最近、急成長を遂げている台湾のPCメーカーacerですが
今度(7月上旬)、非常にコストパフォーマンスに優れた
android3.0タブレットが発売されます

ICONIA TAB A500
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110615_453039.html

こちらにレビューが掲載されています
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/20110615_453063.html

価格はなんと39,800円
安かろう悪かろう製品に手を出すぐらいであれば
自分だったらコレにするかなぁ(・∀・)
この値段でもタッチパネルは、静電容量方式10点マルチタッチ対応
との事なので、操作性もよさそうですよね(指10本使うのか?)
タッチパネルは、絶対に静電容量方式がいいですよね

android端末に興味があって、欲しかった人は
取り合えず入門機として買うには、最適な1台ではないでしょうか?
自分もかなり興味があります…おそらく発売と同時に売り切れて
品薄になるんじゃないかな?初期不良がなければですが
初期不良でも、結局手に入りませんが(;´Д`)




今日は、そのA500の話ではなくて、現在発売されている
ICONIATAB-W500について書きたい
たまたまテストする機会があったので(^^ゞ

W500とW500Pの違いは、OSが
Windows 7 Home Premium か
Windows7 Proffesional ダケのようです
安いタブレットなので、個人で使用する分には
お金をかけず、W500でよいでしょうね

まずは簡単なスペックから

CPU:AMD C-50 1GHz
メモリー:2G(DDR3)
ストレージ:32 GBytes(SSD )
液晶:10.1インチ:1280x800:静電容量式マルチタッチ対応
無線:IEEE802.11 b/g/n Bluetooth3.0+HS
重さ:0.97kg

エクスペリエンス インデックス
acer w500 ex

意外にグラフィックが伸びてる.流石Radeon(・∀・)

CPUですが、RadeonHD6250(GPU)を内包しているとは言え
OSがWindows7なので、ゲームで使うには厳しいでしょうな
過度の期待は禁物って感じですかね

新CPUなので、よく分りませんが
数値的にだけ見ると、Celeron 743やATOM D4xx、D5xxあたりが
対抗馬になるんですかね?どうなんすかね?

ただ、ブラウジングするには、体感的に問題無いスピードだと思います
むしろこの価格、大きさ(小さいって事ね)でWindowsアプリケーションが
動く事に感動.android端末とは、似ていながら目的は全く違う端末です
動画再生支援機能も、確かRadeon側に入っているんですよね?

一時代前のネットブックに比べれば、格段に速いと思います


メモリーも2Gで、この価格帯なら十分
本当は4G欲しい所ですが、小型のタブレットで
そんなに重いアプリケーションは、動かす想定はされて無いでしょうね


ストレージはSSD32Gとの事ですが、こちらも過度の期待は禁物です
取り合えず、CrystalDiskMarkっときましたので、まずこれを見て下さい
acer w500 ssdHDD500G


左がW500のSSD、右が標準的な3.5インチ500G7200rpmのHDDです
SSDとしては、思っていたよりもだいぶ遅いです
SSDは書き込みが苦手なのですが、読み込み速度も
デスクトップ用のSSDから比べると、かなり遅く
スピード的には、SSDを入れるメリットが感じられません

とは言え、読み込み速度はHDDよりも早いので
使用感としては悪くないです

スピード的なメリットはあまりありませんが
駆動系が無いので壊れにくいし、電源も少なく済み
発熱も少ないので、モバイル用としては、そこが強みですよね

容量は32Gと心許無いですが、そこそこ空き容量も確保できるので
問題無いと思います.SD-CARDもスロットに内包できるので
足りない場合はそちらに

Windows7の起動ですが、こちらはBIOSの起動が瞬時なので
それに助けられています…おおよそおよそ1分ぐらいで起動します
一般的なデスクトップと同等か、BIOSによっては若干早いかも知れません

ちなみにウチのデスクトップは、SSD入れてるんですが
BIOSの起動に30秒近くかかり、OS(Windows7Pro)自身の起動は
30秒ぐらいで完了します(シーケンシャルリード300ぐらい出てたと思うんで)

W500、悪くないと思います


液晶は、価格の割にキレイで広い.タッチ感も良好
所々モッサリする部分があるのは、CPUの処理速度の問題だろう

IEも直観的に操作できる…が、何故か横のスクロールが
指のスライドでできない
.勿論スライダーバーを移動すれば可能だが
縦は問題無くスライド操作で上下にスクロールできる
指2本を使ったゼスチャーで、拡大・縮小もできるが
こちらはチョット処理に時間がかかる < ここまでIEの話ね
ちなみに右クリックは長押し

5指タッチでデバイスメニューが出せ、そこで無線LANや
Bluetooth、音量、液晶の明るさ等の制御ができる

スイッチをがちゃがちゃ付けるより、こちらの方が分り易い…が
音の上下ぐらいは、ボタンでいいので付けて欲しかったなぁ…と
思ったら、サイドにちゃんと音の上下ありました(・∀・)妥協ないねぇ

で、デバイス制御で1つ問題がある.何故かBluetoothが
OSをシャットダウンすると、必ず電源がオフ
になる
なので、Bluetoothのキーボードを使用するには、注意が必要だ(無線LANは大丈夫)
ログオン時にパスワードが打てなくなる
デバイスメニューのアップデートで、なんとかできんのかね?

ソフトキーボードが良くできているので
タブレットにキーボードは必要無いと思いますが

ソフトキーボードと言えば、手書きモードもあるのですが
手書きモードは、変換等のボタンが小さくて
チョット使い難いです…自分はソフトキーボードの方で
操作していました

傾きセンサーあるので、傾けた方向にWindowsの画面が傾きます
傾くスピードは、速くはないですが、気になる程遅くもないです

重さは、そんなに重く感じませんが、約1kgあるので
ずっと手で持っているのは辛いかも知れませんね


性能はそこそこですが、この価格でWindows7タブレットって
もの凄いコストパフォーマンスだと思います
安いけど、外見に安っぽさを感じないしっかりとした作りで
デザインも個人的には好きです
解像度は1280x800か1280x720に制限されますが
HDMIで外部出力もできるのも嬉しい
泣き所は、Bluetoothの電源の問題がぐらいか?

意外だったのが、思ってたよりも音がイイかも
内臓スピーカーの割に、しっかりとした音が出てる
勿論小さなスピーカーなので、ズンズンとした低音が
出る訳ではないけど…ドルビーマークは伊達じゃないのか?
ソフトでドルビーオフにできるのだが、やはりオンの方が
音が格段にいい…内臓スピーカーでチューニングされてるんですかね?


あ、後、BIOSの設定をしたり、セーフモードで起動するには
USBのキーボードが必要です

BIOSを起動するには、タブレット本体のウィンドウズキー
電源の同時押しをした後、スグにUSBキーボードのF2キーを
連打で起動できます


ちょっと欲しくなる一品でした


よろしければ、押して下さい

パソコン ブログランキングへ