2009年10月

2009年10月25日

【最後の】出版記念キャンペーンのお知らせ

紅葉は待ち遠しい季節になりました。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。

 

さて今回はこのメールをご覧いただいた方に、あなたに
心ばかりのプレゼントをご用意しました。
是非とも受け取ってくださいね。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、10月25日に新刊を世に出すことができました。
早いもので前作から1年3ヶ月振りです。
大変お待たせして申し訳ありません。

 

今回は感謝の気持ちを表すために、「最後の出版記念キャンペーン」を行います。


amazonで1冊お買い上げの方に、特典プレゼントをご用意。
(通常6,000円で販売しているセミナーDVDです)

男女どちらも参加可能です。

本日スタート 10月30日(金)まで応募者全員に差し上げます。


◆◇ 出版記念キャンペーンの詳細・お申込はこちら ◆◇

↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.tuyuki-office.jp/rikon-hand.html

 

 

 

◆ この本を書くのは、命がけでした ◆


私が離婚の本を書くのは、これで最後になるかもしれません。

 

今年3月、私はこの本の原稿を書いている最中、倒れました。
突然、腹部に激痛を感じたからです。
どうやら、腸から出血が原因のようです。

 

私は救急車を呼ばず、自力で病院まで辿り着きましたが
そのまま麻酔を打ち、腸の手術を受けました。


不幸中の幸いで、大事には至りませんでしたが、離婚の本を書くというのは
それだけ大変なことなのです。

 

なぜなら、離婚の本を書くには、過去の相談者が当時、どのような気持ちだったのか
どんな心理で行動したのか、その人の立場になって追体験するからです。

 


今回の場合、152人分の追体験を行いましたが、
それには並大抵ではないストレスやプレッシャーがかかります。
腸に穴が開くほどの心労なのです。

 

私もさすがに自分の命が大事ですから、よほどの覚悟がない限り
今後、離婚の本を書くことはありません。

 

 

なぜ、こんな話をするのかと言うと
何も同情して欲しいというわけではなく、それだけの危険を冒してまで
書いた本ですから、多くの人に読んでもらいたいのです。


◆◇ 出版記念キャンペーンの詳細・お申込はこちら ◆◇

↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.tuyuki-office.jp/rikon-hand.html

 


◎ 今すぐ、あなたに読んで欲しい5つの理由 ◎

1.あなたはもう迷わない。キーワードが50順に並んでいるため、
小学生が国語辞典を引くように、簡単に手早く問題の対処法を発見できる。

例えば、証拠もないのに浮気を疑われた場合は、
あ行の「浮気」、世間体を気にして離婚しない相手の対処法は、さ行の「世間体」といった具合です。

 

2.どんな人でも今日から使える。この本の目的は「正解の発見」で理解力を要求されないため
精神状態、学歴、性別、年齢に関係なく、正解を見つけることができる。

 

3.軽くて持ち運びやすい。内容は原則、一問一答形式で、
問題と解答以外を書かないため、分量は200ページ以下、片手で軽々持ち運べる。

 


4.修羅場の「あんちょこ」である。問題の正解が書かれた本書を肩身離さず携帯することで、
いつ何時、相手との交渉が必要になっても、読者は3秒で最善の回答例を見つけることができる。
これは学校の試験ではないので、「あんちょこ」を見ることは禁止されていない。

 


5.読む本ではなく「探す本」「使う本」である。極力、専門用語を使わないため、
その解説にスペースを割かない。あなたは難しい顔をして本を読み込む必要がない。

 

◆◇ 出版記念キャンペーンの詳細・お申込はこちら ◆◇

↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.tuyuki-office.jp/rikon-hand.html

 

【 なぜスピードが必要なのか 】


この本は離婚問題の解決法について
「答え」だけを先回りしてあなたに教えるものです。

 

あなたは専門家が2,000件の案件を苦難の上、解決し、
ようやく発見した152個の「結果」「結論」だけを入手できます。

 


その結果、プロが素人に憑依したかにように言葉を使いこなし、
問題を解決することができます。

 

この本で最も重視するのは「スピード」です。私に助けを求める人のなかには、
すでに手遅れのケースが非常に多い。

 

