今年も行って参りました。新経済連盟サミット。

とーっても刺激的で面白い2日間でした

今年も、STARTUP CHALLENGE は面白かったなー。

ベンチャー企業を立ち上げている人たちが、英語で6分間プレゼンをします。

今年は10社が参加しました。

image


10社のうち、2社が農業に関連する事業だったのが新鮮でした

講評で、サイバーエージェントの藤田さんが、

リアルビジネスの大きなマーケットを技術で変えていく時代が来た、

ということをおっしゃっていて、確かにそうだなぁと。

世界の農業人口って13億人いるんですって。

まだまだ改良の余地あるビッグマーケットに新しいテクノロジーで改革を起こすって

ものすごく夢がある、わくわくするプレゼンでした


いずれのベンチャー企業も、自分達の技術で、より住みやすい社会を作ろう、

世界をより良いものに変えて行こうというメッセージ性がありました。

私なんて、「へー。素晴らしいわー。すごいわー。」と感心しきり

一緒に見ていた友人に、「母親かっっ!!」と突っ込まれておりました。

はい。もはやそんな心境です(*´∇`*)


弁護士になってから、時代も後押ししているのかしら。

ベンチャー企業の方と知り合う機会が本当に多いです。

皆さんにビジネスの楽しさを教えてもらっています。

既存のもの、出来上がったものにしがみつくのではなく、先の見えない世の中を

自分の力で切り開いていこうとする、そのベンチャー魂が大好きです








 
庭に自生している花を摘んで、活けるのが好きです

image


鳥が、種を運んできてくれるんでしょうね いろんな植物が我が家の庭で自生しております。

近くで見ると、こんなにかわいらしくて、繊細なデザインをしていました


山で花や植物を愛でたり、海で魚と戯れる時にいつも思うこと。

神様の色彩感覚、センスって抜群


どうしてこんな色合いを考え付くんだろうっていうくらい、美しい生き物がたくさんいますよね。

魚の細かい鱗の模様とか、じーっと見いっちゃう


水族館の中でも、大きな水槽ではなく、小さな展示水槽の前でじーっと

今月は、ずっといきたかった沖縄の美ら海水族館に行く予定

とっても楽しみです 
毎年春休み恒例の、母校の裁判傍聴引率をしました

4月から高校1年生になる生徒さん20名の引率。

数班に分かれて、刑事事件を傍聴してもらいました。


法廷では、裁判官が入廷すると、廷吏の方から「ご起立願います」という号令がかかります。

そこで、検察官、弁護人、被告人、傍聴人等法廷内にいる人全員が起立をし

「礼!」という号令に合わせて、お辞儀をし、着席をするというのがルールです。

裁判官が退廷するときも同じように、一礼をします。


今回もそういう場面があったのですが、「礼」という号令に合わせて、

我が後輩たちが、とても丁寧なお辞儀をしていて、懐かしく、ほほえましく思いました


わが母校、光塩女子学院は、決してお嬢様学校ではないのですが、

挨拶は「ごきげんよう」、校長先生のことは「校長様」という、等

傍から見ると、「ザ・女子校」のようなルールがあります。

お辞儀もその一つかなと思うのですが、先生方にお辞儀をするときは、

深くゆっくり丁寧にお辞儀をするという習慣があります。


法廷での一礼は、軽く頭を下げる程度で、皆すぐに着席するのですが、

光塩の生徒さんだけ、いつも通り、ゆっくり丁寧にお辞儀をしていて

私も30年前はこうだった 

と感慨深く、形式的な一礼をしている自分を反省したのでした


裁判傍聴ってしたことありますか?

裁判官はこういう人という職業に対するイメージがあるかもしれませんが、

行ってみると、いろんなキャラクターの裁判官がいることに驚くと思いますよ

今回は、とても滑舌の良い、声の大きな裁判官で、手続きや内容がよく分かりました。

裁判官の中には、傍聴席に制服姿が多いときは、裁判傍聴に来ているんだなと思って、

いつもよりゆっくり丁寧に話をするように心がけている、という方もいらっしゃいます。

時間があるときは、そのまま壇上から降りてきて、生徒さんと直に質疑応答をしてくださる方もいます。

そんな裁判官に出会ったら、きっと生涯忘れない傍聴になるでしょうし、

裁判官という職業が、ぐっと身近になるのではないかなと思います


第二東京弁護士会の法教育委員会で、裁判傍聴の募集をしています。

学校や企業単位の応募が多いですが、数名のグループでの応募にも対応をさせて頂いております。

初めて裁判を見るのであれば、弁護士の解説付きの方が解りやすいと思いますよ。

歌舞伎座のイヤホンガイドみたいな感じかしら?

私も定期的に引率担当をしておりますので、

もしかしたら皆さんとそういう形でお会いすることがあるかもしれませんねー