2011年03月

2011年03月24日

「負け組」の一歩手前で、緊急脱出する方法

地震の前は春らしい日が多かったのですが、地震の後は急に冬に逆戻りですね。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。



今回の地震では、とても残念なことがあります。
それはネットやチェーンメール(マスコミも含め)、嘘やデマが広められており
そのせいで余計に生活が不自由になっていることです。



・被災地ではないのに、食料やガソリンを買い占める
・放射能が漏れるからと言って、関東の人が、関西から西へ非難する
・北関東の野菜を食べると、被曝して病気になると言いふらす



このように「何が正しくて、何が間違っているのか」不安で仕方がないとき
オススメしたい本があります。それは将棋の羽生さんの最新刊「大局観」です。
http://p.tl/l5qF



この本は、丸善(丸の内オアゾ)では、3週連続1位になるなど、地震の最中でも
売れていたようですが、大量の情報のなかで、何を信じ、何を切り捨てるべきか
とても参考になる部分が多いです。



この時期に出版されたのも、何かの運命かもしれません。
私はいろいろな本を読みますが、久々に「これはすごい!」と本気で思いました。




前回お話したように「離婚→再婚」が増えれば増えるほど、
お金で行き詰まるケースが増えますが
その本当の被害者は「子供」でしょう。




親を選べない子供こそが、離婚の犠牲者なのです。
だから、子供のために何が出来るのか、真剣に考えなければなりません。




「3人に1人が離婚する時代」では、日本人全体に占める
離婚経験者の割合がどんどん増えていきます。




そして同時に、バツイチ再婚の可能性が高くなります。



そうすると再婚時に「養育費を払えない」「養育費をもらえない」
という問題が発生するのは必然です。




日本の人口が急に増えたり、離婚件数が突然減るようなことがあれば別ですが
そのようなことは期待できない以上、養育費が原因で、
涙を流す子供が増えることも意味します。





「逆ギレ対応マニュアル〜今すぐ最強の離婚交渉術を手に入れる」
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9027.html
【 7月27日に一部、リニューアルしました 】




そんな悲劇が、あちらこちらで起こっているのですが、
この原因は何なのでしょうか?




それは「離婚した後の子供のこと」を離婚当事者だけに
押し付けているからです。


ある意味、「弱い物いじめ」に近い状態になっています。





離婚当事者とは、元夫と元妻です。



元夫が再婚すれば、養育費を払えなくなりますし、
元妻が再婚すれば、養育費をもらえなくなります。



誰もが、そうなることを望んでいるわけではないのですが、毎日必死に生きていると
無意識のうちに、このような罠に引っかかってしまうのです。




それが分かっているのに、指をくわえたまま、
見過ごすわけにはいかないでしょう。






考え方によっては、彼、彼女らは「少子高齢化」に貢献しています。



最後は離婚という結果になりましたが、
子供を産んで、育てているのは事実です。



一方で、離婚経験者のなかでも、子供がいないケースや
そもそも結婚せず、子供がいないケースも多くあります。




この人たちは、「少子高齢化」には
貢献していません。その貢献度は、税金や控除、
手当に反映させなければならないでしょう。




子連れ離婚の当事者と、それ以外の人との間の「不平等」
それを少しでも解消する方法はないでしょうか?





やはり「離婚した後の子供のこと」を離婚当事者だけに
責任を負わせるのは、あまりにも重すぎます。




子連れ離婚の当事者以外の人が、子連れ離婚の当事者を
フォローする仕組みが必要です。

-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----


◆ 離婚後の養育費相場の計算はどうなっているの?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon01.html



◆ 養育費の未払い、遅延、延滞はどうする?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon52-2.html



◆ 子供の養育費を滞納し、強制執行、差し押さえをするには?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon52.html


◆ 離婚で財産分与するとき、不動産の住宅ローンは?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon92.html



◆ 財産分与の相場によって税金が変わる?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon92-2.html


◆ 退職金の財産分与の時効は何年?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon92-3.html


◆ 家庭裁判所に離婚調停を申し立てるには?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon93.html



◆ 養育費、慰謝料の調停の手続、期間、費用は?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon93-2.html



◆ 離婚の慰謝料相場の計算方法とは?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon95.html



◆ 浮気の慰謝料を請求すると税金がかかる?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon95-2.html


