2010年09月28日

休題:シロクマ

ブツ:ブツ
支那と尖閣諸島でもめ始めたので、北の方の白熊がどう動き出すのか?と気にしていたところ、やはり、動き始めたようです、これは怖いですね・・・ブツブツ


yukiwa33 at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月22日

久しぶりのシャモニー・モンブラン7

モンブランを眺める像
シャモニーの中心のバルマ広場にモンブランに向かって建っている
像があります。
魔の山と恐れられていたモンブランの登頂成功者に賞金を出すことにした名家のベネディクト・ソシュールと初登頂に成功したシャモニーの水晶取りのJ.バルマの2人が一緒にいる像、もう一つは
少し離れた場所に、J.バルマと一緒に登頂したM.パッカールの座った像があります。

ソシュールとバルマの像
バルマがモンブランのほうを指差しています。

cham2010-10

M。パッカールの像
cham2010bh8-1

写真は2001年撮影:オフイスロマンデイ


yukiwa33 at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月17日

久しぶりのシャモニー・モンブラン6

cham2010-bh5
暫く留守にしてしまいました、時々開いてくださった方にお詫びします。

シャモニーの富士吉田庭園
山梨県の富士吉田市とシャモニーは姉妹都市となっています。
シャモニーのサン・ミッシェル教会の直ぐ後ろにある陸橋を渡ると小さな広場ありそこにはベンチもあり公園になっています、この公園が富士吉田市との交流記念に作られた、富士吉田ジャルダンです。
とても見晴らしが良く、特に街の中からは良く見えなかったドリューの鋭い針峰が素晴らしい姿を見せてくれます、もちろんモンブランも・・・。
この公園に富士吉田在住で有名な石彫り作家である浜田彰三氏の
作品‘童子・わらしこ’が置いてあり、近くに学校があるせいもあり
その可愛い姿からシャモニーの人たち大変愛されています。

それに、親日家のマダム・ラフマの日頃からのお力添えによるものが大きいと思います。

今回訪れた時も、きれいな花で飾られて今も大切にされていることを知り嬉しく思った次第です。

浜田彰三先生の作品はヤフー、グーグルの‘浜田彰三’検索で見ることが出来ます。


(写真にはモンブラン、ドーム・ド・グーテが写っています)


yukiwa33 at 20:30|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2010年08月31日

久しぶりのシャモニーモンブラン5

モンブランを眺めながら抹茶を飲もう

シャモニーで一番大きなスーパー、‘スパーU’の横道を少し入ると
オテル・クレト・ブランシユがある。

このオテルの1階のテールームではジュンコさんが日本の抹茶をたててくれる。

テラスからはモンブランがとても良く見えるのでモンブランを眺めながら美味しい抹茶をいただこう。

cham2010-bh6


yukiwa33 at 04:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年08月25日

久しぶりのシャモニー・モンブラン4

cham2010-3bh

日本食ブーム‘さつき’
ヨーロッパも日本食がブームでスイスのミグロ百貨店の食品売り場ではスシ・コーナーが大きな面積を占めていました。

シャモニーでは古くから‘さつき’と言う日本食のレストランがあり大変繁盛していました、登山家の中野融さんの未亡人が経営されていて、多くの登山家、写真家、あるいは芸能人なども必ずと言っていいほど足を運んでいました。
チョット、赤提灯の感じもあり、気楽に一杯やりながら情報交換などをしていたものです。

今回、経営が他の人に移り、店舗を新しく改装して営業をしていました。
日本からのお客さんも多いですが、外国の人が断然多く、大繁盛しています。・・・名前は昔の名前‘さつき’です・・・・又のお越をお待ちしています。
写真は新しく増設したテラスです。

ベルンの日本レストラン

chsam2010-bh9

写真:ベルンの駅側の老舗の日本レストラン・かぶき

昼食時は殆ど満席になります、値段は結構高価です、場所柄もありビジネスマンの姿が多かったです。

注:使用した写真はオフイス・ロマンデイ提供です。


yukiwa33 at 14:49|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年08月21日

久しぶりのシャモニ−・モンブラン3


新しくなったエギュー・ド・ミデイ行きケーブルカーの駅

cham2010-2bh


ケーブルカーで3842メートルのエギュードミデイの展望台へ簡単に登ることがが出来るのでこのケーブルカーの駅はいつも大変賑わっています。
言わば、シャモニーモンブランの目玉中の目玉です、何しろモンブランはもちろん、、グランドジョラス、遠くにはマッターホルンを眺め、イタリア側へのゴンドラも通じている、更にはスキーでメールドグラスを滑る氷河スキーの出発点ともなる展望台ですから、人気の的となるのは当然でしょう。

このケーブルカーの駅が近代的な建物に一変しました、駅の周囲にあったレストラン、お土産物の店が整理されて駅前は広場となりました。

以前にシャモニーを訪れたことのある方には是非見ていただきたい写真です。

ch4110年前のケーブルカーの駅です。
今も昔も長順番を待つ人で
長蛇の列が出来ます。


yukiwa33 at 13:02|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2010年08月15日

久しぶりのシャモニーモンブラン:2

シャモニーの町からのモンブランは?
いつも眺めて過ごしていたモンブランの様子が少し変わっていました。
以前は8月か9月頃にしか見られなかった岩が、今回は7月の
始めにはもう顔を出していましたし、氷河と言うより氷の滝谷と言ってもよいほどの急流のボソン氷河の氷柱も痩せて、明らかに後退をしていました。
しかし、雄大で堂々たる姿は相変わらずで、久しぶりの対面で感激でした。

写真はシャモニーの街から見たモンブラン、ボソン氷河です。cham2010-1bh


yukiwa33 at 11:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年08月12日

久しぶりのシャモニー・モン・ブラン:1

cham2010-bh7
モン・ブラン

久しぶりにモン・ブランの麓町シャモニーを訪ねました。
かって暮らしたことのあるシャモニーを1日でしたが訪ねる機会がありました。
古いお付き合いの方たちにも再会できて楽しい訪問でした。

かって、暮らしていた時にはそれほどには感じていなかったモン・ブラン、それを取り巻くモン・ブラン山塊がこれほど、大きく、雄大、圧倒的な山であったことに感慨を新たにしました。
改めて、モン・ブランにカメラを向けました。

写真はモン・ブラン(望遠撮影です)


yukiwa33 at 11:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年08月06日

スイス滞在

スイス滞在については、諸事情により延期させていただきます。
よろしくご理解の程お願い申し上げます。    汐まねき

yukiwa33 at 00:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年06月06日

留守になります

留守にします

7月終迄ブログを休ませていただきます。
バリ島の休養に引き続いてまた休養です。どうも一年中休養をしている感じです。
そのうちに休養が永遠に続くことになることでしょう。


yukiwa33 at 08:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)