。
『シングルマザーの認知と養育費』


続々とマスコミで紹介されています。
不倫問題のタブーにバッサリ切り込みました。


3月31日までアマゾンキャンペーン、応募者全員プレゼント実施中。
6,000円の教材が無料でもらえる、今だけのチャンス。


↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.tuyuki-office.jp/book.html

 


土曜ドラマ「ハゲタカ」から学ぶ離婚と住宅ローン講座
最終回です。

 

NHK「ハゲタカ」の公式ホームページはこちら
http://www.nhk.or.jp/hagetaka/

 

これから離婚する夫婦。
去年購入したマイホームの住宅ローンは
まだ3,500万円も残っています。
赤ん坊が生まれてのを機に思い切って買っちゃいました。

 

土地は旦那の実家からもらったもの。
外装は少し輸入品を使って、奮発しちゃったもんだから
旦那の稼ぎだけじゃローンの審査に通らず
私も連帯保証人になってます!

 


笑い事ではありません。
こんなケース結構あるのです。

 

「離婚した後は旦那が淋しく住み続けるようです」

「でも、もう関係ないことだし、いいでしょ」

 

関係なくありません。
あなたは連帯保証人なのです。

 

離婚しても旦那の住宅ローンを「保証」するのでしょうか?
そんな気前の良い話はありません。

 


離婚したんだから、住宅ローンからも逃げたいでしょう。
そんなお人好しでなければ、離婚するときに
ちゃんと手続しておくことです。

 

離婚した後、奥さんがどこに住むか分かりませんが
居場所を突き止めるのが、この上なく面倒です。

 

連帯保証人ですから、旦那が支払いをケチれば、奥さんに督促することができます。
じゃぁ、いざ督促するとして
銀行は住民票も戸籍謄本もとれません。
いいところ、親戚に電話して聞くくらいです。

 

つまり、行方不明の「元妻」を連帯保証人にとっておいても
あまり意味をなさないのです。
感覚としては「いないよりマシ」程度です。

 


奥さんを連帯保証人から抜く方法。
それは奥さんなしで審査をパスすることです。

 

銀行が見るのは1つ、収入です。
返済比率=年間返済額÷年収×100

 

返済比率が20〜30%なら、他に特別な事情
(ブラックリストに入っている、など)がなければ
担当者の機嫌次第のところもありますが
審査を通すことはできるでしょう。

 

旦那の年収で足りていれば話は早いですが
年功序列のジャパ二ーズでは、そうそう給料は上がりません。
実際には旦那の両親(65歳以下が条件)や再婚相手を
くっつけることが多いですね。

 

どうしてもダメなら・・・

担当者に泣きつくことです。

 

『ハゲタカ』的には、お金がとれない人に請求しても仕方がないのです。


心の底では
「離婚して大変なのに、保証人にもなって二重苦だなぁ」
と思っています。

 

連帯保証人から外すような、異例処理は担当者では決められず
審査部や上司の承諾を得ます。

そもそも担当者をくどけなければ話は始まりません。



yukihiko55 at 21:26 

2007年03月20日

ドラマ「ハゲタカ」から学ぶ離婚と住宅ローン講座3回目

土曜ドラマ「ハゲタカ」から学ぶ離婚と住宅ローン講座
第3回目です。

 

NHK「ハゲタカ」の公式ホームページはこちら
http://www.nhk.or.jp/hagetaka/

松田ジュニアに撃たれてしまったハゲタカはどうなってしまうのでしょうか?
24日最終回です。

 

 

自己破産しても養育費をもらうことができるのか?

私のホームページで勉強されている方はご存知ですね。

「離婚サポートnet」
http://www.tuyuki-office.jp/rikon52-2.html

 

以前は自己破産すると養育費は消滅していました。
未払い分が50万円でも、1,000万円でも容赦なしに、です。
借金も養育費も、支払い相手が違うだけで
法律的には同じ扱いでした。

 

17年の法改正で自己破産しても、養育費は消滅しなくなりました。
理由としては、養育費は親の子に対する「義務」で
他の借金と同じにされては困るからです。


ここまでが建前の話です。


「破産しても安心安心」でしょうか?

 

例えば
年収 300万円
借金 500万円
養育費の未払い 200万円
とします。

この人が自己破産し、500万円の借金がチャラになったからといって
いきなり養育費を払うでしょうか?

 

養育費は最長20年、240回払い
月40,000円だとしたら
残り15年としても、180回=720万円

 


現時点の未払い分を強制執行なり、間接強制なりで回収したとしても
まだまだ先は長い話です。
全額回収するのは、いつになるのでしょうか?

