明日、沢田さん夫婦と、互いの夫と妻を交換します。
沢田さんの奥様である貴子さんと会うのは2カ月ぶりです。

それぞれ別々に予定を立て、離れた場所で互いの夫や妻を想いながら、仮の夫婦として過します。

前々から予定を立ててはいましたが、沢田さんの仕事の都合で直前までどうなるか判りませんでした。
でも、これで一安心です。

沢田さんに妻を託すことに心配はしていません。避妊もきちんとしてくれますし、何よりも愛情を込めて由香里と接してくれることが、夫である私にとっても嬉しいのです。

由香里を心ゆくまで愛して欲しい…
そして由香里も、沢田さんに抱かれながら彼の全てを受け入れて欲しい…

沢田さんからのメールには、今回は貴子さんに妊娠の心配はないこと、私の想いを心ゆくまで彼女に注いで下さいとのことが書かれていました。

今夜、私は由香里を他人に託す「前夜の儀式」をするつもりです。
それは妻と一緒にシャワーを浴びながら、沢田さんに愛される妻の肌を目に刻み込むことです。

由香里にも、貴子さんの秘部を貫く私の茎を見つめて欲しい…
激しい嫉妬を感じながら、私の火照りを慈しんで欲しい…

yuki_301_227


今、私の中では様々な願いが交錯しています。
由香里も、沢田さんも、そして貴子さんも、同じ想いを共有しているはずです。

前夜の儀式は私達夫婦にとって、大切な時間…
他人とのひと時を過ごしても、夫婦としての愛を確かなものにするための儀式…

私は明日の準備に備えて外出した妻の帰りを待ちながら、様々な想いに心を馳せているのです。