2005年07月29日

エントリーしました。

aa84b3d1.jpgタケダファミリーマラソン 2005 にエントリーしました!

小学生や親子の部があるので
こども達のかわいく走る姿をみるのがひそかに楽しみでもあります!

北海道マラソンの選手をめいっぱい応援してきます!


いまきづいたけど
タイムはゴール地点のタイマーで各自確認かあ!
見落としそ〜

あ、だから参加費が1600円って格安なんだ。なるほどね  

2005年07月25日

夏だ!海だ!花火だ!夏風邪だ!

1d5cd935.jpg北海道の夏はみじかい!ってゆうことで
ことし二度目のウェイクボードへ。場所は釣りびとも多い石狩です

最高気温27℃ではれ。波もおだやかで 直射日光をおでこを中心にがっーっつり浴びてきました。顔まっくろです。

↑初心者なので腰がひけてます!じぶんではかっこよく乗ってたつもりなんだけどなあ‥

 うわーころぶころぶ!

ほんとうにたのしかったー。ぜったいジャンプできるよーになってみせる!
チューブにも乗ってぶんぶん振り落とされそーになってきました。
しっかし‥海での日焼けは‥こまったなあ
黒くなるのはいいけどシミとかね!きゃーおそろしい。

 &夏は花火だ!
もちろんゆかたでね!はずかしいから下むきで。だけど記念にじぶん撮り。

すばらしい花火のあとにはもちろんみんなで拍手。
生ビール片手に花火をながめながられるすばらしい場所、パークホテルのビアガーデンはたいそうな賑わいでした。

いいねいいね夏はいいね!!!!!

‥なーんてはしゃいでいる間にふつうに夏風邪ひいちゃいました。
いま、おでこに冷えピタくっつけてPCにむかっています。
いつのまにか足の人差し指の爪がはがれていました(ぜんっぜん気づかなかった!)

みなさまも夏のケガと風邪にはおきをつけを〜げほげほ。  

2005年07月14日

シューズ&ウェアを買った今日

269874fb.jpgいままではいていたシューズ(ターサー)にとうとう穴があいて
我慢ならない状態になってしまったので
たいまいをはたいてシューズを購入しました!

足があまり速いほうではないので
(つまり走っている時間が普通の人よりもながーい)
いままでよりクッション性のあるものをえらんでみたのでした。
なんてなまえの靴かわかんないですがアシックスで、軽めなのにすこし重いってゆう中間みたいらしいです。←店員さん談。

これでハーフの時、後半がっくり足があがらなくなるのがすこーーしは
軽減されればよいのだけれど‥・
いやいやシューズに頼るまえにまずはトレーニングです。あはははは。は
‥あーがんばろっと。

そんなわけで←ひだりうえに追加もしましたが
タケダファミリーマラソン10キロに参加してみることにしました!
大会初参加の友達ふたり&いままでのメンバー3人&わたし、で
ごうけい6人でいってきます。たのしげでしょ?

誘ってみるものです、まわりの友達を!
ほとんど断られるだろーなーとおもいつつ、声をかけてみたのに
はしろっかなーってゆってくれると
ほんとーーー!にうっれしいものです!
トレーニングもたまにみんなですると 気分が変わっていいもの。

きょうは札幌スポーツ館でシューズを購入しましたがセールになっていました
ウェアは石井スポーツで上下セット2000円(まじてすか〜)で手中に収めました!!
たぶんデザインが去年モデルとかなんでしょう?
そゆことあんま気にしないのでだいじょうぶ。デザインが多少きにいらなくってもだいじょうぶ。
消耗品だからね!わーい
↓ ↓

アディダスの。  
Posted by yukiisland at 23:03コメントする!(10)TrackBack(0)走る!

2005年06月23日

素敵すぎ千歳完走証!

