雪のビ熱 活動記録

京都学生演劇祭2016(http://www.kst-fes.jp/)に出場する雪のビ熱の活動記録です。伊藤優、尋、福原由惟の3人で結成された「やりたいことをやりたいだけやる!」がモットーのユニット。

はーぴぃーバレンタイン❤

こんにちは。
雪のビ熱主宰の伊藤優です。
あと2週間ほどで本番です。稽古も両手で数えられるくらいになってきました。時の流れって早い!!

今日は、バレンタインデーですね。ヴァレンティヌスさんが処刑された日と言われています。ヴァレンティヌスさんもびっくりですよね。

では、今回のお話について話します。
女子が部屋に集まってわちゃわちゃしてるって感じです。
私たち雪のビ熱のメンバー3人は、同じ大学の4回生です。みんな今年卒業です、たぶん。そんな私たちと同じ年齢の卒業の時期にいる女の子たちの話です。
そんな女の子たちが集まると、恋愛の話やら将来の話やらいろんな会話がコロコロと変わり、あーでもないこーでもないと話に花を咲かせます。そして、自分にとっての友達は、やっぱりこの子達しかいないんだと、毎月13日に集まっては、心のそこで確認しあっています。

私は、「友達とはなにか」ということを卒業リポートとして考えていました。考えているうちに、私が求めている友達は、自分の気持ちをさらけ出しても大丈夫な人間なんだなぁと思いました。つまり、それ以外は知り合いということです。考えれば考えるほど、悲しい気持ちになります。

結論としては、深い関係を築くことのできる友達と浅い関係を築くことのできる友達との2パターンあり、その両者の間には深い溝があるということです。年齢を重ねるにつれて、「友達」と呼ぶことのできる人間の数は減っていきます。年齢に伴い自分にとって必要な環境が変わっていき、友達に求めるものも変わっていくため、その間で友達の取捨選択が変わると考えています。また、「友達」として認識せずに、世間から見ると「友達」である場合は、便宜上、その関係に名前をつけるために、友達であるとすることもあります。

『ぬぎさって女子!』に出てくる女の子たちの関係は、どちらかというと深い関係であると思います。自分の言いたいことが言えないときもある場合は、私は本当に友達なのかと思うので、どちらかというとをつけています。すべては、この子達のこれからにかかっています。

雪のビ熱について話すと、これが最後の公演になります。公演タイトルに卒業公演と書いていませんが、卒業公演です。(秘密だけど、予約フォームには卒業公演って書いてるので、クリックして見てみてくださいね✨)
メンバー3人は、それぞれの道に進むので今後、3人一緒に演劇をすることはないだろうと思います。最後に、思い出作りだとか自己満足だとか言われてもいいから自分たちのやりたいことをしようと思っています。やるからには本気です。来てくださるお客さんと一緒にリラックスして、楽しみながら一つの空間をつくることを目標にしています。
是非、ゆるゆるとした気持ちで観に来ていただければなと思っております。


宣伝しまーす❗
毎ステージ割引の内容が変わります。内容にあったものを受付で提示すると、当日・前売り料金ともに200円お得に観ることができます。また、リピーター割もあります。

雪のビ熱「ぬぎさって女子!」
脚本・演出:伊藤優
演出助手:内藤一馬(劇燐「花に荒らし」)

1516522968264

1516522969837


【あらすじ】
高校からずっと一緒にいた女子たち。高校卒業後から現在まで、毎月13日に部屋に集まることを欠かさずにいる。みんなで笑って、みんなで共感!そして、集まり続ける。このままなにも起こらず、幸せなままなのか...!?

【日程】
2018年3月2日(金)15時《おかし割》/19時30分《アニメ割》
 3日(土)14時《ひな祭り割》/19時《雪のビ熱と行くならこんなとこ割》
 4日(日)12時《ランチ割》/16時30分《卒業証書割》
    ※開場は開演の45分前。
    ※上演時間1時間

【料金】
前売り1,000円 当日1,200円
  
各回の割引の名前にちなんだものを受付で提示すると前売り・当日ともに200円割引。
   ・リピーター割 300円割引(要予約)
    ※初回観劇日に受付にて予約。 
   ・各ステージの割引。
  ☆各ステージの割引について
   3月2日(金)15時《おかし割》・・・お気に入りのお菓子の写真を受付にて提示。
      19時30分《アニメ割》・・・お気に入りアニメの漫画、本、DVD、CDを受付にて提示。
     3日(土)14時《ひな祭り割》・・・雛飾りを折り紙で作って、受付にて提示し、会場のひな壇を飾る。
               ※折り紙は、ご自身でご用意ください。
        19時《雪のビ熱と行くならこんなとこ割》・・・受付にある投票用紙に京都市内で雪のビ熱と行きたい場所とその場所でしてほしいところを書いて受付に持ってくる。
     4日(日)12時《ランチ割》・・・ランチの写真を受付にて提示。
16時30分《卒業証書割》・・・ご自身が卒業したことについての卒業証書を作ってくる、またはあれば、受付にて提示。※作成した卒業証書をご持参の場合、ご自宅にて作成ください。

【場所】スタジオヴァリエ
   〒606-8316京都市左京区吉田二本松町20-1

【キャスト】
伊藤優、尋、福原由惟

【スタッフ】
舞台監督:大久保早穂(演劇実験場下鴨劇場)
音響:内藤一馬(劇燐「花に荒らし」)
照明:西堀功規
衣装・小道具:雪のビ熱
制作:溝上千穂、伊藤優
宣伝美術:Saigetsu
  
