2016年02月
この間、病院の検査で、しばらくカフェイン禁止という時期がありました。

何の問題もありませーん

と思っていたのですが。。。

いやいやいや。毎日何気なく飲んでいたコーヒーに相当癒されていたということが分かりました

カフェインレスを飲んでも、なぜか満足しない。何となくイライラする

あら、これってカフェイン中毒なのかしら??

そうはいっても、毎日1-2杯しか飲みません。

「ダメです」って言われることが、嫌なのかな~(T_T)

まぁ、そんなわけで、coffee lover を自覚しまして 豆に少しこだわってみようかと。

2016-02-28-09-30-19


青山に coffee hunter の川島さんが経営している「ミカフェート」というお店があります。

HPを見ると、豆に対する川島さんのこだわりがとてもよくわかります。

お店で、店員さんにいろいろうんちくを聞くのも大好き。

豆の香りを最大限に閉じ込めるために、いろいろ工夫がされており、

豆は、固めのペットボトルに入って売られています。開けるたびにとてもいい香りがしますよ

普通に買ってきたコーヒー豆も、袋のまま保存しないで、ペットボトルに入れて保管したほうが

香りが持続するそうです。固いほうがいいみたい。

ワインのように、いろいろ豆の風味、香りについての説明書きがあって、

フムフムと言いながら(半分以上感知できておりませんが)、楽しく飲んでいます


ミルは、アウトドアでも使えるようにPorlexを使ってます。

2016-02-28-09-28-57


屋久島に行ったときに、ガイドさんがこれを使って豆を挽き、

湧水を沸かして入れてくれたコーヒーがとっても美味しくて

それ以来、もう10年以上使ってますが、壊れることもなく、軽快に豆をひいてくれています。

ステンレスフィルターとカラフェはKINTO。slow coffee style 大賛成

2016-02-28-09-28-09


事務所にも、朝豆を曳いて入れたコーヒーを持っていきます。

コーヒーの香り、アロマって何であんなに気持ちを豊かにしてくれるんでしょうね

コーヒーを入れるために30分くらい早起きすることは全く苦ではありません。

忙しい朝の、私にとっては大切なリラックスタイムでございます


 
20年来お世話になっているお花の先生。

市村先生の「芸術新潮」の連載で取材を受けました

image


日本に弁護士が数万人いるといえども、「芸術新潮」の巻頭ページに載せて頂いたことのある

弁護士はいないのではないかと・・・

そのくらい、私の普段の業務からは、ほど遠い世界の雑誌でございます


その市村先生が、青山のDee's Hallで、お花と花瓶の展示会を開いていたので、行ってまいりました。

花瓶を買う時は、その花瓶にどんな色の花を活けようかな、家のどこに飾ろうかな、

そういうことを想像しますよね。それを実際に試してみようというのが、このイベントの目的です。

色とりどりのお花が用意されていて、陳列されている花瓶の中から好きなものを手に取って、

そこに実際にお花を活けてみることができるのです

こういう花瓶には、こんな色のお花も合うんだな、とか

洋風と思っていたけれど、和風の枝ものもしっくりくる花瓶なのね、などなど。発見がたくさん。

わたくしは、こちらの青い花瓶を購入しました。1930年代のスウェーデン製の花瓶。

2016-02-28-09-24-59


先生からは、「私もとってもお気に入りの花瓶だったから、菊間さんのところにお嫁入りしてくれて

嬉しいわぁ~」とのお言葉。

2016-02-28-09-25-46


私も購入したというよりは、とても大切なものを預かったという気持ち。

さっそくパーロット咲きの紫のチューリップを活けてみました

末永く、大切にしようと思います。

お花を買う楽しみが、また増えました

 
台湾のお土産で、茶梅を頂きました

image


以前台南に行った時に、このお店の茶梅が美味しくて美味しくて

2箱しか買わなかったことを帰国してから後悔したのでした。

お茶受けとして、サイコーですよ。

image


台湾に行かれる方にはお勧めです
とある会合に出ましたら、思いがけず、素敵なお土産を頂きました。

2016-02-23-22-34-01


村上開新堂のクッキー 

うっれしいなー。

紹介がないと購入もできない貴重なクッキーです。

2016-02-23-22-36-52


2年ぶりかなぁ~
今日はパリでお世話になった弁護士の友人が、事務所に遊びに来てくれました。

ランチもディナーも一緒。 面白くて優しいナイスガイです

互いのボスと一緒に行ったのですが、我がボスの小杉先生は、

フランスの事務所で仕事をしていた時期もあるので、フランス語も堪能。

3人でフランス語で楽しく会話なさってて、

それをフランス人の友人に英語に訳してもらうというなんとも不思議な光景


初めての日本だというので、私から、LUCKY CAT をプレゼントしました。

2016-02-23-22-47-35


右手を挙げているのはお金を呼び込み、左手を挙げているのはお客さんを呼び込むんですよね。

まぁ、開業している方にとっては同じ意味ですよね~

インターネットで買ったので、サイズを間違えてしまい 

結構大きな招き猫をプレゼントしてしまいました。

無事にパリに持って帰れるのでしょうか・・・ 

私は、スズランのキャンドルを頂きました

2016-02-23-22-45-18


初めて見ました。スズランのキャンドル。 香りをお届けできないのが本当に残念。

とっっっっても、いい香り

さすがパリジャン。プレゼントのセレクトも素敵です