 


「破産しても全額回収するからね」と意気込んでいても
いざ、どうやって回収するか知らないと
その気合は空振りに終わってしまます。

 

私は今年1月、自己破産した相手から
裁判所を使わずに養育費を支払わせることに成功しました。

 

法律やマニュアルに書いてあるような、教科書的な方法ではありません。

内容証明を1つ送りつけただけです。

 

そんなやり方でも、養育費を「自主的に」支払わせることはできるのです。

その『ハゲタカ』的な回収方法とは・・・

 

養育費を自主的に支払わせる『ハゲタカ』的やり方とは。

 

まず養育費の取り決めが公的書面になっていることが前提です。
書面は公正証書でも、調停調書でも、判決でも構いません。

 

それから上記の法改正後に自己破産していることです。
17年1月より前ですと、本当に養育費は消滅してしまい
請求する権利がなくなってしまいます。

 

 

内容証明に書くことは、「相手が困ること」です。

公的書面を作っておくと、相手の財産に差押をかけることができます。
内容証明には「差押を受けると、あなたも困ったことになるから
自主的に払ってくださいね」と書きます。

 


「相手が困ること」は人それぞれです。


職業でも異なります。会社員なのか自営業なのか会社役員なのか。

相手が再婚しているのか、子供はいるのか

持ち家なのか、アパートなのかでも変わります。

これは100人100通りなので、一概にお教えできません。
実在した話ですので、ここで送りつけた文面を公開することはできません。
ご自分で考えてもらうことになります。

 

当事者であっても頭を空っぽにして考えてみることです。
どうしたら相手が自分から養育費を払うようになるのか
ヒントはニーズではなく、ウォントです。
「養育費を払う義務がある」ではなく
「養育費を払いたい」と思わせる、必殺の文句です。

 

1つ気をつけることがあります。

正当な権利がないのに請求をすることを脅迫罪になります。
「相手が困ること」が法律に触れるような内容ですと
逆に脅迫になる危険があります。

 

養育費をもらうために、自分が法律を破ってしまっては
元も子もありません。

 

 


泣き寝入りする前にやっておく
「専門家が作成する養育費請求サービス」
http://www.tuyuki-office.jp/rikon31.html

 

 

(追記)

 


ミスチルの最新アルバムを買いました。

http://snipurl.com/1dbg0


最後の曲「あんまり覚えてないや 」がやたらと耳に残りますね。

 

日々、辛いことや悲しいことの連続ですが
「辛い」「悲しい」と思うのはその瞬間瞬間だけで
1年くらいたつと「あんまり覚えてない」ことって結構あります。

 

思い出そうとしても、思い出せないことも多いです。

 

人生限られた時間なので、1つ1つこだわって生きたいですが
人間の脳みそはそんなものかもしれませんね。



yukihiko55 at 09:02 

2007年03月16日

ドラマ「ハゲタカ」から学ぶ離婚と住宅ローン講座2回目

土曜ドラマ「ハゲタカ」から学ぶ離婚と住宅ローン講座
第2回目です。

 

NHK「ハゲタカ」の公式ホームページはこちら
http://www.nhk.or.jp/hagetaka/

 

さて前回は、自己破産してもマイホームが残る制度のお話をしました。

今回はなぜ『銀行のため』にこの制度が作られたのか、です。

 


銀行の論理としては
「自宅を競売にかけて、安い金額で叩かれるよりは
自己破産後もきちんと返済してもらった方が
焦げ付くお金が少ない」ということです。

 

自己破産しても、その方の人生が終わったわけではありません。
一部の職種(公務員、金融機関など)を除いて
いきなりクビになることはありません。

職場に自己破産したことがバレたとしても
減給になるでしょうが、「明日から来なくていいから」
とはなりません。

 


銀行としては、自己破産しても、その方に立ち直ってもらって
最後まできちんと返済してもらいたいのです。
それは応援するという、お涙的な感情ではなく
あくまで「全額回収したい」という思いです。

 

「そこまでしてお金を回収したいのか」

 

「早く楽にしてあげたらどうなんだ」


そう思われる方もいるでしょう。
それは何を基準に考えるかで変わってきます。

 

個人を再生させて、お金もがっちり稼ぐ
「ハゲタカ」流です。

 

 

ドラマ「ハゲタカ」でいうホライズンの鷲津のようなことはのようなことは
結構、日常茶飯事におこなれているということです。

 

