2012年11月

2012年11月19日

【川崎市の養育費相談】遊びの責任を「仕事」でとる新時代とは?!

自宅から駅まで原チャリで移動しているのですが、
今日は何と途中で故障して大変でした。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。

5キロ押して歩くことに。
次のアポには何とか間に合いそうですが、体力使い果たしました〜



実は先ほどまで、ひとり頭を抱え、髪をかきむしり、10分間しかめっ面のままでした。
先日お願いした『3分でサクっと終わるアンケート〜家庭と仕事編〜』ですが
あり得ないほど「集まり」が悪く、まさに茫然自失。
やはり、少なくとも100件は揃わないと、「傾向と対策」を発見するなど夢のまた夢。


ものすごい気合を入れて、アンケートの項目を練りに練ったのですが
もしかすると、頑張りすぎたことが、むしろ逆効果で、裏目に出ているのかも。



「こんなに無理」「目がチカチカする」「頭がクラクラする」
記入欄が多すぎて、間違った印象を与えた可能性大です。



しかし、それは誤解です。
実はこのアンケート、ほとんどは「自由記入欄」なのです。
だから、どこに何を書くのか、それは本人の自由。



パッと見で「これは答えておこう」と思いついたものだけでOK。
何とかご協力いただけると助かります。




『3分でサクっと終わるアンケート〜家庭と仕事編〜』はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.tuyuki-office.jp/anket1104.html
(誠に勝手ながら、11月30日までにお願いできると助かります)







ところで、なんと今月号の国際政治の専門誌「SAPIO」に登場しています。


「ネット社会の罠〜SNSで恋人を検索。
それが人生転落の第一歩だった」という特集です。
おそらく最初で最後でしょう。


興味ある方は是非、書店、コンビニ、駅売店でチェックしてください。
http://www.shogakukan.co.jp/magazines/detail/_sbook_1409712112



さて、ここからが本題です。



■ 遊びの責任を「仕事」でとる新時代到来


きっかけは「とある田舎教師の不倫」でした。
今までビジネスパーソンの「公」と「私」は
ハッキリ、クッキリ線引きされていたはず。

それなのに、それなのに、それなのに。



この瞬間からビジネスとプライベートの境界線が
一気に取っ払われたのです。



「仕事は仕事、遊びは遊び」なんて、もう通用しません。



遊びの責任を「仕事」でとらなければならない
『むりやり公私混同』の時代が到来したのです。




大変なのは労働者だけではありません。


職場の管理部門(人事部や総務部)だってイイ迷惑。
今までは職場「内」だけ目を光らせていれば良かったのに、
これからは職場の「外」まで監視しないといけないのだから。




いわゆる『衆人監視』状態で、労働者も管理者も息苦しく、
窮屈で、空気がよどんでいるのです。これはどういうことでしょうか?




まずは時代の節目となった「とある田舎教師の不倫」を見ていきましょう。
以下は平成24年3月23日、産経新聞から一部引用です。



『姫井由美子参院議員との不倫などを理由に解雇された岡山市の私立学校元教諭(46)が、
学校側に従業員としての地位確認などを求めた訴訟の控訴審判決で、
広島高裁岡山支部は22日、解雇無効とした一審判決を変更し、解雇は有効とした。



判決理由で片野悟好裁判長は 「不倫関係で学校の社会的評価を低下させかねず、
教職員の適格性判断に影響する」 と指摘、 解雇は合理的理由に基づくと判断した。 』
(引用ここまで)



あなたは幸運です。世の中には職場に解雇された人間は「それって無効でしょ!」と
裁判を起こすケースは無数に存在します。





だから、マスコミがその手の判決を大々的に
取り上げることはありません。



「モンスター」と早く有利に別れたい人限定!最強の猛獣調教マニュアル
〜離婚、養育費、浮気、モラハラの最善対処法〜
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/monnsuta.html




とはいえ、今回の件は例外中の例外。



だって不倫相手は「小沢チルドレン」の姫井議員。
2009年の衆議院議員選挙では現職の片山虎之助氏を破り当選。
「姫の虎退治」というフレーズで一時的に脚光を浴びました。




そんなヒロインの見事な凋落ぶりをマスコミが
放っておくわけがありません。


しかも一部報道によると2人はセックスのとき、
SMプレイを楽しんでいたという説もあります。
(姫井議員が「ぶって、ぶって!」と叫んでいた)





だから今回、「不倫を理由に労働者を解雇することが認められるかどうか」が
世にさらされたというわけ。


結果は記事をご覧になってお分かりの通り。




不倫とはいえ恋愛の一種ですから極めてプライベートなこと。
そもそも男性教諭は直接、職場に迷惑をかけたでしょうか?




