Sleipnir との付き合いは長いです
国産ブラウザとして頑張っているとは思いますが
最近情熱みたいなモノを感じないです(´・ω・`)

Sleipnir2 のときが一番好きだったなぁ…
でも今後も応援します

現在のSleipnir(6.2.6.4000)を使っていて
どうしても2つ、我慢ならない部分があるんです
一つ目は、ページを開いたときに、何故か右上の
検索ボックスにフォーカスが行くんですよね
2017052401
ページを開いてページ内のテキストボックスに
入力しているつもりが、いつも右上の検索ボックスに…(´;ω;`)

見落としているかも知れませんが、設定は一通り
目を通したのですが、それらを変更するモノを
見つけられませんでした.これぐらい、設定で
変更できるようにしてくれても…ねぇ

二つ目が、今回のタイトル通りなのですが
Sleipnir を使用していると、ちょくちょく
「漢字入力」ができなくなり、「直接入力」の
半角アルファベットでしか入力できなくなります


自分が使用する Windows10 端末のどれもが
なるので、端末固有の問題ではないと思っています



どうもこれは Sleipnir ではなく、google Chrome の方に
原因がある
みたいなんです.Sleipnir の心臓部は Chrome で
できているので、ネット上で、本家でも同じようなトラブルを
確認できます

Chrome で入力が可能な場所にフォーカスが来ると
IMEが入力できる状態になり、それ以外のエリアに
フォーカスが行くと、IMEが無効になります

※ IMEはWindows10標準の文字入力をサポートするソフトです

しかしながら、ページ内のテキストボックスにフォーカスが
来ても、IMEが無効のままになる場合があります
毎回ではないので、たちが悪いです(´Д`;)
2017052402
しつこくページ内のテキストボックスを マウスで左クリック
しても、一度ヘソを曲げるとIMEは無効のままです(´・ω・`)

漢字入力、ローマ字入力ができる場合のIMEはこちら
2017052403
「あ」とか「A」と表示されています

IMEが無効のときはこちら
2017052404
シイタケ(×)になっとります(´Д`;)

タスクバー…設定を変えていなければ
画面の右下にある部分です



この記事にかかれている事柄は、間違っている可能性があります
鵜呑みにせず、大事な情報はご自身で調べなおして下さい




で、色々と触っていたら修復できたので
その手順を書いて行きます

※ Windows10での操作方法となります

1.該当するページ内のテキストボックスをフォーカスする

2.無効のIMEをマウスで右クリックします
2017052404

3.「キーボードの問題のトラブルシューティング(B)」を選びます
2017052405

4.処理が終了するのを待ちます
2017052406

5.完了したら「トラブルシューティングツールを終了する」を選んで終了します
2017052407

どうですか?簡単なので手順を
覚えられるのではないでしょうか?

永続的に解決する訳ではありませんが
この方法を覚えておけば、その場で対処できるので
急ぎのときに便利だと思います(^_-)-☆

永続的に解決する方法もあるようですが
自分はこの方法で行こうかと思います
アップデートで知らない内になおる事を祈って(笑)