例えば、相手に脅されて離婚届を書いてしまった、相手を怒らせて音信普通になった、
相手を追い詰めた結果、自殺してしまった。

 


医学の世界では末期がんを医者が完治させることができないのと同じです。
その前に手を打てるかどうか、スピードが求められます。

 

 

【 言葉は凶器です 】

今までの本には「スピード」がボトルネックでした。
なぜなら根拠や理由、図解や写真、参考資料に大半のページを割いているからです。

 

あなたは何度も離婚したり、司法試験を受験するのでしょうか?読者に『理解』は不要です。
著者が丁寧に説明すればするほど、読者をますます混乱させることに。

 

 

言葉は凶器です。問題解決には話し合いが必要で、
修羅場で使う言葉は1つ1つが重要な意味を持ちます。

 


使い方次第で自分を助けることもあれば、人間の命を奪うこともあります。
早く確実に「正しい言葉」を知りたいのに、それを実現するツールがありませんでした。

 


一方、この本では読者が3秒で正解を発見できる「仕組み」を作りました。

 

あなたには「結論」「答え」だけを提示し、それ以外の部分は極力盛り込みません。
読者は本当に知りたい情報だけを「いいとこ取り」することができます。

 


読者に求められるのは、『相手から言われた一言』を覚えておき、
目次から解決法の書かれたページを開くことだけです。

 


うつ病など精神疾患により理解力や判断能力が低下していても、
あっという間に正解を発見することができます。

 

 

【 早期発見しなければ手遅れに 】


私は「手の施しようのない人」を何度も見てきましたが、
二度と同じ経験をしたくありません。それは病気の早期発見を願う医者の気持ちと同じです。

 


あなたは本書を読むことで、自分だけ先に正解を知ることができ、
優越感を持って本番に臨むことができます。

 

 

その結果、相手を被害者にしないのはもちろん、
自分を加害者にせず、問題を解決し、
晴れやかな気持ちで明日をむかえることができます。

 

◆◇ 出版記念キャンペーンの詳細・お申込はこちら ◆◇

↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.tuyuki-office.jp/rikon-hand.html



yukihiko55 at 22:59 

2009年10月20日

アンケート結果のご報告【 性善説・性悪説 】

さて9月20日には、シルバーウィークの最中なのにアンケートにご協力いただき ありがとうございました。 アンケートの内容は結婚相手が性善説、性悪説のどちらかというものでしたが 少しお待たせしましたが、集計が終わりましたので、その結果をご報告します。 二択アンケートの質問内容はこちら http://www.tuyuki-office.jp/9gatu-anket.html (応募はすでに終了しています) もちろん、アンケートを行うからには、ある程度、結果を予測していました。 性善説、性悪説の割合、どちらが多く、どちらが少ないのか、その結果は ある程度、こちらの予想通りです。 性善説というのは、トラブルや喧嘩の原因が「自分にもある」という考え方ですので これを選ぶ人は、そもそも少ないだろうと。 一方、性悪説は、大半の原因は相手にあり、「自分には原因がない」という考え方ですから こちらを選ぶ人が多いだろうということです。 しかし、実際にはすべてこちらの予想通り、とはいきませんでした。 やはり、「何でもお見通し」というわけにはいかず、 毎回のことですが新しい発見があります。 だからこそ、アンケートをお願いする意味があるということです。 全体としての結果は予想通りですが、これを男女別に分けると、 おもしろい結果が出ました。 性善説、性悪説の考え方について、男女間では意識がだいぶ違うからです。 これは全く意外は結果でした。 アンケートの結果と、その分析は以下の通りです。 <アンケートの概要> 平成21年9月21〜25日に実施。有効回答数213人 <アンケートの質問> 結婚相手はどちらに当てはまりますか? 1.今思えば、はじめから問題がある人だった 2.結婚生活のなかで(交際期間のなかで)おかしくなった <アンケートの結果> 1.全体(73%) 男性 31人(58%) 女性125人(77%) 2.全体(27%) 男性 22人(42%) 女性38人(23%) このメールのバックナンバーは以下のブログでご覧いただけます。 http://ameblo.jp/yukihiko55/ 【 結婚失敗の理由。女性は相手選び、男性は人間関係。男女の認識に差。 】 露木行政書士事務所は11月22日(いい夫婦の日)にあわせ、アンケートを実施しました。 結婚に失敗した女性の7割はその原因に「相手選び」、 男性の5割は「交際期間の人間関係」を挙げ、男女間に認識の差があることが分かりました。 アンケート結果を見ると、結婚失敗の原因は明らかです。 全体の7割以上「今思えば、結婚相手は始めから問題がある人だった」と、 間違った相手と結婚したことを挙げました。 一方、「結婚(交際)期間のなかで結婚相手がおかしくなった」と 人間関係の構築に失敗したと考える人は全体のわずか3割でした。 【 男性は2人の責任、女性は相手の責任 】 おもしろいのは、男女間で回答に大きな差が出たことです。男性のうち、 「結婚する相手を間違えた」(58%)と振り返る人と「うまく関係を築けなかった」(42%)と 反省する人は半々です。 一方、女性は「結婚する相手の問題点を見抜けなかった」(77%)と 後悔する人が大部分です。男性に比べ、女性の方が相手選びに失敗したと感じています。 「見る目がなかった」と後悔する女性と、「もっと上手く関係を築けていれば」と 後悔する男性の発想は対照的です。  【 離婚予備軍は2,000万人 】  20〜35歳の既婚者は男女あわせて約6,000万人(総務省調べ)で 3組に1組は離婚しますから、離婚予備軍は2,000万人  今回のアンケートから、結婚に成功し、よい夫婦になるためには男性は 「もっと相手を大事にし信頼関係を作ること」女性は「相手をもっと慎重に見極めること」が 必要だと分かりました。 「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html

