2010年11月

2010年11月30日

【コンカツ再検証〜婚活詐欺女・再逮捕の衝撃〜】

「僕は悪い夢を見ていたんでしょうか?婚活なんてしなきゃ良かった。」
私に相談してきたのは婚活に失敗した30代男性。
この手の相談は彼が初めてではなく今年に入って何度、同じ話を聞いたことか。



「婚活詐欺女」こと木嶋佳苗容疑者が殺人容疑で再逮捕されたのは平成22年10月29日。
これを機会に今こそ「婚活とは何だったのか」を再検証すべきです。



事件前は『婚活導入期』であり「婚活」の名がつけば何でも話題になるほどの一大ブームでした。
しかし事件後は『婚活成熟期』に入ったのです。


それは婚活が「諸刃の剣」であり、
リスクや危険が伴うことがようやく認識されたことを意味します。
少子化対策の一環として始まった婚活ですが、今、転機に差し掛かっています。



事件の前と後とで一変したのは、当事者が欲する情報。
『婚活導入期』に求められたのは「結婚する方法」でしたが、
『婚活成熟期』に必要なのは「結婚に失敗しない方法」。



まずは当事者が抱える不安や心配を取り除くことが先決です。
晩婚化、少子化を食い止めるため、以下で掲げる「3つの婚活の注意点」を
参考にして必要以上に恐れずに婚活に臨んでもらいたい。



【動画生解説】
露木幸彦の新刊「婚活貧乏」結婚できない女と男がだまされる4つの理由
http://www.youtube.com/watch?v=8moulLDDpvs




① パートナーとの間で危機感、問題意識を共有できるかどうか

何か問題に直面したとき、2人が同じように「おかしい」「大変だ」と
感じるかどうか、です。


もし、パートナーと危機感や問題意識を共有できないと、
どうなるでしょうか?「危機感が強い方が、弱い方をフォローする」という、
いびつな力関係になるのです。


「尻拭いなんてまっぴら」とはパートナーの借金を何度も立て替えた、40歳男性の悲鳴です。



② 「人は変えられない。自分は変えられる」と安易に考えないで


パートナーといっても他人ですから性格や考え方、価値観にズレが生じるのは
仕方がありません。問題はその違いを感じたとき、どんな行動をとるのか、です。


お互いに距離を縮めようと努力をすれば良いですが、相手が歩み寄ろうとしないと、
その努力は無駄に。


「他人のままでいるべき人でした」とは
真冬の夜中に同棲先から追い出された30代女性の談。



<動画生解説>
【広末涼子とキャンドル・ジュン】子連れ再婚が急増、その背景とは?
http://www.youtube.com/watch?v=6Bc8uAPpRYA



③ 偏った婚活思考(この人と結婚すると決め付け、我慢を重ねる)に陥っていないか


パートナーがトラブルを起こした場合、「許す」と「許さない」のどちらかを
選ばなければなりません。ただ、どうしても「許す」の方にバイアスがかかる傾向があります。



ここで大事なのは「何か変だ」と思ったらエスカレートの予兆だと感じ頭の片隅に
「関係をやめる」という選択肢を置いておくこと。
「今思えばめちゃくちゃな人でした」とはパートナーの暴力で右耳の鼓膜が破れた20代女性の声。



なお①は拙著「婚活貧乏」(中公ラクレ新書)102頁、②は209頁、③は172頁より引用


<動画生解説>
【ダルビッシュとサエコ】できちゃった結婚の9割が離婚する理由
http://www.youtube.com/watch?v=GDPeKPXeOT0


A.年の差カップルの実例


外資系勤務の女性と結婚した男性。彼女との年齢差は18歳で彼は当時、41歳。
すぐ子供を授かりましたが彼女の仕事は忙しくなるばかり。


終電で帰るのは当たり前、家事育児はいつの間に彼の役割に。
そんな矢先、彼女が朝帰りをしたのです。彼はついに堪忍袋の緒が切れて、
彼女をきつく叱ったそうです。


そうすると彼女は子供を連れて、
実家に戻ってしまい・・・今も別居状態が続いています。




「あの日は同じ部署のメンバーと夜通し、飲んでいただけですよ。
何もやましいことはありません。彼が年上だから、そのくらい許してくれると甘く見ていました。
それなのに、あんな怒り方するなんて。包容力とか期待していた私がバカでした」



<動画生解説>
歌手【リア・ディゾン】離婚の衝撃「ポイされちゃった」
http://www.youtube.com/watch?v=qSLfC8SGPWE



B。晩婚カップルの実例


42歳で初婚の男性。お相手も同じ年です。彼女は年齢的に子供をあきらめており
仕事や自己投資に情熱を傾けていました。結婚直後アメリカでMBAを取得。


彼女の収入は以前の3倍になり、夫婦の収入は逆転。彼女は「夫として恥ずかしい」と
感じていたので彼にも資格取得を勧めました。


彼は仕事を辞め公認会計士を目指したのですが3年連続、不合格。
すると彼女は離婚を切り出したのです。



「彼にはガッカリしました。これから20年30年、私の稼ぎで彼を養うなんて、
どうしても嫌なんです。だって資格をとれなかった彼が悪いんですよ。
当然の報いです」


<動画生解説>
【広末涼子とキャンドル・ジュン】子連れ再婚が急増、その背景とは?
http://www.youtube.com/watch?v=6Bc8uAPpRYA

yukihiko55 at 11:39 

2010年11月29日

こども手当を勝手に、パチンコに使われないために

早いもので今日で11月も終わりですね。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。

12月になると世間的には決算や締めで忙しくなるため
泥棒が急増しますが、最近は宅急便を装った怖い事件もありましたので
余計に注意しなければなりませんね。



まぁ、それほど大量のお歳暮が届くわけではありませんが(苦笑)


