ご訪問ありがとうございます。
トライ&エラーでつかんだ指導法などを書いております。
家庭教師のチカラ向上の参考にどうぞ。

生徒との関係強化メソッド

2005年07月30日

家庭教師の、この声かけ。

メルマガ第28号「5秒マジック。」配信。

では、今日はメルマガで扱った、生徒への声かけをば、少々公開。

・名前を呼びかけておいて、間をおく。
 手のひらを子どもに向けて、考え込んだ様子を見せ、
 「できるぞ。俺は、できると思ってる。
  俺は、できるって思ってるからな。」

・一回目にできていた問題を見ながら、
 「ここの問題の解き方、よかったよ。センス、感じた。
  この時のあなたをスッ(ここで間。)と思い出して。
  それで行こう。そのテンションで行こう。
  それなら、かなり、…いけるぞ。」

・名前を呼びかけておいて、ニヤリと笑って、
 「どうする?…できちゃったら。20分前まで全く歯が立たなかっ
  た問題がすらすら解ける、そんなあんたが、できあがってたら、
  …どうする?やっべえよなあ…。…いいねえ(自分に言い聞か
  せるように言う)。」

・(生徒がハマって抜け出せない時は)
 「(生徒を見つめながら)いいか。1つアドバイスするぞ。
  絶対聞き逃すな。
  次の問題は、絶対に、…本気を出してはいけません。
  本気でやっちゃ、だめ。オーケー?
  あなた、界王拳使える?使えるなら、せいぜい10倍くらいに留
  めておいて下さい(今の世代にはもう通じない…涙)。」

 ざっと思いついたのは、こんなものでしょうか。
 これらを生徒の気分、様子、状態によって使い分けます。

 1回目の問題演習の後、
 解説を済ませ、いざ2回目の問題演習へ、という時。

 僕の周りの人も、鼻で笑ったそのコツ。
 やって効果がわかる、そのコツは、
 「問題前に、5秒だけ時間をとり、できるぞって言う。」こと。

 これでパフォーマンスが変わるんだから、
 この5秒。惜しんでたまるか。

 あ、でもメルマガ28号の注意事項3つを守る事はお忘れなく。

 指導が、僕の顔くらい、くどくなっちゃいますから。
 
 ちなみにこちらは、メルマガ配信後、
 このブログの現在地。どうかこっそりと見届けてやってください。
   ↓
 今日のブログランキングは、どうだ?
         
 そして、いい週末を!メルマガも読んでくれてありがとう。

2005年06月11日

できない子に足りないのは学力じゃない。

メルマガ24号「軌跡モチベーション。」配信しました。

 勉強のできない子に足りないもの。

 「勉強のアスリートってのもかっこいいぜ、おい。」という感覚。

 だから、
 圧倒的インパクトを与える「勉強の凄みのこもったアイテム」が必要だ。

 例えば、あなたの使い古しの英和辞典。
     チェックの印でいっぱいの単語帳。全部グッドです!


 僕の場合、その他に、こんなものを見せつけました。
 押し入れを探すと、出てくるものです。

---------------------------------------------
 ごめんなさい。公開、終了しました。
 ---------------------------------------------

 おかげで、
 生徒は、辞書に線引くようになるわ、
     計算用紙は保存したがるようになるわ、
     意味もないのに、付箋を貼りたがるわ、
     僕が使っているのと、同じペンを使い出すわ、
     読めもしないくせに、心理学の本が本棚に並ぶわ…。
     

 まあ、このくらい極端な経験も必要ってことなのかもしれませんね。
     

 さぁて、あなたの押し入れ。何が眠っていますか?
 
 何だって構いませんよ。
 あなたが魂込めていたものなら。全部オーケー。

 そこに「凄み」は宿っている。


  ↓ここにだって「凄み」は宿っている。今日勉強していくかはアナタ次第。
 4秒でわかる人気ブログランキング
 

追伸
 メルマガ本日配信。読んでくれたあなた、ありがとう!
 では、すてきな週末を!

