2013年04月15日

【旭区の慰謝料相談】部下が上司の不倫をチクれない怖い怖い理由

今年で花粉症歴17年ですが、
今年は運良くラッキーアイテムを手に入れました。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。



実はドラッグストアの店員に大嘘をつかれたのです。
「コンタクト用の目薬はない」と。
よくよく調べてみると、本当は「あった」のです。



アルガード・コンタクト
http://www.rohto.co.jp/alguard/prod/contact.html




さすがに結構、人気のようでアマゾンでは「在庫なし」
仕方なく、別のドラッグストアに行ったところ、
ご丁寧にメーカーから取り寄せてくれ
しかも20%引きに。


そう、ここの担当者は「薬剤師」だったのです。
おそらく、前者はアルバイトなのでしょう。


当然のことながら、薬のことは薬剤師に聞かないといけませんね。
高い授業料ですが勉強になりました。



ここから本題です。

前回までは社内不倫が人事部でもみ消される背景について、お話してきました。
今回はその続きからです。




■ 上司の不倫は100%、揉み消される2つの理由



まず「張本人からの復讐」ですが、これは張本人(不倫をした人)と
目撃者(不倫を目撃した人)の関係性が大きく影響しています。


そもそも当の現場を目撃するのは、
どんな人でしょうか?



例えば、職場不倫なら、社内で不倫カップル同士がデートや旅行の話をしたり、
一緒に退社したり、もしくは職員旅行のとき、2人で抜け出したり・・・
そんなケシカラン場面です。


それはやはり同じ部署の人間でしょう。




上司、同僚、部下など勤務時間中、張本人の近くにいる人たちです。
このような目撃者の属性は他の不祥事も似たようなものですが、
職場不倫で特筆すべきなのは、圧倒的に「部下」が多いこと。




つまり、部下が上司の不倫を目撃するというシチュエーションです。



「不可能を可能に変える離婚裏マニュアル」詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9025.html




不倫をする人の特徴は「お金を持っている」「仕事ができる」
「結婚生活が長く、家庭が上手くいっていない」が挙げられますが、
これは上司全般の共通点とも一致します。



この上下関係が不倫を通報しにくい空気をどんよりと作り出すのです。
これはどういうことでしょうか?



 「部下が不倫のことを人事部にチクっただと!」



万が一、上司がそのことを知ってしまったら・・・



これは大変なことです。単に上司との関係が悪くなる、
だけで済めば良いですが、
そんな生易しいことではありません。



上司は「部下に裏切られた」と怒り狂うでしょうし、
その怒りの矛先が部下のところに向かうのは必然です。



職場の組織図を見れば歴然ですが、上司は部下に対し、
絶大な権限を持っていますから、上司はその力を悪用し、
直接的、間接的に復讐を行うのも当然です。




直接的というのは例えば、部下を無視したり、
重要な書類を閲覧させなかったり、大事な情報を教えなかったり、
些細なミスを指摘し他社員の前でつるし上げたり、


揚句の果てには部下の人事考課を意図的に悪く書いたり、
わざといい加減につけたりするのです。





人事考課は部下の給与やボーナスに直結するので、酷い仕打ちですね。
ただ、もっと酷いのは間接的な復讐です。



「部下は上司の命令に絶対服従」と
いう暗黙のルールを悪用して他の部下(同僚)を
こき使って部下(目撃者)を追い込むのです。



『ゲリラ離婚』回避マニュアル
〜周りの人間を心理誘導し、「昨日の敵は今日の味方」を実現する3つの方法〜
http://www.tuyuki-office.jp/gerira.html





つまり、先ほど挙げたイジメやパワハラを寄ってたかって
「みんなで」行うのです。



それはまさに地獄絵図ですが、残念ながら、
倫理観を失った上司は目の前の部下を
ケチョンケションにすることしか考えていません。





復讐とは、そういうものです。「やられたら、やり返す」しか頭になく、
罪悪感や後ろめたさなど皆無です。



 イジメやパワハラをされ放題・・・そんな酷い仕打ちを受けて、そ
れでも毎朝、出勤できるでしょうか?