もちろん、不倫のせいで仕事をサボったり、不倫相手(姫井議員)との
別れ際で暴力を振るったり、付きまといやストーカー行為に及んだのなら、
話は別です。


しかし、報道によると他のトラブルはなかったようです。


つまり、男性は職場に損害を与えていないのに、
職場から「責任をとれ!」と言われたのだから、
たまったものではありません。




「出るところに出てやろうじゃないか!」と
過激な行動をとるのも無理はありません。
だって男性教諭は古い常識で物事をとらわれていたのでしょう。




それは「プライベートの責任はプライベートで、
ビジネスの責任はビジネスで」という一昔前のルールですが、
今はプライベートであろうと、ビジネスであろうと、
その責任は『ビジネス』に降りかかってくるのは当たり前。




「遊ぶならクビを覚悟で」なんて、何とも世知辛い世の中ですね。




「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html



ところで、あなたは「とある田舎教師の不倫話」を聞いて、
どんなふうに思うでしょうか?



もし私が100人に対し、同じ話をしたとしたら、「ええ!そんなの信じられない」と
ビックリ仰天する人が半分、「そらそうでしょ。そんなに珍しくない」と
余裕シャクシャクな人が半分というところでしょうか?




では、後者の人に聞きます。





あなたの知っている「遊びのせいで仕事を失った人」は
政治家や芸能人、スポーツ選手といった『公人』ではないでしょうか?




確かに、これらの有名人がゴシップ紙で不倫をすっぱ抜かれ、
その責任をとり、政治家なら大臣職を辞任したり、芸能人なら番組から降板したり、
スポーツ選手なら海外遠征を自粛した前例は山ほど存在します。




このメールのバックナンバーは「ブログ」で読むことができます。
http://ameblo.jp/yukihiko55/



しかし、考えてみてください。今回の当事者は、
どこにでもいる私立中学の教諭です。

(もちろん、姫井議員は公人ですが、今回は処分の対象でないので関係ありません)




つまり、この裁判は誰だって「遊びの責任を仕事でとらされる時代」に
突入したことを意味します。



有名人に限らず、一般ピープルも、です。



【相模原市の離婚相談。男性限定】離婚術を7分で伝授

(次回に続く)

yukihiko55 at 13:19 

2012年11月12日

【横浜市のDV相談】「困ったチャン」のままで我慢するか、それとも?!

早いもので11月。コタツにミカンの季節が到来です。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。

早速、コタツのセッティングしたのですが、
このヌクヌク感が懐かしくて嬉しいですね。



以下は私の本を紹介していただいた記事ですが
エキサイトニュースで総合ランキング2位に食い込んだようです。
たくさんの方にご覧いただき、嬉しいですね。

http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20121106/Wooris_7339.html



さて、ここからが本題です。

これはある会社の人事部の話です。
ここに出てくる「私」とは人事部の課長さんのことです。


もう、冗談じゃないですよ!
営業の田中純一(仮名、42歳)には、ホトホト困り果てています。
田中に付き合わされる部下は、いい迷惑ですよ。



だって田中の仕事はいつも午前様なのだから。

それだけではありません。そのまま会社に寝泊まりしたり、
漫画喫茶を転々とする日も。



なぜって?田中はこう釈明するんです。
「嫁とケンカ中だから家に帰りたくない」と。


田中の公私混同ぶりは最近、さらにエスカレートし、
ハケンのA子に手を出したようで・・・



とうとう堪忍袋の緒がブチ切れ、田中の部下が
私のところに相談しに来たのです。



「田中さんのせいで、無気力病が蔓延して、
もう会社に来るのが嫌で嫌で仕方ありません。




いくら仕事を頑張っても残業を強いられるし、
会社でA子ちゃんとイチャイチャされては
目も当てられません。田中さんをちゃんと注意し、
会社の私物化をやめさせてください」




「逆ギレ対応マニュアル〜今すぐ最強の離婚交渉術を手に入れる」
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9027.html





