一夜妻への想い

愛する妻を他人の一夜妻に… そんな私の想いを書きとめた日記です

ひと夏の海辺 -1-

何年か前の夏、私と由香里はある夫婦に誘われて、海辺の貸し別荘で約1週間程を共に過ごしました。
(相手の方の仮名を笹山さんとします)
私と由香里にとって忘れられない夏の出来事を、何回かに分けて書いてみます。

笹山さん夫婦とは、互いに相手を換えた性行為を既に2回経験していました。
夫婦を交換し合った何組かの方達の中でも、笹山さんとは以前からの友人同士のような親しみやすさがあります。

夫婦交換では、相手の方と友人のような親しい関係が築けるかよりも、誠実さと正直さを感じられるかが大切だと思っていました。表側の性的趣向だけでなく、むしろ裏の性的コンプレックスの相性が合うことも必要だと感じています。
(互いに一致しているかではなく、組み合わせの相性が合うかの意味です)

yuki512478


私は夫婦交換の相手と友人関係を持てるとは思っていなかったので、笹山さんのような夫婦との出会いは期待以上のものでした。
互いに年齢が近いことや、趣味趣向が同じことも理由の一つかも知れません。ずっと一緒にいても気疲れせず、会話が途切れても無理に取り繕う必要の無い、心地よい関係です。

奥様の美佳さんは私より1歳年下で、いつも愛くるしい笑顔を絶やさない人でした。夫の笹山さんも会話が上手な明るい方で、いつも私達二人を和ませてくれます。由香里も私も、どちらかと言えば口数の少ない控えめな性格ですが、私達との相性は申し分のないものでした。

ですから笹山さんから海辺の貸し別荘で夏休みを一緒に過す誘いを受けた時、何も迷うことなく了承しました。笹山さんが一夏のパートナーとして私達夫婦を選んでくれたのも、同じ想いからのことでしょう。

美佳さんはピルを服用しているので、避妊具を付ける必要はありませんでした。私も由香里が妊娠する危険の無い時を選んで日程を決めました。
その頃、妻は私が夫婦交換の日を、安全日を優先して決めることに抵抗を持っていたようです。他人が妻に生の射精をすることに対する私の執着を、夫の性癖を満たすための道具にされていると感じていたのかも知れません。
由香里はその事を口にはしませんでしたが、私にはそれが解りました。そのため、別荘で過ごす日程を妻の安全日と偶然重なったように装って決めたのです。

今回、私達は夫婦交換というよりも、二人の夫と二人の妻で、4人一緒の性生活を共にすることにしました。互いの夫や妻を共有し、いつでも自由に愛し合えるのがルールです。もちろん、1人で「二人の妻」を愛しても、その逆に「二人の夫」に愛されても全てが許されるのです。

私も由香里も、既に複数での性行為(いわゆる3Pです)を経験していましたが、その頃、彼女はそれに罪悪を感じていました。しかし、今回は拒否することなく受け入れたのです。少しづつ妻の内側が変化しているのか、それとも夏の休暇が性的な束縛を解き放とうとしているのか、私は何度も心の中で身勝手な理由付けをしました。

yuki_301_378

約1週間とはいえ、限られた時間の中で過ごす一夏は、瞬く間の出来事に感じられるかも知れません。
由香里は今回過ごす夏の休日に、どのような期待を秘めているのでしょうか。

ずっと隠し続けた願いでも、夫である私に打ち明けてくれたら叶えてあげたいと思っていました。しかし彼女は恥ずかしげな笑みを浮かべ、私の問いに答えようとはしません。
僅かに見せた戸惑いの表情は、何らかの秘めた願望があることの証しなのでしょう。

私と由香里が車で別荘に着いた時、既に笹山さん夫婦は午前中から部屋の掃除をしていました。もちろん、管理人が手入れをしているのですが、夏休みの数日を二組の夫婦で気持ち良く過すための気遣いだったのです。
私達も一緒に掃除を手伝いながら様々な話がはずみます。夫婦を交換し合う数日間が部屋の掃除から始まるのも、笹山さんとの親しい関係があるからなのでしょう。

別荘のレンタル料は高いだけあって、調度品や備品の手入れも行き届いていました。寝室も二つあり、リビングの隣にあるフローリングの部屋との仕切りを開ければ広い一室として使うことも出来ます。

ここで過ごす数日間が、これからの私達夫婦にとって、どのような変化をもたらすのでしょう。笹山さんからの誘いを受けた時から、この休暇に性のモラルを持ち込まないことが暗黙のルールです。
淫らに変わる自分を受け入れようとする由香里にとっても、全ての行為を許し合う休暇での体験が忘れられないものとなるでしょう。

