ご訪問ありがとうございます。
トライ&エラーでつかんだ指導法などを書いております。
家庭教師のチカラ向上の参考にどうぞ。
2005年04月29日

結果を分ける51%。

 意識の高い人へ。
 そろそろ卒業する時が来たのではないだろうか。

 「家庭教師の能力で生徒の学力の向上が決まる。」という考えを。

 「私の能力が足りないから、生徒は伸びなかったんだ。」
 「私の策が悪かったから、○○君は今学期もだめだったんだ。」
 僕もそうやってへこんだ。でも、気づいた。

 そう思って、へこんで、それで、気を紛らわせるな。
 それは本当に、問題を追及したと言えるだろうか。

 …あなたに届いてほしい。実感してほしいんだ。
 学力向上には、生徒の努力が不可欠だ。

 生徒に「家庭教師に頼る。」という感覚から脱してもらおう。
 あなたも「俺1人でなんとかする」という感覚から脱しよう。

 生徒にも、責任を持たせてあげよう。
 
 中学生だからと言ってナメてはならないのは、
 生徒は(対象となる物事にもよるけど)、
 責任を担うって事に、ワクワク、ゾクゾクも覚えてるって事。
 「真剣な空気や語り」を求めてるって事。
 
 「互いに51%の責任を担っている、
         そんな意識を生徒にも持たせよう。」
メルマガにも書いたのは、そういう意味です。

 例えば、今日の私の指導日。

 生徒「先生、昨日の社会の宿題は3番までだったけど、
    ついでに5番までやっちゃいました。」

 私「出た。これだ。しびれることするねえ、あんた。ホレた。」

 どうだ、皆様。これが僕の自慢の教え子だ。
 どうだ、この、些細であっても、互いにしびれさせあう関係は。

 次の彼の一言。
 「だけど、うっかりして、その後、数学やるの忘れました。」

 …どうだ、皆様。…これが、僕の教え子です…(涙)。

今日もしびれるブログ達に学ぼう。ブログランキングからしびれる記事を。
今日はどこに学びますか?

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