いや、ほとんどの人は我慢の限界を
超えて自主退職を選ぶでしょう。




結局、正直者がバカを見る・・・そうやって内部告発の
「よくある光景」に行き着くのです。




せっかく勇気を振り絞ったのに、です。



会社のために、部署(チーム)のために、
そして自分のために。




ただでさえ不祥事の内部告発はリスクが付きまとうのに、
職場不倫では多くの場合、上司が標的だから、なおさら顕著です。





そんな「組織の力関係」にうすうす気付いているから、
目撃者は黙りこくるしかないのです。





おかしな正義感を振りかざし、
行き過ぎた言動をとって、その高すぎるツケを払わされるくらいなら。




(次回に続く)

yukihiko55 at 13:26 
Profile
行政書士・露木幸彦と申します

平成11年4月  国学院大学法学部法律学科 入学
(3年時に早くもオリジナル名刺を作成。インターンシップで人事部長に手渡し、強烈なイメージを植えつける。大手の分業制に価値観の違いを感じ、地元金融機関へ)

平成15年4月 某金融機関に入社
(融資係へ配属。わずか3ヶ月で住宅ローンの契約5件1億円を達成し、脚光を浴びる。しかし、当時の支店長より「儲からない商品を売るんじゃない!」との言葉に激怒。確かに10年固定10%は採算ラインぎりぎりであった。17年1月、行政書士 同3月にFP試験に合格する

平成17年4月 露木行政書士事務所を開業
主に離婚問題に特化し、業務を遂行。「離婚サポート.net」を立ち上げ、日本初!養育費見積もりサービスを開始。日々、メール電話鳴り止まず
露木幸彦を読み解くキーワード
1.「お客様の立場になってモノを言う」


 銀行マン時代のこと。住宅ローンの借換を営業していたところ、いろいろ質問してくるお客さんがいた。当時は本当の新人だったので、分からないことだらけ。もちろん、質問されたところで、8割方は答えられない。なので「調べてから、お電話しますよ」といって、一目散に逃げていき、営業店の書物をひっくり返した。
 質問される→調べる→電話する
を繰り返すうちに、その方とは仲良くなっていった。しかし、問題だったのが、借換をしてもほとんどメリットがなかったのだ。ふつうであったら、自分にとって都合の悪いことはお客様に話さないところだ。だが、本当に心の底から「何か役に立ってあげたい」気持ちがあったので、言ってしまったのである
 「今回のケースでは借換のメリットはわずかです。返済されている住宅ローンの現状がわかっただけでも良いじゃないですか」 
 結論的には住宅ローン借換の契約を結んでいただいた。後で聞いた話では、他の銀行マン3人も営業をかけていたとのこと。なぜうちを選んでもらえたのですか?
 「あんたの言っていることが一番信用できたからだよ」
今でもそのお客様とはプライベートでも親交があります。「お客様のためにならない契約はしない」これが信条です





2.「ウソをつかない、つけない」


 正直、あまり頭は良くない方です。法律系国家資格の中では一番易しいと言われる行政書士を5回も落ちているのだから、弁解の余地はありません。
 ですから、お客様から質問されたことには、ありのままお答えすることしかできません。もっと賢い方でしたら、「もっと契約に近くなる答えをしよう」とか「もっと高い報酬を得るために、わざと理解しにくい言葉を使おう」とかいうテクニックは持ち合わせていません。
 銀行マン時代。
 質問される→調べる→電話する の繰り返しで契約をとっていた私にとって印象的な言葉があります


「あんただから契約した。あまりにも正直すぎるから」


自分としては、ありのままを答えただけなんですが・・・・

露木幸彦主催セミナーのご案内

行政書士としてこれから開業する方、

又開業済で軌道に乗せようという方へのご案内です




同業者の友達の口から出た言葉に私は声を失いました。

「おまえは馬鹿か?この以上ライバルを増やしてどうするの?



余計なことしてる暇があったら、集客してりゃいいじゃん」



本当に余計なことでしょうか?

 私は開業以来、ダイレクトマーケティング、ブランド戦略など様々勉強し、

吸収してきました。これから進化していくことでしょう。



 セミナーで話すことは今現在のノウハウであって、

これを公開することでウチの事務所に影響があるとは考えていません。

むしろここでカミングアウトすることで、自分の進化スピードに拍車がかかると期待しています。



 開業初月から100万200万を売り上げるためのセミナーではありません。

その金額を初月から目指すのはリスクが大きくギャンブルに近いです。



今回は着実に60万円を売り上げ、この中から事務所の家賃、自分の給与、

温泉旅行代?を賄うノウハウです。個人の貯金から切り崩すなんて、

開業した意味がありませんから

 私も開業する前、開業直後はいろいろな本を読み、話を聞き、セミナーに顔を出しました。

すると頭ばっかり大きくなってきます。頭が大きくなると「自分でやったような気が」してくるんですね。

何もやっていないのに、やったような気が。



 現場ではその時その時でシチュエーションが変わります。いくら本を読み、

話を聞き、セミナーに顔を出したとしても残念ながらそれと全くお同じ場面は登場しません。

では、このセミナーも無駄か?



 そんなことはありません。セミナーは考え方を学ぶ場です。私がピンチになったとき、

何を考え、どう行動して解決したのかお話します。



 あなたがピンチに陥ったとき、きった役に立つ「考え方」だと思います。




この続きを読む


Recent Comments
  • ライブドアブログ