「弱ったなぁ」私は頭を抱えました。



なぜなら、田中はうちの会社ではトップの成績で、
営業部長とも通じている。もし、田中がやる気をなくし、
成績を落としたり、営業部長に告げ口でもされたら・・・



一応、田中から話を聞いたところ、とんでもない発言を。
「どうしたら嫁を離婚できるか教えて欲しい」

それを私に聞いてどうする、という感じです。



どうも田中の様子がおかしい。
はぁ、はぁ、はぁと10秒置きに、ため息をするのです。
明らかに「うつ」っぽい。



そんな様子の田中をバシっと注意するなど、
できるはずもなく。



だから、この件は「見て見ぬふり」を決め込み、
放置プレイしていたのですが、後日、大変なことに。



なんと労基署から電話がかかってきたのです。
「会社も連帯責任だから、覚悟しておくように」と。
いったい誰が密告したんだ。田中の部下、奥さん、それとも・・・




私は何か悪いことをしたのでしょうか?



(以下に続く)





◆◇ 男女の法律、交渉術、心理学を無料でラクラク学べる動画サイト ◆◇
「別れても負け組にならない!最強の理論武装法」
をユーチューブ内で立ち上げました。

コンテンツはまだ少ないですが、これから、どんどん増やしていきます。

無料動画サイトの閲覧はこちら
http://tinyurl.com/y9qh2xq



-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----


〜品質保証のための受注制限〜
私はお客様の視点でお客様の満足度を高めるサービスを目指しています。


1.離婚協議書の作成→受注制限 1ヶ月10件

→11月は残り6件。ご希望の方はお早めに


お申込はこちら
↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.tuyuki-office.jp/shouzai.html



離婚協議書Q&A(平成20年11月23日に開設)


申込方法についてはこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9020.html

必要書類についてはこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9021.html

完成までの流れについてはこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9022.html



2.メール相談し放題サービス→受注制限 1ヶ月100件(期間に限らず)

お申込はこちら
↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://www.tuyuki-office.jp/rikon47a.html


メール相談についてのQ&A(平成20年11月23日に開設)
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9018.html


-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-------*-----*----

(ここから続き)



露木幸彦の著書ラインナップはこちら

↓  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://tinyurl.com/29qlor


あなたにとって最適な相談の仕方は?相談方法の一覧
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9015.html

少子化対策キャンペーン(平成20年4月15日より)
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9016.html

分割支払コースが誕生(20年4月15日より)
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9014.html




田中と部下との関係はまだしも、田中の家庭や夫婦喧嘩、
不倫や離婚なんて、知ったこっちゃない!


だいたい、うちの部署はいつから「なんでも屋」に
成り下がったのでしょうか?




ただでさえ、日常業務でバタバタ忙しいのに、
社員のプライベートまで監視できませんよ。
まさに「弱り目に祟り目」です。



(人事部の課長さんの話。ここまで)



「仕事と家庭のボーダレス化」





今までは仕事は仕事、家庭は家庭、でした。
家庭のゴタゴタを会社に持ち込むなんて言語道断。
しかし、2012年はどうでしょうか?




国は企業に「少子高齢化、晩婚化の解消」を押し付け、
出産や育児、家事、家族との時間・・・

企業は社員の「家のなか」までガサ入れすることに。




ただ、ワークライフバランスで厄介なのは、むしろ逆のパターン。
きっかけは3.11の大震災における「絆ブーム」。




そのせいで社員は「何かのときは会社に守ってもらいたい」と
ご都合主義を振りかざし、「家庭の悩みも上司が何とかしてくれる」と
無責任な勘違いをするように。




とはいえ、「仕事と家庭のボーダレス化」に
バッチリ対応している会社など存在するでしょうか?
いや、ほとんどお目にかかりません。


だから、担当者は何の悪気もなく、180度誤った対応をし、
登場人物をみんな不幸のどん底に突き落とすのです。




会社の信用がガタ落ちで取引先は激減、
やる気ゼロの社員は自主退職に追い込まれ、
裁判を起こされた揚句、多額の賠償金を支払うことに・・・



このメールのバックナンバーは「ブログ」で読むことができます。
http://ameblo.jp/yukihiko55/





しかし、このメールを読めば、もう大丈夫です。


最悪の失敗例を回避する方法はもちろん、登場人物がみんな、
すっかり生まれ変わり、幸せになる方法まで。



これでもか、というほど盛り込みましたので安心してください。
ここで大事なのは「関係の修復」。
再度、田中氏の話を思い出してください。




田中氏がぶち壊した家庭、部下、職場との関係を再構築するのです。
そもそも諸悪の原因は田中氏の家庭です。




例えば、家庭に居場所を作り、
田中氏が素直に提示に帰れば、どうでしょうか?