この数日間に背徳という言葉は無いのだから…
何にも拘束されない自由な性を由香里に感じて欲しい…

東京の日常と繋がりの切れた海辺の空間が、あらゆる性の罪を流し去ってくれる筈です。
願望を満たすだけでなく、今まで由香里が知らなかった欲望が心の奥にあることを、彼女自身に気付いて欲しかったのです。

<続きます>

10代の体験 -5-

理沙さんは、私が間もなく極みに達することを察すると、脇に置いてあったティッシュを何枚か手に取りました。
吐き出される精を受け止めるため、ローションにまみれた茎の先端へと重ねます。

私は眩い快楽に震える脚で必死に体を支え、理沙さんの背中にまわした手で彼女を抱き寄せました。髪から漂う大人の女性の香りが鼻腔に纏わり、悦楽の坂を登り続ける私を更なる高みへといざないます。

理沙さんは柔らかな指にローションを纏わらせ、艶めかしい粘液の膜に包まれた茎の火照りを繰り返し滑らせました。熱い精の溜まりが迸りの出口を求めて、強張りの根元を開け広げようとします。

それまで小刻みに繰り返していた熱い息が詰まり、真上に向けた口からは掠れた喘ぎが溢れます。全身を押し上げるような激しい快楽が突き抜けると同時に、下腹部が波打つように震えたのです。


yuki_301_372


それは私が初めて女性を相手とした射精を遂げた瞬間でした。
眩しい恍惚が吐精の脈となって茎の中を流れ、亀頭を包むティッシュの中へと幾度も迸りました。体の奥深くから溢れ出る止めどない欲望が、白く粘る液に溶け入る飛沫となって散りばめられたのです。

瞼に映った光の束が一塊となった後、やがて輝きを失いながら闇の中へと消えていきます。私はゆっくりと肩で息を繰り返し、昇りつめた恍惚の坂を下り落ちたのです。

理沙さんは鼓動に包まれた胸に顔を埋め、小さな声で優しい言葉をかけてくれました。茎から放たれた精が染み込んだテイッシュを開き、愛くるしい戯れの笑みを浮かべます。何人もの男性を射精に導いた彼女にとって、それは単なる欲望の溜まりに過ぎないのかも知れません。
しかし私にとっては、その場限りの出来事であっても、初めて目の前の女性を想いながら放った精だったのです。

彼女はお絞りで、茎を白く濡らす粘液を拭き取ってくれました。立ったまま彼女の姿を見下ろしていると、さっきまで快楽の陰に隠されていた羞恥が再び蘇ってきます。
下ろしたジーンズに慌てて手をかけようとする私を彼女が制しました。

「まだたくさん付いているから… あとはこれを使って自分で… ね」

理沙さんは私に別のお絞りを渡すと、ドアを静かに開けて個室から出て行ったのです。

私は独りになった部屋の中で、微かに残る彼女の香りを胸の奥まで吸い込みました。一時の快楽が彼女によって導かれたものであることを確かめるように、儚い余韻に浸ったのです。

流れ続ける音楽の合間から、隣の個室をノックする小さな音が聞こえました。既に次の男が、理沙さんによって眩い快楽の果てへ誘われようとしています。
彼女にとって私は、何人もいる客の一人に過ぎないことは判っていました。きっと私の存在すら、一瞬の間に過去のものになる筈です。

それでも10代だった頃の私には、たとえ短い時間の出来事であっても、初めて女性に対して射精した眩い記憶の一片として残り続けるのでしょう。


yuki_301_373


あれから何年か過ぎ、私は由香里と結婚しました。あるきっかけで知り合った少年に、性の相手として妻を与えた私は、当時の自分が想い描いた理想を彼によって遂げようとしたのです。
あどけない少年が妻と結ばれ、若く白い精を放つ姿を見つめながら、セックスの体験を待ちわびた過去の自分が叶えられなかった願いを彼に託したのかも知れません。

祐希という名前の少年と妻との出来事を、私が書いている別のブログ「妻を愛した少年」に綴っています。
もし、お時間のある時にお読みくだされば嬉しいです。


10代の体験 -4-

互いの体が触れそうな狭い個室の中に、理沙さんの甘い香りが漂いました。俯いた私の顔のすぐ前で、彼女の美しい首筋と肩が淡い灯に包まれています。
理沙さんは、両手で勃起を隠す私の顔を見つめながら、口元に優しげな笑みを浮かべました。