最後に1つ。


この制度は住宅ローンがチャラになりません。
気をつけなければならないことがあります。

 

自己破産しても、住宅ローンは「そのまま」残るということです。
例えば、返済期間を延長して、支払いを猶予してもらったわけではありません。
厳密には、自己破産後も、前と同じ返済を続けなければなりません。

 

ただ破産後に同じ返済を続けるのは難しいですから
銀行にお願いして、支払いを猶予してもらいます。
あくまでお願いする立場です。

 

銀行が「やっぱり面倒だから競売にかけちゃおうかな」と思えば
いつでもあなたを捨ててしまえる権利をもっています。
まな板の鯉状態なのです。

 


そういう意味で、この制度を使うことで
当面、銀行の言いなりになることは仕方がありません。
そのことも知った上で使うことです。

 


この制度の良いところは、あくまで
手塩にかけたマイホームが手元に残ることです。

 


 



yukihiko55 at 20:38 

2007年03月13日

ドラマ「ハゲタカ」から学ぶ離婚と住宅ローン講座

土曜ドラマ「ハゲタカ」から学ぶ離婚と住宅ローン講座です。

 

NHK「ハゲタカ」の公式ホームページはこちら
http://www.nhk.or.jp/hagetaka/

 

 

17年度の自己破産の件数は23万件。


自己破産というとサラ金や闇金というイメージがありますが
このうち、住宅ローンが絡んでいるものが2割。
住宅ローンを払えなくて自己破産する方が
毎年4万円いるというのが現実です。

 

夫の借金で離婚する場合
自宅を購入したばかり、購入してまだ2年3年というケースがあります。
離婚後、自宅がどうするのかが問題になります。


知らないところで借金を作っていた
サラ金で300万円


住宅ローンを組んでいる場合
当然、毎月、住宅ローンの支払いがあります。
サラ金で借金をした場合、借金の返済もしなければなりません。


毎月の返済額が収入の40〜50%を超えると
まともな生活を送ることはできません。
返済だけで手一杯になるからです。
そうなると自己破産も含め、裁判所を使って解決することになります。

 

借金が判明すると、今後の生活がどうなるのか、不安になります。
相手に対する不信感から離婚に至るケースも多い。
借金をしたこと、というよりは相手を信用できなくなることが原因です。
当事務所の相談件数のうち、浮気(4割9の次に多いのが借金(3割)です。


『せっかく2人で探したマイホームなのに。』


『物件を決めてから入居するまで、すごい面倒だったのに。』

 

『お父さんに嫁入り道具代わりに頭金を出してもらったのに』


自己破産した上で手放すことになるなんて。

 


自己破産=自宅をあきらめること、なのでしょうか?

 

自己破産は借金をすべてチャラにすること。
住宅ローンを棒引きしてもらって、自宅に居残れるわけがない。
銀行がそんなこと許さないでしょ。

 

いや、そんなことはありません。
「ハゲタカ」的には、自宅を手元に残す方法があるのです。
それは・・・

 

自己破産しても自宅を手放さない方法。
これは3年前の法律改正で可能になりました。


専門的には
『民事再生法の住宅資金特別条項』といいます。

 

なぜ法律が改正されたのか、理由は当初お話した通りです。
毎年4万件の方が住宅ローンは払えなく、自己破産しています。
自己破産すると、その人の判断によりますが
最悪、競売にかけられます。

 

競売とは公開オークションです。
最低落札価格から順番にハンマープライスしていきます。

 

ただ、よく考えてみてください。
ローンを払えなくなった人が住んでいる家を買いたい人はいるでしょうか?
もしかして、落札しても立ち退かないんじゃないか。
前所有者の怨念で、悪霊が出るのではないか。
オークション参加者は心配します。
少なくとも普通の中古物件より、価値は下がります。


どのくらい下がるかといえば、落札価格の平均は
時価の10分の1〜8分の1です。
いわゆる「訳あり物件」です。

 

銀行がその金額で競売しても、融資していたローン額は
ほとんど焦げ付いてしまいます。

例えば・・・

住宅ローン残高 3,000万円
不動産の時価 2,500万円
落札価格 200万円
とすると、銀行は2,800万円の損を被ることになります。

 

銀行が基本的に金利収入で成り立っています。
2,800万円を他で稼ぐとして、一体いくら融資をしたら良いのでしょうか?
不良債権が出ることは、相当な打撃です。
担当者は今度のボーナスが出なくなるほどの・・・(泣)

 


