April 15, 2009

日本へ

7日、帰国日。
お世話になった今回のお家、Robilliard's Rushの前で、快晴。
Robilliard's Rush ; our accomodation in Silver Star

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最終パッキングを済ませて、Bugaboos カフェへ。C&FとNaota、ようやく初対面。またいつか、カナダか日本かどこかで会おうねっ!!

帰りはVernon Airport Shuttle. 2人で貸切バスです。

doggy at Bugaboos in the last morningVernon Airport Shuttle

 

 

 




1時間弱で空港へ。今回、気合に気合を入れてのパッキング。23kg ×4個の荷物に収めることができましたーーーっっっ!!! 
手荷物10kg ×4個は、まぁ許容範囲??? ということで。
おかげで、1年半前にCanmoreに預けていた荷物も全て回収でき(28kg相当もあったけど)、許容範囲?で無事帰ることができました。good job!!

at Kelowna international airportKelowna to Vancouver

 

 

 

 

 

 


45分間のKelowna-Vancouver 間は作ってきたサンドウィッチランチものんびり食べていられないほどキャビンアテンダントがせわしなく、あっという間の移動。

バンクーバー空港では、到着早々、JALのチェックインに長蛇の列・・・・・。 なんと、フードコートまで続いてます。
Looooong line for checking in to JAL flight

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「やっぱり燃油サーチャージも4月1日から下がったし、カナディアンにも大好評のJAL、他社を抜いてダントツなんだね〜」 と思いきや、、、、、

理由は、コレ。
because many chinese were repacking,,JAL changed the limits of buggage weight

 

 

 

 

 

4月1日から、北米線にもついに適用となってしまったJALの無料手荷物許容量の変更。
今まで海外線の北米線では、32kg×2個まで持って行けたのが、ついにどこでも23kg×2個に減らされてしまった・・・・・。 まぁ、普通はあらかじめこういう情報チェックして調整してくると思うんだけど、、、、、

中国系のお客さんほとんどが、その許容量をオーバーしてて、ことごとく段ボールに詰め直し作業。JALもコレを想定してか、今のところは追加料金5000円で32kgまで受けてくれるんだけれど、とにかく、荷物を別にしなければならないので、その作業がドッタバタ。ま、詰め直してるのは全員中国系、全部食料系だったけど。中国人パワー、すごいなー。

Vancouver airport green spaceま、そのおかげでチェックインに軽〜く1時間以上。 
2時間くらいブラブラして、いよいよ日本へのフライトっ!!

JALのエコノミー、今回は待合室もエグゼクティブクラスとは別だったり(そのせいで椅子にも座れず床に座っている人半数以上)、搭乗口がショッピングエリアから大分離れていたり、不便だったなぁ〜。 ま、乗っている間のサービスは、やっぱり他の航空会社よりはいいし、乗継時間もイイし、マイルも貯まるから、またカナダに来るんだったら選んじゃうけど、バンクーバーでは搭乗ギリギリまで違う場所で過ごさないと居心地悪いなー、と思った。

ま、1か月以上前に2階席で予約しておいたので、、、フライトは快適♪♪♪

バンクーバーを飛び立って、すぐに見える北方向。 
いつかは、、、アラスカトリップしたいなーーー。

wanna go to Alaska one day,,,


 

 

 

 

 

 



9時間のフライト、機内ではKokanee(カナダのおいしいコカニービール)がメニューにっ
映画観賞しながら、のんびりNaota と3本ずつ。
「あ、もうそのビールは品切れで・・・」
「あっ、やっぱり最後の1本がありましたので、、、」

なんて会話を飛行機のお姉さんと楽しみながら。
dinnerbreakfast

 

 

 

 


on a airplane
成田まで、めいいっぱい楽しみました♪♪♪ 


今回ほとんど満席で、何度もトイレに立ちあがりましたが、隣の中国系のおじちゃんが、すっっごく紳士だった。さりげない席の開け方、参考にします、ありがとう〜っ!!

 

1年半ぶりのカナダ滞在、今までの中で一番期間は短かったけれど、やっぱり最高に密度濃く楽しい時間でした。
何だか今回このトリップで、少しまた、これからの人生の価値観にも変化があった気がする。


ということで。
またまたこの後、ニセコでの楽しい生活が始まりまぁ〜すっ!!!
カナダブログhttp://blog.livedoor.jp/yukinko321/ から、
ニセコブログ http://blog.livedoor.jp/makinko321/ へ戻りますっ!!!



yukinko321 at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Back to Silver Star home

6日、バンフでの2日間滞在もあっ という間に過ぎていき、もうシルバースターに戻る日がやってきました。

Silver Star まで約450km 、帰りは一気に1人で運転して約5時間。 
もちろん、途中でTim Horton ブレイク。
break at Tim Horton in Kicking horseLarge Tim Bitz -40 donuts !!

