ホワイト・アルバムの18曲目はポールが作った『バースデイ』。
 バックコーラスにはジョージの妻パティやジョンの妻ヨーコを使い、人手不足も甚だしい限りのあり様、もうなんでもありの感じ。
 4人とも誕生日を祝う定番曲「ハッピー・バースデイ・ツー・ユー」に代わる楽曲を作ろうと気合が入っていたとのこと。

 歌詞の一説、
 ”・・・・・きみの誕生日だと みんなは言っている 楽しむのだ きみの誕生日なので ぼくはうれしい ハッピー・バースデイ・ツー・ユー ・・・・・・”
(角川文庫 ビートルズ詩集(1) 片岡義男 訳より)

 ここでもちゃんと、「ハッピー・バースデイ・ツー・ユー」が入っている。
 これだけはどうしても外せなかった模様です。
 定番曲のイメージが強すぎたんでしょうか?




『バースデイ』
ポールのコンサート・バージョンは、コロナ禍の影響でコンサートが軒並み中止になっているため貴重すぎる映像です。
コンサートの再開はいつになるのか、もうあのライブの熱狂は取り戻せないのか。
遠い過去の夢物語で終わらないでいてほしい・・・・・・










にほんブログ村


にほんブログ村


The Beatles(ビートルズ) ブログランキングへ


日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