2005年06月01日

叱り方案。

 当時の日記ノートより。
 1998年1月23日(←思ったよりかなり前)

 生徒Kが口にした言葉。
 「別にこんなの出来たからって、
    将来役に立たないのにさあ、やっても意味ないじゃん。」
 
 その日の日記。
 「本人がこっちの意図してるように燃えてこない。
  集中力ないし。やることやっていないための言い訳ばかり。」

 当時は当時なりに悩んだものです。

 生徒と話していても、無気力な事しか言わない。
 ついつい、「何でそんな風になっちゃったの?」と思ってしまう。

 そして、説教の言葉を探す間の、時間稼ぎで聞いてしまう。

 「何で、やらなかったの?」
 
 こ、これは、0点(当時はこんな未熟なことしてました)。

 もちろん、(本気で)お灸をすえることは、大事。

 でも、そのかたわら、ある事を思い出そう。

 こうやって時間を割いて読んでくださっているあなたの事です。
 絶対ある(ないなんて言わせない)。

 あなたがいる事で、生徒が一生懸命になった瞬間が。

 あなたが、「…仕事冥利につきるぜ。」とうなった瞬間が。
 生徒が「…何だか、俺、目覚めた。」とこっそり自覚した瞬間が。

 その瞬間をありありと思い出そう。
 生徒にも、ピンボケではなく、クリヤーに思い出してもらおう。

 気の転換は、次の質問から、始まる。

 「1つ聞きたいんだけどさ、あの〜、ほれ、○日のさ、勉強しま
  くってた時、あったじゃんか。あれ、どういうことだったの 
  よ?あの時のあなたには、まあ〜驚かされたんだなあ、これ。
  あの、テンションって、どういう感じだったんよ?んん?」

 
 家庭教師だけじゃなく、他の事でも悩むあなたへ。
 「俺、何やってんだよ!」と自分をいじめまくった後でもいい。
 聞いてあげよう。

 「絶好調の時はどうだった?」

 ちょっと普段聞かないCDを取り出して、
 ちょっと行きなれない場所へ繰り出して、
 心持ちをフレッシュにした後で、問い直すぞ。

 「絶好調の時はどうだ?」と。

 ちなみに、僕の場合。
 チャイコフスキーなんかをCDプレーヤーに詰め込んで(意外!)、
 ちょいと自転車をこいで、水辺の公園へ。

 「白鳥の湖」の「情景」なんかを公園の水辺に投影させて聞くと、
 演奏終了後には、生まれ変わったみたいな気分にさせてくれる。

 …似合わねえ、というツッコミは、この際なし。

 では最後に、
 このブログの順位を報告。こうなんです。
 今日付ブログランキングをチェックする

2005年05月23日

家庭教師VSやる気の出ない子

 家庭教師の悩み。
 今日が家庭教師の指導日という方。
 ここ最近、指導するのが億劫という方。
 実は、あなたの周りに、もう1人、同じ思いの人が。


 かつて、友は指導前いつもこう考えていた。実際に僕に愚痴った。

 「生徒がちゃんと学習しているか怖くなる。」
 「個人契約でやってるんだけど、
   指導先に行った時、生徒が全然勉強してない時は、
    どうしていいのかわからない時がある。行くのが怖い。」