さて前回までは「こども手当が、キャバクラやパチンコに使われている」というお話をしてきました。
今回はその続きからです。



例えば、母親が子供を引き取り、父親を別居している場合
こども手当は母親ではなく、父親の口座に振り込まれます。
「こども手当」という名前なのに、です。



こども手当は児童手当と同じ口座に振り込まれますが、児童手当は大半の場合
父親の口座を指定しているからです。



子供を引き取っていない親(=非監護権者)が良心的で、常識をわきまえており
素直で誠実な人なら問題ありません。子供を引き取っている親の方に
手当を渡してくれるでしょう。「子供のために使って欲しい」と。




しかし、非監護権者が悪いことを考えたら、どうなるでしょうか?


このメールのバックナンバーは以下のブログでご覧いただけます。
http://ameblo.jp/yukihiko55/




例えば、非監護権者がこども手当を、
子供のためではなく、自分のために使い込むことが
予想されます。


手当の怖いところは、タダでもらった「あぶく銭」だということです。



何もせずに、「儲けたお金」ですから、
有り難味も感謝のきもちもありません。




そうすると、そのお金をどう使おうが、
自分の勝手だし、誰にとやかく言われる筋合いはない。





そこに良識や常識、最低限の倫理観は存在しません。
だから、「手当を浪費」したとしても、何の罪悪感も感じないのです。



「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】





こども手当は名目上、「少子化対策」のための支援制度ですが、そんな目的はどこへやら。
手当の財源は「税金」です。




私たちが、汗水流して働き、納めた税金が
パチンコやキャバクラに使われてしまうのです。



なんとも笑えない話です。

しかし、この「ふざけたこと」が、実際、現実に起こっているのです。



このような「税金の不正流用」が問題になるのは、今回が初めてではありません。
過去にも同じようなことが起こり、同じような問題に発展しています。




例えば、昨年の「定額給付金」です。
すでにお忘れの方も多いかと思いますが、
麻生政権が選挙対策として、全国民に税金を還付しました。




所得を制限する、制限しないという議論が話題になりました。
そのときも今回と似たようなトラブルが発生しています。




定額給付金は、必ずしも児童手当の口座ではなく、
自分で振込口座を選ぶことができます。



それでも今回と同じように「親が子供の手当を好き勝手に使う」という事態に。
注)子供にも定額給付金は支給されます。




どういうことかと言うと・・・




これは夫婦が別居している場合の話です。
夫と妻は別々に暮らし、妻が子供を引き取っていたとします。




母子は実家に戻っていましたが、住民票は実家に移していませんでした。



この状況で、定額給付金の申請書は、
どちらの場所に郵送されてくるでしょうか?





「逆ギレ対応マニュアル〜今すぐ最強の離婚交渉術を手に入れる」
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9027.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】



役所関係の書類は「住民票の住所」に送られてくるため、
今回の場合、夫の住む場所です。



また定額給付金の場合、家族全員の給付金を、
1つの口座に振り込むというルールがありました。



もし、この状況で夫が定額給付金を申請し、
自分の口座に振り込むよう指定した場合
家族3人分の給付金は夫の口座に振り込まれてきます。


-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----


離婚後の養育費相場の計算はどうなっているの?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile.htm

養育費の未払い、遅延、延滞はどうする?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile14.htm

離婚の慰謝料相場の計算方法とは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile25.htm

離婚で財産分与するとき、住宅ローンは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile36.htm

離婚年金分割の金額、請求方法、公正証書の知識
http://www.tuyuki-office.jp/mobile148.htm

離婚後、子供の親権はどうなる?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile76.htm

離婚後、子供との面接交渉、面会を拒否された場合は?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile47.htm


離婚協議書の後悔しない書き方とは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile99.htm

家庭裁判所に離婚調停を申し立てるには?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile88.htm

-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----


その給付金がどうなったのかは分かりませんが、いずれにしても
給付金をもらえない妻や子供が、全国で続出しました。




挙句の果てには、怒り出した当事者と弁護士が、
国を相手に裁判を起こす事態にまで発展。




これは昨年7月の話であり、すでに裁判は終わっています。
この裁判、どのような結末をむかえたのかと言うと・・・




(次回に続く)

yukihiko55 at 13:41 

2010年11月24日

子供の面会を、養育費の【ご褒美】にしない方法

勤労感謝の日に、メールを書くのが非常に違和感がありますね(笑)
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。



もちろん最低限の仕事であれば、すぐに終わらせることができるのですが
年内にやりたいことは、まだまだテンコモリですので、自分の満足するまで、やり抜きます。
年明けには、久々に「離婚本」の新刊を世に出す予定です。



