June 19, 2005

はたけの学校 3回目

今日は首をなが〜〜〜くして待っていた、
小田原はたけの学校 ハーブを育てるコースの3回目。
暑いほど晴れて、青空の下気持ちよかったな〜。
やっぱり、野外活動は良いですね〜。ブンちゃんも十分に走り回っていたし。

さてさて、本日の反省点!
筆記用具小さなメモ帳を必ず持参すること!
た〜くさん知らなかったことを教えていただき、
へえ〜〜〜と思わずうなってしまうような事ばかり。
ところが、、、。
こうして時間が経ってから思い出してみる。
「うふふ。たくさん新しいこと教えてもらっちゃたな〜、
えっと〜、、、。あれ???なんだったっけ?」
、、、。
もったいない!何をやっているんだ!まったく!
自分の記憶力ほど頼りにならないものはないって、再認識いたしました。トホホ。

途中まで第三回はたけの学校メモを書いてみたんだけど、
記載内容の信憑性を自分自身疑い始め、削除しました!!!
あやふやな知識なら、ない方がいいと言っては言い過ぎかもしれないけど、
たとえこんなプライベートなブログでも
不特定多数の人が目にする可能性もあるわけで、
そう考えるとあまりいい加減なことは差し控えたいと、
結論を下したわけであります!!

次回はちゃんとメモを取って新しい情報を確実に自分のものにしていきたいと
思います、ハイ。
そんなわけで、学校の内容は今回はパスします。

そのかわり、パンパカパ〜〜〜ン!
収穫物の発表会を開催します!!

作品その1:まず収穫した切花をふんだんにいけてみました。
(フィーバーフュー・キャットミント・パイナップルミント・ミモザ・オーシャンウェーブゼラニウム)
さて、どれがどれでしょう?ちなみにゼラニウムは自宅のものです。

切花0619








作品その2:こちらもちょっといけてみました。いけたというか仮置き場?
(パイナップルミント・ヤロウ・ラベンダー)
ラベンダースティック用のラベンダーを収穫したんだけど、
作るのに必要なリボンがない!なのでここに仮置き。
真剣に花瓶に生けるならもっとバランスよくカットしたりしたいけど、
なんせ、スティック用なので、、、。ちょっと生け花としては成り立ってないですね。
パイナップルミントは見た目がさわやかで、寄せ植えにも生け花にも大活躍しそう。
こうやって、お水に指している間に根が出てくれたら、挿し木にしようという魂胆。

切花20619









作品その3:先生に頂いた四季咲きミモザのてんこ盛り。
ミモザって、かわいい〜〜〜〜!ミモザのこの枝を土にさせば芽が出るかしら?
かわいいミモザ、お庭にほしいな〜〜〜。
切花30619








作品その4:ドライフラワー。(ラムズイヤー・ヤロウ)
直射日光の当たらない階段の窓際に干してみたんだけど、
階段を駆け上がるたびに、ほわっと香り、思わずにやっとしてしまう。

ドライフラワー0619









作品その5:ドライ保存(フェンネル)
魚料理に是非使おうと収穫してきたものの、料理する魚がない。
水にさそうとも思ったけど、かなりひどくしなびてうなだれた姿を見ると、
もう、しゃきっとするとは思えない。そこで、キッチンに逆さずり。
ドライ20619








作品その6:サラダ(イタリアンパセリ)
ハーブをサラダに使おうとおもうと、ちょっとちらちら飾るというのでは満足できず、
いつもサラダの上にハーブがてんこ盛りになってしまう。
とってもおいしい新鮮な香。う〜〜ん、贅沢。

サラダ0619









これで全部かな〜〜。
本当にたくさん畑から連れてきちゃった。

それにしても、畑は1ヶ月に一度しか手入れをしていないはず。
それなのにあれだけ花が咲き誇り、十分すぎるほどの収穫。
もっとこまめに手入れをしたら、きっともっと収穫量も増えるんだろうな。

う〜〜ん、やっぱり最終的には畑を借りてハーブを育てたいな〜。
食べて良し、飲んで良し、もちろん飾って良し。最高だよな〜。
毎週末ちょこちょこっとなら世話をすることも出来るだろうしさ。

はたけの学校に行くと、「ハーブって最高」と
より一層熱が入ってしまいます。おほほ。



yukikon1007 at 09:31│Comments(1)TrackBack(0)ハーブ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ちびたろー   June 23, 2005 01:55
間違えて、前日の日記にコメントつけちゃいました・・・ごめんなさーい!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