【備考】
 開演前と終演後は、ドリンク飲み放題(セルフサービス)。開場中10分から20分ほど、オープニングパフォーマンスを開催予定。オープニングパフォーマンスは、2018年3月に卒業を迎える人がいる団体、または雪のビ熱座組によって行われる予定。詳しくは、雪のビ熱のTwitterアカウントにて決定次第、発表。

【ご予約】
予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/yukinovinetsu2
メールでのご予約 
 公演日時、チケット枚数、氏名を記載し、yukino2016vinetsu@gmail.comまでご連絡ください。
【お問い合わせ】
メール:yukino2016vinetsu@gmail.com
電話:090-2826-1248(制作)

京都学生演劇祭2016、「きかざって女子!」終演しました

京都学生演劇祭2016、「きかざって女子!」終演しました。
ご来場いただいた皆様、京都学生演劇祭運営に関わった皆様本当にありがとうございました。

11106

 やりたいことをやりたいだけやる!をモットーに結成した演劇ユニットです。
 本当に舞台上でやりたいことをやりたいだけやりました。なわとび、だるまさんが転んだ、ジェンガ、マイクパフォーマンス、パンをくわえる、インド映画のダンスシーンをやるなどなど・・・

 アンケートを読んでいると「楽しかった」というお声が多く、お客様と座組のみんなが楽しんで素敵な空間をともに過ごせたのだと感じています。

 脚本についてですが、友達という群れの中での自分というものはいつも心の中にあり人が群れをつくることに対して書いてみたいという思いで書きました。しかし、まだ私自身のきちんとした答えが出ていなく「大好きだったら一緒に居たらいいと思う」という結論で終えています。次回、公演をする際はしっかり人の群れというものに対しての答えを明示した作品を提示したいと考えています。
 また、きかざって女子!の女の子たちは私が一生、無縁だなと感じている世界に住む女の子たちです。私自身、女の子の集団や女の子特有の空間が苦手で、少しでも、彼女たちの群れというものに対して向き合いたくてそういう女の子たちを演じてみようと思いました。
 作品では、抜けたがっていた女の子は結局、戻ってくるしかなかったのですが、これは承認欲求、
安心感などの要素があってのこと。女子会という集まりのなかで、劣等感、焦燥感、安心感、不安感、信頼感などいろいろ渦巻いているのだろうと。きっとこの子たちは、定期的にこういう″ケンカ″を繰り返しているのだろう。それでいて、抜け出せないでいる。自分を必要としてくれている人間、自分を認めてくれる空間は人間にとって重要で、生きるために必要なものであります。今の彼女たちには、それをこのガールズインシンデレラタイム=女子会が必要なものであることは変わりなく、今後どうなっていくのか私も追っていきたいと思う次第です。
 この女子会が必要でなくなる時は、いつなのか。

 京都学生演劇祭2016についてですが、観客投票3位という結果でした。
 ご投票いただいた皆様、感想ツイートをしていただいた皆様ありがとうございました。笑われ慣れていないキャストばかりでしたので、キャスト陣は笑われて内心ドキドキしながら演じておりました。全3ステージともお客様方があたたかく、気持ちのいい空間でした。
 実は、全3ステージ一度も同じカーテンコールをしたことがありません。カーテンコールをやるたびにキャピキャピ度が上がり、最後の3ステージ目においてはオペ陣の遊び心により曲と照明が変わるということがありました。
 キャスト陣も本番中に稽古場では思いつかなかったことを思いつき本番でいきなり新しいことをするなど楽しんでいました。
 そんな感じで、雪のビ熱は京都学生演劇祭2016「きかざって女子!」を全力で楽しんでいました。 

 雪のビ熱は、また公演をしたいと考えています。私の人の群れについての研究がステップアップしたときまた、皆様に作品を届けることができたらいいなと思っております。
 その時まで、暫しの別れ!!

20160904_4416


                                           雪のビ熱  伊藤 優

 

 


必勝のルーティン

ども。

恒例となってきました。本番前に尋がブログを更新するという現象!
どうも。尋です。
もうブログ更新が私の中で、本番前のルーティンに埋め込まれています。


夜ブログ更新→寝る→起きる→乙女座の運勢チェック→朝食→ひたすら音楽を聴く→チャリで最終稽古場へ

というルーティンを繰り返しております。
運勢チェックしたところで何も変わらんのですが。なぜか見てしまう。占いというものは恐ろしです。


さてさて、今日の稽古は全員テンションが高かったですね。
よく分からない笑いの空気というか、が漂っていました。

証拠あります→雪のビ熱Twitter
 

そんなテンションアゲアゲな人たちが明日、役者とオペレーターとして京都学生演劇祭2016の舞台に立ちます!!
笑っても泣いても明日が 雪のビ熱『きかざって女子!』のラストステージです!!

まだ見てないよ!という方。是非お越しくださいませ。
今まで謎であった女子の一端が垣間見えるかもしれません。

役者、オペレーターともに、テンションMAXで京都大学吉田寮食堂でお待ちしております。
ギャラリー
  • はーぴぃーバレンタイン❤
  • はーぴぃーバレンタイン❤
  • 京都学生演劇祭2016、「きかざって女子!」終演しました
  • 京都学生演劇祭2016、「きかざって女子!」終演しました
  • なななんとブログ始めました!!