 家庭教師の悩みトップ1(たぶん)。

         「生徒のやる気がない。」


 生徒のやる気を出させたい。

 ひょっとして、ある人は
 「生徒のやる気がないと、もうダメだね。」と一言で片付けているかもしれない。
 
 ひょっとして、ある人は、
 私の能力のなさのせいだ、と自分を責めているのかもしれない。

 ひょっとして、ある人は、
 まずいなあ、と思ったまま、悶々としているのかもしれない。

 でも、僕は思うぞ。忘れてはならない。 
 
 何をって、

     あなたの生徒の感情も、今、あなたと同じ、ってこと。

 生徒だって、きっと悶々としている。

 あなたの生徒も、やるべき事はわかっている。

 「やらなければ、ダメだよなあ。」

 逃げたい。でも、逃げたくない。逃げられない。
 わかってはいるが、目を背けたい。

 「ああ、どうしよう。やらなきゃないなあ。」

 …と思っている間に、あれ?もう1週間…。

 この感じが、一番しんどい。
 こんなボディブローみたいに、陰気に、じんわりと、心に残る、
 そんなストレスフル、大人の僕だってごめんだ。

 というわけで、絶不調の時は生徒も家庭教師も、お互いに対して、

     「やっばいなあ(何とか、かわしたいなあ)。」
                 
                   と思っているものです。

 そこを、理解してあげよう。本当に大事だ。

 叱る前に4秒だけ、その気持ち、味わってやりましょうぜ。
 そして、自分に問おう。
 「そんな気持ちの時、私はどうしてきたんだろう?」

 今日から、くらわせよう。
 気持ちを汲み取った上でのアドバイス。

 そう、その意気ですぜ。 
 
 今日も、この世界の届く言葉には、共感がつまっている。


 人気ブログランキングへ投票
   ↑おう。ありがとう。がんばりますぜ。…うれしいねえ。



2005年05月12日

今の精神的健康を計る方法

 (昨日のあらすじ→詳細はここ。)
 生徒は、部活があるために、このままだと帰宅後、ご飯を食べて
すぐ指導、となる。
 それはキツい。一時は指導日の延期を申し出た生徒だったが、
 「…無理してみっか(笑)」との気持ちから、指導を決行すると
決めた。

 結局、翌週は通常通り指導を決行。さて、どうなった?
 生徒が疲れている日に指導しても大丈夫なものなのか。

 結論。

 大丈夫。いや、むしろよかったですよ。

 生徒の頭が、温まっていたのです。

 まだ帰宅して間もないため、学校(あるいは人前)での、
 「しっかりモード」が続いていたんですね。

 ただし、ただしです。
 これは、前回の、
 「…無理してみっか(笑)」というノリがあったことが大きい。

 つまり、
 この生徒は、今回に限って、意識の改革が起こっているのです。

 「部活でヘトヘトになった後に、勉強する。」ということを、

 「避けて通りたい事」ではなく、
         「チャレンジ」として受け入れた、のですね。

 この姿は、 …クールです。

 子どもでも、大人であっても、この姿は、クールです。

 これをお読みの、あなたの中にもあるはず。
 「大変だなあ。」という事をとても楽しくやり遂げちまった経験。

 8円安い牛乳を求めてわざわざ隣町までチャリを走らせた、とか。

 どうせなら、極めちまおう、ってなノリで、指導関係の本を1日
かけて読みあさったとか。

 ノドが乾いたから水を飲もうと友人に提案したら、
 どうせならうまい水を飲もうと、1時間かけて山のおいしい水を
 飲みに行った、とか。
 
 それ、クールっす。
 それ、くるッス、心に。

 あなたは精神的に健康な状態である、と伝われば、
 人から、「無理してみない(笑)?」という提案が来ます。

 では、今日のコツ。

 生徒から、「無理してみっか(笑)」と言われる自分であろう。
 最近、人から、「共に無理しませんか(笑)?」
              と言われているかチェックしよう。

 では、今日も人気、中身共にクールなブログ一覧をあなたに。
 僕も一覧に入っているはずですが…今日はどのあたりに?
 クールなブログ一覧。人気ブログランキングより

2005年05月10日

照らせ今。照らせ未来。照らせ。

大事なことだから、どうしても、再度。

以前のメルマガ、「照らせ、足跡。〜前編〜」にて、

「記録をつけることの重要性」を書きました。

生徒に勉強時間を記録させる(←やってみました?)。
ちょっとしたスペースですぐできます。

例えば、勉強ゼロの記録が3日続く。
これで生徒は「やべえな、俺。」と思い出す。
 
でも、記録をつけていないと、

…勉強時間ゼロが1週間続いても、なんとも思わない。

「やるべきことをやらなきゃ。
    でも、目を背けたい。どうしよう。
       …ああ、なんとなく今日もやれなかった。」

避けよう、後ろ向きスパイラル(←造語)。


でも、これ。実は、我々にもあてはまることなんですよね。

あなたの記録、つけてますか?