9a9a7b0e.jpgすごい!ゴールの時の写真が2枚も!!
なんて素敵なんだー ビバ千歳

これいい記念になるね  

2005年06月12日

会社の親睦駅伝大会

66f76de2.jpg6/11(土曜日)くもり
札幌市モエレ沼公園で行われた親睦駅伝大会ではしってきました。



走者は900人前後でその同僚や家族も来ていたのでけっこうな賑わいでした。
天気がくもりで、今にも雨がおちてきそうな雰囲気だったけれど
なんとか夕方までもちました。よかった。

そのおかげで、打ち上げにはなんとも 巨大ジンギスカン!をアウトドアですることができました。(爐気箸蕕鵑畢瓩砲董)
いくら道産子だからって、こんなおっきいジンギスカン鍋の存在はしらなかったなー
ほんとびっくりだ。はじめてみた。
ほんとすごいな

駅伝のほうは楽しかったです。
楽しいポイントはいくつかあって、まず
●知り合いがたくさんいて、スタート直前に爐んばってネ〜瓩髪援してくれるし、自分も同僚をいっぱい応援できる!
●走ってる途中でも会社の人たちがコース脇に立っていて、私をみつけては名前を呼んでくれるから元気が出る。
●2キロ地点で給水してくれる
●ゴールではタスキを待っている友達がいるし
●ゴールしたらすぐ病院の救護班、優しい女性が氷のうを持って待っててくれるし!(関係ないかもだけど美しい人だったし、笑)
●走り終えたら、みんなが爐つかれ〜瓩辰謄咫璽襪鯏呂靴討れるから
だからたのしかったです。

会社であんまり話さない人ともいっぱい話しができたからよかった。
4.3キロで、はっきりタイムを見てないけれど23分前半くらいとおもう
まあいつもどおりくらいです  
Posted by yukiisland at 22:00コメントする!(5)TrackBack(0)走る!

2005年06月09日

筋肉痛inつど〜む

85c149bc.jpg←散歩中、大笑いするトロ君。よっぽど散歩がうれしいのね。

★今週火曜日のこと。週末の駅伝大会の練習も兼ねて、またもや女の子3人&コーチ(勝手にコーチにした)でワイワイと爐弔鼻舛爿瓩冒りにいってきました。
たのしげでしょ?

3人のなかの1人は日曜に千歳で10キロを走っていて
筋肉痛は割りとだいじょうーぶってゆっていたので、
わたしも調子にのって「ジャージに着替えればはしれるサ〜」と
モモ筋肉痛、階段をワー&キャーいって降りてたくせに、
爐福爾鵑走ってみた


‥はしれなかった

筋肉痛は気持ちではカバーできず。
しかたないから、デューク更家ばりにウォーキング。‥も無理でした。
ロボット歩きで30〜40分かな。一生懸命、あるきました。とほほ。

つど〜むは、にぎわっていました。つど〜むわりとすきです。
見た目も銀でかっこいい!

★このごろDVDをたてつづけになんぼんか観た。
フォーンブース
スクールオブロック
さよなら、クロ
死に花
これからデイアフタートゥモローを観るのだ
劇場より感激はへるかもだけど一本130円はいくらなんでも安いと思うよ。
やっぱり。

★体調がいまいちぱっとせず、近所の医院にいく。(初診)
おじいちゃん先生、いろいろ観たあと
「いわゆる虚弱体質なの!あなた食も細いでしょ?よわっちいの!」って一言。
・・多少へこむ・・。
まあ、そこに最近環境の変化で疲れがプラスされて壊れたってわけだ。
よわっちい。‥・笑 くやしいなあ。
あーどんぶり飯がたべれるようになろう。決意固めるそんな今日このごろ。

しかし、週末は会社の駅伝は張り切ってはしります!
筋肉痛も治まったし!4.3キロ。
楽しみだなあ〜  

2005年06月06日

I went the distance!千歳JAL国際マラソン 2005

c4dcbfbf.jpg千歳JAL国際マラソン 2005
05.06.05.(日ようび) 曇り&晴れ 気温は‥20℃前後くらいかな

千歳市スポーツセンターへJR&バスで向かい8時20分ぎりぎり受付をすませた。
スタート場所は、青葉公園。9:30。(ハーフマラソン)
時間までの過ごし方は‥
まずはじめに‥もちろん出店チェック(笑)
なんか爛レープ屋瓩鉢爐錣燭△甓悪瓩あってびびる。本気でお祭りみたいだわ。おそるべし千歳マラソン。

そしてスタート地点へ。
今回は、お友達(女性。今回大会デビュー)&会社の人(男性)と一緒の参加。
男性の方はハーフ1時間40分台後半〜50分くらいで普段は走っているのでー
とりあえず
うしろ、ついていくことにしてみた!(簡単にきめていいのか‥私?)