さて前回までは、離婚後、子供と面会させた場合、トラブルが起こったケースについて
お話してきました。今回はその続きです。



何度かお話しているように、養育費と面会は対価関係にありません。



「養育費をもらっているから、少し無理をしてでも、面会させないと」と
劣等感や後ろめたい気持ちを持つ必要はありません。




確かに面会のトラブルがあった後、面会の申し出を断れば
そのせいで養育費が止まるかもしれません。





ただ、それでも面会は断らなければなりません。
養育費はお金ですが、面会トラブルによる「心の傷」は一生ものです。





お金は何とでもなりますが、親から受けた仕打ちや暴言は、
生涯忘れることはありません。
そう考えると、どちらを優先するのかは、明らかです。



また養育費と面会は対価関係で考えるのではなく、
養育費は養育費、面会は面会で考えることです。



面会を断ることで、養育費が止まるかもしれませんが
そのように相手が「養育費と面会は対価関係で考えていても」
あまり気にしないことです。






「面会させていないのに、養育費を請求しにくい」と罪悪感を感じる必要はなく
相手がどんな言い訳や言い逃れをしようとも、
「子供のため」に、容赦なく養育費を請求することです。




「逆ギレ対応マニュアル〜今すぐ最強の離婚交渉術を手に入れる」
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9027.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】



-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----


離婚後の養育費相場の計算はどうなっているの?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile.htm

養育費の未払い、遅延、延滞はどうする?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile14.htm

離婚の慰謝料相場の計算方法とは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile25.htm

離婚で財産分与するとき、住宅ローンは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile36.htm

離婚年金分割の金額、請求方法、公正証書の知識
http://www.tuyuki-office.jp/mobile148.htm

離婚後、子供の親権はどうなる?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile76.htm

離婚後、子供との面接交渉、面会を拒否された場合は?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile47.htm


離婚協議書の後悔しない書き方とは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile99.htm

家庭裁判所に離婚調停を申し立てるには?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile88.htm

-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----



このように養育費と面会の問題を「子供目線」で考えることで、
だいぶ見える景色が変わってくるはずです。




・「養育費をもらっているから、子供に会わせないといけない」


・「子供に会わせてもらったから、養育費を払わないといけない」



今まで誰もが、このように考えており、養育費のことで、
そして面会のことで悩んできました。




養育費と面会を「見返り」「代償」「交換条件」とすることで、
その悩みは余計に深刻になっていたのです。




しかし、養育費と面会は「対価関係ではない」と、
発想を転換することで、その悩みはだいぶ軽くなります。





これから養育費や面会が原因で、いろいろなトラブルが起こるかもしれませんが
まずは今までの発想、常識から抜け出して、
養育費は養育費で、面会は面会で個別に考えることで
案外、その解決は早くなるのです。




まずは、その第一歩を踏み出すことです。




「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】



◆ 平成22年6月、こども手当支給



○●○ 夫婦が別居している場合、子供を引き取っていない親(=非監護権者)に
手当が支給される危険あり。



→こども手当は原則、児童手当と同じ口座に振り込まれます。


では「児童手当」とは何でしょうか?




児童手当とは、子供1人あたり、月5,000〜10,000円(子供の年齢による)
12歳まで支払われる手当です。



今回、児童手当が廃止され、その代わりに、こども手当が支給されます。



そのため、児童手当の口座に、こども手当が振り込まれるのは、
ごく自然な流れです。




異なるのは金額だけです。児童手当は月5,000〜10,000円
こども手当は月13,000円です。



このメールのバックナンバーは以下のブログでご覧いただけます。
http://ameblo.jp/yukihiko55/




このように、一見、とてもシンプルに見えるシステムですが、実際には
怖い怖い問題を抱えています。


皆さんが頑張って納めた年金が
ギャンブルやキャバクラに使われてしまう危険を秘めているのです。




どういうことでしょうか?


夫婦が同居している場合は問題ありません。



どこの口座に手当が振り込まれても、
常識的な親なら、子供にために使うでしょう。


問題になるのは、夫婦が別居している場合です。




(次回に続く)