◆ 離婚協議書の後悔しない書き方、作成方法とは?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon53.html



◆ 離婚協議書の作り方、見本、サンプル、書式
http://www.tuyuki-office.jp/rikon53-2.html


◆ 離婚後、子供との面接交渉、面会を拒否された場合は?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon54.html


◆ 横浜、川崎、神奈川の離婚相談、法律相談

http://www.tuyuki-office.jp/

◆ 公正証書にできる離婚協議書とは?

http://www.tuyuki-office.jp/rikon24.html

◆ 子供を認知し、養育費や出産費用を請求する方法とは?

http://www.tuyuki-office.jp/rikon336.html


-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----




当事者だけでは、どうしようもないわけですから、
周りがサポートしなければなりません。





「モンスター」と早く有利に別れたい人限定!最強の猛獣調教マニュアル
〜離婚、養育費、浮気、モラハラの最善対処法〜
http://www.tuyuki-office.jp/monnsuta.html



具体的には、どのような方法があるでしょうか?





国が「両親が離婚した子供」に対して、
お金を援助する方法があります。



養育費を国の税金でまかなうということです。




これはすでに韓国などで導入されているようですが
「子供の責任」を両親だけに任せず、国も積極的に関与していくということです。




もちろん、税金を納めている離婚経験者だけではありません。



子供連れではない離婚経験者、未婚者、
子供がいない既婚者なども含まれています。



その人たちにとっては、自分とは関係のない子供のために、
税金が使われるわけです。



「なんで自分の財布から、他人の子のために、お金を出さないといけないんだ」
このような反論がクレームも出てくるかもしれません。





しかし、よく考えてみてください。



先ほどお話したように、彼、彼女たちは、確かに離婚しましたが
子供を産み、育ててきたことは事実です。





そのおかげで、多少なり、少子化に歯止めがかかっています。


それなのに、少子化に貢献していない人間が、
「自分さえ、よければいい」という考えのもと
社会的な弱者をクスクスと笑い、手を差し伸べようとしない、
そんなことが許されるでしょうか?




そのような姿勢や態度が認められるようでは、
これからの社会はおかしなことになってしまいます。





だから、「少子化の貢献者」である子連れ離婚当事者には、
「みんなの」税金を使っても良いのです。



他人の子にお金を払うのは、決しておかしなことではありません。




このメールのバックナンバーは以下のブログでご覧いただけます。
http://ameblo.jp/yukihiko55/



「片親の子供にかかるお金」を、離婚当事者だけでなく、
社会全体、日本国民みんなで分かち合って
負担するという考え方を持つことが大事です。




これが実現すれば、「お金を理由」に、離婚を躊躇したり、
再婚をあきらめる人は、ぐっと減るでしょう。



さらに「お金」が原因で、不幸になる家庭も、少なくなるでしょう。






また、子供は親を選んで産まれてこないわけですから、少なくとも
「こんな家に産まれてくるんじゃなかった。運が悪かった。もう最悪」と、
暗い気持ちになる子供がいなくなるように。






(次回に続く)


yukihiko55 at 14:15 

2011年03月07日

なぜA型は、見返りを求め「すぎる」のか



早いもので2011年も3ヶ月に突入ですね。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。


つい最近、カレンダーを新調したばかりだと思っていたら
もう2回もめくった計算になりますね。


さて、ここ数年の風潮として「結婚の見返り、代償」に
ついて注目を集めることが多くなりました。



典型的なのは「家事はいくらの金銭的価値があるのか」と
いうアンケートです。



アンケートの善悪はともかく、誰しも、ハっとさせられるのは、間違いありません。



おそらく未婚者が増えたことが原因ですが、
そのあたりについて、少しまとめてみたいと思います。




「結婚のメリット<結婚のデメリット」の場合、結婚の満足感は低くなりますが
メリットが拡大する、またはデメリットが縮小する要素は以下の通りです。




・結婚してみると交際時に比べ、ギャップが大きかった(デメリット大)



→一緒に暮らしてみると、嫌な面が目につくようになった。
例えば、男性なら「彼女が些細なことで注意される、馬鹿にされる、話を聞いてくれない」

女性なら「彼が大きな声を出す、怒りっぽい、謝らない」などです。





・結婚に対して過大な期待をしていたけれど、それほどメリットがなかった(メリット小)



