ヒグマのプーさん

羆が カメラを片手に 山野を徘徊しながら 山野草を パチリ  パソコン大好きな羆が ブログに山野草を中心に UPしています 2011-06-20から 何を写すんだろうね 今は プー太郎のプーさんです

ナンブワチガイソウをとわに

DSC_6055

二年ぶりでパスワード思い出す

DSC_7192
続きを読む

六花弁のニリンソウ

珍しい

六花弁の ニリンソウ六花弁のニリンソウ

ニリンソウ   

ニリンソウ  春のお知らせみたいな花ですね

DSC_9575

ニョイスミレ   女川に残したい自生植物

ニョイスミレ

女川ではかなり少ない種です

スミレ科 スミレ属 ニョイスミレ(ツボスミレ)  多年草

DSC_7382
DSC_7396
DSC_7402
DSC_7432
DSC_7469
DSC_8360
DSC_9370

エイザンスミレ 女川に残したい貴重種

エイザンスミレ   女川に26種のすみれが自生すると言われる中の1品種

スミレ科 スミレ属 エイザンスミレ 無茎性多年草 

種は三菱型の閉鎖花を作り アリに種子を運んでもらい 拡散する


DSC_6099
DSC_6120
DSC_6124
DSC_4990
DSC_4998

フデリンドウ   女川に自生する貴重種

リンドウ科 リンドウ属  フデリンドウ

ハルリンドウが終わり フデリンドウの出番です

5月の半ば  笹薮で小さく光っていて目立ちますね

DSC_8387
DSC_8394
DSC_8588
DSC_8590
DSC_8627
DSC_7111

チダケサシ  女川に自生する貴重種

ユキノシタ科 チダケサシ属 チダケサシ 多年草

蒸すような初夏  なんとも綺麗な花です

DSC_7986
DSC_7999
DSC_7996
DSC_8002
DSC_8009

ナベナ   女川に自生する貴重な花たち

マツムシソウ科 ナベナ属 ナベナ

DSC_0305
DSC_0358 (3)
DSC_0299 (9)
DSC_0301 (9)
DSC_0360 (3)

シュンラン  女川に自生する貴重種

ラン科 シュンラン属  シュンラン

撮りたい放題、持ち帰るだけ持ち帰っていかれ

そんな残党が 僅かにある  わずか10年前は

そこいら中にあったシュンラン  残り少ないが

残したいものである

DSC_7139
DSCN1373
DSK_4314

ヒメハギ  女川周辺の貴重自生植物

ごく一部で群生していて  あまり見慣れない花である

残しておきたい花である

ヒメハギ科ヒメハギ属 常緑多年草

DSC_8716
DSC_8693
DSC_8713
DSC_8718
DSC_8789
DSC_8792
DSC_8798
DSC_8804
DSC_5900

イカリソウ  女川に自生する山野草

メギ科 イカリソウ属  落葉多年草

本当に少なくなった❀です

DSC_5280
DSC_5284
DSC_5599 (2)
DSC_6479
DSC_6490 (2)
DSC_6962
DSC_8539

カタクリ   女川に自生する貴重種

種ができ 大地に根ざし  芽を出し 片葉を出し

両葉を出し  花が咲けるようになるまで7〜8年

花を咲かせてから40年以上開花を続ける寿命の長い花である

女川も数が減ってきています  守りたいユリ科の花

DSC_6137
DSC_6055
DSC_5695

フクジュソウ  女川町の貴重自生種

2013-03-18 待ち焦がれていた 福寿草が 満開になつた

今年は3月になって 本当に雨が少なく 気温が低かったので

かなり開花が遅れていたが  今が見ごろになった

極少数だが自生地はあるDSCN4606
DSCN4616
DSCN4617
DSCN4620
DSCN4624
DSCN4627
DSCN4630
DSCN4635
DSCN4637