yukihiko55 at 09:54 

2009年10月08日

【ケース別】理不尽な相手にどう対処するか

さて、これまで「理不尽な相手にどう対応するのか」というお話をしてきましたが 今回はその応用編の第2回です。 前回と同じように具体例を交えながら、一問一答形式で、お話します。 <質問5> いっこうに話が進まないのですが、 いっそのこと私の方から離婚を切り出した方が良いのでしょうか? <答え5> どちらがどのくらい、離婚を急いでいるのかがポイント。 離婚を切り出した方が離婚条件で不利になるというのは本当の話。 例えば、あなたが離婚を急ぎ、相手がそれほど急いでいない場合 早く離婚するため、相手を説得しなければならないが、 あなたの都合で話を進めても、なかなか思い通りには進まない。 そのような場合、1つの説得材料はお金で、 相手が望む金額を支払うことで離婚に応じてもらう。 相手の提示する金額は相場以上だから、損得勘定では、あなたは損をすることになる。 もし、早く離婚し、縁を切りたいのは相手の方なら あなたから離婚を催促する必要はない。最終的には離婚に応じるつもりでも、 当初は離婚を拒否し、相手が離婚を切り出すまで待機すること。 相手が離婚を望み、あなたが仕方なく離婚に応じるという状況を作り出せば、 あなたが離婚条件を有利に進めることができる。 <質問6> 私が原因を作ったわけじゃないのに、慰謝料を請求されました。 <答え6> 慰謝料は精神的苦痛の対価だが、苦痛を受けたから、 どんなケースでも慰謝料が発生するわけではなく、 慰謝料を支払うケースはある程度、決まっている。 相手に一方的に離婚原因がある場合で、 具体的には浮気、暴力、借金。 この離婚原因は原則、弁解の余地がないため、金額は別にして、 慰謝料の支払いを避けられない。 一方、性格の不一致、言葉の暴力、精神疾患などは、双方に原因があるため、 強く慰謝料を請求しにくい。お互い様、喧嘩両成敗ということで、 慰謝料を支払わないことが多い。 <質問7> 相手が音信不通の場合、どのように話を進めていったらいいですか。 <答え7> 音信不通で相手と話ができない場合、示談で解決するのは困難。 離婚調停を申し立てることになる。 管轄の裁判所は「相手方の住所地の裁判所」 あなたが申立をすれば、相手の住所地になり、 相手が申立をすれば、あなたの住所地になるから 相手に申し立てるよう、伝えること。 ただ、うつ病を患っている場合、理解力や判断能力が低下し、 なかなか行動を起こすことができないから、相手自身は早く離婚したいと思っていても、 なかなかアプローチできないこともある。 あなたとしても、この問題を先送りしたくないから、 その場合は自分から調停を申し立てることも仕方がない。 <質問8> 相手が勝手に出て行ったのに、財産を要求されました。 <答え8> 婚姻期間に築いた財産の合計をお互い2分の1にするのが財産分与。 ただ婚姻期間が短い場合、それほど財産が多くないため、 面倒だから、分与しないことが多い。 婚姻期間が短い場合、解決金という言葉を覚えておくのが大事。 解決金は離婚では頻出単語だが、慰謝料や財産分与という言葉と違い、 あまり知られていない。「なんだか分からないけれど、 とりあえず離婚するなら解決金を支払うものだ」と誤解する人が多いが、 離婚する対価として解決金を支払うというルールはない。 解決金の中身は財産分与と生活費の合計。離婚するなら、 新しい生活を始めるためにまとまったお金が必要だし、 当面の生活費も確保しなければならないが、そのお金が解決金。 しかし、初回に提示される金額は大雑把で、何にいくらかかるのか、 明細を示してこない。内訳を明らかにせず、「だいたい、これくらい」と 多めに見積もってくるので、 「何となく、そうなんだ」と二つ返事で応じてしまうのは危険。 金額を引き下げたいなら生活費がいくら、財産分与がいくら、 と具体的に提示させること。そうすると相手は内訳を提示することになり、 総額が300万円にならないのなら、 あなたは離婚時の負担を減らすことができる。

