アルバム『アビイ・ロード』の13曲目は、ポールが作った「シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー」。
 この曲ができたエピソードは変わっている。
 なんでもポール宅の風呂場の窓が開いていたため、ハシゴを使ってよじ登ってきた女の子がいたことの顛末を曲にした。実はその女の子とはかみさんになるリンダとも小野洋子とも言われているが真相は闇の中・・・・・・。

『シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー』



【歌詞の一節】
 ”彼女は浴室の窓から入って来た
  銀の匙に守られて
  でもいまは親指をしゃぶり
  自分の珊瑚礁のほとりで
  いぶかっている
  誰も彼女に言わなかったのだろうか
  誰も見なかったのだろうか
  ・・・・・・・・・・・・”
 (角川文庫 ビートルズ詩集(2) 片岡義男 訳 より)

<懐かしいリバプール&ロンドン旅行の一コマ>
①リバプール:公立の「リバプール博物館」のビートルズコーナー。町の英雄としての誇りに満ち溢れていました。
313


②ロンドン:テムズ川の畔にある観覧車。通称「ロンドン・アイ」。高さ135mは開業当時世界一。
 〔ミレニアムプロジェクト(2000年記念事業)で建設〕
753







にほんブログ村


にほんブログ村


The Beatles(ビートルズ) ブログランキングへ


日記・雑談(60歳代) ブログランキングへ