→男性のメリットと、女性のデメリットは相対していることが多く
例えば、男性は「好きなときに性交渉できる」、女性は「性交渉を断りにくくなる」

男性は「いつも一緒にいられる」女性は「喧嘩になると逃げ場がない」などです。





◆ 結婚前
(交際時に持っていたあこがれ、期待、理想、夢、希望)


○ 男性


 ”徂悗覆蕕匹鵑別簑蠅眈茲蟇曚┐蕕譴襦協力してくれる、力になってくれる


◆^貊錣砲い蕕譴襦∀辰鯤垢い討れる、最大の理解者


 好きなときに性交渉できる


ぁ_鳩廖家事、育児を任せられる

-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----


◆ 離婚後の養育費相場の計算はどうなっているの?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon01.html



◆ 養育費の未払い、遅延、延滞はどうする?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon52-2.html



◆ 子供の養育費を滞納し、強制執行、差し押さえをするには?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon52.html


◆ 離婚で財産分与するとき、不動産の住宅ローンは?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon92.html



◆ 財産分与の相場によって税金が変わる?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon92-2.html


◆ 退職金の財産分与の時効は何年?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon92-3.html


◆ 家庭裁判所に離婚調停を申し立てるには?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon93.html



◆ 養育費、慰謝料の調停の手続、期間、費用は?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon93-2.html



◆ 離婚の慰謝料相場の計算方法とは?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon95.html



◆ 浮気の慰謝料を請求すると税金がかかる?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon95-2.html


◆ 離婚協議書の後悔しない書き方、作成方法とは?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon53.html



◆ 離婚協議書の作り方、見本、サンプル、書式
http://www.tuyuki-office.jp/rikon53-2.html


◆ 離婚後、子供との面接交渉、面会を拒否された場合は?
http://www.tuyuki-office.jp/rikon54.html


◆ 横浜、川崎、神奈川の離婚相談、法律相談

http://www.tuyuki-office.jp/

◆ 公正証書にできる離婚協議書とは?

http://www.tuyuki-office.jp/rikon24.html

◆ 子供を認知し、養育費や出産費用を請求する方法とは?

http://www.tuyuki-office.jp/rikon336.html


-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----



● 女性


ァ_搬欧砲覆襪海箸琉貘隆供∀帯感、寂しくない(戸籍、苗字)


Α〕椶辰討れる、扶養してくれる


А_燭のとき守ってくれる


─^Δ靴討れる、仲良くできる



◆ 結婚後
(現実、失望、こんなはずじゃなかった、実際にはこうだった)


○ 男性


ァ,笋辰僂蠡梢諭聞佑方、価値観の違いを埋めようと努力しても)


Α\験菷颪鯏呂気覆ぁ⊂ない、給料、貯金を隠す


А,劼箸里擦い砲垢襦∪嫻づ床如逆ギレ、他人事、無視。お金を出さない


─‖縛される、粘着質、付きまとい、嫉妬(友達、仕事、子供への)



● 女性


 “蘖なく向き合わないといけない、受け止めないといけない、
逃げ場がない。頼みを断れない(交際時と違い、別れるという選択肢がないので)


◆1人の時間がない、逆に話を聞いてくれない


 性交渉を断れない


ぁ―佝颪垢襪箸の相談、報告が苦痛
(他人のお金だから)家政婦扱い。




■ 交際時に持っていた憧れ、期待、理想と、
結婚してからの現実が大きくかけ離れていたり、
またギャップの数が多いと、家庭内でストレスを受け、鬱憤やプレッシャーが蓄積する



→喧嘩やトラブル、問題の原因に
例)浮気、お金(ギャンブル、浪費、借金)、暴力(暴言、モラハラ)



■ 女性のオス化、男性の草食化により、男女の違いは希薄に。


yukihiko55 at 13:25 

2011年03月03日

再婚してもイイ人、ダメな人、その違いとは?!

