こんばんは、娘です
藤井家の稲刈りがすべて終わりました~~

今日は刈り取ったお米からどぶろくを仕込むまでをご紹介します


まずはじめに、お米を乾燥機にかけて、もみすり機でお米を玄米にします
写真の大きな乾燥機で、刈り取ったときの水分が26%だったのを14.5%まで乾燥させます
乾燥したもみは自動的にもみすり機に入ります
DSCN0336

         ↓ ↓ ↓

真ん中の機械でもみ殻と玄米とをすり分け、左端に写っている機械で米の大きさによって選別します
DSCN0337

        ↓ ↓ ↓

選別された玄米は30キロに計量されます
DSCN0339

        ↓ ↓ ↓

勢いよく入っています
DSCN0340

DSCN0341

         ↓ ↓ ↓

玄米を精米して、水にかし、蒸しています
DSCN0330

         ↓ ↓ ↓

蒸しあがったお米を素早く冷まします
DSCN0333

         ↓ ↓ ↓

麹と酵母と水が入ったタンクに蒸米を入れて、発酵させます
DSCN0334


それから約1か月間、毎日父が温度管理をしながら、おいしいどぶろくに仕上げていきます

おいしいどぶろくが出来上がるのが楽しみです~~