2018年04月17日

「日本人の国民性」

 おはようございます。
本日も、「職場の教養」の冊子に掲載されていた記事を
紹介させて頂きます。

経済協力開発機構(OECD)が、世界52ヵ国・地域
で「チームで協力して問題解決に取り組む能力」を測っ
た学力テストの結果を発表しました測定の対象となっ
たのは15歳の青少年で、日本は第2位でした。第1位
となったシンガポールの平均得点は561点で、日本は
552点です。その差はわずか9点という結果でした。

日本人の特質として、和を尊ぶ「協調性」が知られてい
ます。今回の結果から、そうした国民性は、若い世代にも
受け継がれていることが窺えます。
「違う立場の者同士でも、協力し合って一つの物事をやり
遂げる」。「危機に直面した時には、他人であろうとも支
え合い、助け合う」。
そうした協調性の高さは、日本人の誰もが有している底力
ともいえるでしょう。
備わっている才能は、活用してこそ、その真価が発揮され
るものです。
挨拶や返事、話し合いなど、まずは基本的なコミュニケー
ションを大切にし、チームワークを磨いていきましょう。

IMG_3738


正に、私たち建築業もチームワークが最も重要です。
同じ建物を建てるにしても、様々な業種や人たちと共に建
物をつくっています。これからも関わる人たちと協調性を
もってよりいいものを作っていきたいと思います。

yukio0405 at 09:45|Permalink

2018年03月31日

子育ての基本

おはようございます。
私は、毎朝、家庭倫理の会台東区というところで、
午前5時からの「おはよう倫理塾」に参加しております。

今朝は「子は親の心を実演する名優である」という
ことについて勉強をしました。

以前、この勉強会で「子育ての基本」という話を
を聞いたことがありました。その話を聞いたときに
感銘を受けたことを思い出し、本日はその言葉を
ご紹介させて頂きます。

◆子育ての基本◆
1.乳児は肌をはなすな
2.幼児は手をはなすな
3.小児は目をはなすな
4.青年は心をはなすな

私も、3人の子供がおりますが、3人共18歳以上となり
すでに青年期を迎えておりますので、心は離れないよう
見守っていきたいと思います。

yukio0405 at 11:01|Permalink

2018年03月19日

サイレント・マンジョリティー(物言わぬモンスター)

おはようございます。
先日、業界主催のリフォーム研修で聞いたお話を紹介させて頂きます。

「クレームを言うお客様と言わないお客様の割合は1対9である。」
※クレームを言うお客様が1割
これは、米合衆国消費者問題局で苦情処理調査を長年にわたり担当した
ジョン・グットマンという人が、取りまとめたデータの中から割り出した法則
で「グットマンの法則」として顧客満足や顧客ロイヤルティを学ぶとき、必ず
最初に出会う「法則」だそうです。

普段、仕事をしていて「問題ありません」「何もありませんでした」「特にクレ
ーム等も」もなかったです。という報告が一番いいのですが、時にはクレー
ムや苦情などが出てしまうと、否定的にとらえてしまいがちです。

でも、実はクレームや苦情から、新しい改善策などが生まれたという事も
よく聞く話です。
また、そうした苦情やクレームを言ってくるお客様は、対応次第ではリピー
ターになってくれる確率が何も言わないお客様に比べて、高いという調査
結果もでたそうです。

このことからも、今後も弊社では「クレームは財産」と受け止め、どんな仕事
でもお客様にご満足頂く施工を心がけて参ります。


yukio0405 at 08:33|Permalink