アメリカ大陸 西へ東へ

CaliforniaからNorth Carolinaに移り住んで、9年目突入。 なんかあっという間。ここは住みやすいですよ。人も優しいし。 でもどこに住んでも家族一緒ならあまり変わらず。 柴犬ぴくりーはもう中年犬です。 中年3人組の生活、なかなか楽しいです。

迷子犬を探せ!(ブログ休止中ですが・・・)

京都市南区で迷子になってる柴犬系雑種ちゃんです。
15才の女の子。
無事お家に帰って来れたらいいなぁ。
ご家族が探しています。

IMG_0911_1


IMG_0912_1




15才の柴犬系雑種の女の子を探しているチラシ。
昨年、2011年8月29日に
お家からいなくなったそうです。
右のお腹側面にこぶ(しこり)があり、癌だそうです。
10キロ程の体重で、お顔も穏やかそうですね。
人懐っこく、おとなしい性格と書いてあります。
警察、保健所には通報しましたが、何も情報なし。
遺体情報、事故情報もなし。

いなくなってからずっと探しているようです。
穏やかな子だし、もしかしたらどこかで保護されてるのかも?
京都市南区、もしくは近辺で
この犬に似たような保護犬を見かけた方は
お手数ですが、こちらのブログにご連絡頂けるとありがたいです。
私のほうでご家族と連絡がつくようにいたします。

よろしくお願いします。

Blogについてのお知らせ

2005年に始めたこのBlogですが(当時は違うタイトルでしたが)
もともとは慣れないアメリカ生活での奮闘を
どこかに残したい、と言う思いから始めたものでした。

当時の私はアメリカでカレッジに通い、
四苦八苦していましたっけ。

あの頃は渡米後2年を経ていたにもかかわらず、
英語に躓き、カルチャーについて行けず、
本当に苦しい事もたくさんありました。

Blogを始める1年前に我が家に来てくれたPixieのおかげで
楽しくはありましたが
とにかくストレスがすごかった。
夫共々良くがんばったなと思います。



そんな我が家ですが、ご存知のとおり、
今年になって帰国いたしました。

我が家は駐在さんとは違うので
本帰国、と言うわけでもなく
実際、今後どのようになるのか未定ではありますが。

ですが私達夫婦の中で
アメリカ生活のサバイバルは一応終わりを告げた、と言う気がしています。


という事で、ここで一度、このBlogを閉じる事にいたしました。
先月までの記事ももう既に見れなくなっています。
急な事で申し訳ありません。

今後、今までのこの7年間の記録をどうするか、
考えたいとは思いますが
このBlogを公にしておく事事態が
ちょっと違う意味を持つようになってしまいましたので
(わかりにくくてすみません)
このような形を取る事になりました。



今後ですが、お引越しと言う形で
違うBlogを立ち上げようかとは思っています。
が、これは退院してからですかね。
今は慣れない土地で、引越しの準備に追われており
正直時間がありませんので。


という事で。
たぶん次に何かを書くのはきっと1ヶ月以内でしょうか。
Pixieの事も書きたいしね。
その時はどうぞよろしく。

長い間お世話になりました。

2012年4月10日  nee

Pixieの日本行き 最終話

さて、Pixieの様子なんぞをひとつ。

無事、機上の犬になったPixieですが、
さすがに離陸時はびびって暴れてました。
もともと吠える子じゃないので、吠えはしなかったんですけど
ただただばたばたしてました。かわいそうに。

今回は2列席を夫と私とPixieだったので
周りに迷惑かける可能性も少ないし
ケージは当然閉じたままなので、この時点で周りの人も気付かず。

しばらくすると落ち着いてきたようなので、放置。



心配事がひとつありました。
そう、Pixieのトイレです。
いつもは8時間くらいでトイレに出しますが
この時は中継地点で無事にトイレに出せたらいいけれど
もし出せなかったら、Door to doorで24時間は行く予定。
早めに空港入りしているので、余計に危険。