今日はどこのニュースも「ひな祭り」一色ですね。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。

我が家でも小さいですが、ひな人形を飾るのですが
人形の顔は癒されますね。お雛様は、
実は結構、和風美人だったりします(笑)




さて前回まで離婚の増加によって、
その分、再婚の件数が増えているというお話をしました。
今回はその続きですが、以下は1月18日号、サンデー毎日の記事です。





一部、私が協力していますが、「再婚の注意点」について、よくまとまっていますので
今日はこれをご紹介します。





将来を見据え居を共にすることに致しました――1月13日にこう発表したのは女優の仁科亜季子(57)。
大手広告代理店幹部の同い年男性と再婚することを明かした。



俳優の神田正輝(60)も、タレントの長谷川理恵(37)と熱愛中だ。



仁科、神田ともに離婚歴がある。厚労省の人口動態統計によると
50歳以上の男性の再婚件数は90年に1万1276だったが09年には2万1946、
女性は5331から1万1653に増加した。




このメールのバックナンバーは以下のブログでご覧いただけます。
http://ameblo.jp/yukihiko55/





初婚については50歳以上の男性は90年の984から09年に5807に、
女性は1136から1304になった。




『婚活貧乏』(中公新書ラクレ)などの著書がある
男女問題専門家の露木幸彦氏のもとにも、
最近、熟年層から相談が続々舞い込む。




「熟年の結婚は人生経験を積んでいる上、
家庭的社会的なしがらみも複雑化しています。


若い頃のように『愛があるから』と、
勢いやきれいごとだけでは成立しにくい。
\否のカギは老後の経済力をどれだけイメージできるかです」(同)




 具体的には何歳まで働くのか、退職金はどう振り分けるのか、
年金はどれくらい見込めるのかといったこと。




子どもを希望するなら教育費の捻出も想定しなければならない。





もし神田と長谷川に今年子どもが生まれたら成人時、
神田は80歳、長谷川は57歳になる。
「経済設計がないと、子どもをもうけたはいいが進学もさせられないと
いう事態になりがちです」(同)





 離婚し、元配偶者に生活費、子どもに養育費を払っている場合はさらに大変だ。



「養育費は親権を持たない方が払う決まりなので、大
体前夫が負担している。



月4万円程度が相場ですが、
熟年者は収入が減ったりリストラにあいやすい。
離婚時に相場にとらわれず決めておくことです」(同)





「モンスター」と早く有利に別れたい人限定!最強の猛獣調教マニュアル
〜離婚、養育費、浮気、モラハラの最善対処法〜
http://www.tuyuki-office.jp/monnsuta.html





 現実はサラ金などから借金してまで仕送りを続ける前夫が少なくないという。
当然、再婚にも二の足を踏まざるを得ない。





「行き詰まってから前妻に相談しようとする男性が多いのですが、
大抵は前妻の連絡先が変わっている。
連絡がとれても無視されるか逆上されるのが関の山。





∩虻覆箸魯泪瓩墨⇒蹐鬚箸蝓∀辰傾腓辰討くことが再婚成功の近道です」(同)
 仁科のように、子がいるケースもある。


-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----


離婚後の養育費相場の計算はどうなっているの?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile.htm

養育費の未払い、遅延、延滞はどうする?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile14.htm

離婚の慰謝料相場の計算方法とは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile25.htm

離婚で財産分与するとき、住宅ローンは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile36.htm

離婚年金分割の金額、請求方法、公正証書の知識
http://www.tuyuki-office.jp/mobile148.htm

離婚後、子供の親権はどうなる?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile76.htm

離婚後、子供との面接交渉、面会を拒否された場合は?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile47.htm


離婚協議書の後悔しない書き方とは?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile99.htm

家庭裁判所に離婚調停を申し立てるには?
http://www.tuyuki-office.jp/mobile88.htm

-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----


「I廚、現妻の子を自分の子としたいなら養子縁組し、
自分の財産を相続させることが可能です。




夫と前妻に子がいれば相続権はそちらにあり、停止はできない。
縁組するなら、前妻の子との財産配分を考えておく必要がある」(同)





 せ劼陵無に関わらず、遺産や住まいの相続は結婚前、遺言に明記すると良い。



「実際は妻に書かされる夫が多い。妻に『早く死んで』と
急かされているようで夫は嫌がるものですが、
言われる前に自発的に書いておくべき」(同)

yukihiko55 at 13:33 
Profile
行政書士・露木幸彦と申します

平成11年4月  国学院大学法学部法律学科 入学
(3年時に早くもオリジナル名刺を作成。インターンシップで人事部長に手渡し、強烈なイメージを植えつける。大手の分業制に価値観の違いを感じ、地元金融機関へ)

