三度目の殺人

2017年09月09日

「三度目の殺人」3

172308_02
今日初日の是枝監督の「三度目の殺人」にいってきました。

三隅(役所広司)は解雇された食品会社の社長を強盗殺人で殺す。彼は社長の財布を取るために殺人をしたとあっさり認めた。強盗殺人では30年前に強盗殺人で1度裁かれ刑務所から出所した三隅は死刑の判決は間違いない。弁護士の重盛(福山雅治)は無期懲役に減刑するべく作戦をたてるが、面会のたびに三隅の言動は変わり、翻弄される。


被害者の妻が斉藤由貴、娘が広瀬すずが演じている。広瀬すずが暗い顔で登場したとたん、観客には三隅の意図がかなり解ってします。広瀬すず演じる咲江が原因だとよく映画を見ている人なら察してしまう。

面会室の福山と役所のスリリングなやりとりは、役所広司の怪演に軍配があがる。

人が人を裁き、死刑にするという事が果たして正しいのか!?
そして同じ殺人でも動機によって罪が違い、その進め方のさじ加減で裁判が変わっていく・・・という事が果たして正しいのだろうか!?

真実は明らかにならないまま、裁判は終焉しる。非常に後味の悪い終わり方だった。
福山雅治は有能な弁護士だが、妻と別居、娘の扱いに苦労するさまが、ぴったりくる。この人、上手いねと思ってしまう。

ミステリーの要素を散りばめているが、咲江の登場の仕方で解りすぎ!
裁判って真実よりお互いの駆け引きが重要になるって、なんだか、しっくりこないでした。もやもやですが、斉藤由貴、広瀬すずも上手かったから、役者は素晴らしかったですね。


yukipy1954 at 21:57|PermalinkComments(0)mixiチェック