yukihiko55 at 10:29 

2010年11月18日

24時間365日、頑張れない親のストレス発散法

町中、ハロウィン一色ですね。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。

ハロウィンと言えば、かぼちゃですが、かぼちゃを見ると季節を感じますね


かぼちゃを筆頭にじゃがいも、にんじん、大根など中身が硬い野菜が増えると
いよいよ冬本番です。


さて前回までは「離婚後の面会」は、子供にもメリットが
あるというお話をしてきました。

今回はその続きです。



なぜなら、片親の家庭では、
しつけや教育費にかけられる時間が限られています。



単純に計算しても、両親が揃っていれば、2人で分担できる育児、教育、会話を
1人でやらなければならず、離婚する前に比べ、
その負担は2倍になります。




子供のために十分な時間をとることができないと
細かい生活や教育について気を使ったり、
気を回すことができなくなります。





また本当は真剣に叱ったり、怒ったりしなければならない場面でも、
なぁなぁになってしまったり
きちんとケジメをつかないまま、時間ばかり過ぎてしまいます。





そういった理由で「聞き分けがない」「独りよがりな」「集中力が散漫な」性格になり
そのまま大きくなってしまいます。


教育やしつけが、子供の成長に追いつかず、
年齢のわりに幼かったり、未熟だったりする傾向があります。



このメールのバックナンバーは以下のブログでご覧いただけます。
http://ameblo.jp/yukihiko55/



そこで離婚後の面会が効果を発揮します。
もう片方の親と話をさせることで、
新しい価値観や考え方を教えることができます。




そうすると子供が少しだけ視野を広げることができ、
それが情緒や性格の発達に効果があります。





離婚直後は、子供がすぐ怒り出したり、泣き出したり、その回数が増えるのですが
片方の親と面会させることで、その回数もだんだん減っていきます。




面会の回数は多くとも月に2回程度、
2ヶ月に1回、3ヶ月に1回というケースもあります。



また面会にかけられる時間も24時間ではなく、
多くとも半日、少ないと1〜2時間です。
親権者の側としては、このような希望を持っているかもしれません。




「面会をさせれば、子供が手から離れるから、ようやく一息つける。
育児から解放され、たまにはストレスを発散したい!」




「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】





ただ実際のところ、面会をさせても、このような効果はありません。



なぜなら、1つは面会の回数や時間は限られており、
一息つけるほど、子供を預けておくことはできないからです。





もう1つは、そもそも面会の目的は、親権者の負担軽減ではないのだから。
もし、そうだとしたら、面会は「親のため」になってしまいます。



やはり、面会の目的は、親権者の負担軽減ではなく、
子供の情緒の安定や、人格の形成なのです。




先ほどお話したように、面会は親のためではなく、「子供のため」です。



親ばかりが「得をしよう」「プラスをもらおう」「楽をしよう」としても、
それは本末転倒です。





ここまで、親と面会させることで、子供にとって、
どのようなメリットがあるのかについて
お話してきました。





「面会のメリット」があるのは確かですが、どんな場合でも無条件に
面会させた方が良いというわけではありません。




面会させることで、むしろ子供にとって
マイナスに働いたり、悪影響を及ぼすケースもあります。




例えば、次のような場合です。


・こっそり、あなたの悪口を吹き込む、嘘を本当にように話す


・高価なオモチャを買い与えたり、高額なお小遣いを渡す


・子供を連れ去ってしまい、両親や再婚相手に無断で会わせる






「逆ギレ対応マニュアル〜今すぐ最強の離婚交渉術を手に入れる」
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9027.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】



繰り返しになりますが、面会はあくまで「子供のために」行うものです。


「親のため」ではありません。



面会をすることで、子供に明らかに「害」があったり、
教育やしつけに悪影響が出たり
常識的に考えて「おかしい」と思えることがあったら、どうでしょうか?




それは「子供のため」にはなりません。情緒の安定や、人格の形成のために
面会させているのに、それ以上のデメリットが発生するのなら、
何のために面会させるのか分かりません。




そのようなトラブルが一度限りなら、見過ごしても良いかもしれませんが
何度も続くようなら、無理に面会させる必要はありません。



実際、「おかしな面会」面会が行われた場合、
面会が終わった後、子供が精神的に不安定な状態で
帰ってきますから、すぐに「何があったのか」分かるはずです。




(次回に続く)

yukihiko55 at 14:20 

2010年11月15日

養育費と面会の問題、全く新しい考え方とは?!

毎年、この時期になると「手帳」の話題で持ちきりですね。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。


実は私、手帳は持っていません。
スケジュール管理は事務所のカレンダーと、
携帯のメモ帳を使ってるからです。


そんなわけで世間の盛り上がりに、付いていけません(苦笑)




さて前回までは養育費を「親目線」で見た場合のことをお話してきました。
今回は「子供目線」の話です。




子供にとって、養育費が何なのかというと、
自分が「最低限の教育」を受けるために必要なお金です。


家庭の状況によりますが、養育費がゼロだと、
本当に「最低限の教育」すら受けられないケースもあります。


そう考えると、養育費をもらえるかどうかは死活問題ですが、
それを本人が自覚しているかどうかです。





相手が「子供目線」で考え、養育費を払おうという気持ちになれば良いですが
そもそも想像力、予想力が欠如していて、
「そんなことになっているなんで、思いもよらなかった」と
言い訳をする人も相当数います。





「逆ギレ対応マニュアル〜今すぐ最強の離婚交渉術を手に入れる」
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9027.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】





もしくは、知っているのに、あえて何もしない確信犯です。



自分が養育費を払わないと、子供が「最低限の教育」を受けられないことを
知りながら、それでも養育費を振り込まないのです。




そのような相手に「良心の呵責」を期待しても仕方がありませんので
「しょっちゅう養育費が止まる」ことを覚悟で、
離婚するとき、養育費の約束を取り付けるか
そもそも養育費を頼らず、自力で生きていくか、いずれかを選択することです。



一方、子供との面会とは何なのでしょうか?


基本的な考え方は、養育費と同じです。


離れ離れの親子が顔を合わせることは、
どちらかと言うと、親の自己満足かもしれません。




「親が子供に会いたい気持ち」と「子供が親に会いたい気持ち」と比較した場合
やはり、親の気持ちの方が大きいからです。




「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】



・離れて暮らす子供と、じっくり話をすることができる


・公園で遊ぶことができる


・一緒の食事や買い物をすることができる





これらは親の「したいこと」ですので、親の欲求を満たすものです。



そう考えると、面会を実現することで嬉しい、楽しい、喜んでいるのは
一見、子供より「親」の方だと思われます。



ただ、実際のところ、面会は親の都合だけではありません。


面会も養育費と同じように「子供の目線」で見てみることが大事です。



離婚したのに子供に会うなんて・・・面会は親の都合や勝手であり
わがままを叶えるために行われている。


多くの人はそう思っているでしょう。




このメールのバックナンバーは以下のブログでご覧いただけます。
http://ameblo.jp/yukihiko55/



しかし面会の実現は、子供にとってもメリットがあります。
それは情緒の安定や、人格の形成にプラスの効果があることです。



具体的には片方の親と定期的に面会することで不安定だった情緒が安定したり、
ちょっとしたことで怒ったり、
苛立つ性格だった子供が、少しずつ改善していきます。



もちろん、100人中、100人の子供に同じ効果が現れるわけではありませんが
こういった傾向があります。



なぜ、面会が子供にとってプラスになるのでしょうか?