クルマユリ  女川町の貴重な自生植物

山の中を歩いていて このユリの赤に出会うと 嬉しくなりますね

我が家の近くでも探せば 探し出せる高山に咲く??ユリです

ユリ科 ユリ属 クルマユリ

DSC_1022
DSC_2362 (2)
DSC_1921
DSC_3300

イヌノフグリ  女川に自生する貴重種


 オオバコ科 クワガタソウ属  イヌノフグリ  越年草

絶滅危惧種指定 粁VU 

女川町では至極稀に見ることができるが ほぼ絶滅に近い

種子は幾分保存しているが どこで栽培するか問題です

DSC_5744
DSC_5751
DSC_5752_edited-1
DSC_5756 (2)
DSC_5758 (2)



アズマイチゲ 女川に自生する貴重種

埼玉 千葉以西では ほぼ絶滅危惧種に指定されている種である

http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06030301423#

キンポウゲ科 イチリンソウ属  アズマイチゲ

未だに大量に盗掘が続く このアズマイチゲ

可愛いアズマイチゲを女川に残したい

DSC_2167 (2)
DSC_2729
DSC_2164 (2)
DSC_2162 (2)
DSC_2163 (2)

オニノヤガラ  女川に自生する貴重種


 ラン科 オニノヤガラ属  オニノヤガラ

これもかなり自生数の極少数な種である

葉緑素を持たず ナラタケの腐生菌に養われている腐生植物

梅雨時に花を咲かせる  道路脇に極稀に見られる

DSC_4962 (2)
DSC_4960
DSC_4939 (2)
DSC_01195
DSC_4948
DSC_4951
DSC_4957
DSC_4937 (2)

ササバギンラン  ギンラン  女川周辺の貴重な自生植物

             ササバギンラン

ラン科 キンラン科

             ギンラン

なんとも紛らわしい3種  シュスラン ギンラン ササバギンラン

最初の葉の長いのがササバ  葉の付け根に毛状の突起が

花と同等かそれ以上葉先が高くなる

この3種のらんも激減し 滅多に見なくなった



DSC_9684
DSC_9696
DSC_9703
DSC_9703
DSC_9708
DSC_9718
そして葉が短いものは ギン

ユキザサ 女川に自生する貴重種

ユリ科 ユキザサ属  ユキザサ

これも 残したい植物です 6月に綺麗な白い花を咲かせます

かなり数が減っています

DSC_4777
DSC_6001
DSC_6686 (2)
DSC_6932
DSC_7199
DSC_7202 (2)
DSC_7868
DSC_7877
DSC_8265

サイハイラン 女川町に自生する貴重種

サイハイラン

人工的に栽培することが不可能な植物である

数ある大学 園芸家  試験場で栽培を試みるも

未だに栽培に成功したという記載がない

栽培不可能腐生植物 サイハンラン  移植も不可能である

自生地保護以外 種の保存は不可能です

DSC_2554
DSC_2555
DSC_2155 (3)
DSC_2158 (2)
DSC_2188 (2)
DSC_2551 (2)


見るだけにして欲しい   採取ではなく盗掘になる行為なくしたい

綺麗なランを女川町に残したいね

タマアジサイ  女川町に咲く最北の花

玉紫陽花 タマアジサイ

環境庁  東北森林管理局の発表では 北限を宮城県丸森町と記載だが

ここ女川町が日本の北限である事を証明したい


タマアジサイの日本の北限は 女川町である

DSC_2473
DSC_3112
DSC_3113
DSC_3119
DSC_3128
DSC_0247
DSC_0260
DSC_0269
DSC_0284


断じて丸森町ではなく


女川町が タマアジサイの日本の北限の町である  

東北森林管理局

ナンブワチガイソウ  女川町に自生する貴重種

ナンブワチガイソウ  絶滅危惧種VU

女川では1箇所のみ自生するが 高台移転の切り崩し指定範囲に

自生している

なんとかいかんしょくぶつにしたい

本当にこんな大事な花を なくしていいのだろうか????