スタートは自衛隊の生演奏と共に。気分よい走り出し。
すぐに軽いのぼり&山林の中へとすすんでゆく。
去年となんとなーく景色が違うから、コースが変わった?と思って口に出したら
となりのランナーさんが、台風で木がいっぱい倒れてるけどおんなじコースだよっ!て教えてくれた。視界がほんと広い。日が射してきもちいい。

5キロ地点27分くらいで通過。エイドには
水・エネルゲン・氷砂糖・カロリーメイト(チーズ味)・バナナ・レモン・スポンジが用意されていた。すばらしい。フルコースだ。
エネルゲンのみ補給した。そしてこのころからシューズに違和感。
小石がはいったらしい‥!

そして、のぼり・くだりがまたあって7,8キロ地点ののぼりでは
なさけないけれど実はもうきつくなって、でも「ココがきついところだから。ちょっと頑張れっ!」と声かけてもらう。
しかし、速い人についていくっていうのも、精神的にけっこうやられちゃって。
「付いてかなきゃなんない」ってのと、「もっとゆっくり走ってほしーなー」ってゆう甘えがでてきて、よく考えたら普段の自分ペースと変わんないのに
なんだかもっときつく感じた。

そしてさらに林の間を進み、10キロエイドへ。56分くらい。
レモンを口に放り込む。ぜんぜんすっぱくない。ふしぎ〜

折り返しではもう会社の男性について行けなくなっていました。んでも
私の遅いペースに合わせて励ましてくれつつ一緒に走ってくれたのでした。
途中、砂利&急な下り(最も苦手)があって、思わず
「こ、こわい‥」とつぶやいたら「うしろ!体重!」ってゆったので
「はいっっ!」と。私の妄想の中では、小出監督についてゆくQチャンになった気分‥でした

15キロ地点くらいで、シャワーコーナーと3つ目のエイド。
水とエネルゲン2杯をがぶのみ。角砂糖を塩かと思い、
エイドの女性(おばちゃん)に、これしお?ってきいたら
「砂糖のあめ。これたべたらチカラでるよ〜!」&笑顔が返ってきて
どれどれ‥と1個口に含む。ちと甘い。ちとうまい。

しばらく進むと、山林を抜け、脇の舗装された道路へとコースは移る。
そこはゆるいカーブで、前へとずーーっと続くランナーのながーい列を虚ろに観ながら走る。
もうすでに、小石が入った左足にできた『水ぶくれ』と
それをかばった右の『外反母趾』が強烈に痛んでいた。
たぶんそれがなくても、どっちにしてもへろへろ。
お腹もぐーぐー鳴って、空腹感もあった。

沿道で少年たちが「おいしい水ですヨー!」って。
そんで水2杯一気飲みする。ほんとおいしい。
しかも子供めんこい。笑ってるし、声が高くてかわいらしい。

最後、5箇所目のエイドでは、おなかがすごく空いていたので
いまさらなー(照)と思いながらも、カロリーメイトのバーを半分たべる。
そして、おっと!って戻って、氷砂糖を手に持って走り出した。

声援がふえてくる。
ってことはゴールにいよいよ近づいたってことだ。
「ここからは気力だゾ〜!」って誰かが言ってくれた。ほんとそう。しかし
やけに私向けの声援が飛んでいるよーなきがするケド‥きのせい?笑
勝手なかんちがい?妄想?
けど、足いたかったから、へんてこな走りしてんのかなー。恥ずかしいなーって思いながらもまずは歩かず走った。
声援に涙が出そうだったけどこらえた。

前に付いて走ってくれる会社の男性に、みんな今キツイんだぞ。もっと腕振って!‥って励ましの言葉をかけてもらう。腕振ると自然に足が出た。

ほら、ゴールがみえるぞ。ってゆわれて前方をよっく見ると
ゴールは見えなかったけれど、大勢の人と旗がみえた。
あーもうよかったーって。
一瞬まわりがなんにもみえなくなって、音も感じなくなって
まっーすぐにゴールにむかった。手と足が意識とは別に自動で動いているみたいだった。

ゴールした。2時間8分くらい。たぶんホッとしてポロポロ涙がでた。
ゴールして涙したのはホノルルのときいらい。2度め。

シューズを脱いで、でっかい爐澆困屬れ瓩鬚澆弔韻
みんなにみせびらかして、みんなでわらった。
痛かっただろ?っていわれてまた泣きそーになった。

帰りは南幌温泉で汗を流して帰宅しました。
(‥それから頭からお布団ひかぶって寝てしまいました。笑)