yukihiko55 at 14:15 

2010年11月11日

一度、ストップした養育費を復活させる方法

早いもので、そろそろコタツを引っ張り出す季節になりました。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。


さて前回までは、一度止まった養育費を復活させる方法についてお話してきました。
今回はその続きからです。




養育費を復活させるには、時間やお金、労力が必要であって
無償、無時間、無労力ではないのです。




例えば、差押を実行するには、裁判所に申し立てをし、
裁判所に「差押命令」を出してもらう必要があります。



申立をするには、裁判所で印紙や切手を購入しなければなりませんが
この金額が1万円程度です。





また申立をするには、申立書を記入する必要がありますが、裁判所内で
記入するのは難しいため、あらかじめ、自宅で作り込んでおきます。




申立書の記入にかかる時間は、1〜2時間でしょうか。




申立書には書類(双方の住民票、戸籍謄本など)を添付する必要があり
これを用意するには3〜7日ほどかかります。





このメールのバックナンバーは以下のブログでご覧いただけます。
http://ameblo.jp/yukihiko55/




このように一度、止まった養育費を復活させるには
「1万円のお金」と「1週間の時間」が必要になります。




もちろん、あなたがお金に余裕があり、そして暇を持て余していれば良いのですが
実際には、そんなことはありません。




毎日、仕事と育児に追われ、忙しくしているなかで
申立書を記入したり、何度も裁判所に出向くのは、大変な負担です。


また、「お金がないから」養育費をもらいたいわけですが、
お金に余裕はありません。




また基本的に一度、養育費が止まってしまうと、今後、相手が自主的に養育費を
振り込んでくることはありません。




そう考えると、これから養育費の最終回まで
「養育費が止まる→差押→養育費が止まる→差押→養育費が止まる→差押」と
いう流れをずっと繰り返すことになります。




このように養育費の本質を突き詰めていくと
「子供のことを何とも思わない」




そんな親から、手間暇かけて、養育費をもらうこと。
それが本当に意味があるのかどうか、
そこまで深刻に考えなければなりません。




あなたの大事な時間と多少のお金をかけて、その代償してもらえる養育費が
月3万円、4万円・・・それがあなたの努力に見合った成果なのかということです。




養育費を面会との対価関係で考えるのなら、また話は別です。
養育費はもらわない、その代わりに面会もさせない。



「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】




もし「養育費をもらわないデメリット」と「面会をさせないメリット」と比較して
養育費放棄のデメリット<面会不要のメリット、そうなるのなら
それは「あえて養育費をもらない」理由として十分でしょう。



しかし、養育費を面会との対価関係ではなく、養育費それ一本だけで考えても
同じような結論に至るケースもあります。



「子供への愛情」が薄い相手なら、
あえて親としての責任を追及しない方が楽ちんだということです。



「なんで養育費を払ってくれないの?」10年も20年も、
このように悩み続けるくらいなら。



また養育費は「払っている側」からすれば、
「親の自己満足」に見えるかもしれません。
仮に親の見栄やエゴだとしても、それはそれで構いません。



養育費を払う動機はどうあれ、養育費を払っていることで、
子供に対して大きな顔を出来るのです。




-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----


◆ 離婚後の養育費相場の計算はどうなっているの?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon01.html



◆ 養育費の未払い、遅延、延滞はどうする?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon52-2.html



◆ 子供の養育費を滞納し、強制執行、差し押さえをするには?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon52.html


◆ 離婚で財産分与するとき、不動産の住宅ローンは?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon92.html



◆ 財産分与の相場によって税金が変わる?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon92-2.html


◆ 退職金の財産分与の時効は何年?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon92-3.html


◆ 家庭裁判所に離婚調停を申し立てるには?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon93.html



◆ 養育費、慰謝料の調停の手続、期間、費用は?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon93-2.html



◆ 離婚の慰謝料相場の計算方法とは?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon95.html



◆ 浮気の慰謝料を請求すると税金がかかる?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon95-2.html


◆ 離婚協議書の後悔しない書き方、作成方法とは?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon53.html



◆ 離婚協議書の作り方、見本、サンプル、書式
http://www.tuyuki-office.jp/rikon53-2.html


◆ 離婚後、子供との面接交渉、面会を拒否された場合は?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon54.html


◆ 横浜、川崎、神奈川の離婚相談、法律相談

http://www.tuyuki-office.jp/

◆ 公正証書にできる離婚協議書とは?

http://www.tuyuki-office.jp/rikon24.html

◆ 子供を認知し、養育費や出産費用を請求する方法とは?

http://www.tuyuki-office.jp/rikon336.html


-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----



「逆ギレ対応マニュアル〜今すぐ最強の離婚交渉術を手に入れる」
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9027.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】


だから、このように考えると、養育費を払う動機は、
やはり「自分の欲求」なのです。



大雑把にいえば、「自分はこれだけ子供を愛している」と、
主義主張しているのです。



このように割り切って考えれば、養育費と面会を対価関係で
とらえる必要はないでしょう。




養育費を払っていることと、子供と面会することは、また別問題です。



一方、養育費は子供にとって何なのでしょうか?