 

 

 

 


Love Dobuts !!
わぁ〜〜〜っいっっっ

久しぶりのティムビッツ、何と一番大きいサイズは40個入り。1個が、ミスドのD-pop だっけ?の2倍くらい。これで$5,99 (今のレートだと480円くらい)。激安です。しかもうまい。

Naota も負けず劣らずBiiiiig Sweets eater. 仲良く半分こ。
 


無防備な道路工事の作業員。 サインが控え目で、危うくひきかけた。
undefended roadworker on the road

 

 

 

 

 

 

 

 

 


帰り道は、動物見なかったけれど、そういえば来るときのKicking Horse で、見ました。人生2度目。Naota は初めて。黒っぽい銀色の狼、かわいかったなぁ〜。

メスだけどビックホーンシープも居たし、さすがロッキー。いつも期待に応えてくれる。

lawn grass
Vernon市内では、庭の芝を買いこんでる車を見かけたり、もうすっかり春→夏。

荷降ろしして、レンタカーを返して、町からピックしてもらって、明日の帰国荷造りして、、、、、
この1か月滞在の最終日は、やっぱりドタバタ。


rental car : Crysler 2009 brand new car !!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

while I'm making our dinner,,,
お家でのんびり、ラストディナー。
カナダ思い出のワインで乾杯。

 

the Last Dinner in Canada !

 

 

 

 

 

 

 

 



「今日はフルムーンだから、夜、ホットタブに入った方がいいわよっ!!」 というRoseのアドバイスどおり、荷造りの合間にフルムーンホットタブ☆☆☆

full moon hot tub Naotafull moon hot tub Makiko

 



yukinko321 at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 14, 2009

Lake Louise 再びっ!!!

まさかまた、Lake Louise レイクルイーズ で滑れる日が来るとは、、、、、。

バンフお泊りの翌日は、2児の子連れ夫婦I家と、一家総出で出発〜っ!!!
レイク、何が違うって、景色がゴージャス。 ゲレンデの雪は、コンクリートのように固いけど。。
Lake Louise !!

 

 

 

 

 

 

 


久しぶりのJ-Barは、やっぱり急斜面を登っていきます。
J-barsteep !

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてトップで記念撮影〜♪♪♪
we are Here !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

go out for backcountry area,,,


さっそく、プチ バックカントリーへ出発ーっ!!

 

 

ホワイトラビットから
white rabbit -backcountry area

 

 

 

 

 

 

 

 

 


パイプストーンへ
Pipestone -backcountry area

 

 

 

 

 

 

 

 

 


広大なロッキー。ゲレンデからアクセスできるプチバックカントリーには、みんな興味が無いらしく、もう何日も雪が降っていないのに、みんなでキレイなライン、描いてきました。

our lines

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、20分ほどの登り返し。
hike back

 

 

 

 

 

 

 

 

 


遅いランチで、パパとママがスウィッチした後は、、、パーク。
ロッキーに住む人たち、すごいです。
Lake Louise terrain park. gorgeous view

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最高のロッキースノーボーディング。



刺激をいっぱい受けました。やっぱりスノーボーダーたる以上、もっともっとガツガツグルグル滑れなきゃダメだなぁーーーーー。鍛え直します。


Canadian BBQ dinner !!夜は、北米ビーフステーキBBQっっっ!!!
日本のビーフステーキだと、フィレ以外かなり脂っぽいけれど、北米ビーフステーキって、すごくおいしいんだよねぇ・・・・・。 しかもビーフがお肉の中では一番安い。豪快に贅沢な味。

今夜もパーティー♪♪♪

 

 

 

お食事前、ベランダの外にはMule Deer (鹿)。 住んでいた時は当たり前になってたけど(北海道のきつね、みたいな感じかなぁ)、懐かしいなぁ〜。
mule deerDancing Melie


 

 

 

 

KJ&Y、ステキな滞在を、ありがとう〜っ!!!



yukinko321 at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Ski Hill *Lake Louise* | Snowboarding * スノーボード

April 13, 2009

Banff で再会っ☆☆☆

さて、Revelstokeを堪能した後は、、、、、

なんと、Banff バンフまでドライブっ!!! 