 比べましょう。
 お小遣い帳をつけているときと、つけていない時の金銭感覚。
 日誌をつけているときと、つけていない時のダイエット進行状況。
 記録をつけている時と、つけてない時の指導の質。

後輩&ご同輩&先輩諸氏。
手遅れじゃない。まだ間に合いますぜ。今日からなら。

いつだって、手遅れじゃないのだ。

手遅れじゃないのだ。
 

 ちなみに、このブログの順位は…?(←あなたのおかげ)。
 見届けてやって下さい。


2005年04月29日

結果を分ける51%。

 意識の高い人へ。
 そろそろ卒業する時が来たのではないだろうか。

 「家庭教師の能力で生徒の学力の向上が決まる。」という考えを。

 「私の能力が足りないから、生徒は伸びなかったんだ。」
 「私の策が悪かったから、○○君は今学期もだめだったんだ。」
 僕もそうやってへこんだ。でも、気づいた。

 そう思って、へこんで、それで、気を紛らわせるな。
 それは本当に、問題を追及したと言えるだろうか。

 …あなたに届いてほしい。実感してほしいんだ。
 学力向上には、生徒の努力が不可欠だ。

 生徒に「家庭教師に頼る。」という感覚から脱してもらおう。
 あなたも「俺1人でなんとかする」という感覚から脱しよう。

 生徒にも、責任を持たせてあげよう。
 
 中学生だからと言ってナメてはならないのは、
 生徒は(対象となる物事にもよるけど)、
 責任を担うって事に、ワクワク、ゾクゾクも覚えてるって事。
 「真剣な空気や語り」を求めてるって事。
 
 「互いに51%の責任を担っている、
         そんな意識を生徒にも持たせよう。」
メルマガにも書いたのは、そういう意味です。

 例えば、今日の私の指導日。

 生徒「先生、昨日の社会の宿題は3番までだったけど、
    ついでに5番までやっちゃいました。」

 私「出た。これだ。しびれることするねえ、あんた。ホレた。」

 どうだ、皆様。これが僕の自慢の教え子だ。
 どうだ、この、些細であっても、互いにしびれさせあう関係は。

 次の彼の一言。
 「だけど、うっかりして、その後、数学やるの忘れました。」

 …どうだ、皆様。…これが、僕の教え子です…(涙)。

今日もしびれるブログ達に学ぼう。ブログランキングからしびれる記事を。
今日はどこに学びますか?

2005年01月09日

スターウォーズな生徒

「フォースがあればこそ、ダークサイドに落ちますね。
 教え方も考えなければいけませんな。」


本日は、わが生徒が必ず陥るダークサイドについて。

どんな生徒にだって、
どんな大人にだって、
いつだって絶好調!なんてことは起こりえない。

勉強が軌道に乗る前に、必ず訪れる、ダメな時期。

最近までやっていた宿題が急にやられなくなる。
勉強に対するテンションがまったくゼロ。

多くの生徒が通る道です。
「やる気がない」だけならまだいい。
もし、生徒が、いろんな事に対して
「シラケきって」いたら、これは一苦労。

ある日、
指導先に行ったら、生徒がまったく気力のない状態。
勉強に対する消極的な姿勢を素直にぶつけてくる。
中途半端に語る力は鍛えられているから、ニヒルにひねくれてくる。
そして、私に値踏みの目を向ける。普段は真面目な子ですよ。


(おおっ!挑戦的な目で見てるなぁ!値踏みの目で見てるなぁ!)

