由紀っ娘の国際交流、今回で2回目。
1回目は三女の東南アジアのお友達が大勢参加してのモチつき。

今回は国際協力機構 JICA
アフガニスタン、ベナン、コンゴ、エチオピア、モザンビーク、ニジェール、ナイジェリア、パレスチナ、東チモール、男性3人、女性7人、通訳さんや関係機関の皆さん、15名の参加がありました。

現地研修は、里芋伊予美人、媛かぐやを父が説明。質問が一杯あったようです。image
image


image


その後、レストランの中で6次産業化や行政支援について、生活研究協議会の活動、家族経営協定の取り組み等、色々と紹介しました。

image
image


二人の活動が英語で紹介されていました。

もっと驚いたことは、父が英語で挨拶したことでした。通訳さんがいてくれたことは大変ありがたかったですね。

英語を自然体で話せたら、,、、。夢の話ですね。

image


1995年以来愛媛での視察は初めて。
昼食の由紀っ娘御膳は、宗教上、肉、酒類のどぶろくやみりんは使用禁止、指定の濃い口醤油を使っての味付けは量を減らしたり、白湯で薄めてみたり、色々して召し上がっていただきました。

大変喜んでいただきました。

3回目の国際交流はいつ頃になるか楽しみにしてます。