Rogers PassTunnel

 

 

 

 

 

当初の予定から少し変わり、勢いづいてバンフまで行ってみることに。Naota は、2004-05 シーズン、ワーホリ以来のバンフ。Revelstokeから快適ドライブ、Kicking Horse pass は長年続いていた工事が完成していて、道路が格段に良くなっていた。そういえば、あの時、運転中に石が車に当たったり(崖沿いなので、大雨の後とか、よく土砂崩れで)してたっけ・・・・・。 

3時間ちょっとで、無事バンフに到着ーーーっっ!!! 
B.C.とAlberta、時差が1時間あるので、B.C.の7時はAlbertaの8時。 予定よりも早めに着いたところで、KJが裸で迎えてくれた(笑)。

そして、その夜は、みんな集まってくれて、、、、、パーティーっ♪♪♪

Banffite !!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後D&Mも来てくれて、賑やかな夜。
久しぶりのみんなとの再会に、とってもとっても嬉しくって、久しぶりに飲みすぎました。

みんな、見た目はあんまり変わっていなかったけど(Canmorite-Mのお腹以外)、雰囲気は、けっこう大人に(パパに)なっていた。

やっぱり、カナダ最高〜〜〜☆☆☆ 
みんな、楽しい時間を、ありがとう〜っ!!!



yukinko321 at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Banff * バンフ 

April 12, 2009

Revelstoke この山、最高です

4日、今日はこの旅メインの山、Revelstoke Mountain Resort レベルストーク マウンテンリゾートへっ!!!

そうです、2004-05シーズン バンフに住んでいた時から噂になっていた山。昨シーズンついにオープン、今シーズンはさらに大規模開発が行われ、ウィスラーを越えて北米No,1のリゾートになる予定だった山、、、。

シーズン直前にして開発会社が倒産、今シーズンの営業はどうなるのか、、、と危ぶまれていたみたいだけれど、結局現在も開発進行中。まだまだベースからのゴンドラ1本、中腹からのリフト2本、しかないけれど、とにかく
「すごいっっ、まさにあれは山」
という噂ばかり。期待が募ります。

Silver Starからの道路は、Sicamousに辿り着くまでのShuswap Lake 湖沿いのうねうねした細道(97A)を除けば、快適ドライブ。2時間半弱で到着!!
Revelstoke Mountain resort !!
今日から一気に小春日和。
ベース512m、すっかり春。


Day Lodge までも車で登っていけるけど、一番下のビレッヂ駐車場に駐車。

ちなみに、ビレッヂ、、と言っても今はまだ何も無いので、お昼ごはんはバックパックに持参です。


excited!!still under construction ?

 

 

 

 

 

 


to Revelation Gondola

 

8人乗りのゴンドラで、山中腹へ

 

 

 

 

at the top of gondola station

 

 

 

 

 


ここから次のリフトThe Stoke へ滑り下りる。 リフトの下はブラックラン。コブ有、グルーム有、クリフ(崖)有。。。

under 'The Stoke' chairliftoff course black run 'SWF',  groomed, bumps and cliffs,,,

 

 

 

 

 

 

 

リフト終着点から、早速サブピークへ登れるゲートが。 相当急斜面。

hiking up to the sub-peakgreat view

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急だけど、15分ほどでサブピークに到着。アンヌプリピークに登るくらいかな。
奥に見えるはMount Mackenzie マケンジー山 2,456m の本当のピーク。 

ピーク手前の左から走ってきてる尾根を越えて向こうはGreely Bowl という名がついている。次は滑ってみたいな・・・。
Mount Mackenzie from the top of sub-peak

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Sunshine と違って、登ってくるのに特に何も問われないので(ギア装備についてとか)、ピークは大賑わい。土曜日だし。

crowdedgreat view

 

 

 

 

 

 

カナディアンに撮影頼むと、やっぱり、、Mackenzieと看板が微妙にかぶっていたりするけれど、、。

photo !!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mackenzie、よーく見ると、すごいシュートを登っている人がいました。さすがカナダ。 かっこいいなーーーーー
2 climbers in a chute

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

drop
一番ユルイ入り口、Sunshineのダイブほど急じゃないけれど、、、

ビビりなもんで、やっぱりいつもまだまだ段差に躊躇。高所恐怖所じゃあないんだけれど、どうすればこういうのに慣れるのかなぁ・・・
毎日雪屁落ち練習とか、とにかく跳べるようになれば、こういうのって怖くなくなるのかな、、、、、


B.C.で3日前まで降っていた雪が残っている感じ。

 

Makiko in Powder !north bowl

 

 

 

 

 

this is North Bowl at Revelstoke Mountain Resortstill half way

 

 

 

 

 

back to the trail
デリリアムダイブの2,5倍くらい?