その時は特にチカラが入る。
勉強に対する姿勢を叱ったりはせず、すぐ指導に入る。
その場ですぐに語り合ったりもしない。
自分の持ってる指導スキルをフルアウトさせる。
生徒も、私自身も、また気持ちが高揚してくる。
ランナーズハイのような感覚を取り戻す。

休憩中にニヤニヤしながら言ってやる
(高揚した後に言うのがコツ)。

「お前、さっき俺の事、値踏みの目で、見てたろ?
 トミナガはどうやって、このやる気のない俺を引き上げてくれん
 のかなぁ。
 なぁんて、自分の事、棚に上げて、挑戦的な目で見てたろ?」

生徒。にやっと笑って、「うん。」

私「ばかたれ(笑)。あんたあの時どんなこと考えてたんだ?」

会話はそこからさらに続いた。

…人を傷つけない真面目な生徒もダークサイドに落ちる。


「この大人は、ごまかす大人か?」
「偉そうな事言ってるが、この大人は、どこまで真剣なんだ?」
「どっちが先だ?折れるのは。俺か、あんたか?」

…そういう感情が、彼の背中に書いてある(ように見えた)。
怖え、怖え。でも、甘えてくれて、ありがとうよ。
甘える相手に俺を選んでくれるとは。
大人をシビアに見つめる、その相手に俺を選んでくれるとは。
いい気分。

では恒例の、今日のこのブログの順位はここ。
さらに学びを深めたい方も、ぜひ一気にどうぞ。

2004年12月30日

生徒に気力がない、というとき。

ある相談。
「宿題、まったくやってないんです。」
「生徒が、やらされ感しか持ってない感じなんです。」
「やる気ないなら、俺をわざわざ呼ぶなよ、と思っちゃいます。」
「生徒のふがいなさに、指導中、投げ出したくなっちゃいます。」

こういう経験、皆さんにはありませんか。
誰も、笑う事はできないはずです。
おそらくほとんどの家庭教師の方が経験なさっている感覚ですよね。

「指導を開始して10分で、もう怒りで帰りたくなる。」

うーん、正直、昔は経験あります。だから、アドバイス。


帰宅してから、あなたは反省しだす。
「あー、私が投げちゃダメだった。
 結局、そこをガツンと修正するのが私の役目だったのにー。
 …怒りに任せてしまったのかも。…反省。」

おしい。あなたにはもう一回りだけ強くあってほしい。
もっと厳しい事を言えば、それでは、まだ、ダメだ。

生徒に対し、「もう、いや。ダメだって、それじゃ。」と一瞬でも思う。
これは、誰だってあるんだ。

帰宅してから、それを考え直して、反省し、改める。
それはそれでよいが、まだ、もうひとつ先を行ってほしい。

指導中の内に考え直し、反省し、改める必要があるのだ。

帰宅してからじゃ遅いぞ。気持ちを切り替え、改める。スピードを早く。
厳しいけど、そうあってほしい。
最悪、わだかまりを持ったままでも、言葉や振る舞いは切り替わっている。
そういうレベルをまず目指そう。

仕事でも、プライベートでも。
「そっか、それは、まいったなぁ。」と言って時間稼ぎしながら、深呼吸。
自分に問いかけろ。「大丈夫?私、落ち着いてる?」と。
そこから始めた行動なら、マジックは、もう始まっている。

「(ふう。…おっし。大丈夫そうだ。 さて、愛でもくらえや。)」

おお。そうそう。それが、一流のテンション、ってやつですぜ、ダンナ。
そこからなら、叱りだしても、勉強しだしても、うまくいく可能性は高い。

“我慢する事も大切なんだ。我慢を失ったら、世界は混沌(カオス)だ”
                  (映画「サイモン・バーチ」)


いつも、応援ありがとうございます。
こちら本日の現在地。今日もついでに見届けてやってください。
4秒で見る最新ブログランキング
 ↑あなたがお読みのこのブログ、…どこ!?