ご訪問ありがとうございます。
トライ&エラーでつかんだ指導法などを書いております。
家庭教師のチカラ向上の参考にどうぞ。
2004年12月30日

生徒に気力がない、というとき。

ある相談。
「宿題、まったくやってないんです。」
「生徒が、やらされ感しか持ってない感じなんです。」
「やる気ないなら、俺をわざわざ呼ぶなよ、と思っちゃいます。」
「生徒のふがいなさに、指導中、投げ出したくなっちゃいます。」

こういう経験、皆さんにはありませんか。
誰も、笑う事はできないはずです。
おそらくほとんどの家庭教師の方が経験なさっている感覚ですよね。

「指導を開始して10分で、もう怒りで帰りたくなる。」

うーん、正直、昔は経験あります。だから、アドバイス。


帰宅してから、あなたは反省しだす。
「あー、私が投げちゃダメだった。
 結局、そこをガツンと修正するのが私の役目だったのにー。
 …怒りに任せてしまったのかも。…反省。」

おしい。あなたにはもう一回りだけ強くあってほしい。
もっと厳しい事を言えば、それでは、まだ、ダメだ。

生徒に対し、「もう、いや。ダメだって、それじゃ。」と一瞬でも思う。
これは、誰だってあるんだ。

帰宅してから、それを考え直して、反省し、改める。
それはそれでよいが、まだ、もうひとつ先を行ってほしい。

指導中の内に考え直し、反省し、改める必要があるのだ。

帰宅してからじゃ遅いぞ。気持ちを切り替え、改める。スピードを早く。
厳しいけど、そうあってほしい。
最悪、わだかまりを持ったままでも、言葉や振る舞いは切り替わっている。
そういうレベルをまず目指そう。

仕事でも、プライベートでも。
「そっか、それは、まいったなぁ。」と言って時間稼ぎしながら、深呼吸。
自分に問いかけろ。「大丈夫?私、落ち着いてる?」と。
そこから始めた行動なら、マジックは、もう始まっている。

「(ふう。…おっし。大丈夫そうだ。 さて、愛でもくらえや。)」

おお。そうそう。それが、一流のテンション、ってやつですぜ、ダンナ。
そこからなら、叱りだしても、勉強しだしても、うまくいく可能性は高い。

“我慢する事も大切なんだ。我慢を失ったら、世界は混沌(カオス)だ”
                  (映画「サイモン・バーチ」)


いつも、応援ありがとうございます。
こちら本日の現在地。今日もついでに見届けてやってください。
4秒で見る最新ブログランキング
 ↑あなたがお読みのこのブログ、…どこ!?

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