部下はもうムダな残業に付き合わされることはありません。




また夫婦喧嘩を休戦させ、
田中氏の悩みの種を取っ払ったら、どうでしょうか?



田中氏のうつ病が回復すれば、毎日元気に出勤し、
またトップセールスに返り咲くでしょう。



そして口も利かない夫婦が仲直りをし、
セックスレスを解消すれば、どうでしょうか?



田中氏の性欲は満たされ、
ハケンのA子とは自主的に別れるでしょう。





「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html



このように田中氏の部下、同僚、そして田中氏本人が「雑音」から解放され
仕事で高いパフォーマンスを発揮すれば、給料アップ間違いなし、です。




田中氏が「困ったちゃん」のままか。
それとも最強のリーダーに生まれ変わるか。



まさに天国と地獄ですが、その違いはただ1つ。




あなたは田中氏の「家庭の悩み」を知らんぷりするか、
解決に向けて手伝うか、です。
では、どちらを選びますか?


【茅ヶ崎市の離婚相談。女性限定】損せず不利にならない離婚テクニックを7分で伝授


(次回に続く)


yukihiko55 at 13:31 

2012年11月05日

【大和市の養育費相談】3分でサクっと終わるアンケートのお願い

早いもので11月、旅行に行くには最高の季節ですね。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。


先日、宿泊したホテルでは、朝の味噌汁が趣向を凝らしていました。
なんと1人につき、1つ鍋が用意され、それを自分のテーブル上で温めることができるのです。


だから、ついつい、やってしまいました。
朝食の納豆を鍋に投入。頼まれてもいないのに「納豆汁」を作ってしまったのです。


わざわざ旅行先で、自宅と同じものを食べなくても。と思われるかもしれませんが
リラックスしに来ているので、まぁ、お許しください。




さて、ここからが本題です。
今日はアンケートにご協力いただきたいのです。と言っても大それた内容ではなく
ちょっと集中すれば、3分でサクっと終わります。


『3分でサクっと終わるアンケート〜家庭と仕事編〜』はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.tuyuki-office.jp/anket1104.html
(誠に勝手ながら、11月30日までにお願いできると助かります)




私が最近、コツコツと研究しているのは「結婚や家庭が『仕事』にどんな影響を与えるのか」です。
この解釈は一筋縄ではありません。



なぜなら、家庭が上手くいっているから、仕事も頑張られるというのが、ごくごく普通の考え方ですが
一方で仕事が「上手くいっていないから」こそ、その反動で仕事をいっそう頑張り
どんどん成果を上げ、とんとん拍子に出生したり、
給料が上がるという、一見理解したがいケースも存在するからです。



・・・


・・・・


・・・・・・


これ以上、お話すると「ネタバレ」なるので、やめておきましょう。
頭のいい人は、きっと、私がどのような答えを期待しているか
察してしまうはず。「空気を読もうと」するに違いありません。



しかし、このアンケートは、ヤラセや自作自演ではありません。
本当に聞きたいのは、混じり気なし、純粋な「本音の部分」です。


ですから、無理に気を使わず、ありのままをご記入ください。




『3分でサクっと終わるアンケート〜家庭と仕事編〜』はこちら

↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.tuyuki-office.jp/anket1104.html
(誠に勝手ながら、11月30日までにお願いできると助かります)


【秦野市の離婚相談。女性限定】乳飲み子を10年後に後悔させない離婚術を伝授。


yukihiko55 at 13:10 
Profile
行政書士・露木幸彦と申します

平成11年4月  国学院大学法学部法律学科 入学
(3年時に早くもオリジナル名刺を作成。インターンシップで人事部長に手渡し、強烈なイメージを植えつける。大手の分業制に価値観の違いを感じ、地元金融機関へ)