yukihiko55 at 12:33 

2009年10月05日

理不尽な相手への対処法【実践編】

さて、これまで「理不尽な相手にどう対応するのか」というお話をしてきましたが 今回はその応用編です。 具体例を交えながら、一問一答形式で、お話します。 <質問1>  本人に連絡がとれないので、義母に連絡をとりたいのですが。 <答え1> 義母を窓口にするのは適切ではない。 仲介をお願いしても、やはり義母は相手の味方だから、相手の肩を持つため あなたの言い分をそのまま相手に伝えることはなく、都合よく解釈されてしまう。 また義母は相手より過激な対応をするため、余計に傷つけられる。 どちらか一方の親戚だけを話し合いに介入させると夫婦間の力関係が崩れ、 相手が上、あなたが下になり、立場が弱くなり丸め込まれてしまう。 親戚を立ち会わせないか、立ち会わせるなら、双方の親戚にお願し いわゆる「親戚会議」を開く必要がある。 <質問2>  相手が話し合いを放棄し、いきなり弁護士が出てきたのですが。 <答え2> あなたが弁護士とやり取りする必要があるかどうかは、相手と弁護士の関係による。 相手が単に弁護士に相談したというだけなら、弁護士は代理人ではないため 弁護士を抜きにして、相手と話をすることができる。 一方、弁護士が代理人になっていれば、相手と直接、話をすることは禁止され 以後は弁護士とやり取りをしなければならない。 見分けるポイントは受任通知で、交渉を代理する場合、 弁護士はこれを書面で交付しなければならない。弁護士から受任通知が届いた場合、 相手が弁護士と代理契約を結んだことを意味する。 <質問3> 本人はうつ病だから、連絡してこないように言われました。 <答え3> うつ病を離婚原因にし、それを理由に慰謝料を請求された場合、 診断書が重要になる。 担当医に診断書を出してもらうよう、相手方に求めるが 「家庭問題が原因で病気になった」という内容が診断書に書かれているかどうか。 ここ最近、医師は診断書に症状や病名は書くが、原因までは書いてくれない。 患者の離婚トラブルに医師が巻き込まれるのを嫌がるためだ。 そのことを証明するため、あなたに説明をしたり、裁判所まで呼び出されるのは困る。 1人の患者のために、そこまで力を入れることはできないからだ。 「家庭問題が原因で病気になった」という証明を診断書に求めることは 難しい。 その結果、相手は何が原因で病気になったのかは分からないため それを理由に慰謝料を請求されても、すんなり支払う必要はない。 <質問4> 私には離婚に結びつくようなトラブルや問題が思い当たらないのですが。 <答え4> 離婚する方向で話をするのなら、責任の所在を明らかにする必要はない。 どちらに原因があるのか追求するのは、関係を修復し、やり直すため場合。 やり直すには、どこが悪いのか明らかにし、それを改善する必要があるから。 性格の不一致や言葉の暴力の場合 双方とも「自分は悪くない、相手が悪い」と思っているから、 責任をなすりつけることになるが、原因を突き詰める作業を始めると、 話し合いは長期化し、なかなか進展しない。 何を目的に行動するのかで変わってくるが、 離婚するために相手にアプローチをするのなら 「自分は悪くない、相手が悪いから、離婚するよう」話をするのが正しい方法ではない。 話し合いを短期で終わらせるのなら、 「どちらが悪いのかは別にして、やり直すつもりがなく、 態度を改めるつもりもないから離婚するよう」話をすること。 (次回に続く)

