ビートルズが大好きなオヤジ

ビートルズが大好きなオヤジです。定年を迎えて、あらためてビートルズの魅力に触れたいと思います。

 キャバーン・クラブは、リバプールの古い倉庫の地下深く(実際に行った感覚では、地下2階ぐらい)、街の中心部マシュー・ストリートにある。その位置はセントラル駅からジェームス・ストリート駅まで地下を走る列車がマージー川の底を通るトンネルを渡る手前にあったため、キャバーン・クラブの下を頻繁に轟音を立てて走り、クラブの爆音に貢献していた。つまりクラブでの演奏がどんなにけたたましくても、通過する列車の深いうなり声が会場の音と混ざり合い、気にならないのだった。
 キャバーン・クラブの建築構造はざっとこうだ。石造りのアーチを持つ3つの洞窟のようなトンネルで構成され、当初は真ん中のトンネルにステージがあった。左右のスペースは座ったり、ダンスしたりするところだった。地下水が滲み出て壁に汗が滴っていた。当時は禁煙ではなく、ステージ上のグループもタバコを吸っていたし、観客は脱水症状を防ぐため、コカ・コーラを飲んでいた。全体にワイルドな雰囲気が充満していた。ビートルズはその雰囲気にマッチするように、黒いレザー・ジャケットにジーンズを履き、不精ヒゲのまま、気の向くままにジャム・セッションし、観客と冗談を交わした。

『ワン・アフター909』
キャバーン・クラブでのデビュー前、ビートルズの演奏


 彼らは出演するたびに人気を高めていった。やがて観戦チケットは、黄金のかけらのごとく高騰の様相を示し始めた。彼らはそれまでの常識を覆したと言われるが、当時の彼らの悪態は目に余るものがあった。ステージでの飲食、嘔吐、悪態をつく様は、その後マネージャーによって阻止されるまで、まさに当代髄一のパンク・ロック・バンドだったのだ。

[「IMAGINE THIS」/ジュリア・ベアード(ジョンの異父妹)を参考]


<懐かしいリバプール&ロンドン旅行の一コマや関連画像>
①リバプール:キャバーン・クラブのトンネル状のステージ。
152


②リバプール:マシュー・ストリートのキャバーン・クラブ近くにあるジョンの銅像
147



にほんブログ村




にほんブログ村




The Beatles(ビートルズ) ブログランキングへ




日記・雑談(60歳代) ブログ

 このブログ記事の元となっている「IMAGINE THIS」は、ジョンの異父妹のジュリア・ベアードが書いたものだが、超有名人を兄に持つ者の戸惑いや葛藤が赤裸々に述べられている。その中で印象深いのが、兄弟の中で抜きん出て成功を納めているジョンの家族への世間の目である。普段の生活にもあのジョンの兄弟というだけで、注目されてきた。
 学校で宿題を忘れた時やあまり勉強したくない時、ビートルズのゴシップで先生の話を遮るよう友達から要請されたりした。いろいろな不都合な詮索もされた。例えば、お母さんの居場所はどこ?交通事故で死んだんだって?なぜ父親と暮らさないの?お兄さんとは暮らさないの?これらは、うんざりするほどに家族を苦しめたのだろう。
 異父妹のジュリアは、こう言っている。「これらに答えることはしなかった。こういうことはいつか終わるだろうと分かっていたから。むしろ、質問を跳ね返す術、つまり、睨みつける、背を向ける、ちんぷんかんぷんなことを言う、皮肉を言う、ただ笑うを学んだよ」しかし皮肉なことに、これらの問題を勃発させたのは他ならぬ、ジョンの人生であり、家族を巻き込んだ結果だったのだ。
 ビートルズは主な活動の場を、ハンブルクから故郷リバプールへシフトし始めていた。そうキャバーン・クラブで、デビューに向けた演奏を本格的に取り組み始めたのだ。実はクオリー・メンとして1957年にそこで演奏したが、それから4年後の1961年3月21日がビートルズとして事実上のデビューとなった。

[「IMAGINE THIS」/ジュリア・ベアード(ジョンの異父妹)を参考]


<懐かしいリバプール&ロンドン旅行の一コマや関連画像>
①リバプール:リバプール博物館にあるビートルズ・コーナー
313


②リバプール:観光バスから眺めたリバプールの街並み
243




にほんブログ村




にほんブログ村




The Beatles(ビートルズ) ブログランキングへ




日記・雑談(60歳代) ブログ

 ビートルズがハンブルクのトップ・テン・クラブで演奏していた時、同じくハンブルクで演奏していたイギリスの歌手トニー・シェルダンを知った。そしてビートルズはトニーのバックバンドを務める間柄になっていた。トニーとビートルズが共作したレコードも発売されている。もはやビートルズは押しも押されぬ、プロの仲間入りをしていたのだった。

トニー・シェルダンとビートルズの共演


 メンバーに大きな変化がもたらされた。ハンブルクで2度目のツアーの時、スチュアートがアストリッドと激しい恋に落ち、ハンブルクに留まる決断をした。その背景には、スチュアートが真の才能である絵画を追求したいとの思いを強く持ったことが挙げられる。
 このころ、ジョンとポールは一緒にパリに旅行した。2人はスペインまでヒッチハイクするつもりだったが、パリまでしか行けなかった。ヒッチハイクの依頼をスムーズに成立させるため、彼らはコワモテに見えないように、革のジャケットに山高帽という格好をした。そして車を止めることに成功した。結局10日間の野性味溢れる旅を満喫したのだった。
 ジョンは親友のスチュアートと離れ離れになっていたが、文通は続けていた。ビートルズが再度、春にハンブルクで演奏することになり2人は再会の約束をしていたが、叶わなかった。ジョンたちが到着する前に、スチュアートが脳出血で亡くなったからだ。21才の若い死だった。このことは、ジョンに重大な影響を与えた。幸い、ジョンのパートナーであるシンシアが近くに居ることで、大きな力になっていた。
 
[「IMAGINE THIS」/ジュリア・ベアード(ジョンの異父妹)を参考]


<懐かしいリバプール&ロンドン旅行の一コマや関連画像>
①リバプール:リバプール博物館にある世界初の蒸気機関車(リバプールとマンチェスター間を走った)
298


②リバプール:港に面した柵に鍵がいっぱい着けられていた。
328




にほんブログ村




にほんブログ村




The Beatles(ビートルズ) ブログランキングへ




日記・雑談(60歳代) ブログ

↑このページのトップヘ