自己破産の新制度とは、一言で言うと
「住宅ローンだけ残して、後の借金はチャラにする制度」
です。
住宅ローンが残りますから、自宅も競売されず、残ります。


この制度は『銀行のため』に作られたものです。
決してお金を借りた人間を守るためのものではありません。
これを取り違えてはなりません。

 

なぜ銀行のための制度なのか?
それは次回に続きます。



yukihiko55 at 22:24 

2007年03月11日

【 著書のタイトル 】が決まりました。

 

 

昨年末から執筆していた著書ですが
ようやく編集、校正を経て、発売されます。

タイトルは・・・・

【 シングルマザーの養育費と慰謝料 】

に決まりました。

これは出版社が決めたタイトルで私は納得していません。
本はやはり中身を読まないと分からないということで
渋々ですが承諾しました。


タイトルだけ見ると「なんだ、離婚の参考書じゃないか」と思います。
実際には参考書などと真面目な内容ではありません。
今まで誰も書けなかった「離婚のタブー」に切り込んでいます。

副題をお教えすれば、何がタブーなのか知ることはできますが
それは発売までのお楽しみということで。
3月20日に配本(関係各社に本を配ること)ですので
22〜25日の間には発売になります。

 

 

土曜ドラマ「ハゲタカ」見られていますでしょうか?

NHK「ハゲタカ」の公式ホームページはこちら
http://www.nhk.or.jp/hagetaka/


初回の放送では、いきなり松田龍平の父親(旅館のオーナー)が自殺してしまいましたね。
「銀行の貸し渋りは怖いな」と思われたかもしれません。


私は3年前まで「ハゲタカ」の現場にいました。
取立てをメインにやっていたわけではありません。
会社ではなく、個人の融資を中心にやっていました。

 

私も1度、貸し渋りの現場に出会わせることがありました。
それは・・・

 

相手は漬物業者。
工場設備の資金として800万円ほど融資をしていました。
ご存知の通り、漬物は売れる時代ではなく
融資を出した時期に比べ、売り上げは6分の1になっていました。
その状態では返済ができるわけはありません。

 


完全に返済が止まると、本当に取り立てをしなければならないので
毎月5,000円だけ返済してもらっていました。
その5,000円を集金するのが、取立ての仕事です。

 


漬物業者(この場合は梅干)は
梅を仕入れ、加工し、梅干になった状態で出荷します。
梅を仕入れるお金がなければ
仕事をすることはできません。

梅を仕入れる時期になると
必ず、銀行に融資をお願いします。

 

銀行の判断がこうでした。
「毎月5,000円返済してもらっても、先は見えない。
今年中に整理してしまいたい」

 

銀行は梅を仕入れる資金の融資を断わりました。
漬物業者は梅を仕入れることができなければ
仕事を続けることはできません。

銀行からの「ノー」の返事は
「潰れてください」と意味していました。

 

業者の社長は、銀行の本部、銀行協会あらゆるところに電話をしました。
取引銀行の判断を変えてもらうよう、クレームを入れました。
しかし、結果は変わりませんでした。

 

私がその支店から転勤になり、久しぶりに車が通りかかったとき
斎場の看板に、あの名前が掲げられていました。
漬物業者の社長の名前でした。
ちょうど3年前の3月でした。

 

この話を聞いて、ひとの人生など銀行の判断1つで
めちゃめちゃに出来てしまうことが分かるでしょう。

 

会社だけではありません。
個人の方でも同じような悲劇は起こりうるのです。
特に金額の大きい住宅ローンは問題が大きくなります。

 


離婚の話と何が関係あるんだ、そう思われるかもしれません。
住宅ローンを抱えた夫婦が離婚する場合、ローンを処理しなければなりません。

 

■ 妻が住宅ローンの連帯保証人になっている場合、離婚するから保証人から外してもらいたい。

 

■ お父さんから頭金1,000万円も出してもらったのに
自宅を売却したらマイナスが出るって?どうしたら?
嫁入りのお金でもらったのに、何って説明したら?

 

■ 夫が住宅ローンを支払う約束で離婚したのに、支払いが止まってしまった。
自宅に住む母子は追い出されてしまうのか?