なのでとりあえず中継空港であるDCで
インドアトイレに連れてったんですが
「ここ何?」くらいな顔をして、してくれず。
そのままさらに機上の犬となりました。


実は前もってお友達凛ママさんに
おしっこをしちゃってもさらっとしてるケージ用シートなるものを頂いてたんですが
もしにおいがしたら?とかいろいろ考えてしまい
結局フライト中3度ほどトイレに連れてってみました。

ソフトケージごとトイレに持ち込み、
床一面にトイレシートを敷き詰め、Pixieを出す。
混んでないフライトだったので出来た事ですが
これはあまりよろしくないですね。個人的には。

Pixieは当然おトイレしてくれませんでしたしね。






成田に着いた時点で20時間越えてましたので
ターンテーブルから荷物をピックアップして動けないでいる夫を放置し
私はPixieを連れて、急いで入管へ。
入管には簡易トイレがあると聞いていたので。

・・・結果、ありませんでした。
どうやら2箇所、手続きが出来る場所があるようなんですが
私が行った時は片方しか開いてなく、そちらにはトイレは無いとの事。
事務所のような場所でシートを広げてトライさせてくれたんですが
やはり無理でした。

しかたないので手続き開始。
前以て書類は提出してあったので
そちらは問題なく終了。
日本では狂犬病の予防接種は毎年なので
市役所の人、もしくは獣医さんと話し合うようにと言われ
(アメリカは3年物が多い)
検疫をパスした証明をくれて、完了。

夫のところへ戻り、今度は私と夫が税関を抜けて、無事入国となりました。




今回は成田空港でした(スターアライアンスの建物です)。
さっさと荷物を国内宅急便に預け、
船便で送った荷物の税関手続きも終え、
とりあえず外に出ます。
でも当然空港内は土なんて無いんですよ。
犬がおトイレできる場所なんか無いだろうと思ったら
外で車両を誘導していたおじさんが
「あっちに土手があるよ」と教えてくれたので
無事おトイレをすることが出来ました。
この時点で24時間以上飲み食いしてないのですが
結構出るものですね。

この後電車移動し、無事ホテルに着いたのが
夜の11時。
ホテルを出てから26時間後でした。



Pixieは今で7歳。
この5月で8歳になります。
柴犬は長命だとは言うけれど
次に飛行機に乗せる事があるのかどうか。
出来る事なら乗せたくないですね。
あれは負担が多すぎる。

そして海外移住。
これに関しても何とも言えません。
希望としては、国を移るのは大変すぎるので
よっぽどじゃなかったらこれも避けたい。
ま、選べるのなら、ですが。

いずれにせよがんばったPixieでした。
今はまだこの新しい場所のにおいに慣れていないようですが
いつかは馴染んでくれればいいなぁ。
・・・私も馴染みたいなぁ。

と言う事で、アメリカ生まれの柴犬Pixie、
アメリカの西で生まれて東へ移動し、結局日本と言う
遠い遠い祖先の国にやってきちゃいました。


日本生活、そして生活立ち上げ、Pixieと一緒に
がんばりま〜す。

Pixieの日本行き −簡単じゃありません−

一番の懸案事項だったPixieの手続き、
今日無事にUSDAでエンドースメント貰ってきました。

ちょっと前の日記で40日前までに提出する書類について
書いたと思うのですが
その次の正式な手続きは、出発10日ほど前のVetのチェックアップ。
同時にFormA(これは自分で書く)とフォームC(3枚組み、Vetに書いてもらう)の
準備をしておくのだけれど
これは今までの記録を確認しなきゃいけないうえに
わりと適当なVetに当たると
日にちがずれてたりするので、
Pixie関係の書類は引越し荷物に入れてしまわないで
手元においておきました。

