透明な瓶に手紙をつめてインターネットの海へ

きれぎれの落書きと私信 by 雪虫の伝説

DSCN0469

ひな祭りのことは忘れてしまっていました。もうすぐ春ですね。冷たい雨が降ってはいますが,心にしみ込むほどの寒さではなくなりました。
もうすぐ春です。
    mixiチェック

DSCN0451


アニメ「四月は君の嘘」のワンシーンで女の子がたくさんの薬を服用する。あれよりも明らかに多い薬を処方されている。新薬も使っているから,薬の副作用を心配してのことなのだろう,検査は頻繁だ。ごく普通の勤め人なら,不可能な病院通い,頻度。そして診療科の数の多さ。身体だけは丈夫だというのが自慢だったのに。病院はほとんど利用してなかったとゆうのに。いつのまにか,予定表は病院印でいっぱいだ。どうしちゃったんだろう。まったくもってあ〜あ・・だ。病弱を売りにすること,不幸を売りにするのはいやだ。
    mixiチェック

少し休憩しませんか。そんな表示が現れる。休んでいられないんだよ・・と独り言。この表示は何時間続けていれば出るのだろう。余計なお世話ではあるけれど・・ちょっと優しい。完全な徹夜ができなくなっている。きっと年のせいなのだ。眠気を追い払うために、最近はチョコをかじっている。太るんだよな〜。
    mixiチェック

DSCN0442-001


発売日にはちゃんと届いた「一太郎」。むかしから、ずっと愛用しているから、押し売りに近いバージョンアップにもついつい流されてしまう。私の個人的な世間では、ワープロは圧倒的にWORDが支配しているのだけれど、私は辞書だけはATOKにかえて使っている。ワープロはやはり日本制がいいように思えるのはきっと偏見なのだろう。
豆まきはふたりでやってもつまらないねえと言いながらも、今年もちゃんと母とふたりでイワシを食べて恵方巻・・昔は鹿児島では‥我が家では恵方巻ナンテなかった。そんな話を毎年している。母は元気だ。
    mixiチェック

P1260013


我が家の小さな庭の小さな木にも、春の兆しです。
1月が行きます。
    mixiチェック

DSCN0420

子どもみたいなひとでした。どんなところにでも会いに来てくれました。いろんな人に引き合わせてくれました。
初めてお会いしたのは、震災前の兵庫県です。奈良を、京都を、大阪の人ごみを歩きました。動物園にも行きました。水族館にも行きました。一緒に写した写真が一枚だけあります。ポラロイド写真です。
今年、年賀状はもらえませんでした。先日届いたのは娘さんからのお手紙でした。

手書きの童話集をひとつひとつ読み返しています。



    mixiチェック

DSCN0395

年の暮れと思えない、季節感。自分の感覚、意識。そして仕事の終わらなさ、計画性のなさ。それでも今年も終わる。
冬至だ。

    mixiチェック

DSCN0366

庭で鳥たちが歌うと「みかんをねらってるかも」と母は言います。で、寒さが少し厳しくなる前にと、もう収穫してしまいました。
あさっては日帰りの手術です。少し恐いです。
    mixiチェック

DSCN0353


見渡せば‥

新古今和歌集は好きだ。定家という男には魅力を感じる。そのしたたかさが、いい。

    mixiチェック

DSCN0291

数年前に母が買った柑橘類です。どうしても母に食べさせたいのですが。まだ熟してはいないだろうと思えて、もう少し、もう少しと先に延ばしています。だいだいこれは何なのでしょう。
秋とは思えないほどの暑い日が続いています。半袖で、飛び出したくなってしまいます。


    mixiチェック

DSCN0277

検査の途中でよってもらいました。懐かしい読書室です。
    mixiチェック

PA080454-001

机の上を闊歩しています。存在に気付いてから2か月ほどになります。この部屋を守ってくれているようです。
名前は・・・つけていません。

    mixiチェック

DSCN0155


使いたい文句「台風一過」・・・ここには何の被害もなく、台風は去りました。でも、ここを去った台風はどこかよそへは行ったのだ。鹿児島は暑くなりました。でも気持ちのいい暑さです。
    mixiチェック

このページのトップヘ