ご訪問ありがとうございます。
トライ&エラーでつかんだ指導法などを書いております。
家庭教師のチカラ向上の参考にどうぞ。
2005年07月30日

家庭教師の、この声かけ。

メルマガ第28号「5秒マジック。」配信。

では、今日はメルマガで扱った、生徒への声かけをば、少々公開。

・名前を呼びかけておいて、間をおく。
 手のひらを子どもに向けて、考え込んだ様子を見せ、
 「できるぞ。俺は、できると思ってる。
  俺は、できるって思ってるからな。」

・一回目にできていた問題を見ながら、
 「ここの問題の解き方、よかったよ。センス、感じた。
  この時のあなたをスッ(ここで間。)と思い出して。
  それで行こう。そのテンションで行こう。
  それなら、かなり、…いけるぞ。」

・名前を呼びかけておいて、ニヤリと笑って、
 「どうする?…できちゃったら。20分前まで全く歯が立たなかっ
  た問題がすらすら解ける、そんなあんたが、できあがってたら、
  …どうする?やっべえよなあ…。…いいねえ(自分に言い聞か
  せるように言う)。」

・(生徒がハマって抜け出せない時は)
 「(生徒を見つめながら)いいか。1つアドバイスするぞ。
  絶対聞き逃すな。
  次の問題は、絶対に、…本気を出してはいけません。
  本気でやっちゃ、だめ。オーケー?
  あなた、界王拳使える?使えるなら、せいぜい10倍くらいに留
  めておいて下さい(今の世代にはもう通じない…涙)。」

 ざっと思いついたのは、こんなものでしょうか。
 これらを生徒の気分、様子、状態によって使い分けます。

 1回目の問題演習の後、
 解説を済ませ、いざ2回目の問題演習へ、という時。

 僕の周りの人も、鼻で笑ったそのコツ。
 やって効果がわかる、そのコツは、
 「問題前に、5秒だけ時間をとり、できるぞって言う。」こと。

 これでパフォーマンスが変わるんだから、
 この5秒。惜しんでたまるか。

 あ、でもメルマガ28号の注意事項3つを守る事はお忘れなく。

 指導が、僕の顔くらい、くどくなっちゃいますから。
 
 ちなみにこちらは、メルマガ配信後、
 このブログの現在地。どうかこっそりと見届けてやってください。
   ↓
 今日のブログランキングは、どうだ?
         
 そして、いい週末を!メルマガも読んでくれてありがとう。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