マ行の映画

2017年04月13日

「ムーンライト」3

172165_03今回のアカデミー賞で「ラ・ラ・ランド」を抑えて作品賞を受賞した作品です。
トランプ政権で少数派に対する差別が助長される中にハリウッドがそれに反発するように選んだまさしく一番マイノリティの主人公を描いてます。

主人公のシャロンは黒人で麻薬中毒の母親に育てられ、そしてゲイである。このシャロンの役を小学生、高校生、成人と3人の役者が演じる。大人になったシャロンの急激な変貌ぶりには驚かされる。


刺激的なテーマで男性同士の恋愛を描いたヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールの「ブロークバック・マウンテン」と同じようなものかな?と思って見に行きましたが、全く違ってました。

高校時代にシャロンとケヴィンが海岸で触れ合うシーンのみである。


これは完璧なる純愛ストーリーである。人を好きになるという事はこういう事なんだ!と声高らかに唄う映画なのです。

実に美しかったです!

yukipy1954 at 22:38|PermalinkComments(2)TrackBack(1)mixiチェック