2009年12月

2009年12月31日

「2009年YUKKOのベスト映画」5

今年もあと数時間。恒例の2009年ベスト映画を発表します。ワーストの時に言いましたが、その日の気分に左右されているYUKKOの独断で選んだベスト映画です。

1位 アバターmain_largeアバター

この映画は映画を変えたといっても過言ではないです。とりあえず、あの映像は凄い!

2位 グラン・トリノ グランクリント・イーストウッド監督の最高傑作だと思います。思い切り泣きました。アバターを見なかったら、これが今年の1位と決めてました。いとも簡単にこのような傑作を生み出すイーストウッド監督に脱帽。


3位 チェンジリング 1006227_01チェンジイーストウッド監督の熟練の技を感じました。苦しみ、痛み・・最後の希望・・・アンジョリーナ・ジョリーの演技に泣いた!







4位 スラムドッグ&ミリオネア スラムドッグ「生命力」「躍動感」に溢れた映画。人間の本来の強さが感じられました。






5位 人生に乾杯!人生 初めてのハンガリー映画。爽快さから言ったら、今年のNo1!老人版”俺たちに明日はない”・・・でも最後の終わり方に感動です。多くの人に見て欲しかったのに、ミニシアター公開なので残念!

6位 誰も守ってくれない 2009年最初の試写会でした。沙織の静かな強さに希望を得ました。

7位 ミルク ミルクの姿を見たら、少々の苦しみなんてたいした事ないんだ!と思いました。

8位 愛を読む人 ケイト・ウィンスレットの体を張った演技と切ない切ない愛に泣きました。

9位 ディア・ドクター 鶴瓶さんの演技力に舌を巻きました。西川美和監督は凄いね。

10位レスラー ミッキー・ロークの若くない体に巻きつくタイツが痛々しかった。

見た映画は83本。でも、たくさんの感動を得る事ができました。これだから映画ファンは辞められません!来年の私の仕事状況や家庭状況を考えれば、今年くらい見ることが出来るのか、疑問です。でも、感動作の嗅ぎわけ能力を研ぎ澄ましながら見ていきたいです。つたないブログでしたが、1年間ありがとうございます。なんとか、しょっちゅう更新できるように頑張ります。

さて、映画以外では、タイガース観戦は11勝7敗。まあまあですが、最後の甲子園で(9月11日)階段から転落して指の腱を切ってしまいました。初めての手術でした。ハアーーーー!te

マラソンは回数は重ねたけれど、これも又進歩は小さいです。まあどんな状況でも走れるって事が解りました。

3月1日  篠山マラソン 新記録達成したマラソン。4時間14分でした。楽に走れました。

4月12日 ユニセフカップ芦屋国際ファンラン(ハーフ)28度の中、芦屋の浜を2周。詰まらないコースでした。ハーフといえども、暑いのは大変でした。

6月7日  千歳JALマラソン 舗装されていない林道を雨の中走りました。ハーフまえのずーーと続く昇りは辛かったです。

10月25日 ナイアガラマラソン マラソン初めての国境越えマラソン。結果はそうたいした事ないけれど、この経験は素晴らしかったです。寒かったです。考えれば今の大阪より寒い中に走りました。

11月23日 福知山マラソン 10人で行ったので楽しかったです。

12月6日  那覇マラソン 今年最悪マラソン。でも、リベンジはしたい。だって、沖縄の人たちの応援は温かかった。

12月26日 駅伝カーニバル5e6ef347.jpg 初めての駅伝は最高に楽しかったです!5Kmが結構しんどい事を発見。

篠山マラソンで自己新記録を達成して以来、どうもダメです。今日大掃除の後、緑地公園を軽く10Kmほど走り、最終ランをしました。寒かったです。

来年もよろしくお願いします。





yukipy1954 at 22:41|PermalinkComments(4)TrackBack(2)mixiチェック ベスト・ワースト | マラソン