2020年04月14日

こんな時こそ

現在、新型コロナウィルス感染症が依然として拡大するなか、
4月7日に緊急事態宣言が発令され、できる限り外出を控え
自宅にいるようにと強く要請されております。

私も、今のところ会社には出勤し社員を現場へ送り出してから
は最低限の事務作業を行っておりますが、人込みや外での
会話はできる限り控えております。
帰宅後も、夜の散歩で外には出ますが、それ以外は家から出
ていません。

こんな時ですから、家族もほとんど家にいますので、夕食の時
もいつも以上に家族との会話をするよう心がけています。
今までは、個々に帰宅時間も異なり、家族が全員揃う機会が少
なかったので、この機会に家族とのコミュニケーションを深めて
いきたいと思います。

まだコロナの終息は先が見えない状況ですが、こんな時こそ
家族との強い絆で乗り越えて行きましょう。

独り住まいの方も、電話などを通じて家族との連絡を取りながら
心を強く持って頑張りましょう!

yukio0405 at 08:03|Permalink

2020年03月12日

念には念を入れる

おはようございます。
段々と気温が上がってきてコートが必要ない日が増えてきました(⌒-⌒)
コロナウイルスはまだ終息する気配がないですが、
手洗いうがいやマスクなど一人一人できることを徹底しましょう

本日も「職場の教養」から引用させていただきます。


念には念を入れる

仕事を任されたときに、物事がうまく進まないことがあります。
要因は様々でしょうが、準備不足が一つとしてあげられます。

ある地方都市では、花火大会の前夜祭において、有名な歌手を招き、
コンサートが毎年開催されています。
コンサートを主管している団体のスタッフが、リハーサルに立ち会っているときの出来事です。

スタッフのTさんは、リハーサルをする歌手の姿勢に驚きを隠せませんでした。
真夏の太陽が照りつける中、ビニールシートでステージを覆い、本番の倍の時間をかけて、
汗だくで入念にリハーサルをしていたのです。

念には念を入れて確認を行うという意の「万全を期す」という言葉があります。
確認には、やりすぎるということはないでしょう。
Tさんは、本番同様に、リハーサルに重点を置いているプロの姿勢に感銘を受けました。

日常の業務においても、目標や共有事項を確認しましょう。
リハーサルや準備が必要な場合には、その大切さを認識し繰り返し行っていきたいものです。

今日の心がけ準備を万全に行いましょう


何をするにしても、準備不足で失敗をしてしまったり
想定外のことがおきたりしたときに対応ができなかったりすることが
あると思いますが、準備をしすぎて悪くなることはないでしょう。
念には念を入れることはとても大切なことですね。





yukio0405 at 11:55|Permalink

2020年02月18日

謝罪するのはどちらから

おはようございます。
最近はあたたかい日も増えてきて、だんだん春に向かってきていますね
コロナウイルスが流行っています、手洗いうがいをして
体調管理をしっかりとしましょう(`・ω・´)

本日も「職場の教養」から引用させていただきます。

謝罪するのはどちらから

ある日、S子さんは同僚のK子さんから「そんないいかたしなくてもいいでしょう。
もっと考えてものを言いなさいよ」と言われました。

言われたS子さんも[K子さんこそ、その言い方、気を付けた方がいいんじゃないですか。
普段からそうやって・・・」と言い返します。

売り言葉に買い言葉、次から次へと相手に対する批判の言葉が出てきます。
それを見かねた同僚が「二人とも落ち着いて」と仲裁に入りました。

環境を見渡し<ほかの人まで巻き込んでしまった>と反省したS子さんは
「K子さん、先ほどはすみませんでした。以後、気を付けます。」と謝りました。

すると、K子さんから「私こそ、ごめんね。お互いに気をつけようね。
S子さんは意地を張らずにさっと謝れてすごいね。」と言われ、二人は和解したのです。

ちょっとした口論で互いに非がある場合、少しでも早く謝罪することが賢明です。
話がこじれる前に自分から謝り、関係を修復しましょう。



今日の心がけ素直に謝りましょう


自分が悪いと自覚していても、時間がたつにつれて意地を張ってしまい謝りにくくなってしまいます
最初に自分が悪かったと思ったときに素直に謝れたらいいですね!






yukio0405 at 10:00|Permalink
Profile

木村 行男