yukihiko55 at 09:11 

2009年10月01日

相手の怒りが【スッと】おさまるメカニズム

さて前回は理不尽な相手に対し、あなたは惑わされず、誠実な対応を続けるという お話をしてきました。 今回はその続きです。 もちろん、悪人が突然、ガラっと変わり、善人になることはありません。 しかし、相手は途中で「悪人を演じる」のが面倒になり、 うんざりしてしまいます。 そして離婚の話が持ち上がった時点を比べ、多少なり、マシな態度に変わります。 なぜ、誠実な対応を続けていると、相手が途中で変わっていくのでしょうか? 相手が理不尽な対応をする裏側には、あなたに対する不信感や劣等感があります。 ・あなたを信用できないから ・あなたの方が口がたつから 何とか丸めこんでやろうと思い、躍起になります。 力任せに、あなたをやっつけてやろうとするのです。 しかし、怒りの感情や嫌悪感が長続きすることはありません。 しかし、怒りの感情や嫌悪感が長続きすることはありません。 同じ感情を長期間、保ち続けるのは大変なことです。 離婚の話し合いは早くとも3ヶ月、長い場合は5年以上、かかることもあります。 その数年の間、同じ気持ちを維持することは相当に難しいです。 相手は何も、1日24時間、離婚のことを考えているわけではないからです。 また離婚のことを考えるのは、少なくとも快楽ではなく、苦痛ですから 苦しいことを、積極的に考えることはありません。 そのような流れで、離婚のことはしばらくすると、頭の隅に追いやられていきます。 このメールのバックナンバーは以下のブログでご覧いただけます。 http://ameblo.jp/yukihiko55/ そして次第に「離婚のことを考える」のに費やす時間は減っていくため、 それに比例して 怒りや嫌悪感が低下していきます。 怒りのパワーは時間の経過とともに、パワーダウンしていきます。 以前は持っていた怒りや不信感が冷めていくと、相手の行動はどうなるでしょうか? あなたに対して嫌がらせ、迷惑行為をするのが面倒になり、 「どうでも良く」なります。 嫌がらせをするにも、それなりのエネルギーが必要ですが そのエネルギーが心の底から沸いてこないからです。 離婚のことを話すのも、あなたをギャフンを言わせたいがために、嫌がらせをするのも 面倒になると、その次にどのような気持ちになるでしょうか? 相手はこの問題を早く終わらせたいという感情に変わります。 そうすると、以前に比べ、少しは真面目に、あなたの話を聞くようになります。 その結果、離婚の話は少しずつ前進していきます。 この方法では相手をノックアウトせず、生かしたまましておくことが大事です。 ノックアウトするか、しないかが前回の方法 (やったら、やり返す方法)との大きな違いです。 この方法では相手の譲歩や妥協が必要であり、 少しこちら側に寄ってきてもらうため、相手には生きていてもらう必要があります。 そのためには、相手をボコボコにしてはいけないのです。 離婚の話し合いでは、「生かさず、殺さず」を実現することで、 比較的、円満に解決することができます。 (次回に続く)

yukihiko55 at 10:18 
Profile
行政書士・露木幸彦と申します

平成11年4月  国学院大学法学部法律学科 入学
(3年時に早くもオリジナル名刺を作成。インターンシップで人事部長に手渡し、強烈なイメージを植えつける。大手の分業制に価値観の違いを感じ、地元金融機関へ)