DSC_8135
DSC_6056
DSC_8127
DSC_8128 (2)


なんとしても 女川町に咲き続けて欲しい優しい花である

クリンソウ 女川に自生する貴重種

http://www.jpnrdb.com/pic/images/header_top_01.gifDSC_9313
DSC_9291
DSC_9295


クリンソウ

かなりかなり減少し 女川町では極小域で自生している

ちさな水系をさかのぼり 日陰でこの花に出会うと

疲れが引いていきます 

石投げの 風にそよぐは クリンソウ


レンゲショウマ  女川町の貴重植物

レンゲショウマ 日本固有種

http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=key&q=%A5%EC%A5%F3%A5%B2%A5%B7%A5%E7%A5%A6%A5%DE

各県で指定が違う

女川では 3.11以降激減している  

キンポウゲ科 レンゲショウマ属 レンゲショウマ

この貴重な花は 目立つゆえ 個体数の過激な減少は異常なぐらいだ

何とかして 個体数を 維持したいし  増やしたい

DSC_2502
DSC_2539
DSC_0101 (7)
DSC_0106 (4)
DSC_2357 (2)

エンレイソウ 女川町に自生する野草たち

ユリ科 エンレイソウ属 (シュウロソウ属) エンレイソウ

栽培難易度は高い 

種子が着地し翌年発芽してから開花まで10年〜15年かかる

開花から10年くらい開花を続け 枯れる

最近は盗掘が激しく 急激に減少している

DSC_3245
DSC_3248
DSC_3282
DSC_4779
DSC_4782 (2)
DSC_4837
DSC_4840

















ミヤマエンレイソウ 女川町に咲く貴重種

ユリ科    ミヤマエンレイソウ

実に綺麗な花である

女川にはある程度 エンレイソウが自生するが 

ミヤマエンレイソウは数が少ない  

そのミヤマエンレイソウにも花姿からして2種に分けることができる

花びらが細く長いミヤマの特徴を出すが

最後の2枚は 

オオバナエンレイソウのように花びらが広く大きな花が咲くものもある

DSC_4973
DSC_4979
DSC_5021
DSC_5085
DSC_5345
DSC_5351
DSC_5512
DSC_6168

ハルリンドウ  女川地方の貴重な山野草シリーズ

リンドウ科 リンドウ属 ハルリンドウ  2年草 日当たり良好で湿潤の場所

見頃はGW 

数はかなり少ない希少花

 フデリンドウはかなりの数を散見できるが 

ハルはほぼ見られない 

コケリンドウは確認できていない


DSC_7084
DSC_7106
DSC_7090
DSC_7092
DSC_7114


実に少ないな  めんこいな


DSC_7108



クマガイソウ 女川町の貴重植物シリーズ

ラン科 アツモリソウ属 クマガイソウ

湿潤な日陰を好む

環境庁絶滅危惧種 粁VU

女川町では2箇所でのみ自生を確認されている

ほぼ壊滅している

もし 見つけても 盗掘しないで欲しい代表種

DSC_7909
DSC_7914
DSC_7916
DSC_8562
DSC_7741
DSC_7919


女川は ランのなんて多いことか 女川の独特の気候がもたらすおかげだね

キリンソウ  女川町の貴重植物

ベンケイソウ科 キリンソウ属 キリンソウ 

日当たり良好で乾いた岩場に自生する多年草

高知県 絶滅危惧種 1A指定
徳島県 絶滅危惧種 1 指定
長崎県 絶滅危惧種 1B指定
千葉県 絶滅危惧種  指定
兵庫県 絶滅危惧種  指定
奈良県 準絶滅危惧   指定

神奈川県  三重県で絶滅

女川では 6月はじめからお盆過ぎに見頃を迎える

宮城県では震災で自生地が減ったが 津波を被っても再生した

女川町大原の墓地の下斜面に自生を多く確認

DSC_7704
DSC_7712
DSC_3751
DSC_3757
DSC_3758
DSC_1410

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


ジオターゲティング
QRコード
QRコード
記事検索
Recent Comments
http://mikikiya.com/
  • ライブドアブログ