「手をどけなきゃ… ね」

彼女に促され、羞恥の悴みを断ち切るように、息をゆっくりと吐き出しました。私は手を下腹部から離し、突き出た勃起を彼女の前に晒したのです。


yuki_301_341


「すごく硬くなっているみたいね… 出そうなのを我慢してたの?」

私を弄ぶ彼女の言葉に、黙ったまま頷くことしか出来ませんでした。自慰にふける惨めな姿を見られた動揺と焦りに混じり、目の前にいる女性に対する性の欲望が体中に込み上げます。茎は張り裂けそうな程に硬直し、熱い精の行き場を求めて小刻みに震えました。

「ローションを付けた方がいいでしょ?」

彼女は小さな容器から透明な粘液を手に取ります。指の全てをローションで濡らすと、私の勃起を柔らかく包み込んだのです。

艶めかしい快楽が下腹部を突き抜けます。初めて女性に触れられた肉の茎は、理沙さんの指先に全てを委ねながら、恍惚の高鳴りへと導かれるようでした。

「ねえ… 彼女はいるの」

悪戯に満ちた表情で問いかける理沙さんの目から逃れるように顔を伏せ、小さく首を横に振ります。

「じゃあ… 我慢出来ない時は、いつも一人でこんなことしてるのかな…」

彼女は息遣いで囁きながら、茎に触れる手の動きを早めます。

「はい…」

私は下を向いたまま頷きました。口元から漏れそうな喘ぎを必死に抑えながら、切ない息を小刻みに繰り返します。

「射精しそうになったら教えてね…」

理沙さんが口にした「射精」という言葉が、激しく打ち鳴る胸の中を行き交います。
今日まで、女性に対する初めての射精を受け止めてくれる相手はどんな人か、何度も思い描いていました。その相手は、今、目の前にいる理沙さんなんだと心の中で繰り返したのです。


yuki_301_342


「背中に手をまわしていいよ」

私は言われたとおり、両手を彼女の背中に添えました。薄いスリップの生地を通して、滑らかな肌の温もりが手のひらに伝わります。彼女は勃起を濡らすローションがスリップに付かないよう、少しだけ体を逸らしました。

ああ… 理沙さん… 気持ちいいよ…
理沙さんとセックスしたいよ…

私は性の本能のままに、下腹部を往復するように小さく動かしたのです。叶わぬセックスへの憧れを膨らませながら、心の中で理沙さんと結ばれようとしていたのかも知れません。

「少しだけなら声を出してもいいんだよ… 音楽が流れているから、隣の個室には聞こえないの」

理沙さんの導きは、いつの間にか私の羞恥を眩い恍惚へと変えていきます。茎を滑らす手に加えて、もう片方の手が睾丸の袋に添えられました。
年上の女性が与えてくれる優しい慈しみが、込み上げそうな熱い射精への欲望を駆り立てたのです。

もう我慢出来ないよ…
出ちゃう… 出ちゃうよ…

伏せた顔を上に向け、微かに開いた口元から快楽の言葉が溢れます。私は下腹部を打ち振るわせ、真近に迫る吐精の兆しを彼女に伝えたのでした。

<続きます>

10代の体験 -3-

中央にある「女性の部屋」と、マジックミラーを隔てて囲むいくつかの個室… それが私にとって初めての性的な体験をするための空間でした。
店内の照明が一旦消え、静かな音楽が閉ざされた部屋を漂うように流れます。暗がりは再び灯された明かりで微かに照らされ、性の空間をおぼろげに浮かび上がらせます。

マジックミラー越しにムートンが敷き詰められた「女性の部屋」には、いつの間にかスリップを身につけた女性が眠るように横になっていました。 


yuki_301_322


さっきの理沙さん?… 違う…
理沙さんとは別の人だ…

その女性は、長く美しい脚を揃え、ゆっくりと寝返るように体を折り曲げます。まるで夢と夢の狭間を漂い、心地よい記憶を辿るような艶やかな表情だったのです。

暫くして部屋の奥から、女性の甘い声でアナウンスが流れます。それはミラー越しの彼女を見つめ、想い描いた淫らな光景で自慰に浸ることを促す囁きでした。
私は喉から込み上げる息を押し込み、小刻みに震える鼓動をなだめながらミラーの奥に目を向けました。ジーンズの中では、硬直した茎が行き場を求めて脈を打ち、張り詰めた火照りが下腹部を包みます。

ミラー越しの彼女はスリップの紐に指をかけると、ゆっくりと両方の肩から降ろしました。シルクのような布に隠れていた美しい乳房が晒され、滑らかな膨らみの上を彼女の手が這いずります。