子連れ離婚は、どんなときも、「子供目線」で見ると、
とても分かりやすい。



(次回に続く)

yukihiko55 at 13:28 

2010年11月08日

悪魔と、天使のささやき【養育費編】

旅行先で携帯が壊れました。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。

突然、電源が入らなくなったのです。どうやら、電池の故障らしいです。
携帯を時計代わりに使っているため、時間が分からないのは致命的です。
駅の時計をこんなに必死に探したのは初めてですね(苦笑)



さて前回は、子供への愛情がない親は、
養育費を払わなくても許されるのか、というお話をしてきました。
今回はその続きです。




もちろん、それは許されませんし、「養育費を払わなくても良い」理由
「養育費の不払い」を肯定できる理由は、この世の中には存在しません。



ただ現実問題として、次のような人が一定数いるのは事実です。
このような人から、養育費を確保し、
100%、振り込ませるのは、そう簡単なことではありません。


「義務的に養育費を払っている人」


「嫌々、ATMで養育費を振り込んでいる人」


「養育費を払わないで済むのなら、そうしたい人」




なぜなら、「子供のために何とかしよう」という気持ちがない人が自分から進んで
養育費を振り込んでくることはないからです。


気持ちとお金は別物?その答えはノーです。




「子供への愛情」は、大きな心理的な圧力として、目の前に立ちふさがります。



もちろん、いつもいつもお金に余裕があり、余ったお金を養育費として
振り込むことができれば、問題ありません。




「逆ギレ対応マニュアル〜今すぐ最強の離婚交渉術を手に入れる」
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9027.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】



一方で、最近の不況で残業代がつかなくなり、
収入が激減するケースが増えています。


また再婚して子供が産まれ、生活が苦しくなっている人もいるでしょう。




このように、お金に余裕がないとき、どのような気持ちになるでしょうか?



「まぁ、いいや」と、決められた日に養育費を振り込まず、
後回しにしたい気持ちも生まれます。



しかし、「子供への愛情」があれば、
「苦しいけれど、やっぱり振り込もう」となります。



子供への愛情は、養育費を振り込む動機付けになるのです。


しかし、「子供への愛情」がないと、どうなるでしょうか?



例えば、職場でリストラに遭って、失業手当を受けていたり
両親に介護が必要になって、お金に余裕がなくなったような場合です。





きっと心のなかでは、悪魔のささやきと、
天使のささやきが聞こえるでしょう。


悪魔のささやきとは
「お金がないんだから、養育費を振り込まなくてもいいや」


天使のささやきとは
「苦しい状況で、養育費を振り込まないと、子供に迷惑がかかる」





このような二者択一の場面で、悪魔のささやきに従ってしまうのです。
「まぁ、いいや」そして、いとも簡単に養育費は止まってしまいます。




「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】




このような流れを経て、養育費が止まるわけですが
子供への愛情がない相手から、養育費を確保する、振り込ませる、復活させるのは
そう簡単なことではありません。




これがいかに難しいのか、そのあたりを
もう少し突っ込んでお話します。




例えば、離婚時に公正証書を作成していれば、養育費が止まっても
相手の給与や財産を差押さえることができます。





「給与の差押=養育費の復活」それは確かにその通りですが
それはあくまで「差押ができる」だけであって、
あなたがコタツでミカンを食べているうちに
「何もせず」養育費が振り込まれてくる、
そこまでを保証しているわけではありません。




どういうことでしょうか?

-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----


離婚後の養育費相場の計算はどうなっているの?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile.htm

養育費の未払い、遅延、延滞はどうする?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile14.htm

離婚の慰謝料相場の計算方法とは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile25.htm

離婚で財産分与するとき、住宅ローンは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile36.htm

離婚年金分割の金額、請求方法、公正証書の知識
http://www.tuyuki-office.jp/mobile148.htm

離婚後、子供の親権はどうなる?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile76.htm

離婚後、子供との面接交渉、面会を拒否された場合は?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile47.htm


離婚協議書の後悔しない書き方とは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile99.htm

家庭裁判所に離婚調停を申し立てるには?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile88.htm

-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----



yukihiko55 at 11:11 

2010年11月04日

養育費と面会は、交換条件?!

いよいよ冬らしい陽気になってきましたね。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。


今日は押入れから、真冬用のコートを引っ張り出してきました。


さて前回までは、次のようなケースで養育費の未払いが発生するというお話をしました。
今回はその続きです。



・養育費を払いたくない父親


・養育費をもらいたい母親




養育費と面会は法律上、対価関係にはありません。
対価関係というのは

・「養育費をもらっているから、子供に会わせないといけない」


・「子供に会わせてもらったから、養育費を払わないといけない」



という関係です。




確かにそのような心理状態が「養育費の振込」と
「面会の実現」を後押ししてしますが
それが正式に認められているわけではありません。





このメールのバックナンバーは以下のブログでご覧いただけます。
http://ameblo.jp/yukihiko55/



本来は、養育費は養育費、面会は面会と、
別個に考えなければなりません。



養育費と面会、面会と養育費を結びつけてはいけないのです。
法律の世界では。




しかし、法律の世界と違い、現実の世界では見事に
「対価関係」になっているのです。



これは善悪の問題ではなく、結果的にそうだということです。
だから、問題が難しくなるのです。




そこで考えたいのは、養育費と面会を別々に切り離すことはできないか、
ということです。



・「養育費をもらっているから、子供に会わせないといけない」


・「子供に会わせてもらったから、養育費を払わないといけない」


という交換条件や見返りではなく、養育費は養育費で、
面会は面会で実現させる方法はないでしょうか?



