2005年11月

2005年11月30日

「ミリオンズ」5

「トレインスポッティング」のダニー・ボイル監督の新作です。ハリウッドで撮った「ザ・ビーチ」は大失敗でしたよね。なのに、この新作・・・ウウウウッもう涙出るし、簡単にいうとハートウォーミングな作品ですが、実に楽しめる映画です。アンソニーとダミアンはお母さんを亡くし、新しい町に父親と引っ越ししてきます。ダミアンの願いは死んだお母さんにもう一度会うこと。このダミアンが変わっていて、守護聖人が大好きで気がつくと、いろんなセイントがそばにいるって不思議な子供なんです。守護聖人ってキリスト教に詳しくないから、どうも良くわかりませんが、”特定の職業・国・地域などをそれぞれの聖人が守っている”って考えで、この映画にはミラのニコラウスとか、アッシジのフランチェスコ、アッシジのクララなどが次々出てきました。子供の名前を聖人から付ける人も結構いるらしいです。さて、ダミアンの秘密基地になんと大きなスポーツバッグがふってきて、そこには、22万9320ポンド入っていました。このポンドは12日後にユーロになるので何の価値もなくなるのです。(イギリスは今でもポンドです)さて二人の兄弟は対照的な使い方をします。アンソニーは使いまくりダミアンは募金をしようとします・・・しかし、実はこのお金列車強盗が投げたお金だったのです。この犯人が彼らに迫ってくるし、ついには父親にもお金の存在を知られてしまいます。このあたりから、断然テンポよく話は進むし、爽快な気分になるし、そして、最後はついにダミアンに奇跡が訪れます。ダミアン役の少年のそばかすだらけの顔を見たら、本当に抱きしめたいきぶんです。なんか青空に突き抜けたような映画です。ミニシアターしかしないのが、実に残念!!絶対幸せを感じる映画です。

 



yukipy1954 at 22:54|PermalinkComments(2)TrackBack(6) 英米映画 | マ行の映画