このことについては初めての告白になります。

由香里と貴子さんとは、夫婦交換を通じて出逢った極めて親しい関係です。
私の知る限り、そのような出逢いで奥様同志が親しくなるのは殆んど無いと思います。あくまで夫婦交換を前提とした、夫婦同志の交際が大半ではないでしょうか。

ですが、由香里と貴子さんの場合は少し違います。ある一線を超えているのではと思うのです。

以前、由香里が貴子さんの夫と愛し合った直後、彼女は精を体に浴びた妻の傍らに寄り添い、唇を重ね合わせました。舌を絡め、乳房を舐めながら由香里を抱きしめたのです。妻もそれを拒みはしませんでした。

側で二人を見つめていた私は、自分でも不思議なことに、その行為に対して驚きや嫌悪を感じることはありませんでした。
むしろ美しいとさえ思ったのです。
それは私から見ても、極自然な行為の続きに感じられたからでしょう。

yuki287425


由香里も貴子さんも、同性愛者ではありませんし、二人とも他の相手に対して、そのような行為を求めることもありません。

以前、由香里にそのことを問いかけたことがあります。
あくまでも、夫婦交換としての行為の中での出来事… 貴子さんを拒まないことがあの時の自然な流れ…

それが妻の答えでした。
決して偽りの言葉ではないと思います。
もし… もしも由香里が貴子さんに対して体を託すなら、私はその現実を受け入れる心の準備は出来ています。

今夜、神戸でそのようなひと時があったとしても…