まずは養育費が何なのかについて考えていきましょう。



養育費は「離れて暮らす親が、子供のために援助するお金」です。


一緒に暮らしていれば、子供を扶養に入れ、
当然のように生活費や教育費、健康保険などを
負担することができます。




一方、離れて暮らしていると、それが出来ないため、現金で振り込みます。
扶養や控除、手当ではなく、「現金」だというのがポイントです。




さて、ここで問題になるのは、「養育費を払う側」の心の持ちようや、心理状態です。




「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】




もちろん、義務的に養育費を支払っている人もいます。
まるで他人にお金をつぎ込むかのように。



そして自分がお金を持って行かれる「被害者」だという意識です。




しかし、大半の人は、そんなことはありません。


離婚した後も、子供に対して気持ちや愛情を持っています。


「子供のために」という感情の面が、
「お金がもったいない」「節約したい」という感情より先立っています。



「払わないといけないから、払う」のではなく
「払いたいから、払う」のです。





そういう一面を見ると、やはり、親子は離婚しても親子です。



自分がかわいい「自分目線で」ではなく、
子供中心の考え方「子供目線」なのです。



それが本来の養育費のあり方であり、理想的な展開です。





「逆ギレ対応マニュアル〜今すぐ最強の離婚交渉術を手に入れる」
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9027.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】



ただ、このような話をすると、愛情も気持ちもない親は、
どうなるのかという問題があります。



「子供をかわいい」と思わない親は、養育費を払わなくても良いのか、
そういう反論が飛んできそうです。




今年8月の初めに、大阪で母親が、二歳児とゼロ歳児をアパートの一室に放置して
死亡させたという事件が世間を騒がせました。



この事件を見ても分かるように、全体のなかの一部には、
このような人間が混在しているのです。





お腹を痛めて産んだ子供なのに、異性との交際や性交渉を優先して、子供を放置する人間が。
そして育児放棄(ネグレクト)につながっていきます。




では「子供のことを心配しない親」は、親の責任を負わないし、免れるのか?




(次回に続く)

yukihiko55 at 13:20 

2010年11月01日

「大人の対応」で10年後、幸せになる方法

今日はつかの間の休日です。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。


先週まで名古屋、大阪に行っており、また来週から福岡に出張するからです。

下手をすると、今月は自宅のいる日より、ホテルのいる日の方が多いかもしれません。
今のうちに、家のぬくもりを味わっておきます(笑)


さて前回までは離婚の話し合いを早期に終わらせることで、
離婚後の面会も実現できるというお話を
してきました。今回はその続きからです。



また、このテクニックは何も「子供に会いたい」という親の欲求を満たすために
紹介しているわけではありません。「子供に会いたい」という気持ちは、
親の立場になった見方です。




面会が実現できずに、困るのは親であって、子供はどうなのか分かりません。
だから、もし、離婚の進め方を間違えて、子供と面会できなくなっても、それは親の自業自得です。





では、子供の立場でこの問題を見てみる、どうなるでしょうか?





「逆ギレ対応マニュアル〜今すぐ最強の離婚交渉術を手に入れる」
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9027.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】




親同士が散々、親権や養育費で揉めた結果、離婚した後もお互いがお互いを恨み続け
とても子供の面会を言い出せるような状況でなかったとします。




これは夫婦関係の断絶、という同時に、親子関係の断絶も意味します。




子供からすると、離婚したその日から、片方の親と会えない、しかも永遠に・・・
まさに「突然、親を失う」そんな境遇です。




実際、離婚した後、親と面会していない子供は、面会している場合に比べ
精神状態が不安定になったり、情緒がおかしくなったり、
心の成長が遅れるという傾向があります。




このような「親子関係の断絶」を防ぐのは、何も親だけでなく、
子供のためでもあるのです。



将来のことは分かりませんが、離婚してから当面、
定期的に親子が面会することができれば
こういった「離婚による子供の心理的デメリット」を多少なり、軽減することができます。



これから離婚しようという相手を目の前にして、
感情的になる気持ちはよく分かりますが
今日明日だけでなく、5年10年を見据えて、冷静に、大人の対応をすることが大事です。





何が大事なのか、少し自問自答してみて、自分の名誉や立場、お金や支払いよりも
「子供のこと」が大事だと考えるのなら、今回ご紹介した方法にチャレンジするのも
有効な方法です。まずは一度、気持ちを整理することです。





「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】



・養育費と面会との関係性



「子供と面会できないなら、養育費なんて払わない」そう逆ギレする父親


「元夫と面会させたくないから、養育費なんて、いらない」そう開き直る母親


このように「養育費」がどこかに置き去りにされ、
およそ世間では通用しない理由や理屈がまかり通っているのも現実です。



こういった「心理状態」「心の持ちよう」が、
養育費不払いの件数を増やしています。




養育費不払いは今や、社会問題になっていますが、
その問題を悪化させる1つの要因になっています。



このメールのバックナンバーは以下のブログでご覧いただけます。
http://ameblo.jp/yukihiko55/



具体的に数字を挙げると
父親から養育費をもらっている母子家庭は全体のわずか34%。
(平成14年、厚生労働省の母子家庭生活調査)



3人に1人は、養育費をもらっていないわけですが、その構図は簡単ではありません。



・養育費を払いたくない父親


・養育費をもらいたい母親



という単純な構図であれば、とても分かりやすいですが、実際にはもう少し複雑です。



養育費の問題を語る場合、
必ずといって良いほど「子供との面会」が、その間に入り込んでくるのです。
だから厄介なのです。




では、養育費と面会を、どのように考えれば良いのでしょうか?