平成15年4月 某金融機関に入社
(融資係へ配属。わずか3ヶ月で住宅ローンの契約5件1億円を達成し、脚光を浴びる。しかし、当時の支店長より「儲からない商品を売るんじゃない!」との言葉に激怒。確かに10年固定10%は採算ラインぎりぎりであった。17年1月、行政書士 同3月にFP試験に合格する

平成17年4月 露木行政書士事務所を開業
主に離婚問題に特化し、業務を遂行。「離婚サポート.net」を立ち上げ、日本初!養育費見積もりサービスを開始。日々、メール電話鳴り止まず
露木幸彦を読み解くキーワード
1.「お客様の立場になってモノを言う」


 銀行マン時代のこと。住宅ローンの借換を営業していたところ、いろいろ質問してくるお客さんがいた。当時は本当の新人だったので、分からないことだらけ。もちろん、質問されたところで、8割方は答えられない。なので「調べてから、お電話しますよ」といって、一目散に逃げていき、営業店の書物をひっくり返した。
 質問される→調べる→電話する
を繰り返すうちに、その方とは仲良くなっていった。しかし、問題だったのが、借換をしてもほとんどメリットがなかったのだ。ふつうであったら、自分にとって都合の悪いことはお客様に話さないところだ。だが、本当に心の底から「何か役に立ってあげたい」気持ちがあったので、言ってしまったのである
 「今回のケースでは借換のメリットはわずかです。返済されている住宅ローンの現状がわかっただけでも良いじゃないですか」 
 結論的には住宅ローン借換の契約を結んでいただいた。後で聞いた話では、他の銀行マン3人も営業をかけていたとのこと。なぜうちを選んでもらえたのですか?
 「あんたの言っていることが一番信用できたからだよ」
今でもそのお客様とはプライベートでも親交があります。「お客様のためにならない契約はしない」これが信条です





2.「ウソをつかない、つけない」


 正直、あまり頭は良くない方です。法律系国家資格の中では一番易しいと言われる行政書士を5回も落ちているのだから、弁解の余地はありません。
 ですから、お客様から質問されたことには、ありのままお答えすることしかできません。もっと賢い方でしたら、「もっと契約に近くなる答えをしよう」とか「もっと高い報酬を得るために、わざと理解しにくい言葉を使おう」とかいうテクニックは持ち合わせていません。
 銀行マン時代。
 質問される→調べる→電話する の繰り返しで契約をとっていた私にとって印象的な言葉があります


「あんただから契約した。あまりにも正直すぎるから」


自分としては、ありのままを答えただけなんですが・・・・

露木幸彦主催セミナーのご案内

行政書士としてこれから開業する方、

又開業済で軌道に乗せようという方へのご案内です




同業者の友達の口から出た言葉に私は声を失いました。

「おまえは馬鹿か?この以上ライバルを増やしてどうするの?



余計なことしてる暇があったら、集客してりゃいいじゃん」



本当に余計なことでしょうか?

 私は開業以来、ダイレクトマーケティング、ブランド戦略など様々勉強し、

吸収してきました。これから進化していくことでしょう。



 セミナーで話すことは今現在のノウハウであって、

これを公開することでウチの事務所に影響があるとは考えていません。

むしろここでカミングアウトすることで、自分の進化スピードに拍車がかかると期待しています。



 開業初月から100万200万を売り上げるためのセミナーではありません。

その金額を初月から目指すのはリスクが大きくギャンブルに近いです。



今回は着実に60万円を売り上げ、この中から事務所の家賃、自分の給与、

温泉旅行代?を賄うノウハウです。個人の貯金から切り崩すなんて、

開業した意味がありませんから

 私も開業する前、開業直後はいろいろな本を読み、話を聞き、セミナーに顔を出しました。

すると頭ばっかり大きくなってきます。頭が大きくなると「自分でやったような気が」してくるんですね。

何もやっていないのに、やったような気が。



 現場ではその時その時でシチュエーションが変わります。いくら本を読み、

話を聞き、セミナーに顔を出したとしても残念ながらそれと全くお同じ場面は登場しません。

では、このセミナーも無駄か?



 そんなことはありません。セミナーは考え方を学ぶ場です。私がピンチになったとき、

何を考え、どう行動して解決したのかお話します。



 あなたがピンチに陥ったとき、きった役に立つ「考え方」だと思います。




この続きを読む


Recent Comments
  • ライブドアブログ