私は震える指先でベルトを外すと、一気にジーンズを膝まで下げました。


yuki398568


大丈夫なんだ…
このガラスはマジックミラーなんだ…
彼女から僕の姿は絶対に見えないんだ…

繰り返し何度も自分に言い聞かせ、張り裂けそうな肉茎に手を添えます。決して他人に見られてはならない恥辱の行為が、今までの自慰とは異質の快楽を与えてくれたのです。

ミラー越しの彼女は秘部を隠す下着の中に指を入れ、膝を曲げたまま少しずつ両脚を開きます。部屋を囲むマジックミラーに向けた虚ろな目線は、性の捌け口を求める男の刹那を弄ぶかのようでした。

もし、街中で彼女を見かけたら、綺麗なOLだと思いながら無意識に目で追うことでしょう。彼女の淫らな姿を見てみたい… 衣服の下に隠れた肌に触れてみたい… 心に浮かぶ不埒な欲望を押し隠し、あられもない光景を想い浮かべる筈です。

ガラスで仕切られた向こう側に想いを馳せ、自慰で得られる一時の快楽に身を委ねます。亀頭の割れ目から滴る粘液に指を濡らし、熱い息を吐きながら恍惚の昂りへと登っていったのです。
部屋の中には、女性のアナウンスが喘ぎのように流れ続けます。

私を見つめてオナニーをして…
白く熱い精液をいっぱい出して…

それは、女性を見つめながらの射精を誘う甘い響きの言葉でした。私はミラーの手前に置かれたテイッシュを手に取り、勃起した肉茎の先端にあてがいます。
体の奥から湧き上がる射精への誘惑が、滴る先走りとなって乾いたテイッシュを濡らしました。

もう我慢出来ないよ…
出したいよ… 精子をいっぱい出したいよ…

私はミラーの脇にいる彼女に向かって、心の中での譫言を幾度も繰り返しました。射精の欲望を必死に堪えながら、体を包む熱い想いを彼女に注ぎ続けたのです。

その時、私のいる個室の扉をノックする音が聞こえました。咄嗟の事に驚いて振り返り、足元まで降ろしたジーンズの裾を掴んで慌ててたくし上げたのです。

「だっ… 駄目っ、ま… 待って…」

私が言葉を発する間も無く、先程の理沙さんがドアを開けて個室の中に入って来たのです。
彼女は私の姿を見て、口元で微かに笑います。手には小さな籠に入れたローションを持っていました。

「オナニーしてたの?… 恥ずかしがらなくていいの… ここはその為の店だから」

私は持ったままのテイッシュを慌てて握り潰し、露わになった下腹部の勃起を手で隠しました。込み上げる羞恥に顔が熱くなり、彼女から逸らした目が潤みます。

「まだ射精してないんでしょ… オプションは手でのサービスでよろしいですね」

自慰の姿を見られた恥ずかしさと焦りで言葉が喉に詰まります。
その時の私には、息の乱れた口を閉じて小さく頷くのが精一杯だったのです。

<続きます>

川島ゆきひと
夫である私の見ている前で他人と体を重ね合わせ、すべてを受け入れる妻の姿…

夫である私にすらまだ見せたことのない露わな妻の姿…

30代になった私たちが、夫婦交換や寝取られを体験した中での様々な出来事や日常、妻への想いなどをこのブログに書きます。





私の詳しいプロフィールについては、こちらをどうぞ

その日の出来事
妻 由香里について
私の妻、由香里についてプロフィールページで紹介します。


姉妹ブログについて
夫婦交換や寝取られの体験をブログに書いています。
この日記と併せて御覧ください。

(18才未満の閲覧は禁じます)


妻が淫らに染まる時



愛する妻を他人へ


寝取られた妻の傍らで


妻を愛した少年




ランキング
ブログランキング


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング


人気ブログランキング


FC2ランキング
告白掲示板
私(川島ゆきひと)が管理人をしている掲示板です。

あなたの体験や、心の奥に秘めた願望を告白してみませんか。
(18才未満の閲覧は禁じます)


体験と願望の告白掲示板
トラコミュ


トラコミュ 愛と性


トラコミュ 悩める夫婦生活
Mail
私、川島ゆきひと宛のメールは以下のアイコンからお願いします。

ゆきひと宛の、メール送信フォーム
i2i フリーリンク
貴方の奥様が一夜妻に…
Visitor

スマートフォンから
QRコード
  • ライブドアブログ