(次回に続く)

yukihiko55 at 12:18 
Profile
行政書士・露木幸彦と申します

平成11年4月  国学院大学法学部法律学科 入学
(3年時に早くもオリジナル名刺を作成。インターンシップで人事部長に手渡し、強烈なイメージを植えつける。大手の分業制に価値観の違いを感じ、地元金融機関へ)

平成15年4月 某金融機関に入社
(融資係へ配属。わずか3ヶ月で住宅ローンの契約5件1億円を達成し、脚光を浴びる。しかし、当時の支店長より「儲からない商品を売るんじゃない!」との言葉に激怒。確かに10年固定10%は採算ラインぎりぎりであった。17年1月、行政書士 同3月にFP試験に合格する

平成17年4月 露木行政書士事務所を開業
主に離婚問題に特化し、業務を遂行。「離婚サポート.net」を立ち上げ、日本初!養育費見積もりサービスを開始。日々、メール電話鳴り止まず
露木幸彦を読み解くキーワード
1.「お客様の立場になってモノを言う」


 銀行マン時代のこと。住宅ローンの借換を営業していたところ、いろいろ質問してくるお客さんがいた。当時は本当の新人だったので、分からないことだらけ。もちろん、質問されたところで、8割方は答えられない。なので「調べてから、お電話しますよ」といって、一目散に逃げていき、営業店の書物をひっくり返した。
 質問される→調べる→電話する
を繰り返すうちに、その方とは仲良くなっていった。しかし、問題だったのが、借換をしてもほとんどメリットがなかったのだ。ふつうであったら、自分にとって都合の悪いことはお客様に話さないところだ。だが、本当に心の底から「何か役に立ってあげたい」気持ちがあったので、言ってしまったのである
 「今回のケースでは借換のメリットはわずかです。返済されている住宅ローンの現状がわかっただけでも良いじゃないですか」 
 結論的には住宅ローン借換の契約を結んでいただいた。後で聞いた話では、他の銀行マン3人も営業をかけていたとのこと。なぜうちを選んでもらえたのですか?
 「あんたの言っていることが一番信用できたからだよ」
今でもそのお客様とはプライベートでも親交があります。「お客様のためにならない契約はしない」これが信条です





2.「ウソをつかない、つけない」


 正直、あまり頭は良くない方です。法律系国家資格の中では一番易しいと言われる行政書士を5回も落ちているのだから、弁解の余地はありません。
 ですから、お客様から質問されたことには、ありのままお答えすることしかできません。もっと賢い方でしたら、「もっと契約に近くなる答えをしよう」とか「もっと高い報酬を得るために、わざと理解しにくい言葉を使おう」とかいうテクニックは持ち合わせていません。
 銀行マン時代。
 質問される→調べる→電話する の繰り返しで契約をとっていた私にとって印象的な言葉があります


「あんただから契約した。あまりにも正直すぎるから」


自分としては、ありのままを答えただけなんですが・・・・

露木幸彦主催セミナーのご案内

行政書士としてこれから開業する方、

又開業済で軌道に乗せようという方へのご案内です




同業者の友達の口から出た言葉に私は声を失いました。

「おまえは馬鹿か?この以上ライバルを増やしてどうするの?



余計なことしてる暇があったら、集客してりゃいいじゃん」



本当に余計なことでしょうか?

 私は開業以来、ダイレクトマーケティング、ブランド戦略など様々勉強し、

吸収してきました。これから進化していくことでしょう。



 セミナーで話すことは今現在のノウハウであって、

これを公開することでウチの事務所に影響があるとは考えていません。

むしろここでカミングアウトすることで、自分の進化スピードに拍車がかかると期待しています。



 開業初月から100万200万を売り上げるためのセミナーではありません。

その金額を初月から目指すのはリスクが大きくギャンブルに近いです。



今回は着実に60万円を売り上げ、この中から事務所の家賃、自分の給与、

温泉旅行代?を賄うノウハウです。個人の貯金から切り崩すなんて、

開業した意味がありませんから

 私も開業する前、開業直後はいろいろな本を読み、話を聞き、セミナーに顔を出しました。

すると頭ばっかり大きくなってきます。頭が大きくなると「自分でやったような気が」してくるんですね。

何もやっていないのに、やったような気が。



 現場ではその時その時でシチュエーションが変わります。いくら本を読み、

話を聞き、セミナーに顔を出したとしても残念ながらそれと全くお同じ場面は登場しません。

では、このセミナーも無駄か?



 そんなことはありません。セミナーは考え方を学ぶ場です。私がピンチになったとき、

何を考え、どう行動して解決したのかお話します。



 あなたがピンチに陥ったとき、きった役に立つ「考え方」だと思います。




この続きを読む


Recent Comments
  • ライブドアブログ