これ・・・・・ 
この山、篭りたい。

 

ツリーを抜けてトレイルに合流、その後は、だらだら歩いたり滑ったり、、、15分ほどでようやくThe Ripperリフトまで戻って来る。

The Ripperリフト終着から見ると、North Bowl はこんな感じ。まっすぐ落とさないで、このリフトに向かって降りてくることもできるみたい。次はソレだな。
何本かこのリフトを回して、The Stokeへ戻る。連絡路はフラットだけれど、滑っていけた。
North Bowl view from the top of 'The Ripper' chairliftback to 'The Stoke' on 'ripper connector'

 

 

 

 

 

 

beautiful

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

North Bowl への道、ヒラフ7トラみたいな行き方もあった。
traverse line to North Bowl

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Vertigo(ブラック)のツリーも、雪が降ったら、すっっっごく良さそう。

春、今日は2時半からSlush Cup があるらしく、午後からは仮装した人たちが増えてきた。楽しそう〜!! 残念ながら、今日は、この後バンフに向けて移動。
people who's ganna join Slush Cup todaypatroll hut

 

 

 


 

4時間たっぷり楽しみました。


最後は山頂からDay Lodgeまでキレイにグルームされたブラックラン。この斜度、この距離、日本には無いこの感覚。はぁ〜〜〜〜〜
引退したら、篭ろうかな・・・・・・・・・・

back to Gondola from Day Lodge


Day Lodgeからはマジックカーペットでゴンドラまで。そしてゴンドラでNelson Lodge まで。

最終的なレベルストークのマスタープラン。完成すると、リフトが10倍くらいに増えて、今のCAT Ski area までにもリフトがかかるみたい。熱い・・・・・・・・・・

gondola back to The Village & Nelson Lodgetotally springRevelstoke Moutain Master Plan



yukinko321 at 15:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Snowboarding * スノーボード 

April 11, 2009

Sun Peaks メロウパウダーディ

翌日3日は、車で約2時間半、、、という噂のSun Peaks (サンピークス) へ♪♪♪

Google Map で調べておいた地図どおりに進んで行くと、、、

cow on the road

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子牛が横切る農場地帯。道路も舗装されていない山道。

「夏にMTBで来た時って、こんな道、通ったっけ・・・?」


結局、夏タイヤを履いているレンタカーには、登りきれない雪の崖道が現れ、、、撤退。ハイウェイまで降りてきて、ガソリンスタンドのおじさんに聞くと、
「こっちから今時期は無理だよ、ハイウェイ5まで戻りな」、、と。

ひたすら戻ってKamloopsの町を経由し、見慣れた道路。ようやくSun Peaks まで到着した頃には、、、、、すでに4時間経過。
遠かったなぁ〜〜〜。 朝7時半に出てきたので、何とかまだ、、、午前中。Google Map、季節を考慮した情報も与えてくれればいいんだけど。。。やっぱり、アナログ地図も必要です。


さて、気を取り直して腹ごしらえして、、お昼からリフト終了4時まで、4時間の勝負っ!!
MTB trail under sunburst express chairliftcrystal chairlift

 

 

 

 

 

 

昨日とは打って変わって、Blue bird の青空っ☆☆
「あっ、ここって夏にMTBで走ったよねっ!」 っていう地形がリフト線下にあったり。

もうシーズン終了間際で閑散期だからなのか、一番奥のリフトBurfield と West Bowl T-bar が動いていなくて、、残念。
Crystal リフトを降りて5分弱のプチハイクで、Burfield リフトの終着点へ。

hike up to the hilltop of the world warming hut, Elev. 2081m

 

 



Top of the World warming hut.
トップ オブ ザ ワールド っていう名のパトロール小屋、2081m.


