2011年11月

2011年11月27日

「HIRO T’S 60th BIRTHDAY

大阪城ホールのライブは4時開始。で、その前にニューオータニの「アゼリア」で軽くご飯を食べました
なんたって、午前中ランニングサークルのあとライブを一緒に行くMA子さんとバーゲンに行ったので飲まず食わずの状態でした。f1f463e0.jpg
ハヤシライスのsmallで1400円。ホテルは高いね。でも、美味しかったです。
13ca4552.jpg
玄関前にはサンタの家がありました。可愛い!
今日の出演者の多さから考えたら、多分4時間は続くかな?と思ったのですが、結局4時開始・・・終了は10時前でした。長い!
5e3bb3ba.jpg
会場の前で赤のリボンが渡されます。ヒロ寺平さんが60歳のお誕生日なので、皆出演者はどこかに赤色の物をつけてます。

ヒロTさんは赤のジャケットを着て観覧席です。相変わらず、若いです。60歳には見えませんね。
1部は大物はお預けです。
「バンバンバザール」「ハンバートハンバート」
「わたなべゆう」「押尾コータロー」はギターのみです。「わたなべゆう」さんのギターの「ルパン3世」も良かったでれど、「押尾コータロー」ノギターは豊かな音色で、やっぱ彩が違った。
そのあと、ヒロTにビデオメッセージ。岸谷五郎さん、寺脇さん、aiko、GLAY、斉藤和義です。
ギター5人衆のあと、「Fried Pride」陽水さんのカバーです。
「植村花菜」があのメジャーな「トイレの神様」を歌いました。とても可愛いボーダーのワンピースに赤の帽子です。
生で聞いたら、歌の上手い心地よい音楽でした。ちょっとこの歌詞を聞いたら、昨年亡くなった父親の事を思い出しました。
「広沢たかし」「バンバンバザール」の後、「リクオ」さんが忌野さんと一緒に作った「胸がいたい」を歌いました。
その後、沖縄出身の砂川恵理歌さんが「一粒の種」を宝塚少年少女合唱団と歌いました。この歌は46歳でがんで亡くなった男性の「一粒の種でいいから生きたい」の言葉から生まれた歌です。彼女はこの歌で全国行脚をしています。
ここで休憩です。2部の最初は「馬場俊英」HIROさんのために曲を作りました。「僕たちのHIRO」
森山直太郎が赤のバンダナを巻いて登場。なかなか面白い話をします。
「ソフィー」これはインディーズ時代の曲らしいです。葉加瀬太郎とセッション。
葉加瀬太郎はこのあと、「ひまわり」「てっぱん」の主題歌と「情熱大陸」の主題歌を奏でます。バイオリンの響きが美しく胸にひびきました。やはり凄い音、音の洪水でした。
「BEGIN」はヒロさんとの思い出を面白く語り、少しヒロさんに大事にされていない過去を話します。上手いねえ、トークが!
「宮沢和史」さんが1989年からのヒロさんとの関係を語ります。「風になりたい」声がいいなあ。
またメッセージで、平井堅が登場し、なんとサプライズで舞台に出てきて「キャッチボール」を歌いました。
顔が日本人とは思えませんね。
「KAN」は最初は学生服姿だったのですが、歌を歌う時はアメラグの格好。赤の上で背番号60!袖にHT!芸が細かいです。彼はapでも扮装しているので、普通の姿を見てないですね。「愛は勝つ」「世界で一番好きな人」
そしてKANさんは去り際に観客にウェーブを提案。「かんきつ系」と言いながらウェーブして!ってもちろん次は「ゆず」です。観客は全員たって迎えます。「翔」新曲の後は、もちろん「夏色」盛り上がりました!
ビデオメッセージで山崎まさよし・・・桑田圭祐が長々とヒロさんとの関係を語ってました。
最後は「sing like talking」でした。
全員が、舞台に上がり、ヒロTさんはいろいろ語りました。ラジオ界のドンですね。
本当に長いけれど楽しかったです。


yukipy1954 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | グルメ