2021年09月14日

秋の恵み

おはようございます。
すっかり暑さも落ち着いてきて秋の気配が感じられるように
なってきました!

本日も「職場の教養」から引用させていただきます。



秋の恵み

日本は、四季の変化に富み、先人たちは季節ごとに自然の美しさを見出し、
その恵みを楽しんできました。

九月は季節の変わり目です。日中は暑さが続く地域もありますが、
朝夕の空気に秋の気配が感じられるようになってきます。

「春はあけぼの・・・」の有名な出だしで知られる清少納言の
「枕草子」には秋の趣のある所を「秋は夕暮れ」と、その美しさや風情が記されています。

そして、秋は、「収穫の秋」といわれるように、米をはじめ、多くの農作物が
収穫期を迎え、食卓をにぎわしてくれます。
サンマなどの秋の旬の食べ物は、最も美味しいというばかりでなく、
縁起物としても楽しむ習慣があります。

わたくしたち日本人はそうした季節の移ろいを感じ取り、同時に、
一年のサイクルに節目をつけて、生活してきたのです。
それは、各地の祭礼に表れているように、大自然の働きを畏敬し、
感謝をささげることにもつながっていました。

わたくしたちの暮らしを支えてくれる季節の恵に、感謝を深めたいものです。



今日の心がけ自然の恵みに感謝を深めましょう

yukio0405 at 09:25|Permalink

2021年08月23日

価格設定のポイント

おはようございます。
本日も「職場の教養」から引用させていただきます。


価格設定のポイント

買い物をする際に確かめるものといえば、商品の質や価格でしょう。

たとえば、スーパーマーケットで買い物をするときに、
どんなに良い物をであっても、ほかの店舗と値段を比較し、
買い求めることがあります。

ペットボトルの水も購入する際も、どこのメーカーが良いか、
どの地域の銘水なのか、それに見合って価格なのかなどを判断するでしょう。

京セラの創業者である稲森和夫氏は、「商品の値段を決めるには、
まずお客様が喜んでくれる値段を知らなくてはいけません。
そのためには、お客様が何を考えているのかをじっくり知る必要があります」
という趣旨の話をしています。

企業として利益を追求することは必要ですが、販売する側だけが得をするだけでは、
多くのユーザーからの支持は得られないものです。
稲盛氏は「お客様が喜んで買ってくださる最高の値段にしなければなりません」と
述べています。

自社が扱う商品や製品などが、どのように価格が設定されているのか、
本当に適切な価格なのかなどを認識しておきたいものです。



今日の心がけ相手が喜ぶ努力をしましょう











yukio0405 at 10:35|Permalink

2021年07月26日

初心を忘れず

おはようございます。
更新が空いてしまいました。その間に夏を迎えて
毎日暑い日が続いていますね。
熱中症に気を付けていきましょう。

本日も「職場の教養」から引用させていただきます。


初心を忘れず

皆さんは、今年の目標をどれくらい達成できているでしょうか。
改めて、その目標を振り返ってみましょう。

年頭に目標を掲げた時に漲っていた活力は、今、どのくらい
持続できているでしょうか。
目標に向かって励んでいる人もいれば、停滞したり行き詰まっている人がいるかもしれません。

<こうなりたい>と決意した初志は、ゴールに到達する寸前まで
持ち続けることが大切です。
最初の決意を忘れてしまっては、物事に向かうモチベーションが下がってしまうのも当然でしょう。

また、目標を達成するには、仕事に励む職場環境の見直しも重要です。
デスクに書類や物が散乱していては、集中することは困難でしょう。
職場のデスク周りが整理整頓されているか、日々チェックしたいものです。

心と環境を共に整え、新年の目標に今一度立ち返って、
令和三年の後半をエネルギッシュに邁進していきましょう。


今日の心がけ最初の目標に立ち返りましょう


最初はやる気があってもどんどんやる気がなくなってきてしまうことは
よくあることですよね。
たまに初心に戻って自分が立てていた目標を思い出すことは
大切なことですね。


yukio0405 at 08:03|Permalink