ご訪問ありがとうございます。
トライ&エラーでつかんだ指導法などを書いております。
家庭教師のチカラ向上の参考にどうぞ。
2007年07月31日

指導のラストは、これでシメる。

 メルマガ第35号「ラスト10分の使い方」配信しました。

 メルマガでは足りない!という、
 指導法のなどの学びに貪欲なあなた、ありがとう。

 では、さらにコツの補足。

 
 自習の時間は、7分〜10分にしてほしいんです。


 これは、僕の活用の仕方なんですけどね。

 僕は、実は7分で自習してもらっています。

 …すごく中途半端。


 だからこそいいと思うのです。

 僕としては、
 この自習の時間で生徒に、「俺、自習したー!!」という達成感を
 味わってもらっては…困るのです。

 あくまで、さわりのところだけ。
 あくまで、試食レベル。

 お。ちょうどノッてきたかな、…というところでやめる。

 「…も、もっとやりてえ。7分じゃ終わらねえし。
  この途中で終わったワーク、明日にでも、手をつけないと、
  …気持ち悪いぞ。」

 このように、あえて途中で終わらせて、
 「始めたい」という意図を高めることが大事。

 
 で。この方法で育てたかった考え方、パート1。

 「7分だべ。7分で何するんだ!? 7分って何ができるんだ!?」

 生徒にこういう、「時間感覚」をGetしてもらいたかったのです。

 「へえー、7分あれば、単語10個覚えられるんだー。」
 「へえー、7分あれば、ワーク半ページ終わるんだー。」

 できない子とできる子の違いの1つは、こういう見通し力。時間感覚。


 育てたかった考え方、パート2。

 7分しかない。

 7分しかないから、やらないのか、
 7分しかないから、やるのか。

 後者の発想ができるようになって、役立つのは、勉強の時だけじゃない。

 きっと、この考え方が、生徒本人を救う。
 あるいは集団で何かをしてるときに、他の人たちを救う。

 大ピンチ!っていう局面で、こやつに、こういう考え方があれば、
 漫画みたいなことを起こし、本人や他人を勇気づけるかもしれない。

 
 育てたかった考え方、パート3(ファイナル)。

 あれほど億劫だった自習。
 1時間は勉強しなきゃ、と思うとキツい。だから始められない。

 「ま、7分くらいなら、やれるな。やってみよう、そして7分でやめよう。」

 行動への敷居は低くなっている。

 そして、始めてみると、
 5分もすれば、気分がノッてくることに気づく。

 「あれ、これはこのままあと20分くらいやってみようかな。」

 「あれ、あんだけやる前は億劫だったのに、
  ちょっとだけでも、やってみるってことが大事なんだなあ。」

 昭和っぽい話になりますが、
 「ちょいと一杯のつもりで飲んで、いつの間にやら…」ってやつです。


 
 ---家での勉強を始める難しさ。
   勉強の習慣をつける難しさ。

 習慣をつけるの、って大人であっても難しいものです。

 そしていつだって、キツいのは、はじめの一歩。

 困ったなあ。

 おろ?しかし、
 ここに、生徒のやる気を高められるあなたが存在している。

 おお。ならば、
 あなたの存在感、というのを利用して、
 この億劫なはじめの一歩を、一緒に、一気に踏み出してしまいましょう。

 
 以上です。
 メルマガを読んでくださった方、ありがとう。
 次回もお付き合いいただけると、うれしいです。

 今日が指導日の方、がんばってー。


スゴ腕☆家庭教師への指導法&教え方 - livedoor Blog 共通テーマ

yukitom at 12:39│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 阿部   2008年08月27日 18:22
「7分の自習」、そこには3つの意味があるということ、勉強になります。私は家庭教師をしているのですが、時にはその考えを授業に取り入れてみようと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