平成15年4月 某金融機関に入社
(融資係へ配属。わずか3ヶ月で住宅ローンの契約5件1億円を達成し、脚光を浴びる。しかし、当時の支店長より「儲からない商品を売るんじゃない!」との言葉に激怒。確かに10年固定10%は採算ラインぎりぎりであった。17年1月、行政書士 同3月にFP試験に合格する

平成17年4月 露木行政書士事務所を開業
主に離婚問題に特化し、業務を遂行。「離婚サポート.net」を立ち上げ、日本初!養育費見積もりサービスを開始。日々、メール電話鳴り止まず
露木幸彦を読み解くキーワード
1.「お客様の立場になってモノを言う」


 銀行マン時代のこと。住宅ローンの借換を営業していたところ、いろいろ質問してくるお客さんがいた。当時は本当の新人だったので、分からないことだらけ。もちろん、質問されたところで、8割方は答えられない。なので「調べてから、お電話しますよ」といって、一目散に逃げていき、営業店の書物をひっくり返した。
 質問される→調べる→電話する
を繰り返すうちに、その方とは仲良くなっていった。しかし、問題だったのが、借換をしてもほとんどメリットがなかったのだ。ふつうであったら、自分にとって都合の悪いことはお客様に話さないところだ。だが、本当に心の底から「何か役に立ってあげたい」気持ちがあったので、言ってしまったのである
 「今回のケースでは借換のメリットはわずかです。返済されている住宅ローンの現状がわかっただけでも良いじゃないですか」 
 結論的には住宅ローン借換の契約を結んでいただいた。後で聞いた話では、他の銀行マン3人も営業をかけていたとのこと。なぜうちを選んでもらえたのですか?
 「あんたの言っていることが一番信用できたからだよ」
今でもそのお客様とはプライベートでも親交があります。「お客様のためにならない契約はしない」これが信条です





2.「ウソをつかない、つけない」


 正直、あまり頭は良くない方です。法律系国家資格の中では一番易しいと言われる行政書士を5回も落ちているのだから、弁解の余地はありません。
 ですから、お客様から質問されたことには、ありのままお答えすることしかできません。もっと賢い方でしたら、「もっと契約に近くなる答えをしよう」とか「もっと高い報酬を得るために、わざと理解しにくい言葉を使おう」とかいうテクニックは持ち合わせていません。
 銀行マン時代。
 質問される→調べる→電話する の繰り返しで契約をとっていた私にとって印象的な言葉があります


「あんただから契約した。あまりにも正直すぎるから」


自分としては、ありのままを答えただけなんですが・・・・

露木幸彦主催セミナーのご案内

行政書士としてこれから開業する方、

又開業済で軌道に乗せようという方へのご案内です




同業者の友達の口から出た言葉に私は声を失いました。

「おまえは馬鹿か?この以上ライバルを増やしてどうするの?



余計なことしてる暇があったら、集客してりゃいいじゃん」



本当に余計なことでしょうか?

 私は開業以来、ダイレクトマーケティング、ブランド戦略など様々勉強し、

吸収してきました。これから進化していくことでしょう。



 セミナーで話すことは今現在のノウハウであって、

これを公開することでウチの事務所に影響があるとは考えていません。

むしろここでカミングアウトすることで、自分の進化スピードに拍車がかかると期待しています。



 開業初月から100万200万を売り上げるためのセミナーではありません。

その金額を初月から目指すのはリスクが大きくギャンブルに近いです。



今回は着実に60万円を売り上げ、この中から事務所の家賃、自分の給与、

温泉旅行代?を賄うノウハウです。個人の貯金から切り崩すなんて、

開業した意味がありませんから

 私も開業する前、開業直後はいろいろな本を読み、話を聞き、セミナーに顔を出しました。

すると頭ばっかり大きくなってきます。頭が大きくなると「自分でやったような気が」してくるんですね。

何もやっていないのに、やったような気が。



 現場ではその時その時でシチュエーションが変わります。いくら本を読み、

話を聞き、セミナーに顔を出したとしても残念ながらそれと全くお同じ場面は登場しません。

では、このセミナーも無駄か?



 そんなことはありません。セミナーは考え方を学ぶ場です。私がピンチになったとき、

何を考え、どう行動して解決したのかお話します。



 あなたがピンチに陥ったとき、きった役に立つ「考え方」だと思います。




この続きを読む


Recent Comments
  • ライブドアブログ