由香里が神戸から帰った後、私は何日かの時をかけながら、旅先での出来事を妻に尋ねました。
日常の生活を同じように過ごしながら、夜の寝室では二人の男性との淫らな行為を告白させたのです。

幾度も妻を愛しました・・・
他人に奪われた由香里を取り戻すように・・・

私にとって、その想いの積み重ねこそが、至福に満たされた恍惚のひと時なのです。

男達に一夜妻となった由香里を愛して欲しい
性の願いに満ちた男達に愛される妻でいて欲しい

男の精が由香里の美しさを際立たせてくれるからこそ、私は身を引き裂かれる想いでそれを受け入れるのだから
愛する由香里との日々が永遠に続くことを願いながら、いつまでも君を見つめ続けよう

yuki_301_215