ま、うちのVetはお友達がミリタリーで日本に行った時に
いろいろお手伝いした経験があるようなので
どれだけシリアスかが良く分かってらした(笑)分、
協力的で楽だったかも。
今までのRabiesの記録と照らし合わせ、
今までの予防接種の記録と照らし合わせ、
「これは違うよ」というと、さっさと直してくれたし。
出発まで時間が無いのも知ってるから
夜中でもいつでもウェルカムよ!と
連絡先も全部くれたし。

しかしこのVetもUSDAの担当者も
「日本のシステムはComplcated!!と言っていた。
激しく同意。
仕方ないのも分かるんだけど、なかなか大変でした。



とりあえずその手続きですけど
Vetに書類を用意してもらい、確認した上で日本の検疫にFax。
前以て「2月2日にVetに会います。3日にUSDAの予約とってあります」
とメールで連絡してあったので
むこうからも丁寧な注意事項に関するメールを頂いて
万全の状態で臨みました。
その上で書類に不備が無いか、確認してもらいました。

Vetに貰った書類
・Form C(3枚)
・Companion Animal Certificate of Veterinary Examination(州の健康診断書?)

Vetにマイクロチップを読み込んでもらう

Vetに確認してもらった書類
・Form A(自分で書いた)
ここでの注意点ですが、Vetは日本でのマイクロチップリーダのスタンダードが
どれか分かっていないので
勝手に「ISO Standard of」にチェックされました。
そして間違いを指摘すると、上から書き直してました。
この場合Form Aは私が書くものなので、あまり問題なかったけれど
間違いを上から書き直すのは普通の事、なので
注意が必要かと。
この検疫関係の書類では書き直しは通用しませんので。

そしてうちのはAvidの9桁なので
日本の検疫でのリーダーで問題はないけれど
でも一応スタンダードではないので、これも注意が必要。
「Another」が正解。



翌日3日にUSDAへ。
前以てアポ取ります。
必要書類は前日にVetに貰ったものだけではないです。
こちらも前以て問い合わせする方がいいですね。

我が家が持っていったもの(リクエストされました)
Form A
Form C
Companion Animal Certificate of Veterinary Examination(原本ともう一枚)
2 Rabies Vaccination Certification(原本)
Result of Blood Rabies Test(原本)
Approval of Import Inspection of Animals(日本の動物に関する届出受理書)
$117(Check or Credit Card)

この中でエンドースメントを貰うのは、この3つ(5枚)
Form A
Form C
Companion Animal Certificate of Veterinary Examination



ちょっとややこしいんですけど、注意書き。
私は出国40日前までにアニパスで動物に関する届出を出し
すでに受理されているんですが、その際に受理番号を貰っています。
この番号をフォームAとCに書くようになってるんですが
その届出を出した時に、Rabies以外の予防接種に関して
どうやら間違いがあったよう。
これに関しては日本の検疫に問い合わせもしてますし
その上で貰った情報が間違えてたようなので、仕方ないのですが
(でも大した問題ではないけれど)
もうひとつ、その届出を出した後で受けた予防接種もあり
それに関して追加、訂正が必要だったんですよ。

で、2日にVetに行った後に訂正しました。

で、今日3日にUSDAに行って
新たにプリントしてきた届出受理書を出すと・・・
「番号違うよ」と言われてしまいました。
いやー、びっくり。
確認してなかったわ。

追加、訂正をすると
その都度受理書の番号は微妙に変わるようです。

3日の時点でこちらは金曜日。日本はもうすでに土曜日。
Vetで訂正してもらう事は可能ですが
それを日本の検疫に確認してもらえるのは
日本時間で月曜日、こっち時間で日曜の夜になります。
猶予は月曜日のみ。
うーむ。

