寺西幸人 オフィシャルブログ

現在の学校へ体験や経験を通して考える力を育む機会を増やし 「多様な価値観を認め合い、目標と夢をみつける教育環境」の構築を目指している 多くの学校支援、教員支援に邁進している

私立中学校に勤務
教育活動とは
体験と経験であるという信念を形にする活動に邁進している
また、長年培った指導方法が
教育コーチング技法や技術と重なる部分が多いことに気づく
その後、マークシューベルト氏、苫米地英人氏より
直接、技術や技法を学ぶ
現在は、その技法を
現職の先生方や生徒、保護者へ伝えている

http://curriculum.co.jp/teranishi/

学校に根づいたICTの活用が楽しみですね

安倍総理の学校休校要請より
3ヶ月が経過しました 
この間は、多くの先生方がオンライン授業への
取り組みに邁進されました
 
3月末に
オンライン授業のやり方など
たくさんご相談いただいた時は
どうなることかと心配をしておりましたが
いろいろな学校の生徒さんの満足度も
いい感じに高まっており
オンライン授業、ICTの活用が学校に定着したことを
喜ばしく感じております
 
先生にとって
オンライン授業は効率が良いです
学校の授業で「静かにしろ」「話するな!」みたいなことに
たくさん時間をとられてますから
大切な説明だけだと15分ぐらいで事足りたり
 
生徒の意見も
わかっていることは早回し
理解できない時は、動画を止めて調べたり
試験の前にもう一度振り返ることができる
配布されたプリントをなくさない
など利便性に気づいてしまいました
 
6月より多くの学校が分散登校を予定されております
生徒さんが同級生と時間を共にしたり
先生とコミュニケーションをする大切さを
誰しもが実感できると期待します
コロナ休校を通じて
あらためて
学校で過ごす時間の大切さを実感できますね
 
とはいうものの
分散登校ということで
3月以前の日常に戻れるのはまだまだ先でしょう
登校といっても
週2〜3日の学校が多いのではないでしょうか 
 
オンライン授業とICTの活用が本格化するのは
実はこれからであると期待しております
リアルで生徒と会って
次に会うまでに目標へ向かって物事を進める
各自実施する学習や学びにICTを活用するという
スキームが本格化すると感じております
 
休校とオンライン授業によって
学校でできること
学校じゃなければできないこと
オンライン授業が能率の良い学びなど
整理がついたように感じます
 
ICTを活用した未来の学校は
いい感じになると期待しておりますが
分散登校によって
昔の日常に戻そうとする先生方もたくさんいらっしゃるかもしれませんね
 
まさかとは思うけど
コロナ休校明けの学校は
スマホ禁止とか学校でスマホの電源切れなんて
いわないよね





 

久しぶりにblog

この1ヶ月
学校関係の相談事に嫌気をさして
blogを怠けてました
多くの学校さまよりオンライン授業の
スタートアップをご相談いただきました
この2ヶ月が通りすぎ
学校業界が
変革すると確信しました
もう
コロナ前の学校に戻ることはありません
学校の選び方も大きく変わります
 
オンライン授業格差がはじまります
開成中学校は
オンライン中間考査を実施します
オンライン授業は
自ら学ぶ子どもには最強のツールですが
やらない子どもには
全く届かない
格差を広げる教育メディアと
なるのでしょう

その辺り
この2ヶ月間の振り返りを
連続して投稿するようにいたします
いまは
混乱期ですが
この混乱を乗り越えた暁には
イイ感じの学校だけ生き残る
より時代がやってくると
確信しております
 
受験生と保護者には
しんどい昨今でありますが
乗り越えて良い時代を感受しましょう!

 

学校選びのヒント (案)

カテゴリー
  • ライブドアブログ