 

 

 

 

山頂付近の雪は、遠くからの見た目とは裏腹に、、、けっこうウィンドパックされた重めの雪。
ここから見える、裏側に広がるキャットスキーエリアは、なかなか良さそう・・・・・。


各チェアリフトの終着点には、トイレ有り。
toilet at the top 

 

 

 

 

 


ビレッヂを挟んで逆側にある山へ移動。地図では相当フラットなんだろう、、、と思いきや、スノーボードでも楽〜にアクセスできる北向き斜面のMorrisey Express 高速チェアリフトのある側。

cool barmorrisey express chairlift and condos

 

 

 

 

 

ほとんどのランが、グリーンかeasy blue(簡単な中級斜面)なので、すいてる。 
そして北向きなので・・・・・ 雪がイイ。
わぁ〜〜〜いっっっ ♪♪♪

昨日のシルバースター、久しぶりのフリーランで頑張りすぎて、アキレス腱伸び気味だったので、メロウに柔らかぁ〜い雪でまったり〜〜〜

 

リフト線下には、クリスマスデコレーションされた木が、いっぱい。

Christmas decorated tree

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



4時過ぎまでめいいっぱぁ〜っい楽しみました。

Silver Starと比べると、急斜面がほとんど無く(ダブルブラックも4本あったけれど、コブが深すぎ)、ブラックの距離も少し短め(ニセコのブラックに比べると、距離も倍以上で斜度もあるけど)。
ただ、地形が単調なSilver Starに比べると、地形の変化には富んでいて、ツリー間も広く、MTBシングルトラックのようなツリーランも楽しめる(Silver StarのMTBシングルトラックは、雪で幅も狭まってるし本気の本気)。

山を楽しむんであれば、家族向けのリゾートとしては素敵なところだなぁ〜 と思いました。ビレッヂもSilver Starの3倍くらいあるし。

main villagewith poo grizzly bear

 


 

 

 

 

 

ビレッヂ探索して、帰途に着いたのは5時半ごろ。帰りは2時間ちょっとで家までたどり着きました。約190km, VernonからSilver Starに上がって来る道がけっこうな山道なので、がんばっても20km, 20分。カナダに居ると、距離感覚が北海道の1,5倍くらい。

今日もいっぱい運転したなぁ〜。
まったりフリースノーボード、楽しかったなぁ〜。



yukinko321 at 15:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Snowboarding * スノーボード 

Silver Star Biiig Powder Day !!!

なおたがやってきての初日、4月2日。まずは、今回のベースとなったSilver Starを楽しむことに。昨日1日中降り続けた雪のおかげで・・・・・

カナダ入り後、一番の大雪っっっっっ☆☆☆

Snow !!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Naotaも、時差ボケなんてしてる暇ナシ。朝一出動です。

裏側ではまだまだJr.National team レース(ジュニア国体?って感じ??)が開催中。そのおかげで、フリーフード&フリースープ。スナックやスープ、紅茶、熱いアップルサイダー(これが、なかなかうまかった)が、何とタダで振舞われています。
10時のおやつにココで腹ごしらえして、全開で再開っ!!

Naota at Silver Starfree food and soupJr, national race

 

 

 

 

雪がとっても軽いので、、、ある程度積もれば、こんな感じ。
朝一Rush は、最高でした。
Makiko in Powder

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ダブルブラックのコブコブ(いつもは深いところで、腰くらいの深さにもなってしまっているコブ)も、3日間降り続けた雪が隙間を埋め尽くし、ボードでも、久しぶりのポコポコフリーランが楽しめた。

まったり全開で楽しんで、、、リフト終了の3時半過ぎまで。

pure snow

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Ski in,, snowboard in.
家の裏側の玄関まで、滑って帰って来れます。これが、ビレッヂが山の中腹にあるSilver Starの素晴らしいところ。ぜひ、みんなにも体験して欲しい。いいよねー、こういうの知っちゃうと、こういうの欲しくなっちゃう。

 

予約したレンタカーを取りに、Vernonの町まで。町まで山を下りて30分ほどかかるので、4時半には家を出なければいけなかったんだけど、、、約束していたJは消息不明。15分くらいねばって、何とかヒッチ成功。Silver Star パトロールのオガサワラさんに乗せていただきました。

←このオガサワラさん、昔Vernonに移民してきた日本人の子孫らしく、Vernonにはいっぱいオガサワラさん、がいます。もうカナディアンなので、見た目ではなかなかわからないけれど。日本人として、不思議な運命を感じたシルバースターでの1日。


最高のSilver Starでの最終日っ☆☆☆ 



yukinko321 at 14:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Ski Hill * Silver-Star シルバースター