平成15年4月 某金融機関に入社
(融資係へ配属。わずか3ヶ月で住宅ローンの契約5件1億円を達成し、脚光を浴びる。しかし、当時の支店長より「儲からない商品を売るんじゃない!」との言葉に激怒。確かに10年固定10%は採算ラインぎりぎりであった。17年1月、行政書士 同3月にFP試験に合格する

平成17年4月 露木行政書士事務所を開業
主に離婚問題に特化し、業務を遂行。「離婚サポート.net」を立ち上げ、日本初!養育費見積もりサービスを開始。日々、メール電話鳴り止まず
露木幸彦を読み解くキーワード
1.「お客様の立場になってモノを言う」


 銀行マン時代のこと。住宅ローンの借換を営業していたところ、いろいろ質問してくるお客さんがいた。当時は本当の新人だったので、分からないことだらけ。もちろん、質問されたところで、8割方は答えられない。なので「調べてから、お電話しますよ」といって、一目散に逃げていき、営業店の書物をひっくり返した。
 質問される→調べる→電話する
を繰り返すうちに、その方とは仲良くなっていった。しかし、問題だったのが、借換をしてもほとんどメリットがなかったのだ。ふつうであったら、自分にとって都合の悪いことはお客様に話さないところだ。だが、本当に心の底から「何か役に立ってあげたい」気持ちがあったので、言ってしまったのである
 「今回のケースでは借換のメリットはわずかです。返済されている住宅ローンの現状がわかっただけでも良いじゃないですか」 
 結論的には住宅ローン借換の契約を結んでいただいた。後で聞いた話では、他の銀行マン3人も営業をかけていたとのこと。なぜうちを選んでもらえたのですか?
 「あんたの言っていることが一番信用できたからだよ」
今でもそのお客様とはプライベートでも親交があります。「お客様のためにならない契約はしない」これが信条です





2.「ウソをつかない、つけない」


 正直、あまり頭は良くない方です。法律系国家資格の中では一番易しいと言われる行政書士を5回も落ちているのだから、弁解の余地はありません。
 ですから、お客様から質問されたことには、ありのままお答えすることしかできません。もっと賢い方でしたら、「もっと契約に近くなる答えをしよう」とか「もっと高い報酬を得るために、わざと理解しにくい言葉を使おう」とかいうテクニックは持ち合わせていません。
 銀行マン時代。
 質問される→調べる→電話する の繰り返しで契約をとっていた私にとって印象的な言葉があります


「あんただから契約した。あまりにも正直すぎるから」


自分としては、ありのままを答えただけなんですが・・・・

露木幸彦主催セミナーのご案内

行政書士としてこれから開業する方、

又開業済で軌道に乗せようという方へのご案内です




同業者の友達の口から出た言葉に私は声を失いました。

「おまえは馬鹿か?この以上ライバルを増やしてどうするの?



余計なことしてる暇があったら、集客してりゃいいじゃん」



本当に余計なことでしょうか?

 私は開業以来、ダイレクトマーケティング、ブランド戦略など様々勉強し、

吸収してきました。これから進化していくことでしょう。



 セミナーで話すことは今現在のノウハウであって、

これを公開することでウチの事務所に影響があるとは考えていません。

むしろここでカミングアウトすることで、自分の進化スピードに拍車がかかると期待しています。



 開業初月から100万200万を売り上げるためのセミナーではありません。

その金額を初月から目指すのはリスクが大きくギャンブルに近いです。



今回は着実に60万円を売り上げ、この中から事務所の家賃、自分の給与、

温泉旅行代?を賄うノウハウです。個人の貯金から切り崩すなんて、

開業した意味がありませんから

 私も開業する前、開業直後はいろいろな本を読み、話を聞き、セミナーに顔を出しました。

すると頭ばっかり大きくなってきます。頭が大きくなると「自分でやったような気が」してくるんですね。

何もやっていないのに、やったような気が。



 現場ではその時その時でシチュエーションが変わります。いくら本を読み、

話を聞き、セミナーに顔を出したとしても残念ながらそれと全くお同じ場面は登場しません。

では、このセミナーも無駄か?



 そんなことはありません。セミナーは考え方を学ぶ場です。私がピンチになったとき、

何を考え、どう行動して解決したのかお話します。



 あなたがピンチに陥ったとき、きった役に立つ「考え方」だと思います。




この続きを読む


Recent Comments
  • ライブドアブログ