USDAの担当者は
前に取得した届出受理書で確認するから
問題ないといってくれましたが
これはやっぱりお役所関係ですので、ちょっとあせりました。

実際にはその番号があってないのは
日本の検疫の方々は知ってるはずなので、問題ではないんでしょうけれど。
というのも、書類を送った時に
「これで問題ありません。このままエンドースメント貰ってきてください。
その後届け出の変更をお願いします」というメールを頂いているので。

ですが問題をそのままに、というわけには行きません。
帰ってきて速攻日本の検疫に確認メールを取ったところ
問題なしという答えをいただけました。
日本入国の際には古い方の受理書、新しい受理書も持参するように、
という指示を受けましたが
これでPixieだけ日本に入れない、なんて事になったらしゃれになりませんので。

ま、これがアメリカから日本に動物連れで帰国する方の
参考になればいいのですが
分かりにくいでしょうね、たぶん。
良いんですけどね、このプロセスに入ってる方には分かるでしょうから。


という事で、無事にPixieの手続き完了です。
あとは飛行機でぐっすり寝てもらい、
13時間?のフライト中におしっこされたら困るなーとか思いつつ、
(シート持って、トイレに行くか)
その日が来るのを待つだけです。

はー、疲れた。

人間より手続き多いね、とはUSDAのおっちゃんの弁。
ほんと、ほんと。大変よー。

引越し準備 続き

引越し準備続いています。
今日は(昨日は?)クリスマスだっていうのに。

イブまでとにかく忙しい毎日でした。
なんかとにかく忙しい。
仕事も忙しいんですけど。

とりあえず25日はゆっくりして・・・なんて思ってたら
起きたら3時でした。
あーぁ。

仕方ないので、お昼(の時間じゃないけど)はあんかけ焼そば。

6時頃から気分が乗ってきたので
荷物の箱詰め。

見積もりを取った日系引越し業者さんが
段ボール箱を持ってきてくれたのが一昨日で
見積もりの日に、とりあえずどれだけの荷物を持って帰るつもりか
手持ちの段ボール箱にひとまず入れた荷物を
さらに厳選し、箱詰めしなおしました。
かなりシェープされました。

とりあえず今のところは
小 15箱
中 15箱
規格外の大物 1箱
自転車 1台
ベッドマットレス クイーンサイズ
を持ち帰る予定。
かなり少ないはず。

今日箱詰めしたところでは
小 10箱
中 11箱が埋まりましたが
まだ余裕はあるので、ミシンも持って帰れそう♪
かなり嬉しい。

あとは韓国ラーメンも、乾燥パスタも持って帰ろうかな。
日本で買えるけどね。


Pixieの手続きです。
40日前までに提出する書類は無事終了。
これは正式な日本語を使っているせいか、結構トリッキーで
私は何度か混乱しました。
でも日本の動物検疫所はかなりきちんと答えをくれるので
2度ほどの電話で書類を作成し
不備もなく受理されました。

ついでにエアチケットも取っちゃいました。

あとは出発10日ほど前の手続きまでは
何も無し。
とりあえずするべきなのは
Vetのアポを取る
USDAのオフィスのアポを取る
この2つでしょうか。

あとは帰国前に何度かケンネルに滞在予定なので
ケンネルコフの注射もしてもらいにVetに行かなきゃいけないので
なんか面倒ですが、仕方ない。

とりあえずこんな感じです。
今年はクリスマスも年末年始も無いけど
仕方ないね。


Profile
nee
Californiaで始まった人間2人と柴犬1匹の新婚生活ですが
引き続きNorth Carolinaで7年目の新婚生活続行中。

Mitchell's Academyは2009年4月23日に卒業し、その後のState Boardも無事パスしました。
今はNorth Raleighのお店で働いてます。
7年ぶりの仕事復帰は楽しいけどしんどいですね。

読書、ピアス作り、柴犬もろもろ、美味しいお酒、ネットサーフィン、おしゃべり、家族、若かりし頃に聞いた音楽、またーりもたーり、美味しいものが大好きです。
Recent Comments
  • ライブドアブログ