 

「ハゲタカ」のような不幸な結末にならないのに
私が持っている知識であなたを救います。
(次回に続く)

 



yukihiko55 at 14:15 
Profile
行政書士・露木幸彦と申します

平成11年4月  国学院大学法学部法律学科 入学
(3年時に早くもオリジナル名刺を作成。インターンシップで人事部長に手渡し、強烈なイメージを植えつける。大手の分業制に価値観の違いを感じ、地元金融機関へ)

平成15年4月 某金融機関に入社
(融資係へ配属。わずか3ヶ月で住宅ローンの契約5件1億円を達成し、脚光を浴びる。しかし、当時の支店長より「儲からない商品を売るんじゃない!」との言葉に激怒。確かに10年固定10%は採算ラインぎりぎりであった。17年1月、行政書士 同3月にFP試験に合格する

平成17年4月 露木行政書士事務所を開業
主に離婚問題に特化し、業務を遂行。「離婚サポート.net」を立ち上げ、日本初!養育費見積もりサービスを開始。日々、メール電話鳴り止まず
露木幸彦を読み解くキーワード
1.「お客様の立場になってモノを言う」


 銀行マン時代のこと。住宅ローンの借換を営業していたところ、いろいろ質問してくるお客さんがいた。当時は本当の新人だったので、分からないことだらけ。もちろん、質問されたところで、8割方は答えられない。なので「調べてから、お電話しますよ」といって、一目散に逃げていき、営業店の書物をひっくり返した。
 質問される→調べる→電話する
を繰り返すうちに、その方とは仲良くなっていった。しかし、問題だったのが、借換をしてもほとんどメリットがなかったのだ。ふつうであったら、自分にとって都合の悪いことはお客様に話さないところだ。だが、本当に心の底から「何か役に立ってあげたい」気持ちがあったので、言ってしまったのである
 「今回のケースでは借換のメリットはわずかです。返済されている住宅ローンの現状がわかっただけでも良いじゃないですか」 
 結論的には住宅ローン借換の契約を結んでいただいた。後で聞いた話では、他の銀行マン3人も営業をかけていたとのこと。なぜうちを選んでもらえたのですか?
 「あんたの言っていることが一番信用できたからだよ」
今でもそのお客様とはプライベートでも親交があります。「お客様のためにならない契約はしない」これが信条です





2.「ウソをつかない、つけない」


 正直、あまり頭は良くない方です。法律系国家資格の中では一番易しいと言われる行政書士を5回も落ちているのだから、弁解の余地はありません。
 ですから、お客様から質問されたことには、ありのままお答えすることしかできません。もっと賢い方でしたら、「もっと契約に近くなる答えをしよう」とか「もっと高い報酬を得るために、わざと理解しにくい言葉を使おう」とかいうテクニックは持ち合わせていません。
 銀行マン時代。
 質問される→調べる→電話する の繰り返しで契約をとっていた私にとって印象的な言葉があります


「あんただから契約した。あまりにも正直すぎるから」


自分としては、ありのままを答えただけなんですが・・・・

露木幸彦主催セミナーのご案内

行政書士としてこれから開業する方、

又開業済で軌道に乗せようという方へのご案内です




同業者の友達の口から出た言葉に私は声を失いました。

「おまえは馬鹿か?この以上ライバルを増やしてどうするの?



余計なことしてる暇があったら、集客してりゃいいじゃん」



本当に余計なことでしょうか?

 私は開業以来、ダイレクトマーケティング、ブランド戦略など様々勉強し、

吸収してきました。これから進化していくことでしょう。



 セミナーで話すことは今現在のノウハウであって、

これを公開することでウチの事務所に影響があるとは考えていません。

むしろここでカミングアウトすることで、自分の進化スピードに拍車がかかると期待しています。



 開業初月から100万200万を売り上げるためのセミナーではありません。

その金額を初月から目指すのはリスクが大きくギャンブルに近いです。



今回は着実に60万円を売り上げ、この中から事務所の家賃、自分の給与、

温泉旅行代?を賄うノウハウです。個人の貯金から切り崩すなんて、

開業した意味がありませんから

 私も開業する前、開業直後はいろいろな本を読み、話を聞き、セミナーに顔を出しました。

すると頭ばっかり大きくなってきます。頭が大きくなると「自分でやったような気が」してくるんですね。

何もやっていないのに、やったような気が。



 現場ではその時その時でシチュエーションが変わります。いくら本を読み、

話を聞き、セミナーに顔を出したとしても残念ながらそれと全くお同じ場面は登場しません。

では、このセミナーも無駄か?



 そんなことはありません。セミナーは考え方を学ぶ場です。私がピンチになったとき、

何を考え、どう行動して解決したのかお話します。



 あなたがピンチに陥ったとき、きった役に立つ「考え方」だと思います。




この続きを読む


Recent Comments
  • ライブドアブログ